「多元的保守」とは何か(3)

右翼と左翼、どちらに転んでも日本は日本でなくなっていく。
冷戦とは、1945年2月のヤルタ会談に始まり、1989年12月のマルタ会談で終わった、アメリカを中心とする資本主義・自由主義を掲げる西側陣営と、ソビエト連邦を中心とする共産主義・社会主義を掲げる東側陣営が対峙し合った44年間のことです。

冷戦に関して私たち日本人が銘記しておくべきことは、私たちが、資本主義・自由主義という「右翼」の価値観に共感しようと、共産主義・社会主義という「左翼」の価値観に共感しようと、そのいずれも外国で作られたイデオロギーや立場に過ぎず、日本の伝統に根ざしたものではないという基本的な事実です。

従って、「右翼」を嫌って「左翼」に傾斜しても、「左翼」を嫌って「右翼」に傾斜しても、私たちが行き着く先は同じです。

それは、日本人が日本人ではなくなり、日本が日本ではなくなっていくという未来です。

自由主義という外国で作られたイデオロギーを標榜し、アメリカ等の外国勢力が先導する陣営に帰一しようとする点で、自民党に代表される、冷戦時代に形作られた従来の「二元的保守」が行き着く先もまったく同じです。

「右翼」VS「左翼」という冷戦構造に由来する二項対立に煽られて、そのいずれかの立場に帰属して争えば争うほど、私たちは、日本人が日本人ではなくなり、日本が日本でなくなる未来に向かって、疾走することになります。

そして、このことこそが、現在、戦後体制の一つの終着点である安倍政権下で起きていることなのです。

ですから、この亡国への疾走を食い止めるために、私たち日本人がなすべきことは、「左翼」を叩いて「右翼」になることでもなく、「右翼」を叩いて「左翼」になることでもなく、「右翼」からも「左翼」からも離れ、日本人を「右翼」や「左翼」に分類しようとする二元的な意識も捨て、日本の古い根源に立ち返り、その地点から、「右翼」や「左翼」という冷戦構造の遺物、そのいずれに対しても等しい距離感をもって批判し、「右翼」VS「左翼」という、二元的な対立構造そのものを相対化し、解消させていくことです。

ここで私たちが立ち返るべき「日本の古い根源」とは、「多元的」な精神に他なりません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

二者択一の落とし穴(二元論の陥穽)

民主主義を少しでも正しい制度として機能させるには、議論を深めれば異なる多様な意見があっても、最終的にはおおよその意見の一致、ある一定の落としどころに収束するという前提(古来より和を以て貴しとなす。いわば「幻想」に近いものでもありますが・)が担保されて初めて健全に運用されます。

「白黒」、「善悪」、「あれ・これ」等の二元論による二者択一を迫る数による寡占となる多数決絶対主義で、民主主義がまともに機能するわけがありません。このような常識すら、現在の政治状況をみると失われているといえるでしょう。

日本には古来より、舶来文化を在来文化と敵対することなく融合しながら活用し、ただし「魂」だけはしっかりと日本古来のものが継承され続けるという和魂漢才なる特徴をもっています。

二元論では、その日本らしさが発揮できないどころか、ますます日本の良さが破壊されることに加担していく一方であると、あらためて思いました。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。