新しい「国家主義」の確立を目指して

「非政治」と「政治」の対称性を保持する縄文以来の伝統。
宗教学者の中沢新一は、『カイエ・ソバージュ』という書物の中で大変興味ぶかい指摘を行っています。

・縄文文化もその一部であり、南北アメリカ大陸のインディアンの文化の源流でもあった、環太平洋地域に広がっていた新石器文化には、「自然」と「人為(文化)」の間の対称性を維持しようとする特徴が見られた。

・19世紀に行われた人類学の研究によれば、北米インディアンの社会では、自然の力を司る「シャーマン・戦士・秘密結社のリーダー」と、現実社会の調整役を担う「首長」(今の言葉で言えば「政治家」)の役割は峻別されていた。

・「自然」の力を司る権威と「人為(文化や社会)」を司る権威の峻別は、縄文社会にも同様に見られたであろう。

・この二つの権威の峻別が崩れ、両者が接近し同一化したとき「王」が生まれ、「国家」が誕生した。

それまで対称性社会(自然と人為の間に対称性を維持しようとする新石器時代の社会)では「文化」と「自然」は異質な原理として、できるかぎり分離されていました。ところが、「自然」のものである権力=力能を社会の内部に持ち込んだ王のいる世界では、このような分離は不可能になります。王自身が「文化」と「自然」のハイブリッドなのですし、クニの権力も同じハイブリッドを原理として構成されるからです。このハイブリッドな構成体に与えられた名前こそ、「文明」に他なりません。野蛮はここから発生します。

(出典: 中沢新一『カイエ・ソバージュ』第2部「熊から王へ」第8章「『人食い』としての王」)

日本の歴史において、天皇が、「自然」と「人為」の二つの権威を兼ね備える「王」や「皇帝」として振舞った時代が皆無ではなかったとはいえ、縄文の森の中で日本人の無意識の中に焼き付けられたであろう刻印は、歴史の進展の中で消滅することなく、やがて自ずから姿を現していきました。

それは、「自然」に対する祭祀を司る天皇の役割と、「人為(政治)」を司る太政官や幕府の役割の二分という形で顕在化していきました。

律令制という中国から人為的に導入した政治システムが崩れていく過程を通して、縄文らしい社会、つまり本来の日本らしい社会が再び姿を現し、江戸時代には、縄文への回帰が完成していたということになります。

明治維新において、日本は、「自然(非政治)」と「人為(政治)」の二分という縄文文化に根ざす伝統を壊し、西洋の君主制を模倣する形で、天皇と政治を再び一体化させたわけですが、戦後憲法によって、天皇は再び、「政治」から切り離された「非政治」を司る権威という、もともとの立場にお戻りになられました。

今私たちに必要なのは、天皇と政治を一体化させた、縄文以来の伝統からは逸脱した、日本の歴史の中ではきわめて例外的な体制であった明治体制を理想化したり、規範化したりすることなく、グローバリズムの圧倒的な潮流に耐えうる、古くて新しい「国家主義」を確立することだと思います。

「自然(非政治)」と「人為(政治)」の対称性という縄文以来の伝統に根ざす、古くて新しい「国家主義」においては、従来の「右翼」も「左翼」も、再びただの「日本人」として一致できるはずです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

安倍正行さん

このブログで述べてきたこと、述べようとしていることを図解してみました。

http://blog-imgs-53.fc2.com/w/o/n/wondrousjapanforever/shizentojini2014_11.gif

「自然」という言葉を、このブログでは二つの意味で用いています。

一つは、人間を超えて息づく自然本体そのものです。これをここでは「自然A」と名付けましょう。

もう一つは、自然に依拠する人間の営みや、自然に寄り添って生きようとする人間のあり方を含めて「自然」と呼ぶことがあります。これをここでは「自然B」と名付けます。

この二つの自然の外側に、人間の都合という独自の法則で動く「人為」の領域があります。

「自然」は、内から「人為」のあり方を糾そうとしますが、「政治」(人為)は外からの影響を受けやすい領域でもあります。

理想を言えば、「政治」(人為)の領域が自然と完全に一体化するのがのぞましいのでしょうが、現実はそうはなりません。

古来より「政治」の本質は、集積される財の配分の調整であり、人間の利害がからむからです。

天皇は「非政治」を司り、「政治」に携わらない。

そして、「政治」はつねに「非政治」による浄化と審判を受ける。

これが日本のあるべき姿であろうと思います。

興味深い御指摘

率直な感想として、とても興味深い記事だと思ひます。

最初に申し上げてをきますと、現代日本に於いて人気投票(民主制度)、それもそれなりの見識を持つ人達に選挙権を絞つたとしても、以下に私の述べる意見よりも、こちらの記事の方が圧倒的に支持されるであらうといふ確信があります。

因みに、私は日本國憲法の無効論(帝國典憲の現存)を主張してゐますので、それこそ「きわめて例外的な体制であった明治体制を理想化したり、規範化したり」してゐる輩だと捉へられてゐるかも知れませんが、少し意見を述べさせて戴きます。こちらの記事を批判する気持ちは有りませんし、これをこちらの論敵が利用する事もない筈です(自殺行爲であるから)。

さて、明治維新とはその名の通り「維新」、詰まり有るべき状態(この記事でいふ所の自然)への回帰として果たした役割と、薩長土肥の政治(この記事でいふ所の人爲)の役割があると思ふのです。

結論から申し上げますと我國の國柄としては「自然と人爲の一體」が本来の姿であると思ひますから、明治維新の王政復古については自然回帰の流れ、しかし、現實の政策に於いては暦の改悪に代表される通り、また時代の流れとはいへ明治體制下で軍部に権力が集中して行つた通り、傳統を破壊してでも権勢を保守する政局としての流れがあると考へてをります。

「自然と人爲の一體」などといふと「理想主義者だ」「お花畑だ」と揶揄される事もありますし、現實の問題としてこれを實現するといふのは困難な事だと分ります。

しかし、その理想とは取りも直さず「天照皇大神の御神敕」の事であり、この高い理想の實現を目指す姿勢があつた故に我國は我國足り得たのだと思ひます。

ですが、人の性といふのでせうか、この完成し得ぬ大理想では人の心(細石)を繋ぎ止め、巌と成す事が難しいといふのも確かな事實でせう。

詰まり、これはこちらの記事で度々指摘なされてゐる「二元性」の問題です。

自身の人生で結果を得られぬ「理想を實現する爲の姿勢」を保つのか、それとも實現を見る事が叶はぬならばその姿勢を崩し、別の元に根差すのか。

別の元が必要となれば「自然」と「人爲」といふ「更なる二元性」を作り、「人爲」に於いて目に見える理想の實現を目指すのか。

ですが結局は「日本の根っこ」、詰まり「一元的」な事だと思ふのです。

神社では既に損なはれてゐますが、そもそも祭祀とは「自然」と「人爲」を区別するものでないと思ひますし、「自然」と「人爲」の境目といふものを規定するといふのは、とても西洋的な考へ方のやうに思ひます。
仮にその境目を規定するとすれば、それは何処なのか。また、一旦規定してしまふと、その定義が時の政局や大衆感情により振り回される遠因となるでせう。

結論を述べますと、その「自然」と「人爲」といふものは「対称」なのではなく、「階層」なのではないでせうか。正確にいへば「階層」を規定するのは單なる人の意識であり、それは一貫した一體のものなのです。

自然といふ「根」があり、その上に人爲といふ「枝葉」が存在し得る。

一本の木を「根」「幹」「枝葉」と規定し、それをそれぞれの役割から「対称的」な存在だと思ふ事も出来ますが、根なくして生きてゐる幹も枝葉も有りません。
また、階層といつても、それはそれぞれが全て一本の木なのです。
更にいへば、一本の木のみで存在する事は出来ませんから、「自然」と「人爲」とは不可分一體なもので、例へるならば円環状であるともいへるでせう。

「新しい「國家主義」」といふものが如何なる形になるにせよ、この根本に根差したものでなければ、それは非日本的(不自然)なものであり、右翼左翼の迷走と同じ結末になるのだと思ひます。

・・・コメントとして、文章にしてしまふと私の本意が傳はり難いかと思ふのですが、努めて私心を抑へて率直に申し上げた積りです。

若しも可能であるならば、直接に會見する機會か、電話などを通じて御話する機會を戴けるとメールを下されば大変嬉しいのですが、御一考戴ければ幸ひです。

安倍政権で【外国人参政権】を韓国と確約!

【拡散・拡散!】
安倍政権で【外国人参政権】を韓国と確約!

 日本と韓国の国会議員連盟がソウルで合同総会を開き、両国の関係改善を目指す共同声明を発表しました。
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2331887.html

 共同声明では、北朝鮮問題に対して緊密に連携していくことや、「永住外国人」へ【地方参政権】を与えることを目指すこと。
 さらに【ヘイトスピーチの防止】などが盛り込まれました。

 そして最大の懸案である【慰安婦問題】については、「正しい歴史認識のもと当事者たちの“名誉回復”と心の痛みが癒される
 措置が早急にとられるよう努力する」と明記しました。
(転載終わり)

安倍政権が、慰安婦を認めた!
やがて、賠償に!

自民党選挙公約(案)
政権公約
J - ファイル2012
わが党は外国人地方参政権導入に反対します。

嘘でした!
http://www.jimin.jp/policy/pamphlet/pdf/j_file2012.pdf
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。