安倍政権に関して糾されるべき三つの問題

問題を立体的・構造的に捉える。
かねがね繰り返してきた主張ですが、安倍政権の個々の新自由主義政策を批判するだけでは、現在の日本の問題は根治されません。

糾されなければならない問題は三つあります。

1. 安倍政権の新自由主義政策

2. 安倍政権への人々の妄信を生んだ大衆心理操作

3. 大衆心理操作の温床となった戦後の日本人の中に今も残存する「冷戦脳」と呼ぶべき冷戦構造的、二極的、二元的意識


WJFプロジェクトが、安倍政権を批判したところまでは理解できるが(これさえ始めはまったく理解されなかった)、なぜ、三橋貴明を執拗に批判したり、「多元的保守思想」を掲げて人々の二元的意識を批判するのかは理解に苦しむという人々がいます。

WJFプロジェクトが、三橋貴明を批判したり、「多元的保守思想」を掲げる理由は単純であり、上記の三つの問題が現在の安倍政権を形作っていると考えるからです。

この理解は、安倍政権への批判を始めたときから一貫して変わらず、安倍批判を展開するのと同時に、安倍晋三への支持を煽るチャンネル桜を筆頭とするインチキ「保守」言論人批判や、「冷戦脳」を引きずり二項対立に煽られやすい「安倍信者」批判も展開してきました。

安倍政権の問題を上記の三点に集約して捉える理解は、「国賊三部作」と呼ぶ、下の三つの記事に早期から結実していました。

【国賊三部作1】国賊・安倍晋三
【国賊三部作2】国賊・チャンネル桜
【国賊三部作3】国賊・安倍信者


WJFプロジェクトは、途中から脱線して、何か奇抜なことや非本質的なことを語り始めたわけではなく、始めから一貫して同じ事を語り続けているという点をご理解いただきたいと思います。

ようやく、安倍政権のおかしさに気づいて、WJFプロジェクトの「1.安倍政権の新自由主義批判」に同調するようになった「保守」の人々も、

いまだに、「2. 保守言論人による大衆心理操作」「3. その温床となった人々の二元的な冷戦脳」の問題には目を向けようとしません。

これらの問題を指摘する人が少ないので、その埋め合わせとして、WJFプロジェクトが、いっそう大きな声をあげざるを得ないのが現状です。

大衆心理操作や、大衆心理操作を可能にした人々の二元的思考という深層にメスをいれずに、安倍政権の新自由主義政策という表層の問題だけを批判していても、問題の根治にはつながりません。

売国勢力側は、人々が安倍政権のおかしさに気づいて批判するようになることぐらい織り込み済みで対策を立てているので、こちらもその先を読んで手を打たないと、再び、相手の術数に陥って踊らされるだけに終わるでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

匿名様

>結局、安倍批判は一切なし

WJFプロジェクトは、匿名様が安倍政権の危険性に気づき、批判を始めるよりずっと以前から、安倍政権の批判を行ってきました。

WJFプロジェクトによる安倍批判の記事は、当ブログや旧ブログの2013年1月1日以降の記事をひも解いていただければ、いくらでも簡単に見つけることができますし、代表的なものは、右側の「おすすめの記事」欄にもリンクを掲載しています。

WJFプロジェクトが安倍批判を始めたのは安倍政権発足直後のことですが、その頃、ほとんどの「保守」の人々は、チャンネル桜や、三橋貴明、倉山満、上念司などの「保守」言論人の言葉を鵜呑みにして、安倍を熱狂的に支持していました。

当然、WJFプロジェクトは多くの「保守」の皆さんから、「保守分断だ」「反日だ」「左翼だ」「在日だ」「シナの工作員だ」「偽装保守だ」とあらぬレッテルを貼られて大変叩かれました。

WJFプロジェクトは、安倍批判を始めるのと並行して、安倍が新自由主義者である事実を隠して支持を煽るチャンネル桜を筆頭とする「保守」言論人批判、二項対立の「冷戦脳」を強く引きずる安倍信者および「ネット保守」批判という、三種類の批判を同時に展開してきました。

安倍が新自由主義者であることは、安倍政権が発足当初より掲げていた公約を見ても、安倍の過去の発言や来歴を見ても簡単に確かめられる事実でしたので、「右翼は善、左翼は悪」といった冷戦時代に刷り込まれた先入観を持たずに、事実をあるがままに見さえすれば、安倍が新自由主義者でないかのように語った「保守」言論人たちの嘘は誰でも簡単に見抜くことができるはずでした。

安倍批判をしてさんざん叩かれていたWJFプロジェクトが、現在、「安倍批判をしていない」といって叩かれるようになったのは喜ばしい限りですが、その一方で、いまだに三橋貴明のような「保守」言論人を信用してすがったり、二元的な「ネトウヨ脳」に留まる人たちが多いのは問題であると考えています。

現在、安倍批判の記事をあまり書かずに、三橋貴明などの「保守」言論人批判や、「多元的保守」に関する記事が増えているのも、昨今、安倍を批判する人たちが増えてきている一方で、いまだに、

2. 安倍政権への人々の妄信を生んだ大衆心理操作
3. 大衆心理操作の温床となった戦後の日本人の中に今も残存する「冷戦脳」と呼ぶべき冷戦構造的、二極的、二元的意識


の問題は多くの人々によって不問に付されたままであり、反省も修正もなされていないからです。

結局、安倍批判は一切なし

的外れな(自称)安倍信者批判に終始しているようですが、本当は、あなた自身が安倍信者なんじゃないですか。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。