WJFは異端か

「右翼 VS 左翼」という二元的意識を残存させたまま、日本人はグローバリズムに対峙しうるか?
正党氏や、進撃の庶民と同じく、チャンネル桜界隈や、三橋貴明の周辺や、従来の「保守」界隈に留まったまま、安倍批判を展開しているカツトシ君が、WJFを「保守の異端」また「左翼」として紹介してくださっています。



反安倍の保守グループの中でもWJFは異端。(中略)WJFは保守の中で安倍批判している人がわりと異端だったんですけど、保守の中で安倍批判している異端グループの中でもさらに異端なのがWJFって感じですね。一周か、二周回って、逆に左翼になったみたいなことやってますからね。(上掲動画11分あたり)

WJFが掲げる主張が、日本を「保守」していくという観点において、本当に「異端」なのか。WJFが掲げる主張は、本当に「左翼」の思想なのか。今一度分かりやすく、WJFの主張を整理しておきたいと思います。

WJFの考えは下のようなものです。

○安倍政権(経済右派)が推進する新自由主義の問題は、企業や株主など「サプライサイド(供給側)」の利益を偏重し、労働者や庶民など「ディマンドサイド(需要側)」の利益を毀損している。

○一方、左翼(経済左派)は、「ディマンドサイド(需要側)」の利益を偏重し、「サプライサイド(供給側)」の利益を毀損する経済政策を掲げがちである。

○しかし、供給と需要が表裏一体であるように、「サプライサイド(供給側)」と「ディマンドサイド(需要側)」は、本来表裏一体である。

○従って、「サプライサイド経済学」(経済右派)と、「ディマンドサイド経済学」(経済左派)を置き換えればよいという話ではない。

○「サプライサイド(供給側)」と「ディマンドサイド(需要側)」、どちらかの利益を二者択一的に優先すればよいという問題ではなく、両者のバランスを調整する媒介者の働きが必要である。

○「サプライサイド(供給側)」と「ディマンドサイド(需要側)」の「媒介者」となることこそ、政治の本来の役割だが、その政治の機能が損なわれていることが、日本が現在直面している問題の本質である。

○政治が「サプライサイド(供給側)」と「ディマンドサイド(需要側)」の「媒介者」としての役割を果たせなくなっている原因は、いくつか挙げられる。

・冷戦の終結による、自由主義原理による世界の一元化
・中選挙区制の廃止と小選挙区制の導入による自民党内の派閥の解消
・「右翼 VS 左翼」の対立と反目を煽る「保守」言論

○その中でも、「ネット保守」の蔓延によって、「右翼 VS 左翼」の対立が国民の間に増幅されていることは、決して小さな問題ではない。

○そもそも、グローバリズムとの対峙とは、「世界を一元化しようとするグローバル勢力 VS 日本国民」という対立の図式であるから、「右翼の日本国民 VS 左翼の日本国民」という対立を煽って、国民を二分化してしまえば、グローバルな勢力に対する日本国民の抵抗力は脆弱となる。

○従って、新自由主義やグローバリズムに、私たち日本国民が真摯に対峙しようとするならば、従来の「右翼 VS 左翼」という、二項対立的意識・冷戦脳を脱却しなければならない。

○その際、有効なのは、「多元性」という、八百万の神を崇めてきた日本人の伝統的な精神、「日本の根っこ」に立ち返ることである。

○古代の日本にも、中世の日本にも、近世の日本にも、「右翼」や「左翼」は存在しなかった。「右翼」も「左翼」も外国から導入されたイデオロギーに過ぎないのだから。

以上が、WJFの考えですが、この考えは、果たして「左翼」思想なのでしょうか?

従来の「ネット保守」的意識に留まり、「冷戦脳」に犯されたまま、近代的な二元的意識から抜け出すことのできない人々の目からは、WJFの主張は「左翼」思想に映るでしょう。

WJFの考えは、WJFの目から見れば二周も三周も遅れている「ネット保守」の立場の方たちからは、「異端」に見えることでしょう。

しかし、上述の考えが、日本人の新しい「スタンダード」とならないかぎり、日本の未来は決して開けません。

あと、二年か、三年が経ち、チャンネル桜界隈の「保守」言論の洗脳から解ける頃には、今よりも多くの人たちが、WJFと同じような考えを口にしているはずです。

それまでは、WJFプロジェクトは、敢えて、「異端」としての立場に甘んじるしかありません。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

他人の言うことにすがろうという時点で終わってるし、いいように騙されるだけ。

2009年に民主党に票を入れて、その後に自民党に表を入れたB層などは典型例じゃないか。

頭は帽子やヘルメットをかぶるためにあるわけじゃない。

No title

>いったい なにを 支持したらいいのでしょうか?

管理人様は、「このような態度こそが問題だ」と仰られているのだと思うのですが。
「安倍信者」も「三橋信者」も「水島信者」も「田母神信者」も、全部同じです。
オウムの麻原を信じたオウム信者や、池田大作を信じる創価信者、文鮮明を信じる統一教会信者と全く同じで、
自分以外の何者かにすがりつこうとしている点では一緒です。

我々は、もっと誰にも頼ろうとせず強くなるべきではないのですか?

No title

>>何を支持すればいいか

自分(あなた自身)。

統一教会

安倍首相の不可解な点。
1河野の証人喚問しない→朝日新聞の証人喚問もしない
2舛添の知事推薦。→自民党
3尖閣列島を 軍備で占領しない
4TPPの問題
5北朝鮮との親密な関係→相当額お金が流れる→統一教会のおもうつぼ。
6在日企業との交際?
統一教会は 目的達成のためなら どんなうそも 神様に認められると
うそも評価されるおそろしい宗教団体です。
北朝鮮のある逃亡大物が 「日本の政界、マスコミ、学識経験者ーーー」
お好みのどのゾーンも すきなように 操れると 証言していたのが
印象的でした。
いったい なにを 支持したらいいのでしょうか?

左をネガティブワードと捉えるなら、それこそ金科玉条の如く振るってたクルーグマン、スティグリッツはしっかり己を左と位置付けてるのだから
安倍の消費税増税に文句言ったらあかんわな

後芸人の周りでマイムマイム踊って散々威張り散らしてたんだから
鼻くその倉ナントカさんとかいう経済板に元から居ない連中が9割占めるスレで自慰してないで、後始末位しっかりしようよ
知能の低さと変わり身の速さはそれこそ上念となんら差異がないぞ

ポッキーさん

>大事なことなのでもう一度書きます

あなたがお話されていることは、大事なことでもなんでもなく、私がこちらでお話していることからかけ離れた的外れなことばかりです。

私は「これまで、何が保守と呼ばれてきたか」という話をしているのではなく、「これから、というより本来、どういう考え方が保守と呼ばれるべきなのか」という話をしているのです。

>今は江戸時代じゃないので右か左かを考えるのは今の政治を見る上で不可欠だと思います。

冷戦構造の中で、日本を自由主義陣営に組み込むために要請された「反共政党」自民党という政党の枠内に、方や「真正保守」を名乗るグループがあり、方や「保守本流」を名乗るグループがいたところで、そんなことはどうでもいい話です。

「真正保守」「保守本流」どちらに転んだところで、右左の二極対立という冷戦構造の「右」の側にたつ陣営が「保守」を名乗っていたことに変わりはないからです。

冷戦が終結して四半世紀が経つにも関わらず、いまだに「右翼」だの「左翼」だのと時代錯誤な対立を続けて、「右翼」側が「保守」だとされている現状がおかしいと言っているのです。

冷戦が四半世紀前に終結したならば、いまだに、「右か左か」と問う、あなたがたの頑な冷戦脳にも、そろそろ終わりが来ても良い頃です。

>私はこう考えますが、多元的なものの見方をWJFさんは受容できますか?
できないなら右も左もないということはありえないということです。


とんちんかんなことばかりおっしゃる前に、過去の記事をよく読み込んでください。
私は同じ事しかお話していません。

ポッキーさん

自民党タカ派が真正保守で、自民党ハト派が、保守本流?

真正保守か保守本流か知りませんが、そもそもCIAの傀儡として立てられた自民党自体が保守なわけなけないじゃないですか。

「保守」という言葉自体好きじゃないのに、「真正保守」とか「保守本流」などと言われると、余計に虫酸が走ります。

私の話は、従来「保守」と考えられていたもの、あるいは「保守」を名乗っていものは一切「保守」ではない。では「保守」とは何なのかと問題提起から出発しています。

こういう議論をしているときに、従来の「保守」の定義を振りかざして、「いろんな保守がいる」と言われても困ります。

私から見れば、そんなもの、どいつもこいつも保守なんかじゃないんだから。

ちなみに「多元的」といっているのは、「なんでもいい」って意味で言っているのではありません。私が使っている意味については過去の記事を参照なさってください。

大事なことなのでもう一度書きます

あれ?コメントが消えてますね。誤って削除してしまったんでしょうか?
多元的なものの考え方を勧めるWJFさんがご自身と違う思想を受け入れられないはずがありませんし、意図的に削除したとは考えません。
すべては日本をよくするためですから、イデオロギーを捨てて考えましょう。

削除されたのでもう一度書くと、WJFさんは保守が正しくて左翼が反日という二項対立をやめるべきだと言い、その証拠として保守といわれた安倍は日本を破壊していると書かれていました。

それに対して私がこう書きました。

保守といってもいろんなタイプの保守がいてWJFさんは保守を一括りにしているから事態を見極められず混同されるのではないかと。だから、こう説明しました。

保守の中には、アメリカの協力を取り付けながら軍事力を増強し憲法改正する故に経済はアメリカの言いなりになる傾向が強いタカ派(清和会系、保守傍流、真正保守)と呼ばれる勢力と、護憲派で政治思想より経済を優先するハト派(宏池会系、保守本流)がいます。

戦後の日本を支えたのは保守本流の人たちでしたが、今の自民党ではこの勢力は息絶えており、清和会系の政治家ばかりになっているので、彼らの声が大きくなったことで、日本はどんどん悪しき方向へ向かってるというわけです。

ここで首相の安倍のことを説明すると、安倍はタカ派の中でも歴史修正主義者であり新保守主義者で戦前日本を肯定する人物です。安倍はそういった人たちが集まっている創生日本、日本会議に所属しています。
安倍は新保守主義と新自由主義を兼ねます。それはサッチャーと同じやり方で安倍は影響を受けてると思われます。
新自由主義の経済政策によって格差が拡大し痛めつけられた国民生活や心の不満を、新保守主義で補い、国家の力を強くします。
安倍は第一次政権は対北朝鮮で煽り、第二次政権では対中国で煽り、国民の怒りの矛先をそちらに向けるようにします。
社会が貧困になれば、自分の誇りが日本人であることしかなくなり、中韓に対する排外者が現れ在日の人に敵意を向けたり、0.4%しかいない生活保護受給者に矛先を向けたり、そこを彼らに突かれ生活保護を引き下げられ、自分たちを苦しめることを応援するというオチです。
中国の脅威をことさら煽り、力のある中国に平和憲法を盾にした対話ではなく解釈変更をして力で対抗することは抑止にならず、戦争になるリスクを高める行為です。
いくら日米同盟があっても中国と事を構えたくないアメリカが日本のために戦ってくれるとは思えませんし、安倍政権が続く限り、国民生活破壊のリスク、戦争のリスクがどんどん高まっていきます。
このように新保守主義と新自由主義の二つは相互関係にあり、安倍のタカ派政策を推進することもやりやすくなります。
保守だから日本が壊れるのではなく、安倍内閣だから日本が壊れるんです。

また、安倍を支持するチャンネル桜はそもそも政治思想において安倍と同じであり、第一次政権で改正教育基本法や国民投票法や防衛省昇格を成し遂げた安倍は右の人にとって英雄です。
経済よりも政治思想のほうが優先される傾向にあるので、経済が新自由主義であっても、秘密保護法や憲法解釈変更まで成し遂げた安倍を応援しないはずがありません。
彼らはよく「安倍を下しても他にいない」と言うように、安倍はどんな反対があっても強権で通してしまう人です。こんな人ほかにいませんよ。だから彼らが思想的に安倍を支持するのは当たり前なんです。
こういうことがわかるようになると、つまらない二項対立に惑わされなくてすみます。

自民か民主か
愛国か売国か

なんていうのは不毛な二項対立だと思いますが、今は江戸時代じゃないので右か左かを考えるのは今の政治を見る上で不可欠だと思います。
WJFさんは僕が見る限り右派的な方だから、右も左もないといわれるのではないですか?
本来の日本人とか思うことがそもそも右ではないでしょうか?
イデオロギーは関係ないという人ほど実はイデオロギーにこだわってると感覚的にそう思うんです。

WJFさんは多元的なものの見方をするべきだと説いているように、知識がない人は極端な思想を極端だと思えず信じてしまいます。
だから右翼の考えも左翼の考えもどちらも知っておく必要があると思います。
その上で今の外交内政事情を考えてバランスのある政治をするべきなんです。

そこで私は今の日本の採るべき政策は左派的な社会民主主義政策を執るべきだと考えます。
格差を是正し経済を回すために社会保障を手厚くして国民の懐を温めるために財源は金持ち増税をし、経済が回ってきたら5%から消費税増税をします。つまり、高福祉高負担の日本にするわけです。
政治思想においては、靖国参拝はせず、河野談話はしっかり踏襲し憲法改正もしないでアジア各国と協調を目指します。

私はこう考えますが、多元的なものの見方をWJFさんは受容できますか?
できないなら右も左もないということはありえないということです。

いろんな保守がいる

保守の中にも、何かというと軍事力を強化し、憲法改正し、日米同盟を堅持し、故に経済はアメリカの言いなりになる傾向が強いタカ派(清和会系、保守傍流または真正保守)もいれば、軽軍備で護憲派で政治思想より経済政策を重視するハト派(宏池会系、保守本流)もいるわけです。

今の自民党は清和会系ばかりで保守本流がもう絶滅してるといっていい状態です。
だから彼らの力が強くなっているのは当たり前で、その中でも安倍は創生日本や日本会議に属している真正保守の人間です。
安倍は保守でも保守本流とは違い政治思想的にも経済政策的にも極右なので、日本が壊滅に向かってるとこういうことです。

おそらくWJFさんはこれらの保守を保守として一括りにしてしまい混同されてるんじゃないでしょうか?
チャンネル桜は真正保守です。
だから彼らが左翼は論外でありえないと思うのは思想的に当たり前なのです。

彼らの影響を受けたネット右翼は都合の悪いことは反日左翼と決めつけて、証拠を出しても捏造の資料と聞く耳を持ちませんので、どうしようもないです。
僕は左翼は反日だと思ってませんが、ネット上にはそう決めつけてレッテル貼りする人が多いですね。
知識がないから偏った主張を判別することができなくて、すぐ信用してしまうんでしょう。
WJFさんが仰るように多元的な見方が出来れば、すぐ信用することもないでしょうし、極右の人もいれば極左の人もいるとわかり何が大事なのか見えてくると思います。

No title

>なんていうのは不毛な二項対立だと思いますが、右か左かを考えるのは今の政治を見る上で不可欠だと思います。
そもそも本来の日本人とか思うことそれ自体が右派の考えじゃないでしょうか。


右翼が「保守」で、左翼は「反日」という固定観念を、チャンネル桜などの「ネット保守」に汚染された人々は刷り込まれているわけですが、これが事実でない証拠に、今の日本を壊しているのは、安倍政権に代表されるいわゆる「右翼」です。

若葉の色が白か黒かと問うのがナンセンスなように、多様な陰影をもつ現実に対して、右か左かで日本人を二分して、乗り切る事ができるはずがないのです。むしろ、そのように二分して済まそうとする思考そのものが日本を破壊しています。

ものごとは二元性を超えた場所にある
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-387.html

"二元的に物事をとらえるとき、結果として生じるのは、不毛な対立と、二つのうちの片側の立場への極端な傾斜です。二元的なものの見方は、ものごとを救ったり守ったり解決したりするどころか、根底から損なってしまいます。二元的なものの見方は、若葉の色も、お米の味も、慰安婦問題も、日本も、ことごとく台無しにしてしまいます。日本が守られるとしたら、それは日本人が「あれか、これか」と問う、その二元的な思考を離脱して、多様性の中にあるがままにものごとを捉えるようになったときです。"


お返事ありがとうございます

もしWJFさんが信仰のように思っているなら何を言っても伝わらないと思いますから書こうか迷ったんですが、多元的なものの考え方をしたいと思っておられるようなので、僕が感じたことを書かせていただきます。

自民か民主か
愛国か売国か

なんていうのは不毛な二項対立だと思いますが、右か左かを考えるのは今の政治を見る上で不可欠だと思います。
そもそも本来の日本人とか思うことそれ自体が右派の考えじゃないでしょうか。
今は江戸時代ではありませんし、イデオロギーは関係ないという人ほど実はイデオロギーにこだわってると感覚的にそう思うんです。

ポッキーさん

>WJFさんは政治思想においては安倍と同じ右派で、違いは経済で、安倍が新自由主義で右派なのに対し、WJFさんは反グローバリズムで左派なんじゃないでしょうか


全くちがいます。

右や左に区分して「どっちが正しい」と問う二元的な発想そのものを改めましょうという話をしているのです。

なぜこの話が多くの人たちに伝わらないのか不思議です。

それほどまでに、「あれか、これか」と問う二元的意識に現代の日本人が犯されているという証拠です。

右だの左だのという言葉をポッキーさんもまるで自明のことのように使っていますが、江戸時代に右翼や左翼がいましたか?

もともと日本には右翼も、左翼もいなかったのに、一体、右翼や左翼はどこから湧いてきたのか。

右翼も左翼も、外国から持ち込まれたイデオロギーにすぎないのです。

外国から持ち込まれたイデオロギー対立にすぎないのに、「右翼VS左翼」の二項対立で政治を考えるくせが戦後の日本人の中に刷り込まれています。

この二項対立に巻き込まれるほど、日本人は日本人にとって本質的なものを見失っていきます。

逆に、日本人が日本にとって本質的なものに立ち返るならば、「右翼vs左翼」などという二項対立は、洗脳から覚めるかのように、脳みそからすっきりと脱落していくはずです。

 

WJFさんは政治思想においては安倍と同じ右派で、違いは経済で、安倍が新自由主義で右派なのに対し、WJFさんは反グローバリズムで左派なんじゃないでしょうか

安倍がやってることはサッチャーと同じなのでわかりやすいです
新自由主義で格差が拡大し国民生活が破壊され貧困者になった人の怒りを、新保守主義で補うということです
安倍の場合、第一次政権は対北朝鮮で今回は対中国ですね

ちなみに、チャンネル桜はここ1年以上見てないので最近のことはわかりませんが、民主党政権時代は政治・経済ともに右派でしたが、改正教育基本法や国民投票、防衛省昇格といった第一次政権の右翼にとっての功績のある安倍はヒーローですし、今政権でも秘密保護法や憲法解釈変更をした安倍は期待に応えてるといえますし、基本的に経済よりも政治思想ほうが優先される傾向にありますから、経済問題はスルーして桜が安倍を支持するのは桜の思想からして当然だと思いますよ

最新記事

阿吽さん
横から失礼。

最新記事はトップページでも右側のサイドバーに出てますよ。カレンダーのすぐ下。
目立ちやすい上の方に何を持ってくるかはブロガーそれぞれこだわりがあるでしょうから。

上のはPC用ページの話でスマホ用はどうなってるのか知りませんけど。

過ぎたるは及ばざるがごとし

何事もやり過ぎは良くない。
でも、勧善懲悪てのも、日本人は好きですから。
WJFさんの意見はごもっともですが、
三橋たたきもやり過ぎ注意だと思います。失礼。

古典への招待

古典を熟読すると思わぬ気づきもあるし、自省のガーデンにいざなわれることもある。だが基本、古典に馴染みのない、『右』や『左』の旦那様批判に呆けているやうなやからは、『商売保守』としての立ち位置がもたらす金銭的な旨味や、『左翼的論調』のもつ手前味噌的高尚さに自己陶酔しているやうなふしがある(嘲笑w)

No title


WJFさん、一つ、提案があります。

どうぞ、よろしくお願い致します。

m(_ _)m



WJFさんのブログですが、一つだけ、「見づらいな」、と思うところがあります。

それは、最新記事です。

WJFさんのブログは、ブログトップを選んでも、最新記事が出てこない仕組みになっています。

WJFさんのブログは、ブログトップに、WJFさんの主張を前面に押し出すという方針だとは思うのですが、そこの部分を、今よりほんの少しだけ小さくして、最新記事も、並列されるようにして頂けたらなあ、と、思うのです。

WJFさん、如何でしょうか?


失礼致しました。

m(_ _)m



No title

右翼「氷風呂は嫌だから熱湯風呂に入ろう」
左翼「熱湯風呂は嫌だから氷風呂に入ろう」

馬鹿ですね。

WJF「熱湯風呂にも氷風呂にも入りたくない、普通の風呂に入りたい」

当たり前ですね。

No title

あなたは完璧主義過ぎて、その考えを他人にまで過度に求めすぎています。
それを拒否したものにまで、レッテル貼りをするというのは言動が過ぎます。
だから左翼っぽいと言われるのです。内ゲバや総括と一緒です。

初投稿

こんにちは。

この方の放送、最近興味深く聞いてます。
私にはWJFさんとそこまで違う主張をされているようには見えないのですが、ただ一点、この方、三橋さんの熱心な信者みたいです。
三橋さんを支持しない人はみんな異端扱いしてしまうのでしょう。
この方の三橋愛は驚嘆に値します。

WJFさま、いつも有益な記事をありがとうございます。

 

安倍信者らの愚かさ、そして偽装保守の群れなすチャンネル桜、そして三橋支持者らの詐欺師軍団の構図が白日のもとの晒されてきております。

WJFさんは彼らに対して果敢に戦われ、その武器たるロジックは多くの日本人にとっては当たり前のことと感じるものばかりです。そしてこのブログで述べられてきた多くの未来予測が当たり続けている事実から、あらゆる政治系ブログのなかでも信頼性が最も高いところにあると存じます。

故にWJFさんを支持することが異端ならば異端で結構と確信しております。

ほんの僅かでも正気が残っている人が集い、カルトに染まらず思考を続け、たとえ日本が壊れたあとでもいつの日か復活する可能性を信じ日々精進したいと存じます。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。