三橋貴明は政治家と癒着しているゆえに擁護されるべきか

あるいは、政治家と癒着しているゆえに唾棄されるべきか。
WJFプロジェクトの先日の三橋批判の記事、「三橋貴明の遅すぎる気づき2」に、カツトシ君が、「WJFに対する再反論」という記事で反論を行っています。

カツトシ君は、WJFプロジェクトの記事に反論する以前に、「WJFプロジェクトは共産党支持だ」とか「WJFプロジェクトが年内に閉鎖する」などといったデマを流していたことについて、一言、謝罪すべきではないでしょうか。アスリードだかなんだか知りませんが、「ソースを確認する」という、社会に対して発言する人間にとって最も基本的な所作を守らない人間が、言論人のまねごとなどするものではありません。

それでは、カツトシ君の記事を引用してみましょう。

記事はかなり長いので要約すると、要は安倍がネオリベの売国政治家であるという証拠はいくらでも存在したにも関わらず、それを(意図的か、あるいは非意図的に)見過ごし安倍マンセーを続けてきた評論家三橋貴明は死罪に値し、その三橋貴明を未だに信奉している三橋信者たちも同罪である。というような内容です(ざっくりと要約し過ぎですがマジでそんな感じです( ̄▽ ̄;))。

確かに、一見するとWJFの主張にも一理あるようにも思えるのですが(最もWJFの場合は、そこからさらに「三橋貴明は、実は反ネオリベにみせかけたネオリベ推進の工作員である!!」みたいなトンデモな結論に飛びつくので厄介なのですが・・・)、しかし、私は、三橋貴明さんの評論家としての立場を考えるなら、どうしても政治家と利害関係のない一ブロガーや政治ウォッチャーと比較して政権批判が後手に回ってしまったこともやむを得ないことであると考えます。理由は以下の通りです。

まず第一に、実際に政治家に対して影響力を及ぼしている人物(三橋貴明さんや藤井聡さん等)は、どうしても政治家と何の利害関係もない素人ブロガーよりも政権批判が後手に回る可能性が高いと言えます(実際に三橋貴明さんは麻生さんや安倍さんと講演会なども行っているためある程度近い関係にあったことは間違いありません)。この点はWJFが見逃している印象があります。

理由は簡単で、現実に、政治家に近い立場にある人間は、世論に訴えるより先に、近くにいる政治家に直接訴えることのほうが有効であるため、そういった政治家と良好な関係を保つ必要があるためどうしても何の利害関係もない人間と比較して批判が後手に回ります。もちろん、その政治家の言動や政策が許容範囲を逸脱したとすれば批判を加えなければなりませんが、それでも「もしかしたら説得を続ければ考えを変えてくれるかもしれない」という可能性が存在する状況では、下手に批判を加えることで関係性を悪化させることは悪い結果をもたらす可能性が高いので、仮に批判をするにしても相当注意深く批判する必要があります。

よって、政治家と近い立場に居る学者や評論家が明確にその政治家に対してアンチの態度を表明するのは、その政治家の政策や言動が許容範囲を逸脱し、かつ、どれだけ説得を試みても軌道修正させることが不可能であることが判明した場合に限られます。これらの点から判断して、三橋貴明さんの安倍批判が後手に回ったことは十分擁護しうるし、消費税増税決定をデッドラインとして、それ以降政権批判の立場に回ったことは時期としても妥当であると私は考えます(逆に言えば、そのような立場にある三橋貴明さんがはっきりと安倍不支持を表明したということは、少なくとも三橋さんが判断する限りにおいては、安倍首相が今後政策方針や考えを変更する現実的な可能性はほぼゼロであると判断したということでしょう)。

つまり、簡単に言ってしまえば、別に三橋貴明さんよりも安倍批判を早く始めたからといって、別にそれは誇るべきことでも自慢すべきことでも何でもないんですね、ただ単に好き勝手批判できるように立場にあるから先に批判できたという以上の意味を持ちません。

(出典: 超個人的美学「WJFに対する再反論」2014年9月17日)

カツトシ君の反論を要約すると、

「三橋さんは、安倍や麻生という政治家に近い立場にあるのだから、安倍批判が後手に回った事は仕方のないことであり、擁護しうる。WJFは、三橋さんと異なり、政治家と近い立場にないから、先に批判できただけのことであり、偉くも何ともない。」

と言うものです。

「三橋貴明は、特定政治家と癒着しているから、言論人として信用してはならない」

というWJFの三橋貴明や三橋信者への批判に対して

「三橋貴明は、特定政治家と癒着しているから、言論人として擁護しうる」

とカツトシ君は反論するわけですが、これが反論として成立しうるのは、三橋貴明の「政治家との癒着」の仕方が、「政治家に対して大きな影響力を行使し善導しうる立場にある」場合です。

カツトシ君も、この点を指摘し、

「三橋さんは政治家に対して影響力をもち、もしかしたら説得を続ければ考えを変えてくれるかもしれないという可能性が存在する状況にあった。三橋さんが、政治家を説得しうる良好な関係を保つために、安倍政権の批判を控えたのは仕方がない」

と主張するのですが、カツトシ君のこの主張は、ある矛盾を含んでいます。その矛盾を指摘してみましょう。

矛盾1. 参院選前、三橋貴明は、安倍晋三を説得する必要があるとすら考えていなかった。
三橋が安倍を説得し影響力を行使しうるのは、当然のことながら、安倍を説得する必要があると、三橋が認識していた場合です。

そのためには、前提として、三橋が、「安倍さんは新自由主義者であるから、安倍さんを説得したり、正しい知識を伝授したりすることによって、新自由主義に批判的な立場に転向させなくてはならない」と認識していた事実がなくてはならないのですが、三橋が、安倍晋三に関して、そのような認識をもっていたのかと言えば、三橋自身は、いまだに、

「安倍さんは参院選後に豹変して、突然、新自由主義者に変わったのだ」

(出典: 「新潮45」8月号の鼎談記事「安倍晋三は『偽装保守』である」2014年7月18日発売、文化放送『おはよう寺ちゃん活動中』2013年10月23日放送)

という趣旨の発言を行っており、「参院選前は、安倍さんは新自由主義者ではなかったのだ」と考えています。

実際に三橋は、2012年9月の自民党総裁選、2012年12月の衆院選、そして2013年7月の参院選前にかけて

「安倍さんは正しい経済政策を理解している」
「安倍さんは構造改革チックなことは語っていない」
「安倍さんに新自由主義者のレッテルを貼るのは反日左翼だ」
「自民党は構造改革党ではない」
「自民党はTPPに参加しない」
「自民党は消費税増税を行わない」
「TPPや消費税増税に関する報道はマスコミのミスリードにすぎない」


(参考記事: WJFプロジェクト「三橋貴明による嘘のカタログ」2014年9月1日)

と、言い続けてきました。

参院選前に、「安倍さんは新自由主義者ではない」「安倍さんは正しい経済政策を理解している」と三橋が考えていたならば、三橋は、安倍晋三を説得する必要があるとは、参院選前には、全く考えていなかったことになります。

安倍を説得する必要があると、参院選前に、三橋が考えていなかったとするならば、当然、三橋が安倍を説得した事実があるはずもなく、三橋貴明の「政治家に対する影響力」など、参院選前には皆無であったということになります。

逆に、参院選前に、三橋が、実際に大きな影響力を行使し、さかんに説得していたのは、安倍晋三のような政治家に対してでなく、「安倍晋三は新自由主義者なのではないか」と疑う読者や一般人に対してであり、「安倍さんを新自由主義者と考えてはならない」「安倍さんに新自由主義者のレッテルを貼るのは反日左翼だ」「自民党がTPPに参加したり、消費税増税をあげるなどと考えてはならない」「TPPや消費税増税に関する報道はマスコミのミスリードである」「自民党は構造改革党ではない」「安倍政権は、新自由主義に見えるかもしれないが泥の中をかき分けるように安倍政権を支持し続けよ」と世の中の人々に対して訴え、実際にそのように信じるたくさんの人々を作り出してきました。

三橋は「安倍晋三に対して影響力をもち、安倍晋三を説得しうる立場にいる」から、安倍政権への批判をがまんして控えていたのではなく、「安倍さんは正しい経済政策を理解しており、新自由主義者ではないので、説得する必要すらない」と考えていたから批判していなかったのです。

ここで再度問わなければならないのは、三橋のように、安倍と個人的に近しい関係にあり、共に講演会を行ったり、三橋の主催する経営セミナーに安倍晋三が講師として参加したり、密接な関係があったにも関わらず、本当に、安倍が、新自由主義者としての信念をもっているという程度のことを、三橋が知らなかったのだろうかという問題です。

実際には、三橋は安倍がTPPに前向きな考え方をもっていることを、安倍自身の口から耳にしていたのだそうです。2011年12月6日に、三橋貴明は、新興宗教「生長の家」の関連団体「青年真志塾」と、統一教会の関連団体「世界戦略総合研究所」が共催したセミナーに、安倍晋三とともに招かれ、上念司の証言によれば、下のようにTPPに前向きな発言を、安倍晋三が基調講演の中で行い、三橋もこの講演を耳にしていたはずだからです。



矛盾2. 参院選後、三橋貴明は、安倍晋三に対していかなる影響力も行使してはいない。
上で述べたように、参院選前には、「安倍さんは新自由主義者ではない」「安倍さんは正しい経済政策を理解している」と三橋は考えていたため、安倍晋三を説得したり、「正しい経済政策」とやらに関する知識を伝授したり、影響力を行使した事実があるはずもないのですが、では、三橋が「安倍さんが豹変して新自由主義者に突然変わった」と信じ、三橋が安倍晋三を説得すべき状況が生まれた参院選後はどうなのでしょうか。

ここでも、やはり、三橋が、安倍晋三を説得し、影響力を行使した事実はないと言わざるをえません。

参院選後に、三橋が安倍という政治家に対して影響力をもっていたならば、安倍構造改革はここまで進行しているはずがありませんし、三橋が「政治家に対して希望的観測をもって言論を行うのはやめた」と最近になって発言する必要もないのであり、カツトシ君が三橋貴明のこの発言を「正論だ」と絶賛する状況も生まれていないはずなのですから。

(参考記事: WJFプロジェクト「三橋貴明の遅すぎる気づき2」2014年9月14日)

以上を要約すると、参院選前にも、参院選後にも、三橋貴明が「安倍晋三に対して影響力をもっていた」などという事実は全く存在しないことになります。

三橋貴明は、「安倍さんが豹変した」と彼が信じる参院選より前には、「正しい経済政策を理解し」「構造改革チックなことは全く語らず」「新自由主義者ではない」安倍晋三に対して説得が必要などとはみじんも考えていなかったわけですし、「安倍さんが豹変した」と彼が信じる参院選後には、三橋の説得(そのようなものが実際に行われていたと仮定して)が功を奏した事実は全く存在しないからです。

三橋が、安倍を回心させられるような影響力をもつ立場にないならば、

「三橋貴明は、特定政治家と癒着しているから、言論人として擁護しうる」

という反論は反論として全く成立しません。三橋貴明という言論人がなんら政治家を善導する立場にないならば、三橋の本質は、カツトシ君もさかんに批判していた、KAZUYAや、ランダムヨーコや、ネトサポと呼ばれる自民党のネット工作員となんら変わらないということになるからです。実際、自民党や安倍政権の太鼓持ちをして、本を出版したり、講演までするようにまでのし上がったKAZUYAやランダムヨーコの経歴は、ただの2chネラーだった三橋貴明が、自民党や安倍麻生の太鼓持ちをしてのし上がっていった経歴ととてもよく似ています。

カツトシ君は、KAZUYAや、ランダムヨーコを批判するのと同様、三橋貴明にも批判の矛先を向けるべきです。そうでないと論理的な整合性がとれないではないですか。「政治家に関する希望的観測のもとに言論活動を行うべきではない」という三橋の気づきを絶賛しながら、三橋に関する希望的観測のもとにカツトシ君が言論活動を続けるのは矛盾しています。カツトシ君、君の大好きな藤井聡氏は、「ツジツマ」を合わせることを大切にされてはいなかったでしょうか。君のやっていることは、全く論理的な「ツジツマ」があっていません。私は「ツジツマ」の合わないことは大嫌いです。

私たちは、やはり、

「三橋貴明は、特定政治家と癒着しているから、言論人として信用してはならない」

と結論せざるをえないのです。

また、カツトシ君は、三橋貴明が、自民党のネット工作の片棒を担いできたとする見方を「トンデモ」だと切り捨てるのですが、

A. 構造改革を計画し実行する勢力が
B. 必ず、構造改革実行政権への支持を煽る宣伝工作を行う

のは、

A. 商品を企画する企業が、
B. 商品を宣伝しようとする

ことと同様に、人間の世の中において、極めて当然の話です。

A. 構造改革を計画し実行する勢力が、
B. 構造改革実行政権への支持を煽る宣伝工作を行わない

と、考えることのほうが、

A. 商品を企画する企業が、
B. 商品を宣伝しようとはしない

と考えることと同様、世の中の常識とはかけ離れた「トンデモ」な見方であると言わざるを得ません。

水島総、上念司、倉山満、三橋貴明、青山繁晴、田母神俊男、ありとあらゆる「保守」言論人たちが、2013年7月の参院選に至るまで、一致団結して、安倍晋三への支持を煽った事実を思い出すとき、あれが、「構造改革実行政権への支持を煽る宣伝工作」と無関係であったと考える方が不自然ではありませんか。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

あえて構造改革に反対する人間を広告塔にして扇動させる。これは昔からある手法です。純粋に反対する人間であれば、とっくに叩かれ、言論人としては干されているはずです。ここがB層の皆さんはわかっていません。

No title

図星すぎてカツトシ発狂してたよ











図星すぎてカツトシ発狂してたよ

ナイーブなかったん

肉屋の若旦那(かったん=カツトシ)、BAKAZUYAやrandomyokoをdisってるだけなら良かったが、中村(芸名 三橋)のネトウヨ本を読んだ程度でASREADで言論人ごっこの上に、しょうもないデマを流すとは幼稚過ぎて呆れるわ❗️ブログでもしょうもない長文で屁理屈並べて反論してるが、自民党員の三橋が安倍支持に誘導するぐらいガキでもわかるやろw三橋信者のネトウヨはキモいしアホ丸出しやなwこんな奴が靖國に参拝し愛国者面してWJFさんを批判するのは100年早いわw
所で、WJFさんはtwitterもしてるんですか?
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。