「この教祖に、この弟子有りといった感がします」

論理的反論を放棄して、レッテルを貼る。○○信者お決まりのパターン。
先日、「三橋貴明は政治家と癒着しているゆえに擁護されるべきか」(2014年9月19日 )という記事において、WJFは、カツトシ君の記事「WJFに対する再反論」に対する、以下の趣旨の反論を行いました。

「三橋貴明は、政治家と癒着しているがゆえに、信用してはならない」

というWJFの主張に対して、

「三橋貴明は、政治家と癒着しているがゆえに、擁護されなくてはならない」

と反論したカツトシ君。

カツトシ君の反論が反論として成立するのは、カツトシ君が指摘するとおり、三橋が安倍を説得したり、善導したりするような影響力を行使している場合だけなのですが、実際には、

1. 三橋貴明は、安倍晋三が参院選後に豹変して新自由主義者に突然変異したと主張しており、参院選前に安倍が新自由主義者であったことすらいまだに認めておらず、参院選前に三橋が安倍を説得したり影響力を行使したりした事実はない。

2. 参院選後には、安倍が参院選前からやると公言していたとおりのことをそのまま実行に移しており、三橋が安倍を説得したり影響力を行使したりした事実はない。

参院選前も、参院選後も、三橋貴明が安倍晋三を説得したり影響力を行使したりした事実はないならば、三橋と安倍との癒着は、三橋が安倍や自民党の太鼓持ちであること以上のことを意味せず、

「三橋貴明は、政治家と癒着しているがゆえに、擁護されなくてはならない」

というカツトシ君の反論は成立しない。

三橋貴明の本質は、カツトシ君が唾棄する、KAZUYAやランダムヨーコや、ネトサポ工作員となんらかわるところはないのだから、カツトシ君は、三橋貴明をも批判すべきである。

カツトシ君は、WJFによる上の反論記事を批判する代わりに、なぜか彼のブログのコメント欄に書き込む「WJF信者」と彼が呼ぶ人々を揶揄する次のような記事をあげています。

いちいち、WJFの記事に反応してしまったこっちが悪かったと前置きしつつも、こっちのブログに書き込んでくるWJF信者と思しき連中が馬鹿すぎて吐き気がしてくるので、一応レス記事なのですが、まず連中に言いたいのが、「そもそもこいつら本当に、ブログの本文に一度でも目を通しているのか?」という疑問です。強いて次に言うとするなら、「ブログの本文の内容を理解しているのか?」と、「信者は教祖に似る」なんて言葉がありますが(嘘です今考えました)、要は先の記事(『WJFに対する再反論』http://achichiachi.seesaa.net/article/405590997.html)ではWJFの独善性、自己閉塞性について批判したつもりだったわけですが、WJF信者と思しき連中がそこに書き込んでくるコメントが、どれもこれも本文とはほとんど何も関係ないような持論の垂れ流しで呆れてしまいました。この教祖に、この弟子有りといった感がします。

(出典: 超個人的美学「○○信者は往々にして馬鹿W○F信者もまた然り・・・」2014年9月20日)

カツトシ君の主張を要約すると、

「WJF信者」は、カツトシの記事を読まずに書き込んでくる。「教組」であるWJFと同じだ。

というのですが、WJFは、「三橋貴明は政治家と癒着しているゆえに擁護されるべきか」(2014年9月19日 )というカツトシ君に対する反論記事を、本当に、カツトシ君の記事を読まずに、カツトシ君の主張をふまえずに書いたでしょうか。

そんなことはありません。

「三橋貴明は、政治家と癒着しているがゆえに、擁護されなくてはならない」

というカツトシ君の主張をきちんとふまえ、それに対する論理的で明快な反論を展開したはずです。

「いや、それは違う。WJFは、俺の記事を全く読まずに、俺の主張と無関係な持論を展開した」とカツトシ君が考えるのであれば、「WJF信者」と彼が呼ぶ人々を叩くのではなく、正々堂々と、直接、WJFの記事に対して論理的な反論を行うべきではありませんか。

カツトシ君、今からでも遅くありません。

姑息で卑怯な態度を取らずに、正々堂々と、WJFプロジェクトの君に対する反論記事、

三橋貴明は政治家と癒着しているゆえに擁護されるべきか」(2014年9月19日 )

を、批判してごらんなさい。

あと、「WJFは共産党支持者だ」「WJFプロジェクトは年内に閉鎖する」というデマを垂れ流したことに対する謝罪はどうなったのですか?

「この教祖に、この弟子有りといった感がします」

という君の言葉の通り、君の信奉する三橋貴明氏と同様、世の中にさんざんデマを流したあげくに、一言も謝らないというのでしょうか。「アスリード」という立派な媒体に記事を寄せる「言論人」であるはずの君が、ソースも確認せずに世の中に嘘を垂れ流す。そんなデタラメなことが、許されるのですか?
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

カツトシは確かに素晴らしいことや正しいことも言っているが
冷静になってみてみると、こいつも結局人の意見をそのまま言ってるだけなんだよな
おまえの嫌いなkazuyaと同類じゃん
こいつは政治学者でもなければ経済学者でも何でも無い
単なるニコ生主だろ?
それもたちの悪いことに正しい情報の中に少し、根拠の無い憶測を織り交ぜる
それに対してなにか意見を言うと一方的に怒鳴りつけたり馬鹿にしたりする
この前動画を見たら”カツトシは典型的な選民的自己愛者”というコメントがあったが
まさにその通りだと思う。

kazuya VS カツトシ

以前、かんばれカツトシというタイトルの記事に、カツトシさんは三橋信者で、なおかつ過去の現行がよろしくない上、WJFさんの思想と根本的に違うと思いますと投稿させて頂いた者です。

まずカツトシさんの、インターネット上の素行をレビューさせて頂きます。
彼はニコ生の配信者です。過去、ニコ生の運営にBAN(追放)されております。

こちらに詳細がありますので、よろしければどうぞ
http://dic.nicovideo.jp/l/%E3%82%AB%E3%83%84%E3%83%88%E3%82%B7

永久BANというのは、かなり迷惑なことをしなければ先ずなりません。そもそも、デタラメなところがあった訳です。前にも記載しましたが、外国の幼女のケーキ姫にフラレて、彼は執拗な嫌がらせ放送を繰り返しました。

また、塾講師という生主名の配信者に対して恐喝に近い脅しを行いました。これはケーキ姫絡みで、この塾講師という人も問題人物なのですが、恐喝は卑劣です。

本題に戻ります。カツトシさんは、パクリしか出来ないので、ニコ生で人気の暗黒放送というコミュニティをパクり、自らのコミュニティを「新暗黒放送」と現在名乗って配信しています。三橋氏のパクリの「ビッグブラザーによろしく!!」もパクリですね。

そして、彼の今現在の政治経済関連の主張の中身は、三橋氏のコピペです。
内容が三橋理論そのままです。
また彼が最近、力を入れているのは動画投稿による金儲けです。

これは、カズヤチャンネルに嫉妬したのとお金が欲しいのでしょう。
三橋氏の政治経済理論のコピペトークでカズヤチャンネルのように金儲けしたい。
ブログ書いてアフィで儲けたい。セコいことに生放送中に不正に再生数を稼ぐ為に彼は自分の動画を生放送中に水増しするためにチョロチョロと流しています。
違反ではないのでしょうが、せこく卑怯であります。

カズヤさんとカツトシさんは、倉山氏と三橋氏のガキのケンカで情けないことに、カズヤさんに遠く及ばないオリジナリティゼロのカツトシさんは、シカトされて迷惑がられて終わりです。

WJFさんに恐れながら提言させて頂きます。カツトシさんをこれ以上相手にしないでください。彼の売名の片棒を担ぐことは、彼の思う壺でしかありません。
彼は生主としても動画配信者としてもブロガーとしても弱小コピペでしかありません。

まともに相手にして良いのは倉山氏、三橋氏、カズヤさんまででしょう。
最後にまとめさせて頂きます。一言で言えば彼はサイコパスです。
これ以上、関わらないことをお薦め致します。これからも頑張ってください。

思いっきり応援しています。









ちいほさん

彼らは、根本が嘘つきです。

嘘をつくことに、恥じらいや、恐れや、抵抗を感じない。

嘘をつくことを、屁とも思わない。

平気でデマを流し、平気で事実をゆがめる。

それが悪いことだとも感じない。

だから三橋の嘘も簡単に許すことができる。

感覚が麻痺しており、腐っています。

No title

カツトシさんは、「WJF信者と思しき連中が馬鹿なことを書き込んでくる」と批判していらっしゃいますが、「WJFに対する再反論」(http://achichiachi.seesaa.net/article/405590997.html)記事内でのWJF側支持の書き込みは、
・私
・KKnagomi様
・無記名(カツトシさんが新しい記事で批判)

山本隆裕様の書き込みは、「○○信者は往々にして馬鹿W○F信者もまた然り・・・」の記事が上がった後ですから、カツトシさんが問題としたのは実質、上記の3名だけです。
KKnagomi様の書き込みはリンクとコピペ部分があるものの、記事本文と無関係ではないですし、私の書き込みはKUZUYA様へ宛てたものですが、こちらも本筋から逸脱したつもりはありません。
「WJF信者が大挙して訪れて馬鹿なことを喚いた」かのように書かれるのは心外でした。
3名の中から、無記名での一言レスを「WJF信者」だと記事で取り上げ、WJF様の記事本文に理論的に反駁しないのは納得がいきませんね。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。