遊星からの物体X

同じ生き物だとはとても思えない。
「遊星からの物体X」(原題: "The Thing")は、あるおぞましいSF映画のタイトルです。(気持ち悪い映像に耐性のある方はYouTube等でご覧下さい。)

「TPPで日本は終了する」という「TPP亡国論」を各メディアでさんざんばらまいて一稼ぎしておきながら、

「自民党はTPP交渉に参加しない」
「自民党は構造改革党ではない」
「安倍さんは構造改革チックなことは語っていない」
「自民党がTPP交渉に参加すると決めつけるのは反日左翼」
「TPP交渉に関するマスコミの報道は飛ばし記事」

と、2013年3月15日の安倍晋三によるTPP交渉参加表明の前々日までとぼけ続けたあげく、実際にTPP交渉参加表明が行われた翌日の3月16日には、自分が「飛ばし記事」ととぼけてきたことについては何の訂正も釈明も謝罪も行わないまま、

「民主党政権の頃は、まともなことを何一つやろうとしませんでしたので、ひたすら批判していればよかったわけです。当時とは比較にならないほどまともな政権が誕生したわけです」

(出典: 三橋貴明ブログ「長い、厳しい戦いが始まった」2014年3月16日)

と安倍政権を「民主党とは比較にならないほどまともな政権」と擁護し、同日に菅官房長官が「TPPはアベノミクス第三の矢の一部である」と明言したにも関わらず、その11日後には、「日本が滅びる」と自分がさんざん煽っていたはずのTPPを内包するアベノミクスによって「超大国日本が復活する」などという、自分の従来の主張と真っ向から相矛盾する、ふざけたタイトルの本を平然と出版した三橋貴明。


三橋貴明
『アベノミクスで超大国日本が復活する! 』
2013年3月27日出版

実際には、アベノミクスで超大国日本が復活するどころか、2014年4~6月期の実質GDPは年率換算7・1%のマイナス成長。三橋貴明自身の弁によれば、いまのまま安倍政権が続けば「日本は大変なことになる」そうで、それにも関わらず、「安倍さんは参院選後に豹変したのだ(つまり安倍が最初から新自由主義者であったことをいまだに認めていない)」「安倍政権に退陣を求めるつもりはない」といまだに、ふざけたことを言う。

『アベノミクスで超大国日本が復活する! 』

という本がいかにでたらめだったかが、既に誰の目にも証明されているにも関わらず、このようなデマ本を平然と売りさばいて世の中を欺いたことについて、なんの謝罪も訂正も釈明もしないまま、今度は、『原発再稼働で日本は大復活する! 』という本を出版するという。


三橋貴明
『原発再稼働で日本は大復活する! 』
2014年10月23日出版

10%への消費税増税、TPP妥結、道州制導入へと安倍政権がその目論みを遂げようと驀進を続ける中、安倍政権によって「日本は大変なことになる」と三橋は語っていたはずですが、安倍構造改革や消費税増税の負の影響が、原発を再稼働しただけで全て払拭されて「日本が大復活する」というのでしょうか?

TPP交渉参加表明前まで、「一体、安倍総理は何回『交渉参加表明』とやらをやればいいんでしょうか」とマスコミの報道を揶揄していた三橋貴明ですが、「一体、日本は何回『大復活』とやらをやればいいんでしょうか」というブーメランが彼のおでこに突き刺さっているかのようです。

こんなふざけたタイトルの本を世に問うこと自体、三橋という男が世の中をミスリードしたことに関して良心の呵責を感じていない何よりの証拠です。

三橋は、反TPPの主要な論客の一人だったはずですが、「TPP違憲訴訟」の動きについては一言も言及しない。

三橋貴明という人物は、本当に読者や日本人全般をなめきっているし、こんな人物が、地上波のテレビやラジオに登場して平然と言論活動を続け、なおかつ、このような厚顔無恥な嘘つきを、反グローバリズム・反安倍政権の旗手のごとく持ち上げてすがろうとする人々がいる今の日本は心底からオカシイし、三橋貴明も、その信者たちも、一体どういう神経をしているのか、首をかしげずにはいられません。

私は、オカシイことについてオカシイと言っているだけであり、しかもこのようなオカシイ状況がいつまでも糾されないから同じことを言い続けているだけなのですが、当たり前な事実を指摘する人間を指差して、安倍信者も三橋信者も「キチガイ」呼ばわりをしてきます。

この国は、「遊星からの物体X」によって脳みそを食い荒らされた人間ばかりになってしまったのでしょうか。

(追記)
この記事が「おぞましい」という言葉を冒頭で使ったからなのか、単なる偶然なのかわかりませんが、本日の三橋貴明ブログの記事のタイトルは「おぞましきレトリック」だそうです。

「消費増税見送れば社会保障予算減も」と発言した安倍の言葉が「おぞましい」というのですが、私からみて真に「おぞましい」のは、上の記事に書いたとおり、『アベノミクスで超大国日本が復活する』などというデマ本を出して、その本のデタラメぶりが既に明らかになっているにも関わらず、また消費税が10%に増税されて日本経済が壊滅的な影響を受けようとしている今、いまだに悪びれることなく「日本は大復活する」などというタイトルの本を恥ずかしげもなく世に問うことのできる三橋貴明の厚顔無恥なずぶとい神経であり、その信者たちの馬鹿さ加減です。

三橋ブログのコメント欄に寄せられる三橋信者の馬鹿げたコメントには心底呆れます。これがいい年をして、社会経験も積んでいるはずの大人たちのコメントかと思うと、頭が痛くなります。

「もはや、三橋さんの発信力にお縋りするしかありません。」(yamayuri氏)
「三橋先生には是非とも政治家になって頂きたいと思います。安倍の移民政策を止められるのは、三橋先生だけです。」(真正保守氏)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

右傾英雄的気概と黒塗街宣車

【日経 10月8日 1:29】首相「川内原発再稼働へ安全性確保」参院予算委
安倍首相は7日の参院予算委員会で、原子力規制委員会が新規制基準を満たすと結論づけた九州電力川内原子力発電所1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)について「再稼働に求められる安全性が確保されることが確認されたと語った。世界で最も厳しい水準の規制基準に適合しているかどうかの審査を行っている。確認したものは再稼働していく」と強調した。民主党の福山哲郎政調会長への答弁。

【Yahoo知恵袋 2014/10/1019:58:31 】
『霧島連山の硫黄山で火山活動活発化、川内原発から、約60kmの距離』
→ 川内原発は、史上最多噴火回数の桜島からも50kmの位置にあり、活動が異常に活発化した火山群に囲まれているのでは? → これで、なんで川内原発を再稼働させるのか?
コメント:
『アべノミクスで超大国日本が復活する』が出版されて、一年半が経過。
Amazonでは、早くも本体価格 『1円』の値が付いている(嘲笑w)
その他の三橋単行本もネット本屋による『1円』の値付がやたらと多数(嘲笑w)
三橋信者及びch桜ファンは、大学指定の教科書を1円でも安く仕入れるという楽しみに恵まれなかったのか?それとも、安倍朝臣阿呆麿と同類で、元々学問や受験勉強とはからっきし無縁、アタマがすっからかんな上、若くして黒塗りの街宣車への搭乗こそが似つかわしい輩だったのかも。(嘲笑w)
衷心より御同情申し上げる(嘲笑w)

チャンネル桜は原発狂い集団

今日のチャンネル桜の討論を見たが、渡邊が切り出し、三橋と水島が煽る。再生可能エネルギーと原発はそもそもエネルギーなので対立するものではないのに、原発を擁護して再生可能エネルギーを批判する。
国土を破壊する原発に依存するとは、奴らは保守ではない。

No title

とうとう三橋貴明は「保守言論界隈」にからめ取られてしまいましたね。
原発再稼働を主張し出したのがその証拠です。

実は三橋の昔の本では、日本経済復活には原発の再稼働なんぞ不必要と書いてありました。

日本は近年貿易赤字が増えましたが、

『それ自体は何ら悪い事ではない(経常黒字であれば)』
『貿易赤字の原因としてよく挙げられる原発を再稼働しないから火力発電用の石油などの燃料費が増えたからという言説に根拠はない』
『日本の輸入する石油の内火力発電に関係するのは2割くらいしかなく、残りの8割は民生用(自動車のガソリン等)である』
『本当の貿易赤字の原因は円安が進んだことで輸入代金が上がっただけである。そしてこれは輸出を増やしたいアベノミクスにとっては歓迎すべきことなのである』

確かこのように書いていたはずなのです。
私が三橋を安倍信者でありながらも「それなりに」評価していたのは、原発再稼働に必ずしも賛成しない、彼のこの態度を買ったからなのですが、
とうとうその最後の部分も裏切られてしまいました。

「左翼が反原発・脱原発を唱えているから、左翼と反対の事を言ってさえいれば正しい政策なのだ」

日本の保守界隈が阿呆の集まりなのは言わずもがなですが、とうとう三橋貴明もこういう阿呆の考えに取り付かれてしまったようです。
残念なことです。

http://www.amazon.co.jp/gp/aw/d/490667447X

右翼団体の統一戦線義勇軍の針谷大輔氏が『右からの脱原発』という本を書いています。
わざわざ『右からの』と題さねばならない時点で、日本という国の異常さを感じます。

【原発は放射能によって麗しき我が日本の国土を汚した、許すべからざる敵である!】

本当に保守とか右翼とかであれば、日本の国土が放射能によって汚されたことを悲しむべきはずなのに、
チャンネル桜も三橋貴明も、ただの「資本主義者」「財界の代弁者」に成り下がってしまいました。

キチガイども!

オメーらいい加減にしろよコラッ!!
毎回下らねー事ばっかほざいてよ~!!
文句あんなら直接水島三橋倉山に言ったらどーなんだ?
ゴキブリみたくコソコソやってんじゃねーぞボケッ!

そんなに許せねぇんだら、ここで死刑宣告でもしたらいいじゃねぇか?
(それかオメーらのシンパに襲撃させるとかよ…)

舐めた事やってんじゃねーぞゴラッ!!!

No title

三橋の罪は明白です。
彼は詐欺を働いたのは間違いない事実です。
そして彼の言説を支援したチャンネル桜も詐欺幇助を働いた意味で同罪です。

この点を保守が鋭く観察するのなら、保守の中で彼らを支持しようという話にはなりません。
しかし彼らを支持する保守が一定数存在している以上、彼らは当分権力を振るうと思います。
いわゆるストックホルム症候群という奴でしょうね。
家庭内暴力(詐欺・詐欺幇助)を押し付けられてきた妻が、自尊心を守るために暴力夫を庇う。
いつから保守は女々しくなってしまったのでしょうね。

戦後レジームの解体?
朝日新聞の解体?

まずは君の会社を解体しなさいよ(笑)
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。