ネトウヨ脳のまま安倍政権を叩く人々

冷戦脳を脱却しないかぎり、解決はない。
安倍政権のおかしさに気づいた人がたどるべき思考の道筋は、下のようなものであると思います。

1. 安倍政権による構造改革を目の当たりにする。

2. 安倍政権が「保守」でも「愛国」でもなかったことに気づく。

3. 「構造改革・実行政権」を支持するように、組織的な煽動が行われていたことに気がつく。

4. 煽動の一旦を担った、チャンネル桜や「保守」言論人に疑いの目を向ける。

5. 冷戦が終わって四半世紀が経つのに、「右翼VS左翼」という時代錯誤的な二項対立の枠組みの中で、「保守」というものを捉えていたことが誤りであったことに気づく。

6. ポスト冷戦時代に相応しい、グローバリズムと対峙しうる、新しい「保守」思想を、根底から再構築する必要性に気づく。

7. その「保守」思想の源流は、「右翼」や「左翼」に日本人が分裂するよりはるか以前の時代、縄文以来の日本人の歴史的歩みの総体の中に探さなければならないことに気づく。

安倍政権を批判する人たちはますます増えていますが、上記の思考のプロセスの1や2の段階に留まったまま、その先に進んでいかない人々がいます。

あくまでも「右翼VS左翼」という冷戦的なパラダイムから抜け出そうとせず、チャンネル桜界隈の言論人の影響下に留まり、既成の政党の中にいつまでも答えを探そうとし、「自民党以外に政権をゆだねられる政党はない」と言って自民党にしがみつきながら、安倍政権を批判する人々です。

本気で、グローバリズムや新自由主義の潮流と対峙しようとするならば、日本人の多くが、上記の思考プロセスの7の段階まで、たどり着かなくてはならないと思います。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

思考プロセスの段階

7の段階に到達するためには、縄文時代がいかに素晴らしかったかを知る必要があると思います。
古事記、日本書紀ではなく、ヲシテ文献による日本の本当の歴史を、多くの日本人に知っていただきたいと切に願います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。