WJFプロジェクトの第三章

自然と歴史が一つに重なる、その「場所」で。
あらゆるものが壊れても、



最後に守らなければならないものがあるとしたら、



自然と歴史が一つに重なる、その「場所」で、



手を合わせて祈る、日本人としての姿。



日本の政治も文化も暮らしも、その「場所」の内奥から紡ぎだされなくてはならない。


(Photos by WJF)

開設二周年を迎えた昨年の8月には、参院選での安倍自民の圧勝を受けて、ブログを現在のFC2に移転し、「WJFプロジェクトの第二章」と称して、グローバリズムと、安倍新自由主義政権との対決を宣言いたしました。

参院選の直後に、「日本の終わりの始まり」という記事で警告したとおり、

今回安倍政権を支持し自民党に投票した人たちも、これが反自民勢力の敗北ではなく、日本全体の敗北であったことをまもなく知ることになるでしょう。私たちが警告してきたことを、ご自分の目で直接見、ご自分の体で直接味わうことになります。

安倍の壊国政策を、直接目の当たりにすることによって、いまでは多くの人たちが安倍政権の危険性に気づき、安倍政権に反旗を翻すようになりました。

あれから、一年。

WJFプロジェクトは、あらたに「WJFプロジェクトの第三章」の扉を開きたいと思います。

「WJFプロジェクトの第三章」においては、様々な勢力や人々との対決色を強めた、「WJFプロジェクトの第二章」の一年間よりも静かに、そしてより深く、日本と日本人のあるべき姿を掘り下げていきたいと願っています。

安倍政権後の、日本のビジョンも、具体的に論じていかなくてはなりません。

特に、「WJFプロジェクトの第三章」において、深めていきたいのは、古い日本の価値観に根ざした「多元的保守」の思想です。

「WJFプロジェクトの第三章」を、私は祈りから始めたいと思います。

私たちが祈る所作の中に、日本人としての姿が深く体現されていると思うからです。

右とか左とか騒ぐ以前に、デモに参加して日の丸をふりまわしシュプレヒコールを挙げる以前に、静かに、神前に手を合わせる日本人でありたいと思います。

その祈りの所作を通して、日本のあるべき道は、必ず開かれると信じます。

WJFプロジェクト開設三周年の2014年8月に記す。
*
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日本人が日本を誇り、先祖先人と自分達は繋がっているという情に溢れた世の中になれば、こんなに嬉しい事はないと思います。

そんな日本になって欲しいと心から思います。

手を合わせて祈る

WJF様のこういう、政治経済とは直接関係のない美しい記事こそが、ごく普通に暮らしている、本当に日本を愛している、たくさんの人々の気持ちを表していると思います。
私利私欲を捨てたところにある「祈り」が続く限り、日本は永遠であると思います。
心の奥底を確認でき、背筋がしゃんと伸びる記事を、どうもありがとうございました。
暑い夏、どうぞご自愛くださいますよう。

安倍の正体がバレてきている

対米従属、その上親韓親中、愛国者を装った戦後最大の売国奴
安倍晋三の正体に、さすがに皆さん気がつき始めているようです。

振り返ってみれば公約破りの連続、そして支持率低下の時期を狙った
数々の愛国パフォーマンス。
やってる事は海外へのバラマキと日本人に対する厳しい政策の数々。

マスコミとネットという対立関係を利用した安倍政権への支持を煽る方法。
このカラクリに次々と人が目覚めています。

特にチャンネル桜の水島の安倍擁護は酷く、どんな愛国ボケした人でも
分かるような酷い内容で、しまいには「中韓が安倍降ろしを狙っているので
安倍政権を支持するのが正しい」という、そこらの安倍信者と全く同じ主張を
しています。

日本人には増税を課し、中韓を始めとする諸外国にはカネをばらまき、支那人移民を
大量に受け入れる方向で進んでいる安倍を中韓が降ろそうとしている訳が無いのですが、
100歩譲って中韓が本当に安倍政権を批判していたとしても、だからといって支持しなければ
ならない理由になるわけがありません。
デフレ下の更なる増税、移民、TPP、特区…これら日本人を困窮に追い込む政策を進める限りは
外国の意見など無関係に安倍政権を批判しなければなりません。

安倍政権を支持させながら堂々と売国させるうたい文句として、「中韓が安倍卸を狙っている」という
文句が使われています。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。