「正直な子供」の政治性

Honesty is the best politics. 正直であることは、最良の「政治」である。
下の記事は、WJFプロジェクトの最大の理解者の一人であるちいほさんへのコメントを少し修正して記事にしたものです。下の記事は、ちいほさんをはじめ、WJFプロジェクトを日頃、熱心に支援し応援してくださる全てのみなさんに対する深い感謝の気持ちとともに記されています。

ちいほさんも、KUZUYA氏も、WJFの「政治性」の欠如、反・政治的なふるまいを嘆いているのだと思います。

確かに「インチキな仕立て屋」があまりに政治的であるのと対照的に、「正直な子供」は、一見、反・政治的に振る舞っているように見えます。

現実の利害関係と無関係な場所から「王様は裸だ」と無邪気に叫ぶ「正直な子供」の姿勢が、ある気づきを人々に与えるという点では有効であるとしても、現実を構築する上ではあまりに無力ではないのか。現実を構築する上では、人は多かれ少なかれ「インチキな仕立て屋」として、権力者にすり寄ったり、人々に取り入ったり、調子を合わせたり、時には嘘・偽りに目をつぶったり、したたかに振る舞う政治性をも身につける必要があるのではないか。

それがKUZUYA氏が、私に突きつけた問いであり、彼が三橋を持ち上げるカツトシの周りに現在群がっている理由ではないかと受け止めています。彼なりに、WJFに欠落していると彼が考える「政治性」を発揮しようと、鈴虫の鳴く夜中の人気のない公園のベンチから、カツトシの生放送に「凸」しているのでしょう。

カツトシが、小汚い部屋から展開する、猥談や、筋トレ話や、デマや、うわさ話や、悪口の中に、KUZUYA氏は「政治性」の充満を感じ取って、大満足しているのかもしれません。

安倍政権を生み出したのが「インチキな仕立て屋」たちが発揮した「政治性」であるならば、それを打倒するのにも「インチキな仕立て屋」たちの「政治性」を必要とする。なぜなら大衆は、煽動によってしか動かないのだから。そのためには、「インチキな仕立て屋」道を極限まで極めた三橋貴明のもつ「政治性」を利用することが必要なのだ。そう彼らは考えるのでしょう。

「インチキな仕立て屋」のもつ「政治性」こそが大衆を動かす唯一の力であるのに、WJFプロジェクトは何をしているのか。三橋貴明を批判し、「インチキな仕立て屋」的な手法を拒絶し、「政治性」を否定し、ひたすら「正直な子供」を名乗って無菌室にこもっているだけではないのか。それがKUZUYA氏のWJFプロジェクトに対する批判の主眼であると受け止めています。

しかし、私は次のように考えています。

1. 「正直な子供」であることと(事実につくこと)と、「インチキな仕立て屋」であること(人につくこと)は、やはり、両立しない二律背反のことがらである。
KUZUYA氏は、WJFが器用にまた柔軟に、あるときには「正直な子供」として、あるときには「インチキな仕立て屋」として振る舞うことを期待されていたのでしょうが、「正直な子供」たることと、「インチキな仕立て屋」であることは、意識のレベルで両立しない二律背反のことがらです。

どういうことなのかというと、「人に付くのではなく事実につく」というのがWJFプロジェクトのモットーですが、「事実に付く」=「正直な子供」の姿勢、「人に付く」=「インチキな仕立て屋」の姿勢ととらえていただくと、「人につくのか、事実につくのか」という問いは、まさに実存的な問いとして、日常の一場面ごとに、私たち一人一人に突きつけられていることがわかります。

わかりやすい例を取り上げると、最近、ツイッター上の議論でWJFのブログ記事を好意的に取り上げてくださった方がいます。WJFを好意的に取り上げてくださる人に同調しようとする誘惑を私自身も感じることがありますが、私の習い性で、そういう意識は意図的に捨てて、議論している双方の主張を等距離に見て、客観的に評価しようとつとめるようにしています。ここでわずかでも、「人に付こう」「人に取り入ろう」とする「インチキな仕立て屋」的な意識、政治的な意識が混入すると、「事実に付く」という「正直な子供」としての心の目は必ず曇るようになります。事実に付き、事実を語る、「正直な子供」たるためには、一瞬たりとも「インチキな仕立て屋」として振る舞うことはできません。

2. しかし、「正直な子供」は、「インチキな仕立て屋」とは異なる、別種の「政治性」を持つ。
このように、「正直な子供」として事実を語ることと「インチキな仕立て屋」の政治性は両立しないのですが、しかし、次のように考えることもできます。

それは「正直な子供」であることは、必ずしも反・政治的であることを意味せず、それ自身、「インチキな仕立て屋」とは異なる別種の「政治性」を持っているということです。その「政治性」は、「インチキな仕立て屋」のように事実を犠牲にして、幻想や、嘘、偽り、主観や、嗜好や、欲や、利害を媒介して群れ合う「政治性」とは異なる、事実を媒介して結び合う「政治性」です。

「正直な子供」として事実を語ることは、コンフリクト(対立や緊張)を作り出し、人々を遠ざけたり、離反させたりすることがあるのも事実ですが、同時に、人々を呼び集め、固く、深い絆で結びつける力ももっています。互いにべたべたすることはなく、歯に衣を着せず互いに批判し合いますが、にもかかわらず、深い信頼で結び合うのが、「正直な子供」の政治性です。

私がいろんな人々と対立することで、離反する人もいますが、同時に、その議論を見て、共感や信頼を寄せたり、新しく支持してくださるようになる人たちもいるのです。また面白いことですが、対立する相手と深い友情でむすばれるようになることもあります。遠慮なしに腹を割って話合うのですから、そうなるのは当然とも言えるのですが。

ちいほさんが、WJFプロジェクトに、深い共感を寄せてくださるようになったのも、そもそも「正直な子供」たることが立派な「政治性」をもっていることの証左ではなかったでしょうか。

ちいほさんのみならず、今でも、WJFプロジェクトを熱心に支援し応援してくださる方たちがいらっしゃるのも、「正直な子供」たることが立派な「政治性」をもっている証しであると考えています。ちいほさんは、WJFが「正直な子供」として振る舞うことによって、敵が増え、孤立し、支持者が減るのではと心配されていますが、私は逆に、WJFプロジェクトが途絶えるとしたら、それは、WJFプロジェクトが「事実につく」のをやめて「人につく」ようになり、「正直な子供」として振る舞うことをやめてしまったときだと考えています。そのとき、WJFプロジェクトは内部から腐敗していきます。「事実」に付く限り、「事実」を語り続けるかぎり、WJFプロジェクトが孤立したり消滅することは決してありません。それはわたしの揺るぎない確信です。 「事実」、そして、「自然」は、必ず、何かの手段で、自らを開示しようとするからです。

KUZUYA氏が、WJFプロジェクトに、「インチキな仕立て屋」として振る舞うことを期待されても、できない相談です。私なりの長年の修養を通して築いてきた姿勢なので、変わりようがないからです。私がそうできないからといって、私を「クズ」と呼ぶ資格は彼にはありません。

WJFプロジェクトは「インチキな仕立て屋」としての政治性を発揮することは、逆立ちをしてもできませんが、「正直な子供」としての別種の政治性を武器に戦っていきたいと思っています。

どうぞ、これからもWJFプロジェクトのよき理解者として応援願います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

>インチキは誰だ?

>名無し様

あなたは、まず日本の歴史を学ぶことをお勧めします。

インチキな日本人もいれば、立派に公のために使命を果たした日本人もそれ以上に沢山います。

麗しき掛け替えのない日本が破壊されることを、多くの日本人が望むわけありません。

もし現代のインチキな日本人の分布を敢えて言うのなら、グローバリズムの走狗となった政治屋と財界、そして使命を忘れて保身に走るマスコミ連中には多いことは間違いありません。

インチキは誰だ?

日本国民の殆どが「インチキ」だし、インチキ崇拝思考ですよ。

ブログ主が言う正直な子供は良いが、大多数の日本人は、正直とは逆のインチキですよ。

日本人特有の表裏の性質、本音と建て前。
それだけでも、日本人のインチキさが分かりますね。

日本人は、正義も善悪もない。

本音(本質)を避け、逃げ、自己保身だけで、権力に従属するだけのインチキ民族。
自己保身と権力・見栄・欲の塊。
そのインチキ日本国民集団が、インチキ日本国家を作っているにすぎない。

インチキは、日本の昔からの日本人の歴史、精神性でしょう。

日本破壊と崩壊の原因と本質は、紛れもなく大多数の日本国民が1番の原因だと思いますね。

毎度、世界1のインチキ社会が創られる。
それは、インチキ日本国民だからです。

海外は、そんなインチキ日本人を利用しているにすぎないだけ。

大多数の日本人がインチキだし、インチキ崇拝だから、インチキが支配できる。
それだけのこと。

大多数の日本人は、「正直な子供」に賛同しない。「インチキ」に賛同する。
本質や正義、善悪を訴えようが、「インチキ」に賛同する。
権力・金に賛同しますよ、大多数の日本人は。

ブログ主は、大多数の日本人がインチキだ、とまずそれを認めましょう。
破壊されようが、支配されようが、自業自得なのです。日本人の。

No title

カツトシ氏のブログ・動画に目を通しましたが、彼は日本を考えていないと思います。正確に言えば、日本を口実にして自己顕示欲を満足させているだけだと思います。インチキ以外の何物でもないと思います。

ちいほさん

>丁寧なご回答を頂いたことを理由に引っ込めるものいけない気がするので正直に申せば、こうしている今でも、WJF様なりの「方法」=伝える際の物言いや態度には技術的な面で、疑問が渦巻いています。
安倍政権下で、私自身が何も成せていない焦りの中、ネット上の色々な場所にWJF様への批判を見かけるたび、内容が嘘ばかりで気が滅入り、そんな時でも当のWJF様が、一般的に忌避されるような突飛な言葉を用いて挑発を繰り返しているのを見て、それがカンに触ったこともありました。
「正直な子ども」であるために、これらの言葉が当時必須であったとWJF様はお考えなのでしょうから、何を申し立てようと意味はありません。


ちいほさん、いつも心労をおかけします。WJFプロジェクトがあらぬレッテルを貼られて、どなたかが弁護してくださっているのをみると、ちいほさんがなさってくださっているのかと思うこともあります。尻拭いのようなことをさせてしまい申し訳ないです。

ただ、水島総や三橋貴明に対して、「腹を切れ」「地獄に堕ちろ」ということを控える事ができたか。安倍信者に対して、「ぶざまな生き方だ」「ばかたれ」と罵らずにいられたか。KAZUYAやランダムヨーコに対して「黙れ」「恥を知れ」と言わずにいられたか。礼儀正しい姿勢だけで彼らを批判ができたかといえば、私の個人的な性格上、やはり難しかったと思います。

また、彼らを礼儀正しく批判したからといって、彼らからの悪口やあらぬデマの流布をまぬがれることができたか、礼儀正しく批判すれば、理解者が増えたかといえば、やはり彼らは執拗にWJF叩きをしていたであろうし、安倍信者や三橋信者は、考えを改めなかっただろうと思います。

彼らに叩かれることも十分分かった上で、こちらも彼らを叩いていますので、あまりご心配なさらないようにお願いします。

>色々な思いを抱えたままですが、私はこちらを去る気にはまったくなりません。
WJF様も、ここに集う皆様も、「事実につく」人だと思っているからです。
WJF様という「人につい」ているつもりはあまりなく、私自身が「事実につき」たいから、今はここにいます。


私たちは皆、始めから終わりまで徹頭徹尾、「事実」や「自然」の中に置かれているのですから、互いに「付く」も「離れる」もありません。

私が理解できないのは、「WJFを離れた」と発言したKUZUYA氏です。「WJFを離れた」という以上「WJFに付いていた」段階がなくてはなりませんが、「人に付くのではなく事実に付く」というのがWJFプロジェクトのモットーですから、「WJFに付く」というのは言葉の矛盾です。彼は、自分自身が、KAZUYAのことを「クズ」と感情的に罵り、WJFと同様に辛辣にKAZUYAやランダムヨーコを叩くカツトシの周りに群がりながら、WJFのランダムヨーコの叩き方はよくない、WJFはクズだと批判します。彼が、WJFの言葉遣いや批判手法が悪いからWJFはクズだというのであれば、彼は自分のニックネームを「KUZUYA」から「KAZUYAさん」に改めるところから始めなくてはなりません。

事実を教えて頂いたお礼

初めまして。刀背久と申します。
遅ればせながら、一週間ほど前にYOUTUBEでWJFの動画を拝見し、早速保存させて頂きました。

わたくしも、恥ずかしい事に、うさんくさいなと思いながらも安倍ちゃん自民党のプロパガンダに半分騙されたクチです。
しかし、愛国を執拗に叫んでるわりにはずいぶんと矛盾する事を言ってるじゃんか・・・・と思いつつも、自民も民主もたちの悪い運動会の白組と赤組みたいなもんだろぐらいにしか思ってませんでしたが、様々な嫌がらせ(経済的、精神的、肉体的)をどこの誰だかわからない者から受けてるうちに、ただ事ではないと思い、法令関係や調べものをしているうちにWJFにやっとたどり着いたという感じです。

ネット上は様々な批判記事が氾濫してますが、どれも文章を媒体としているものがほとんどで、理解するのに多少の時間がかかっておりましたが、貴ページにたどり着いてからはこれまでにない動画と文章の媒体で、今まではっきりしなかった事や理解しがたい事がまるで視界が開けたかのように理解できるようになりました。

なんと、お礼を申し上げたらよいのか・・・・・『君が代の本当の意味』の動画を見ながら、気付いたら泣いてました😓

私の至らなさに一筋の光明を与えて頂いた事に深く感謝し、更なる学習をさせて頂きたく、月並みではありますが微力ながら応援したいと思います。近くの火山を仰ぐ神社にも、そういう気持ちで先日お参りしました。

貴殿への日本八百万神々のご加護を願います。

No title

ありがとうございます。
政治のわからない私には、元よりこちらは分不相応な場所で、黙って勉強させて頂くにとどめるべきものを、いつも生意気を申し上げてすみません。

WJF様の動画しか知らなかった頃、ブログを見つけたときはとても嬉しく、たくさんの人に読んで貰いたいと思いました。旧ブログにて、アメリカへの署名活動という愚行で盛り上がるネトウヨと大喧嘩していらっしゃるところを見てから、それまでとは比べ物にならないくらい深く共感し、WJF様に尊敬の念を抱くようになりました。

WJF様に批判的な人々は、
「WJFは突然変わった。」
「海外向けの動画だけは良かった。」
と言いますが、そんなことは絶対にありません。

WJF様はずっと変わっていません。

WJF様の動画も、ブログも、ひとしくすばらしいものです。

丁寧なご回答を頂いたことを理由に引っ込めるものいけない気がするので正直に申せば、こうしている今でも、WJF様なりの「方法」=伝える際の物言いや態度には技術的な面で、疑問が渦巻いています。
安倍政権下で、私自身が何も成せていない焦りの中、ネット上の色々な場所にWJF様への批判を見かけるたび、内容が嘘ばかりで気が滅入り、そんな時でも当のWJF様が、一般的に忌避されるような突飛な言葉を用いて挑発を繰り返しているのを見て、それがカンに触ったこともありました。
「正直な子ども」であるために、これらの言葉が当時必須であったとWJF様はお考えなのでしょうから、何を申し立てようと意味はありません。

色々な思いを抱えたままですが、私はこちらを去る気にはまったくなりません。
WJF様も、ここに集う皆様も、「事実につく」人だと思っているからです。
WJF様という「人につい」ているつもりはあまりなく、私自身が「事実につき」たいから、今はここにいます。

私が署名問題でのWJF様の怒号に共感したように、今のWJF様の主張に注目してくれる人が出ることを願っています。

これからも学ばせて下さい。宜しくお願いします。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。