「在日特権」告発の落とし穴

グローバリズムと表裏一体。
「在日を特別扱いするな」
「外国人優遇を許さないぞ」

という告発は、一見もっともらしいのですが、

「外国人も日本人も平等に扱われるべきである。」

というグローバルな主張と結びつきやすいことを、私たちは脳裏に止めておくべきです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

「外国人に少し不便な程度が丁度いい」
という意見にまったくもって同意します。
逆説的ですがこれこそが世界に対する「真の平等」だと思います。
街に出るなり嫌な思いをするのが「ハングル看板」です。
私はレイシストで無いのを明言して言わせてもらうと…
「英語、中国語の次はポルトガル(スペイン)語かロシア語であるべきだ」と思っています。
理由は「教育の機会すら与えられない人々」に対しては一切無視しておいて「日本より遥に高度な英語、日本語教育と全身ハイテク装備」を施された人達だけに「最高のおもてなし」を提供する必要は「最悪の不平等」でしか有りません。
或いは英語の下は全てARで良い筈です、豊かな韓国人はスマホ持ってますから。
似非リベラルと腐敗保守と在特会が韓国だけ優遇する理由は韓国系財閥の手下だからです、多分反共宗教とパチ屋から資金提供を受けている。
韓国系財閥ってのは実際のところ「日本版ラストバタリオン」と言ったとこなんですが、それを言うと頭の良い人達に頭がおかしいと言われるんですが、それで考えると全部辻褄が有ってしまいます、「特」アジアグローバリストの巣窟です。
強制連行や従軍慰安婦が嘘くさいのに全否定出来ないのはそれが”「日本」「人」”の仕業で無いせいです、ヒットラーがドイツ人じゃないのと同じです。
よく何か問題が有れば偉い人達が「私たち一人一人の問題」と言いますが、ご丁寧に一人一人問い詰めたら「必要悪」と言われるものの必要性に明解な回答を出せる人は皆無で「私個人としては反対」と言う人しか居ません、妖怪マットの仕業でしょうか?
そんな事は有りません、「悪意無き悪事」が原因だったか、「言い出しっぺが既に逃亡」してるケースがほぼ全部です。

仮に今回の選挙で反新自由主義を掲げた政党が与党になったとしても、外国人労働者(移民)受け入れは実行されるんじゃないかと思います。
外国人労働者受け入れ反対の声が高まれば、それを外国人差別=ヘイトスピーチとして批判し、また昨今のTVのバラエティー番組において外国人が日本を礼賛する番組が多数を占めていることから、外国人に対する好印象を植え付けられた人々がその批判(レッテル貼り)に迎合する事で、外国人労働者受け入れの世論が醸成され、押しきられた与党が実行してしまうのではないかと。

もしくは、どこからともなく「外国人労働者受け入れに反対する自称保守民間組織」が現れ、道行く外国人に罵声を浴びせてまわる「移民反対デモ」が行われる事で、移民受け入れ反対意見が「ヘイトスピーチ・外国人差別」として封殺される…という流れも引き起こされるかもしれません。

外国人労働者(移民)受け入れの弊害を論じる風潮を作り出し、維持していく為には、日本社会に浸透し始めた外国人批判をヘイトスピーチと捉える思考から脱却するようにはたらきかける必要があると思います。

要拡散

【要拡散】
経済政策ドアホノミクス破綻


GDP4-6月期-6.8%、
GDP7-9月期-1.6%、
有効求人倍率悪化、
非正規率増大

消費増税、異次元金融緩和円安

物価・輸入コスト高騰、
景気悪化、
貯蓄ゼロ世帯31%

年金積立金(GPIF)株式運用増大

ハゲタカファンド売り抜け↓
株暴落、運用年金パー

国債暴落、金利暴騰、

国債・預貯金紙クズ、

ハイパーインフレ、

受給年金大幅目減り

個人破産、国家破産

選挙区は自民に勝てる候補に
比例区は好きな政党に

No title

グローバリズムの先例である多文化主義で欧州各国はメチャクチャですからね。
在日外国人は少々不便を感じるぐらいが丁度いいのです。
日本語の読み書きができなければ話になりません。日本に来るのは発展途上国の負け犬ばかりで精神面で卑しい連中ばかりだから。

No title

「行動する保守」その中で目立っている在特会とS会長ですが、
彼らは割合しっかりした考えを持っていたと思います。

それを示す一つのエピソードとして5年前に取り沙汰された外国人参政権問題がありました。
この時、在特会は「自民党総本部」前で抗議デモを行いました。
外国人参政権問題の原点は実は自民党であり韓国民団と癒着してる実態は変わらず、
中央では反対を唱えながら、地方レベルでは自民議員が民団と二人三脚で
活動してるのを故意に放置してる面従腹背ぶりを糾弾したのです。
S会長はずっと以前から安倍首相の偽装保守ぶりも指摘しており動画にも残ってます。

WJF様と同様にS会長も、右も左も批判する「国民目線の保守活動」を継続してきました。
確かに言動の過激さやアクの強さに眉をひそめざる得ない部分もありますが、
それは社会変革の先駆けとなる以上やむを得ず付随するものであって
ある程度は大同小異の視点で眺めるべきではないかと考えます。
何より在特会が過激レイシズム集団と認識されるようになったのは昨今の報道の影響であり、
失礼ながらそれに知らぬ間に感化されてるのではないかと問いかけたくなります。
在特会批判報道が大々的に始まったのは2013年の安倍政権発足後とピタリ同じなのです。

なお最近の在特会は原発推進運動に携わるなどおかしくなってしまいました。
それはさる右翼保守論客の影響です。
この人物も安倍周辺にいる者達と同様のいわゆる偽装保守の一人と見て差し支えありません。
繰り返される対米隷属ぶりを無視して安倍政権を擁護する。
石原都政下でコリアンタウンが急拡大した現実を無視して次世代の党を応援する。
国を守れと叫びながら同じ口で国土を破壊した原発推進を唱えてる訳です。
元が右翼(標準的な日本の保守人)なだけに在日韓国人とのつながりがあり
結局そのしがらみに囚われたままでいます。
この偽装保守が最終的に敵視するのは政府の圧政に反対する国民です。

現代日本において「一般の国民が外国人優遇に反対できるようになる」風潮を
実際の行動として起こすのは大変な障壁を乗り越えねばなりません。
右も左も保守も革新も愛国もリベラルも揃ってその外国人勢力とつながってるからです。
今の日本には少しでも足がかりに出来るものがないのです。
行儀良いだけでは、各人の世間体を気にする弱味を突かれてすぐに潰されてしまいます。
戦後体制の毒はあらゆるものを侵して歪めてしまってます。
何時の間にか某大国の掌の上で争いあう構図にさせられてしまうのです。
それが日本の現状です。

No title

今の日本社会は外国人(特定の国に限らず、全般的に)が優遇される異常社会なので、外国人優遇に反対の声をあげるのはアリだと思います。
在特会や「行動する保守」を名乗る胡散臭い連中ではなく、一般の国民が外国人優遇に反対できるようになることが望ましいです。

外国人優遇を推進しているのもグローバリストの売国奴連中ですね。
奴らはそれとセットで日本人を迫害しようとしています。
グローバル勢力による侵略から日本を護るためにも外国人に対して甘い態度を取るのはやめるべきだと思います。

「平等」の概念がグローバリズムとかぶるという点は同意です。

No title

https://www.gosen-dojo.com/?page_id=906

なかなか面白い事が書いてあったので情報提供です。

安倍晋三と麻生太郎はうっかりミスでしょうが、
『アベノミクスに景気回復・財政改善・税収増加の効果はない』
『次の増税時には一切延期しないで執り行う』
と宣言してしまったのです。

つまり総理大臣と財務大臣が、揃って『アベノミクスはインチキだ』と認めてしまった阿呆の図ですね。

お目汚し、失礼しました。

No title

>外国人も日本人も平等に扱われるべきである

自民党と、そして維新の会が好んで
その論法を振りかざしてくる事は容易に想像できますね。
在日特権問題は日本の政治社会を歪ませている極めて深刻な
構造的弊害の最たるものでありますが、現状の対米隷属体制を
打破しない限り解決はまず見込めません。
在日特権批判は国民意識の啓蒙には有益ではありますが、
日本の「標準的な」保守政治家はそれを国民抑圧の手段に逆利用して来ます。
市民の側に立つはずのリベラル派は妙な形でコリアンを擁護する事になって
胡散臭さを際立たせてしまい、強権主義者をほくそ笑ませてしまってます。
日本では保守もリベラルも全く正常に機能していません。














No title

短い文ですが、考えさせられる記事です。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。