「多元的保守」とは何か(5)

「右翼」と「左翼」の間の振り子運動が、日本を破壊するカラクリ。
第二次世界大戦の戦勝国同士が、二手に分かれて争った冷戦時代。

世界における「資本主義VS共産主義」の二項対立の構造を反映して、日本国内では、「自民党VS社会党」「右翼VS左翼」という55年体制と呼ばれた二項対立の構図が形作られました。

冷戦が終わり、戦勝国同士が和解を果たし、日本が再び敗戦国としての立場に押し戻されて、あたかもGHQによる占領統治の前半に行われていた、日本の戦争責任・戦争犯罪の糾弾と、厳しい「改革」の強要が再開されるように、

「構造改革」と「歴史問題」

という二つの圧迫を受けたとき、国内の「右翼」と「左翼」はどのように振る舞ったでしょうか。

右翼は「歴史問題」には反発し、「構造改革」には同調しました。
左翼は「構造改革」には反発し、「歴史問題」には同調しました。

「構造改革」と「歴史問題」

この二つの問題は、占領統治時代に、相関した一つの問題であったのと同じように、ポスト冷戦自体においても、相関し、連動した、一つの問題として捉えられ、対処されるべきものでした。

(参考記事: WJFプロジェクト「『歴史問題』と『構造改革』は連動している」2014年1月8日)

というのは、「構造改革」にせよ「歴史問題」にせよ、「日本は改革されるべき悪の体制である」という同じ反日思想を根底にもっていますし、また、「構造改革」と「歴史問題」が互いを誘発し合う、次のようなカラクリが構築されていたからです。

そのカラクリというのは、

右翼は「歴史問題」には反発し、「構造改革」には同調した。
左翼は「構造改革」には反発し、「歴史問題」には同調した。

ことによるものです。

つまり、「歴史問題」に対する日本人の反発は、日本人を「右翼」へと傾斜させました。そして、「右翼」への傾斜は、「構造改革」への同調をもたらしました。

このようにして、「歴史問題」は、「構造改革」を誘発しました。

同時に、「構造改革」に対する日本人の反発は、日本人を「左翼」へと傾斜させました。そして、「左翼」への傾斜は、「歴史問題」への同調をもたらしました。

このようにして、「構造改革」は、「歴史問題」を誘発しました。

すると、「歴史問題」に対する反発が日本人の間に生じ、日本人を再び「右翼」へと傾斜させ、「構造改革」を誘発するという、永久に止まることのない、悪循環を引き起こしていくことになります。

こうして、日本という国は、「右翼」と「左翼」との間を、振り子のように行ったり来たりすることによって、「構造改革」と「歴史問題」の板挟みとなり、日本ではない国へと、一歩、一歩作り変えられていく、逆戻りの許されない道筋を、ひた走りに、ひた走る事になるのです。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。