グローバリズムという名の不道徳

すでに外国人だらけの日本。
この記事は2013年8月25日に掲載した記事を少し修正して再掲したものです。

先日、海外の友人がスマートフォン用の便利なチャットソフトがあるからダウンロードしろと言ってきました。WeChatとよばれるアプリです。

このアプリには、自分のいる場所の付近で同じアプリを使っている人を見つけ出してくれる「発見」という機能がついているのですが、この機能を使ってみて、びっくりしたことがあります。何に驚いたかといえば、表示されたリストが、中国人の名前で埋め尽くされていたことです。

調べたらこのアプリは中国のTencentという会社が提供しているサービスで、2013年8月時点で、3億人を超える中国国内のユーザーと、1億人の海外のユーザーがいるそうなのですが(出典)、日本人はLINEを使う人が多くこのチャットアプリのユーザーは少ないのでしょうか。「発見」リストには、日本人の名前はほとんど現れず、中国人の名前ばかりが現れます。そのため、はからずも、このアプリは、付近にどれだけたくさんの中国人がいるをチェックするアプリとしてとても役に立ちます。

このアプリにはFacebookのように写真を公開する機能もあるのですが、日本の見慣れた街の風景の中で、中国人たちがやたらと楽しそうに我が物顔で過ごしている姿を見るのは複雑な心境です。

もちろんこのようなアプリを使わなくても、外国人が最近本当に増えたのは、街を歩けば一目瞭然です。彼らが、旅行者ではなく、日本に定着して生活していることは彼らの様子から簡単に見て取れます。
WJFプロジェクトの立場は一貫しています。
2009年に、福田政権が掲げた1000万人移民計画や、麻生政権下での国籍法の改悪や外国人登録法の廃止、当時力をつけつつあった民主党が掲げていた外国人参政権の問題に危機感をもって、下の動画を作ったとき、「東京の人口の30人に一人が中国人」であったわけですが、現在、中国からの移民はどれだけ増えているのでしょうか。



上の動画のアップロード日は、2009年10月31日となっていますが、オリジナルの動画は2009年の政権交代前に作ったものです。(停止されたアカウントにアップしていたためオリジナルの動画は削除されています。)WJFプロジェクトは、「支那の工作員だ」とか「反原発の左翼だ」とか「反日勢力に乗っ取られた」などと愚かな事を言っている人々がいますが、上の動画を見ていただければ、2009年の政権交代前の時点で、WJFプロジェクトが(そのときには正式には「WJFプロジェクト」は立ち上げてはいませんが)、自民党の売国政策も民主党の売国政策も等しく批判しており、一貫して同じ問題意識を掲げ続けてきた事がお分かりになるはずです。

自民党と民主党が正逆の政党であるかのようにいまだに誤解している人が多いのですが、民主党の売国をもっとひどい形で進めてきた、あるいは進めようとしているのが自民党という政党です。違いは、自民党の方がプロパガンダや情報工作に長けているという点にすぎません。

特に民主党政権時代に政治に関心をもちはじめた「にわか保守」たちは、民主党が「悪」の売国政権で、自民党が「正義」の愛国政権であるかのように洗脳されていますが、2009年の政権交代以前から政治に関心をもっている人にとっては、自民党が民主党以上にひどい売国をする政党であることは周知の事実です。
安倍政権の押し進める移民政策。
移民1000万人計画を掲げてきた自民党や安倍政権が推進する徹底した構造改革や規制緩和によって、外国人はこれから、ますます増えていきます。

永住権の取得には通常10年の在留歴が必要でしたが、民主党政権は昨年5月、大学教授や技術者、経営者ら、年収・技能が一定以上の水準にある在留外国人について、申請に必要な在留歴を5年に短縮する「高度人材ポイント制度」を始めました。

安倍政権は、この条件をさらに緩和し、日本に3年間在留すれば永住権を取得できる出入国管理・難民認定法改正案を閣議決定しました。また外国人単純労働者の受入や、年間20万人の移民の受入の本格的な検討を始めています。

アメリカが主導するTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)、中国が主導するRCEP(東アジア地域包括的経済連携)、さらにはこの二つを統合するFTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)によって、日本はアメリカやカナダやオーストラリアや中国のような文字通りの多民族国家になっていきます。移民の人数が増えてくれば、当然彼らは自分たちの権利を強く主張しはじめることでしょう。
グローバリズムの不道徳性。
移民や、グローバリズムとは不道徳なものです。

私たちは自分の親を選ぶことができないように、生まれ落ちる故国を選ぶことはできません。住みにくいからといって、他の国に逃れていくことができず、自分が生まれてきた国や社会にとどまって生きざるを得ないからこそ、その国や社会を少しでも住みやすい場所にするために、また子や孫たちにすこしでも住みやすい場所を残すために、互いに協力しあい、気配りをしあい、努力しようとする「道徳」というものが発達していきます。また社会や共同体を支えるための目に見えない「文化」や「伝統」も、そのような前提の上で育まれていくものです。

自分の生まれた場所という「自然」を甘受することが、「道徳」や「文化」の基盤です。

私たちの先祖も、日本列島という地震や噴火や台風などの自然災害の絶えない過酷な環境に対して文句も言わず、逃げ出すこともなく、我慢強く暮らしてきた。その中で、伝統や文化を紡ぎ、桜の木を各地に植え、暮らしやすい美しい豊かな国を築き上げてきました。その恩恵を私たちが受けています。

しかし、自分の国が住みにくいからといって、祖国を捨てて逃げ出し、他の住みやすそうな国に簡単に移住することが自由に認められた世界では、このような「道徳」や「文化」は発達しません。

自分が生まれ落ちた国や社会をよりよくするために、そこにとどまって忍耐強く努力をするかわりに、そのような努力を放棄して、他の住みやすい国に移ればそれで簡単に快適さが手に入ってしまうからです。そして、多くの場合、このような快適さの追求という意図で行われる移民は、移住先の国の人々の努力に寄生したり、横取りしたりすることでしかありません。当然、移民元の国は、努力や献身を行う人々を失い、努力の成果や文化は蓄積されず、住みにくい国のまま放置され、ますます荒廃していくことになります。その荒廃した国の人たちは、ますますその国から出て行こうとするでしょう。

グローバリズムは、このような不道徳を孕んでいます。

グローバリズムが不道徳なものであるならば、グローバリズムを推進する政治家は、やはり不道徳な政治家であると言わざるを得ません。

私たちが移民を拒むのは、外国人が嫌いであったり、外国人を差別するためではありません。そうではなく、おのおのの人間には、自分が生まれた国に対して果たさなくてはならない責任があると信じるからです。私たち日本人が、日本という祖国に献身する責任があるように、日本にやってくる外国人たちにも、本来は彼らの祖国に献身する責任がある。その責任をお互いに果たすためにこそ、外国の方たちは自分の祖国に帰りなさいと、私たちは言わなくてはなりません。
「放火魔」が「消防士」になれないように、
「グローバリスト」は「愛国者」にはなれない。
もちろん、自分の祖国よりも住みにくい国や貧しい国に移って、その国をよりよくするために献身するという奇特なケースもあり、実際にそのような人生を選んだ日本人も少なくないのですが、日本にやってくる移民の場合、故国にまさる快適さや豊かさを求めて安易に日本に移住してくるケースが圧倒的に多く、彼らに、先祖代々日本に暮らす私たちと同じような日本に対する献身を期待できるかといえば、決してそうではないでしょう。

移民やグローバリズムを容認していては、日本はいずれ滅びます。

移民は一旦受け入れてしまうと、簡単には出て行かず、私たちの国の中で数を増やし共同体を増殖させ続けるという問題もあります。

移民やグローバリズムは、国を「保守」したり、国を「愛する」こととは正逆のものです。

移民やグローバリズムを推進してきたのが自民党であり、これからさらに移民を徹底し拡大させようとしているのが、安倍政権です。

移民やグローバリズムを推進する政党や政治家を指差して「保守・愛国」であると主張することは、放火魔を指差して「消防士だ」と言い張ることと等しいものです。

過激なグローバリストである安倍晋三を「救国政治家」だのと言って、支持を煽ってきた、チャンネル桜や、様々な「保守」論客たちが、組織的に皆さんを欺いてきたことは明々白々の事実です。

そうではないと言い張る人たちは、一体全体、移民やグローバリズムによって、日本がどう「救国」され、どう「保守」されるのか、論理的に説明していただきたい。

火に油を注ぐ事によって火事を消すことが不可能なように、移民やグローバリズムによって国を救ったり、守ったりすることは、論理的にも実際的にも100%不可能です。

放火魔と消防士の区別がつく程度の知性の持ち主ならば、(つまり小学生レベルの知性の持ち主であるならば)、グローバリズムを推進する安倍晋三のような政治家が、「保守」の政治家ではありえないことぐらいは、誰でも簡単に理解できる話です。

安倍政権の推進する社会とは、極端に言えば、経営陣は外国人、日本人はほとんどが派遣労働者に転落し、日本人がどんどん脇においやられ、奴隷化していく社会です。

もっと穏健な言い方をすれば、グローバル秩序に属する才覚のある人間と、ローカルな秩序に留まらざるを得ないほとんどの日本人は二極化していくということです。

安倍政権を批判しないことは、私たちの先人たちの努力と献身を無駄にすることです。

安倍政権を支持することは、単に愚かなだけでなく、祖国に対する反逆であり、先人に対する裏切りですらあります。

私たちの先人が努力をして住みやすい国を私たちに残してきたように、私たちも努力と献身によって、よい国を次の世代に引き継いでいく責任があります。

この責任をしっかり果たそうではありませんか。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

山本隆裕さん

>やはりわれわれ、真の愛国の心を持ってるものが、色々な分野のエリートになっていく他無いのでは

私自身は自分のことを「真の愛国の心をもっているもの」とは思っておりませんので、「真の愛国の心をもっているわれわれ」のお仲間には入れないと思います。

「真の愛国の心をもっているわれわれ」の仲間になるぐらいなら、「反日左翼」とか「支那の工作員」となじられていたほうがまだましです。

自分たちのことを「真の愛国の心をもっているわれわれ」と自己規定したときには、同時に、その外部の人々に「真の愛国の心をもたない彼ら」というレッテルをはることになります。

同じ日本人を二つに区分し、自分たちを「真の愛国の心をもっているもの」として特殊化し格づけすることが、「真の愛国の心」なのでしょうか。

そんなものが「真の愛国の心」なわけがありません。

>今、真の愛国とは何かを分かった上で、それを一人が誰かに伝え、また別の誰かへ・・・・

これが「真の愛国だ」などというものが、「真の愛国」なわけがないんです。

だって、親が子を愛するときに、「これが真の親の愛だ」などといちいち言わないでしょう?「真の親の愛を分かった上で子どもを愛そう」などと言わないじゃないですか。

「真の愛」があるところでは、「真の愛」なんて自覚すら生まれません。

だから、「真の愛国の心」などという言葉を振りかざす人が「真の愛国の心」などもっているわけがない。

「真の愛国の心」をもった人は「真の愛国の心」などに見向きもしないはずです。

真の親の愛をもった親が「真の親の愛とは何か」などと考えないのと同じことです。

>まあ・・・・それを三橋さんにも、チャンネル桜に分かってほしいですけどいつになるでしょうね?

「真の愛国の心」などとばかばかしいことをおっしゃるから、三橋だのチャンネル桜だのを「真の愛国の心をもつわれわれ」の仲間だと勘違いしてしまうんです。

私たちがめざすべきなのは、「真の愛国の心をもった我々」になることではなく、ひたすらただの日本人になること。それ以前に、ただの当たり前な人になることです。

私たちが当たり前な人間になれたときには、はたからみれば、「ああ、あの人は真の愛国の心をもっているなあ」と言われることがあるかもしれないけれど、自分の口で「我々は真の愛国の心をもっている」などと言うもんじゃありません。

No title

こんばんわ
最近よく思うのですが
やはりわれわれ、真の愛国の心を持ってるものが、色々な分野のエリートになっていく他無いのでは
ないでしょうか?
教師、政治家、企業家、・・・・もはや、やらなければ変えなければ行けない事がいっぱいありますよね?
高いレベルと高い犠牲心、そして日本人本来のメンタリティーを保った上での人間性。
今、真の愛国とは何かを分かった上で、それを一人が誰かに伝え、また別の誰かへ・・・・
という具合に、信念を持って日々誰かに伝え努力すべきです。

時間はかかるかもしれませんが、きっと日本人が覚醒するときがくるはずです
今まで以上に大事に日々精進せねばなりませんね。。。
われわれの祖先はいったいなんのために死んでいったのか?命を捨ててまで神風部隊でなぜ戦ったのか? こんな売国奴だらけの日本のためではないはずです

まあ・・・・それを三橋さんにも、チャンネル桜に分かってほしいですけどいつになるでしょうね?

三橋さんには「売国奴安倍に告ぐ!」でも書いてもらえれば、合格点でしょうか?(笑)

またきます!それでは!

河野談話の更なる継承と、移民で、 私は最悪の予想をしています。

河野談話の更なる継承と、移民で、
私は最悪の予想をしています。それは、

先祖が強制連行されたと信じてる中韓の人間が大量に移民してくるわけですから、
先祖の敵と言わんばかりに日本人、特に女性を強姦する事件が多発するのでは。

安倍晋三が談話を継承したのだから、韓国の捏造がホンモノになり、
それを信じてる中韓人が日本に移民するんだから、
最悪そういう状態になりますよね?

本気で抗議します。

No title

これまでアメリカ合衆国が行ってきた、そしてこれから安倍がやろうとしている、
外国から貧困者を輸入してもたらされる活力、なりふりかまわず頭数を増やすことで実現される経済成長に何の意味があるのでしょうか。
見かけ上GDPの数字は増えても、社会には深刻な分断がもたらされ、人心は荒廃する一方になるでしょう。
それこそがグローバリストの狙いだ、という見方も可能ですが...。

移民導入の理由として少子化を口実にしていますが、
問題は、昨今の日本が、子育てしやすい国づくり政策をとってきたか、どうかです。
保育予算を減らし、国立大学の授業料を年々上げ、留学生を国費で呼んできた、こういう過去のいきさつを見るに、どうもこれは逆の政策を続けてきたのではないか。
大学授業料を40年前の水準で据え置き、保育予算を増額していれば、少子化の進行は遥かに緩やかなものになったのではないか。

さきごろ、自民党の議員が「子供を産むのは国民としての義務」と発言して問題になりましたが、自らの失策を糊塗するため、「国民としての義務」云々という精神論でごまかしているのではないか。

いずれにせよ、今の事態を招いた主な責任は自民党を中心とする「保守」側にあるということは間違いありません。
みずからよって立つところの国土・国民を荒廃させ、過酷な搾取の末に絞り取れなくなれば、
どこかから集めてくればよいという発想は、焼畑農法と同じ。為政者として不道徳の極みです。

集団主義者達を撃て! さん

「集団vs個人」

また、そのような簡単な二項対立をつくり、わかりやすい「お話」をつくり、分かりやすい「敵」を設けて、人々を煽って突撃させる。人々の注意が一カ所に注がれる。その隙に、ふたたび、背後からまたやられる。

この繰り返しです。

だから、簡単に「○○主義」などという言葉を振りかざしてはなりません。
簡単な説明や陰謀論にとびついてはなりません。

わかりやすい敵を見つけることよりも、日本人としての根を深く自覚し、それを静かに深めることが大切です。

No title

WJF様

いつも拝見しております。
今回のコメントは長文になるため、あらかじめご了承いただけますか。


自民が駄目なら民主、民主が駄目なら自民を繰り返している以上、
日本は絶対に良くなりません。
なぜなら各政党はバラバラなようでいて、最重要事項に関しては
お互い「共有」しているのです。
TPP、増税、外国人優遇、移民といった重要事項を自民・民主・公明が同意しているのです。

でも選挙時には、票を集めるため各政党、それぞれ違った主張をして争います。
まるで国民が政治を動かしているかのように錯覚させています。
でも実際は、自民を選んでも民主を選んでもTPP、増税、移民などの悪法は必ず出てきます。

それは彼らが「集団主義」で動いているからです。
右翼も左翼も違うようでいて、実は非常に共通点が多いです。

どちらも国が権利を与え集団を重視し、その為には個人が犠牲になるべきという考えが共通しています。
違うのは「誰が支配者になるのか」この一点のみ。
これを、「集団主義」といいます。

我々日本国民の本当の敵は、中韓でもない、左翼でもな、要するに大企業と政治家・官僚達です。
彼らが全てをコントロールするのですから、選挙で自民が勝とうが民主が勝とうが
どっちでも同じ悪法が出てきます。

そこで、私達一般国民は更に強く団結しなければなりません。
一部の金持ち、政治家の保身の為に、搾取され続けるのはもう我慢できません。
国民が立ち上がり、決起しましょう。

まずはやはり選挙で出来る事と言えば、ねじれ国会を作る事でしょう。
少なくとも売国法案を通す事を防ぐ事はできます。

長文、失礼しました。

職場のアルバイトの中国人留学生が出産のため退職しました。出産時には中国から母親が来てサポートするそうですが、ビザの関係で長くは滞在できないとか。妊娠したら強制帰国とは非人道的ですが、子や孫が心配でズルズル不法滞在ということを誘発しそうな状況でいろいろと考えさせられます。

No title

全面的に同意します。
移民国家など、既に西洋諸国では破綻しているではありませんか。
フランスではジャン・マリ・ルペンが大統領選の決戦投票に進出し、
オランダでは移民国家を批判する政党の長が移民によって暗殺され、
イタリアでも旧ファシスト党の流れを汲む移民排撃政党が躍進し、
つい最近ではスウェーデンの民主党が大躍進しました。
「民主党」とは言っても、どこぞの売国政党とは月とスッポンで、このスウェーデン民主党はいわゆる『極右』政党です。
http://www.youtube.com/watch?v=pumIT31qqQQ
この政党のコマーシャルを見れば、如何にスウェーデン語が解らなくとも何を言いたいか理解できます。
ちなみに、最後の箇所の翻訳は次の通りです。

『スウェーデン人の老婆がないがしろにされる一方で、イスラム系移民が我が物顔にスウェーデンの社会福祉を受け取ろうとしている現状にノーを言いたい者は我が党に投票せよ』

スウェーデンと言えば福祉大国で、非常にリベラルな移民に寛容な国だったはずですが、そんな国でも極右が一定の支持を集めるようになっているのです。
安倍晋三は頭がおかしいからなのか、ヨーロッパの現実を見ていません。

先述のジャン・マリ・ルペンは親日家で有名だそうですが、日本の国籍法や指紋押捺制度などを大絶賛していました。
「我が党が目指すのは、日本が現在行っている事である」と言っていたのです。
残念ながら、馬鹿な自民党政権はルペンの期待とは裏腹な行動ばかりやっているのですが。

自民党はこの意味で売国政党です。

現在「在特会」が騒ぎになってますけど、本場のネオナチ、極右なんて、あれの比じゃないですよ。
安倍晋三は、ネオナチのような極右政党が現れてほしいのですかね?

No title

研修生という名目で中国人労働者を大量にそして安易に入国させてきた日本ですが、農業の分野でその傾向が強くなっています。中国人がロシアでトラブルの種になってしまっているようなことは、日本でも十分に起こりえます。ソースがレコードチャイナ(ソフトバンク)で恐縮ですが、この中国とロシアの農業関連のニュースはコリアン系のメディアが特に注目していることのようですね。TPPにより変化する日本の農業の担い手が非日本人になっていくかもしれないという冗談のような話になるかもしれません。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=64984

いたずらに外国人労働者を警戒するべきではありませんが、きちんと受け入れ先、あるいは移住先のルールに従う、移動先の文化に敬意を表するという意思表示ができないとなかなか難しいですし、日本がそのルール作りを躊躇している点が非常に気になります。よく世界の常識、グローバリズムと言いますが、諸外国は移民や外国人労働者に対して明確なルールを設けています。

農業に関していえば、農業の跡継ぎや担い手を減らさないための日本側の努力不足が鍵なのはもちろんです。日本は「少子高齢化」という恐怖から、選択を大きく誤らってはならないです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。