ベームと君が代・カラヤンと禅

West Meets East/ East Meets West
カール・ベームという、往年の大指揮者がいます。

レコードよりもライブ演奏で力を発揮すると言われた指揮者でしたが、この人が大の親日家で、ウィーン・フィルを引き連れて70年代にたびたび来日公演を行っていました。4000人を収容するホールで聴衆が咳一つ立てない、日本人のマナーの良さに感激していたそうで、日本でも大変な名演奏を残しています。

下の動画は、1977年にNHKホールでベームとウィーン・フィルが演奏したベートーヴェンの交響曲第五番「運命」の第四楽章です。



ベームとウィーンフィルが来日時に披露した「君が代」の美しい演奏も残されています。



また、ベームとほぼ同時代にベルリンフィルの常任指揮者として活躍したカラヤンという指揮者が、次のような興味深いスピーチを残しています。



こんな風に述べさせてください。

みなさんは、人格的な統合の中で、知識や技術や決意や業績を、経験してこられたことでしょう。

禅の弓の師匠が、その技を実践するとき、「私が射る」とは言わず「それが射る(当たる)」という言い方をします。

彼らの行為は、行為する必要が全くなくなるほどに、自然と一体化するのです。

この光の下でものごとを見るならば、私はみなさんにこう言わねばなりません。

「音楽それ自体が演奏するのだ」と。

中国哲学の最も深遠なことわざの一つが、きわめて象徴的にこのことを示しています。

「爲無爲」(「無為を為す」老子の言葉)

私を誤解しないでください。すべてのことは最初に為されなくてはなりません。

しかし、その後、あなたは、それを自然にゆだね、事柄それ自身が自ずから実現するのにまかせなくてはなりません。

これが真の熟達なのです。

人がこの境地に到達するのには、非常に長い時間がかかります。

カラヤンは、大正時代の終わりから昭和の始まりにかけて、日本で弓道を学んだドイツ人哲学者オイゲン・ヘルゲルの『弓と禅』の読者であったようです。

西洋音楽のマエストロが、東洋思想の影響の下に、その技を完成させていたのは大変興味深い事実です。

私はクラシック音楽がとても好きなのですが、同時に、それが、近代を成り立たせた、世界の一地域の、一時代の、一思想を反映した、一文化の顕現に過ぎないことも改めて感じずにはおれない昨今です。

そんな西洋音楽に対峙した日本人作曲家、武満徹による"Novermber Steps"という音楽作品は、西洋のオーケストラの中に和楽器が盛り込まれているというよりは、和楽器の作品の中に、西洋のオーケストラを取り込んだとも言うべき挑戦的な意欲作です。



日本人が、西洋文化やグローバルスタンダードに向かい合う際の方途の一つが、この作品の中に示されているようにも感じます。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

WJFさまお疲れ様です。クラシックがお好きとのこと、厳しい政治論争だけでなく、ときには文化談義もしてみたく存じます。

ご指摘の通りにベームもカラヤンも大変な親日家でしたね。19世紀末から20世紀初頭は西欧、楽壇で言えばウィーンでは東洋思想が流行していたようで、その影響もあるのでしょうか。ベーム、カラヤンの少し前の世代である、グスタフ・マーラーの大地の歌のような後記作品では、キリスト教から完全に離れてしまい、仏教、道教の世界を全編に描かれています。そして第二次大戦後、政治的に軋轢が多かった凋落しつつあったヨーロッパから遠く離れて、大人しく体の小さい東洋人の国は特別な魅力を持つおとぎ話に出てくるジパングそのもののように感じられたのでしょうか。
そういえばソ連楽壇の至高的存在であったピアニストのリヒテルも指揮者のムラヴィンスキーも日本が格別に好きだった聞きます。

西洋と東洋が合一して自然に溶け込める特別な場所が日本なのでしょうね。

ミッチーは間違えたのか嘘つきなのか?

三橋貴明氏が民主政権時にひたすら安倍をヨイショしてきたのは何故なのか?

ある程度、グローバリズムが問題であると認識されてる方が、安倍に対して疑っていなかっただろうか?
もちろん、アベノミクスに期待したエコノミクスは多く、反自民、反米左翼である森永卓郎氏もアベノミクスに浮かれた人間だ。それはマクロ経済的にケインズ政策がデフレ期に有効だと知っているからだろう(そんなものは経済学部の一回生でも知っている)。

しかしよく考えると、大半の人は安倍に疑いを持っていたのではないだろうか?中野剛志の言動などにも代表される。

なぜなら、第一次安倍政権の時に、アジアゲートウェイ構想、スーパーグローバル大学、留学生100万人計画、ホワイトカラーエグゼンプション、准保育士、准介護士、などなど。移民に関しても自民党は移民受け入れ1000万人計画というのを民主党政権より以前にやっている。これらの政策が表出しだしているのが2014年の現在の状況だ。

そして、民主党政権の時に亀井静香を全無視していたのが三橋貴明であり、今では原発擁護のために再生可能エネルギーを叩くという世論の誘導を行っている。

ミッチーは自民党員

三橋貴明氏の矛盾は彼のブログと人脈を観察していればわかります。

まず、積極財政派の三橋さんは民主党政権時代、ひたすら自民党、特に安倍のヨイショをしていました。しかし、民主党政権の中には亀井静香という、まさに三橋氏が唱えていた主張(原発以外)のすべてを唱えていた人物がいます。三橋氏はブログでも自身の著書でも亀井氏を取り上げることが殆どなかったと言えるでしょう。TPP反対、消費増税反対、移民反対、外国人参政権反対、自殺者を減らすためにモラトリアム法成立、無利子国債の日銀引き受けを主張していた亀井氏を無視し続けたのが、三橋貴明という男です。

それに比べて自民党はどうでしたか? 国土強靭化以外の積極財政政策はありましたか? しかも消費税を政策に盛り込んでいた政党です。

また、生活保護制度に対しての三橋氏の見解もおかしく、三橋氏は消費税はビルトインスタビライザーじゃないから駄目だと言ってましたが、生活保護なんてのはビルトインスタビライザーそのものです。その生活保護を彼は惰民が増えるとか言って否定していたのです。

さらに、おかしいのは三橋氏は小野盛司氏が運営している日本経済復活の会に関わっています。あの小野氏が応援していた政治家といえば、亀井静香を中心とした国民新党の面々です。それをまったく無視して、ひたすらに安倍自民をヨイショしまくってきたのが自民党員である三橋貴明です。

そして、今は原発擁護のためにデタラメを言いまくっているのが三橋貴明という男です。

匿名さん

>ただ個人的に三橋さんは労働者の味方だと思ってるのであまり批判しないでくれると嬉しいと思います

三橋が本当に労働者の味方なら、次のような嘘を参院選が終わるまで付き続けることはなかったでしょう。

「安倍さんは経済政策を正しく理解している」
「安倍さんは構造改革チックなことは何も語っていない」
「自民党の中にもわかっていらっしゃる議員の方たちがいる」
「TPPに関する報道は、マスコミの飛ばしだ」
「消費税増税に関する報道は、マスコミの飛ばしだ」
「安倍さんはバスが出るのを待っているだけだ」
「アベノミクスで超大国日本が復活する」
「安倍さんが構造改革を推進しているのではなく、産業競争力会議や竹中平蔵が悪い」
「安倍政権は構造改革を実行しているが、泥をかき分けるように安倍政権を支持し続けよう」
「安倍政権が自分の思い通りの政策をやらないからといって、安倍支持をやめてしまうのは革命だ。」
「安倍政権は参院選後に突然豹変した。」


参照記事: 三橋貴明による嘘のカタログ
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-458.html

事実を示して、どんなにわかりやすく説明しても、三橋のおかしさを理解なさらない方たちがいらっしゃるので、三橋批判をやめるわけにはいかないのです。

WJFプロジェクトさんの洞察力はいつもなかなかすごいと思います

WJFさんは日本において数少ない頭脳派の保守の方で、それ自体やはり貴重な存在だと思います

チャンネル桜や三橋さんの言論にも不合理な点も見られるかもしれない

ただ個人的に三橋さんは労働者の味方だと思ってるのであまり批判しないでくれると嬉しいと思います

一人でも多くの失業者を救うためにがんばってくれている数少ない保守派の言論人の方をWJFプロジェクトさんも応援してくれたらとても嬉しいと思います

社会の底辺で苦しみながら生活する人々のことをこそ一番大切に思い、そのような人々を救うことこそが一番大切な価値観だと思います

No title

カツトシ君がまたWJFに噛み付いています。

2ちゃんねるの情報によると、カツトシ君が各方面に噛み付いてるのは「敵と戦ってる俺カッコいいでしょ」アピールをしてマイリスト登録を増やすためらしいです。カツトシ君の記事の下に毎回「マイリスト登録お願いします」と書かれていますよね。それがその証拠です。

ニコニコ生放送の生主がマイリスト登録を増やす理由は単に自己顕示欲を満たすだけじゃないありません。もう一つ理由がある場合があります。それはズバリ、女性とセックスするためです。

マイリスト登録(信者)を増やす→彼らのプロフィールで若い女性を選別する→現実でコンタクトを取る→セックスする、という構図が現に存在するのです。しかも信者となる人は世間に疎く心優しい人が多いので、タダでカラダを捧げてしまうらしいですよ。

ニコ生界隈で有名な人達の多くはインターネット上で知り合った女性達と肉体関係を結んでいる現状からもお分かりになるかと思います。勿論、カツトシ君がセックスを目当てとするような下衆ではないと思いますが、彼らと同じ行動を取ってることは誤解を招く行為だと言わざるをえません。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。