いまだに泥の中をかき分けていた三橋貴明

三橋先生がアップを始めました。
閣僚の不祥事が立て続けに明るみになり、経済指標は軒並み深刻な景気悪化の兆候を示し、消費税増税先延ばしの声がささやかれる中、年内の衆議院の解散総選挙の噂が自民党党内から流れ始めています。

政府・自民に早期解散の見方=消費増税先送りが前提

政府・自民党内で、安倍晋三首相が年内の衆院解散・総選挙に踏み切るのではないかとの見方が出始めた。年末に控える消費税再増税判断で10%への引き上げを見送った上で、「アベノミクス」継続の是非を掲げて衆院選に突入するとのシナリオだ。

自民党の複数の議員は29日までに、首相に近い政府関係者から「首相が消費増税を見送った場合、12月解散、来年1月投開票も考えないといけない。選挙準備をしておいた方がいい」と伝えられたことを明らかにした。党内には通常国会冒頭など、来年の早い時期の解散を指摘する声もある。

先の内閣改造・自民党役員人事直後は、衆院解散は遠のいたとの空気が与党内に広がった。谷垣禎一前総裁の幹事長起用に象徴されるように、選挙向けの新鮮さよりも安定感を重視した配置となったためだ。解散時期は、来春の統一地方選や安全保障法制に関する国会審議を乗り切った来年夏以降との見方が支配的となっていた。

だが、臨時国会は新閣僚の「政治とカネ」の問題が相次いで表面化。野党が攻勢を強める中、自民党内には、「負け幅が少ないうちに解散した方がいい」(中堅)との主戦論が浮上してきた。背景には、報道各社の世論調査で内閣支持率が依然として高水準にとどまり、政党支持率でも自民党が抜きんでていることがある。野党側の選挙準備も進んでおらず、選挙基盤が盤石でない自民党の中堅、若手には早期解散の志向が強い。 

(出典: 時事通信 2014年10月29日)

そんな中、新自由主義を批判しながら、常に、最大最強の新自由主義政党である自民党へ支持を呼びかけてきたことで知られる経済評論家、三橋貴明が例のごとくミスリードの仕込み作業を開始しています。

三橋貴明ブログの最新記事から引用します。

要するに、共産党の人たちは大前提として「日本否定」「国家否定」で物事を考えるため、政府の事業である公共事業や原発を受け入れることができないのではないかなあ、などと考えるわけです。

だから、自民党なのか。という話ではなく、結局は政治家個人の問題です。わたくしは昨年10月1日以降、現在の日本の「政界の地図」を見た上で、自民党の(特に若手の)政治家の方々に正しい情報を伝え、「泥の沼をかき分けて足掻く」道を選択しました。

財政破綻論から自由で、国家観があり、エネルギーを含む安全保障について理解し、デフレが、「日本の発展途上国化」であり、さらにGDPで中国に差を付けられていく現状が、「日本国」自体の存在を危うくしていることを理解している政治家は、自民党に最も多いためです。

(三橋貴明ブログ「民主主義のジレンマ」2014年10月30日)

三橋貴明によれば、8%への消費税増税の決定が発表された昨年の10月1日以降は「泥の中をかき分けてもがく」道を選択したというのですが、彼は自分自身がこれまで述べてきたことをすっかり失念してしまったのでしょうか。

彼の上の言葉は、これまでの実際の経緯と完全に食い違っています。

時系列と共に、事実をおさらいしておきましょう。

2013年2月、TPP交渉参加表明が間近になされるだろうという報道がさかんになされる。

→三橋貴明、TPP交渉参加に関する報道は「マスコミのミスリード」であり、「泥の中をかき分ける」ように安倍政権を支持しつづけるよう呼びかける。

(出典: 三橋貴明ブログ「泥の沼をかき分けて進む」2013年2月26日)

2013年4月、麻生財務大臣が、2014年4月からの消費税増税を国際公約。

→三橋貴明、消費税増税に関する報道は、「マスコミのミスリード」と再びとぼける。

(出典: 三橋貴明ブログ「麻生太郎財務大臣の寄稿」2013年4月22日)

2013年6月、新自由主義路線むき出しのアベノミクス第三の矢「成長戦略」の内容が公表され、閣議決定される。安倍晋三、ロンドンのシティで「そして選挙が終わったらどうするか。私はこれからの3年を、集中的な改革の期間 と位置付け、持てる政治力を、投入します。固い、岩盤のような日本の規制を、私自身をドリルの刃(やいば)として、突き破ろうと思っています。」 と、参院選後の構造改革の断行を宣言する。

→三橋貴明、安倍政権の政策に構造改革の匂いを嗅ぎ取っても、「泥の中をかき分ける」ように安倍政権を支持しつづけよと呼びかける。

(出典: 三橋貴明ブログ「泥の沼をかき分けて進め(前編)」2013年6月9日)

2013年7月の参院選で、「泥の中をかき分ける」ように安倍政権を支持しつづけよという三橋貴明の呼びかけの通り、安倍政権は選挙に大勝。衆参のねじれが解消されたのを受けて、安倍晋三は、参院選前に公約していた通り構造改革に邁進する。

2013年10月1日、2014年4月からの8%への消費税増税の決定が発表される。同じ10月、参院選前に閣議決定された「成長戦略」に明記されていたとおり、12月の国家戦略特別区域法可決成立にむけて、「国家戦略特区において検討すべき規制改革事項等」が公表される。

→三橋貴明、「(安倍政権)いきなり変わりましたよね。9月末ぐらいからちょっとおかしいなあと思ってたんですよ。もともと竹中さんを産業競争力会議に入れた時点であやしかったんだけど、あの頃から加速してきましたね。何考えてるんですかと。」とラジオ番組で発言し、安倍政権が参院選後に突然豹変して、新自由主義路線に転向したかのように事実をゆがめて語る。

(出典: 文化放送『おはよう寺ちゃん活動中』2013年10月23日放送)

要約すると、「泥の中をかきわける」という表現は、「構造改革の匂いをかぎとっても、とにかく安倍政権や自民党を支持しつづける」という意味で、三橋貴明によって用いられてきたのですが、三橋は、2013年10月1日の消費税増税決定の発表を受けて、「泥の中をかき分ける」決心をしたのではありません。

そうではなく、安倍晋三がTPP交渉参加表明を行おうが、参院選後の構造改革の断行を宣言しようが、雨が降ろうが槍が降ろうが、「泥の中をかき分ける」ように安倍政権や自民党を支持しつづけよと、2013年10月1日の消費税増税の発表まで、人々を煽り続けていたのが三橋貴明でした。

2013年10月1日の消費税増税決定表明以降は、「泥の中をかき分ける」どころか、「安倍政権突然変わりましたよね」と驚いたふりをして、それまでの安倍支持の態度を改めて、「日本は大変なことになる」「安倍政権をレームダック化させるべき」とまで述べて、安倍批判に転じていた「はず」でした。

昨年10月1日以降は、安倍晋三が「突然変わった」ことを受けて、三橋貴明は、「泥の中をかき分ける」=「安倍政権や自民党を支持しつづける」ことを断念していた「はず」なのです。

ところがどうしたことでしょうか。衆議院解散の噂がながれはじめるや否や、人々が「泥の中をかき分ける」ように安倍政権や自民党を支持した結果が現在の日本経済の惨状であり、つい最近まで彼自身安倍政権を批判をしていたことも棚に上げて、昨年10月1日以降も一貫して「泥の沼をかき分けて足掻」いてきたのだというのです。

2013年10月1日以後も、三橋貴明が、一貫して「泥の中をかき分け」ていたのだとすると、「安倍さんは参院選後に突然豹変した」と言いながら今まで三橋が展開してきた安倍政権批判はなんだったのかという問題が浮上します。

結局、三橋は、その姿勢を根本的には改めることなく、

「新自由主義反対・自民党絶対支持」

という、水島総と同様のダブルバインドを、2013年10月1日以降も現在に至るまで性懲りも無く維持していたことになります。

彼は、また、下のようなことを今も述べています。

財政破綻論から自由で、国家観があり、エネルギーを含む安全保障について理解し、デフレが、「日本の発展途上国化」であり、さらにGDPで中国に差を付けられていく現状が、「日本国」自体の存在を危うくしていることを理解している政治家は、自民党に最も多いためです。

自民党の政治家の多くが、三橋貴明の言うように、本当に「財政破綻論から自由で、国家観があり、エネルギーを含む安全保障について理解し、デフレが、『日本の発展途上国化』であり、さらにGDPで中国に差を付けられていく現状が、『日本国』自体の存在を危うくしていることを理解している」ならば、そもそも三橋が「正しい情報を伝え」る必要もないはずですし、「1000万人移民計画」だの、道州制だの、TPPだの、自民党がおかしな政策ばかり繰り出すはずがないのですが、彼は平気でこのような矛盾したことを述べます。

三橋貴明は、自民党議員に「正しい情報を伝え」るから「泥の中をかき分ける」ように自民党を支持し続けろと読者にほのめかしているのですが、飛行機の操縦の仕方を知らない人間に操縦かんを握らせて離陸したあとで、下手な操縦のために飛行機が墜落しつつあるまさにその最中に、

「私が飛行機の操縦の仕方を今からしっかりレクチャーしますから、飛行機の操縦の仕方を知らないこの人々に操縦かんを握らせ続けててください」

と、乗客に呼びかけているようなものです。ましてや、この飛行機に乗客として搭乗しているのは、日本国民全員ではないですか。

「保守」言論人たちは、かくも倒錯しているのですが、同様に倒錯しているのは、このようなインチキな言論人のおかしさを見破れずに、いまだに彼らの言葉を信じ込んで拠り所としてしまっている人々です。

第二次安倍政権が、小泉構造改革よりも桁外れに大規模な構造改革を遅滞なく実行に移すために、「構造改革を実行する政権に支持を誘導するマス・コントロール(大衆心理操作)」を戦略設計する側(自民党サイドetc)は、当然のことながら、その障害をなんとかして乗り越えなくてはならなかったでしょう。

彼らは、第一次安倍政権の時とは異なり、単に、安倍晋三に「構造改革はしばらく休んだ方がいい、あるいは大きく修正をした方がいいという声もあります。私は、この構造改革をむしろ加速させ、そして補強していきたいと考えております。」と率直に語らせる以上の戦略を必要としていました。

その際に、

「構造改革を批判しながら、構造改革を推進する政権に支持を誘導する」

という、三橋貴明が展開した言論は極めて有効でした。

構造改革を積極的に批判し、構造改革に対する国民の危機意識を煽り、かつその危機意識を吸収し、構造改革に批判的な人々の共感を取り付け、それらの人々を囲いこみ、さらに、安倍政権のような「構造改革を実行する政権」を「構造改革を行わない政権である」かのようにみせかけて、支持するように人々を誘導することに成功すれば、

「構造改革に否定的な国民が存在する」

という状況は、構造改革に対する制動装置として動作するどころか、そのまま、構造改革に対する加速装置として働くことになります。

三橋貴明が、繰り返し、繰り返し、何度も、何度も、

「構造改革を批判しながら、構造改革に積極的な政党・政権・政治家に支持を誘導してきた」

その言論の来歴に着目するならば、彼が、この型の、新しいマス・コントロール手法の一翼を担っていたという推論は、簡単に成り立ちます。

今後、構造改革の痛みを、文字通り、身体を通して味わうことによって、国民の間に、新自由主義や、グローバリズム、構造改革に対する忌避感情は確実に広がっていくことでしょう。

その際に、私たちが最も警戒しなくてはならないのは、もはや、倉山や上念や水島といった、安倍政権に対して、頑迷なまでに肯定的な姿勢を保とうとする言論人たちではありません。

三橋貴明のように、自分の言葉とあべこべのことを実行する安倍政権に驚きあきれるフリをしながら、構造改革や安倍政権を軽妙に批判してみせるそぶりをみせる言論人こそが、巨大な陥穽として、今後、国民が選び進まざるを得ないであろう道の真ん中に、置かれることになります。

(出典: WJFプロジェクト「構造改革と大衆心理操作は表裏一体である」2014年9月12日)

現在の安倍構造改革にブレーキをかけるために必要なのは、自民党のような新自由主義政党に票を与えることでは、絶対にありません。

自民党であれ、民主党であれ、特定政党に過大な力を与えるのではなく、複数政党に議席を分散させ、互いに牽制させることです。

そのためには、私自身、歴史観や天皇制に関する見方の違いから、決して共産党を積極的に支持するわけではありませんが、共産党のような新自由主義に真っ向から反対する政党が国会内でもっと議席を伸ばしてもよいと考えています。

火を消すには、水をかけるしかないからです。

そうして時間を稼ぎながら、「日本の根」や「根底」に根ざした、「右翼」や「左翼」の対立を超えた新しい政治の潮流が少しずつ生まれていけばよいと考えます。

三橋氏は「泥の中をかきわける」というのならば、自民党という特定政党に肩入れして、自民党の政治家たちだけに、消費税増税や、財政均衡主義や、新自由主義の危険性をレクチャーするのではなく、共産党やその他「左翼」の政治家たちにも、正しい国家観や歴史観や財政出動の意義をレクチャーしてはどうでしょうか。

「自分がレクチャーするぐらいで、共産党の政治家が国家観や歴史観を改めるわけない」と彼は言うかもしれませんが、同じ程度に、彼がレクチャーしたぐらいで、自民党の政治家が新自由主義への傾斜を改めるわけがないのです。

その困難をさして「泥の中をかき分ける」と表現する以上は、三橋先生には、自民党以外の政党の中でも「泥の中をかき分ける」ように、同じ困難を引き受けていただきたいものです。

「泥の中をかき分ける」という言葉を、自分が日頃掲げる経済理論とは正逆の政策ばかりを実行に移す政党に支持を誘導する口実として利用する代わりに。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

昨日、私は期日前投票をしました。

小選挙区は、不本意ですが共産党候補に一票入れました。
決め手は比例区と重複していない(小選挙区一本で立候補した)候補者は
私の地元では共産党候補だけだったからです。
私は比例区と重複するような候補者は昔から政治家として信用していません。
故に共産党でも穀田氏のような比例区にも重複する候補者だったら「No」だし、
逆に小選挙区一本で立候補すれば、自民党でも投票するのが私の考えです。

比例区はこれも不本意ですが生活の党に一票入れました。
こちらは最終的にはコラッジョさんのコメントを参考にしました。
(自分の中にも共産党を大勝ちさせたくない気持ちも有ったかもしれません)

投票が終わったいま、正直これでよかったのかどうか自信がありません。
それくらい悩んだことをお伝えして、終わりにします。

No title

興味深い資料を見つけたので情報提供です。

>しかし、安倍政権は、金融緩和だけは積極的に行いながら、十分な財政出動を行わず、増税をし、数々の構造改革によって、経済のグローバル化を図るというデフレ脱却と逆行するちぐはぐな政策を行ってきました。

確かに管理人様が仰る通りで、安倍政権の財政出動は不十分ですね。

http://www.asahi.com/business/yosan2014/

この朝日新聞のデーターによれば、安倍政権になって公共事業費が『爆発的に増えた』とは言えない事が解りますね。
『悪魔の3年間』の民主党政権の2009年の水準にすら達していません。
一方で地方交付税交付金は2009年と比べても減らしているのですから、これで充分な公共事業を行ったとは到底言えませんね。
まさしく管理人様が仰る通りです。

あれだけ「アベノミクス」「国土強靭化」などと自慢して豪語していたのですから、せめて同じサイトにある1994年の水準くらいに公共事業費を増額するものだと思ってました。
1994年にこれだけの公共事業を行っても景気回復に結びつかなかった以上、1994年の水準以上に公共事業費を増額し、充分な地方交付税交付金も用意するのが普通でしょう。
なのにそれをしていない安倍晋三は、本音では日本経済を回復させるつもりは無いのではないかとさえ思えてきます。

No title

ちなみに、選挙ですが早くも自民党が300議席越えという速報もあるらしいですね。
最早日本国民は阿呆の集まりかと落胆したくなります。

私は本日期日前投票に行ってきました。
自分の地元では、小選挙区では以下の政党しか出馬していませんでした。

・自民党
・民主党
・維新の党
・共産党

民主党は最初は『アベノミクスで喪われた中間層を取り戻す』と言う心強い言葉を聞いた時には期待したのですが、維新と選挙協力すると聞いた瞬間、民主党に投票する気は失せました。
維新は自民党と同じ「改革派」勢力の仲間であり、同類であると見なしてますので。
維新が与党になったら、公共事業が減らされるだけで、TPPの推進だとか、「○○改革」「××改革」の繰り返しで日本をぶち壊す事は変わらないでしょう。
それに、元はと言えばTPPは民主党が主導して持ち出してきた案件でしたしね。

明確にTPPに反対し、いわゆる「ブラック企業」にも反対し、労働者の保護を訴えている政党候補者は【共産党】の人しか居ませんでした。
「残念ながら」と言うべきなのか、小選挙区では共産党に投票しました。

比例区では、TPP反対、脱原発、農業保護、労働者保護、集団的自衛権反対、中間層の復活を訴えていた「生活の党」に入れました。
こちらも「残念ながら」と言うべきなのでしょう。
小沢一郎はかつて名うての「アメリカの工作員」として有名でしたし、日本をぶち壊す「改革」「改革」連呼騒動の発端も、この小沢一郎が作り出したようなものだからです。

しかし、どうしても
TPP反対、脱原発(というか自然エネルギー推進)、農業保護、ブラック企業撲滅、労働者保護、(アメリカの言いなりという形での)集団的自衛権反対、
という己の維持を示したかったのです。

私のこの選択は正しかったのか、一票を投じた今になって無性に悔やまれます。

No title

管理人様、大変勉強になりました。
ありがとうございました。

やはり、嘘をついてまで安倍政権を賛美する三橋貴明たちは、経済理論についても嘘をついていましたか。
人間、一つ嘘をついていると二つか三つほかにも嘘が見つかるものだとどこかで誰かに聞いた気がしますが、三橋貴明はまさしくその典型例でしたか。

今までは、「せめて専門分野としている経済くらいは正しい事を言ってるのだろう」と先入観を持っていましたが、
今後は三橋貴明の非難していた『デフレ悪玉論』や『円高悪玉論』なども疑って、改めて勉強し直してみる事にします。

本当にありがとうございました。

コラッジョ さん

仮に「デフレが悪である」という三橋や中野がばらまいてきた意見が真ならば、

1金融緩和を行う(買いオペによる通貨供給)
2公共事業を増やし積極財政を行う
3構造改革を行わない(国を開かない)
4増税をしない


ことによって、デフレ脱却が可能になり、政府の歳入も増えるという主張には、論理的な合理性があると思います。これはステグリッツのようなノーベル賞を受賞した経済学者も認めていることです。

しかし、安倍政権は、金融緩和だけは積極的に行いながら、十分な財政出動を行わず、増税をし、数々の構造改革によって、経済のグローバル化を図るというデフレ脱却と逆行するちぐはぐな政策を行ってきました。

矛盾していたのは、消費税増税だけではないのです。

しかし、私は、三橋や中野がばらまいてきたデフレ悪玉論そのものに疑いの目を向けています。

金融緩和による円安やインフレは、大企業に利益を誘導するために、庶民に被せられたもう一つの増税であったと思います。

No title

管理人様に質問があります。
今、管理人様の三橋貴明という男への評価はどの程度ですか?

【経済理論は間違っていないが、その狂ったように安倍賛美に走る態度が良くない】

というレベルですか?
それとも、

【狂ったように賛美を続ける安倍晋三への態度を見れば、三橋貴明の語る経済理論も疑わしく見えてきてデタラメなのではないかと思える】

と疑いの念を抱くレベルですか?

この間、朝日新聞が面白いツッコミを入れていました。

アベノミクスの理屈は次のようなものだったはずです。
これは三橋貴明も何度も何度も言い続けてきた事ですよね?

1、金融政策と積極財政でお金をジャブジャブ市場に流す
2、そうすると企業は投資を活性化させ、また従業員の給与も増える
3、人手が足りなくなるので、企業は失業者を積極的に雇用するようになるので失業率も減る
4、企業の収益は上がり、失業者は減り、そして労働者の賃金は上がる
5、要するにGDPが上がるので、その結果、国は一切の増税をしなくとも国庫に入ってくる税収入が増え、国家財政は好転化する

このアベノミクスのメカニズムに朝日新聞のツッコミが容赦なく入ります。

「では安倍晋三が消費税を8%に増税したのはなぜか?」
「先送りしたとはいえ、『2017年4月に絶対に消費税を10%に増税する、今度は絶対延期はしない』と宣言しているのはなぜか?」
「一切の増税をしなくてもGDPが増えて税収が増えるというアベノミクスの理屈はどこへ行ったのか?」
「『2017年4月に消費税を増税する』と今から宣言しているという事は、2017年までアベノミクスの神通力による景気回復は有り得ないと国家の首相や財務相が宣言したのも同じ事ではないか」


朝日新聞のツッコミは確かに至極まともです。
アベノミクスの矛盾を容赦なくツッコんでいると思うのですが、
もしかして安倍晋三や三橋貴明って、肝心の経済理論も「嘘」や「詐欺」「デタラメ」の塊でしかないのでしょうか?

泥の中をかき分ける・・・?

WJFさん、今回も痛烈ですね~。
何度も頷きながら読ませていただきました。
こうやって、いちいちきちんと冷静に反論してくださるところに、いつも敬服いたします。

私には、彼がますます泥沼にはまり、もがくごとに手足をとられて深みに沈んでいく惨めな姿にしか見えません。
そのまま一生浮かんでこなくていいから、永遠に底なし泥沼の中でもがき苦しんでいてくれていいよ、と思ってしまいました。


・・・話は変わって
私も、本当に今回の選挙ばかりはぐっとこらえて、「火を消すには、水をかける」投票をすべきというご意見に全面的に同意いたします。

今回は共産党もかなり思い切った公約を出してきたので、ある程度は共感を得るのではないでしょうか。
(こういっては何ですが、政権をとるまではいかないので、ある意味では安心して投票できるといえなくもない・・・失礼)

また思いのほか野党共闘も進んできているようなので、選挙区によっては、反グローバルで有力な候補が他の政党から出ているならば、そしてその地区の共産候補が当選が到底期待できない候補なのであれば、票を分散させずに反自民対抗馬として支持するのもありかと。

なんにしろ、党の言いなりなだけでしかない自民一年生議員や、地盤・看板を持たない弱っちい自民議員からどしどし落としていきましょう。
(ついでに実質第二、第三の自民党みたいな売国政党の諸々も落としたいところですが)

今になってみれば、国会におけるねじれ減少とは、民主主義国家においてはごく自然な姿だったのだと、気づきつつある人が増えているのではないかと思います。
(だってその逆が現在の独裁政権状態なんだし)

で、互いの思うところについては、後で存分にやり合えばいい・・・そういった余裕をも、反売国票で私たちは作り出せるのですものね。

ちなみに、あるところでは組織票を大いに生かしたい人たちによると思われる「白票を投じようキャンペーン」なるものが展開されているようですが、くれぐれもこんなチンケな引っ掛けに騙されず、反対勢力に貴重な一票を投じていただきたいと思っています。

No title

http://hosyusokuhou.jp/archives/41074557.html

それにしても、我らが【闘う総理】はご立派ですな。
中国人にここまでされても何もできないのですから。
これなら民主党政権時代だって同じことができたんじゃないですかね?

この期に及んでも『公明党の国土交通大臣が悪いんだ~』と言い張る信者もいて呆れますけど。

「根こそぎ」などされたら、もう二度と珊瑚はその海域に生まれることはありませんね。
これは地球環境を破壊するテロ行為も同然だと思うのですが、相変わらず安倍は「アメリカ任せ」で自分でどうにかしようとは思わないようです。

No title

日韓議員連盟による共同声明の記事を今年もお願いします。
カズヤは批判動画で安倍や麻生を無視しました(笑)

鑑識眼

『本日から運命の日本銀行の政策決定会合が始まるわけですが、黒田東彦新日本銀行総裁、こう言っては何ですがびっくりするくらい「良い!」です。何というか、この種の「嬉しい意外な喜び」というのは、2009年8月以降、あまり経験した記憶がありません。』
(新世紀のビッグブラザーへ 続・白から黒へ 2013-04-03)
コメント:
褒めすぎだったのでは?(嘲笑w)
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。