三橋貴明の周りに群がる懲りない面々

「アベ不支持会員」を名乗るには、100年早い。
安倍政権や新自由主義の危険性を、親しみやすく伝えていらっしゃるポン吉さんが、最近、「三橋貴明の手法」という記事を書かれ、この記事が大変話題になっています。

ポン吉さんの記事は、新自由主義・グローバリズムを批判する代表的な論客として知られる三橋貴明が、なぜか、安倍晋三、麻生太郎、赤池誠章、田母神俊雄という新自由主義・グローバリストの政治家にのみ支持を煽ってきた事実を、ありのままに指摘したとてもシンプルな記事なのですが、この記事に、三橋信者たちが大変腹を立て、ポン吉さんのブログ、三橋貴明ブログのコメント欄で、激しい議論が展開されていたようです。

(WJFによる同様の指摘については、下の記事をご覧ください。)

三橋貴明は腹を切れ(2013年6月11日)
本物を見抜く目: 三橋貴明、また嘘をつく(2014年2月8日)
三橋貴明はなぜ歓喜の涙を流したのか(2014年6月16日 )
三橋貴明の遅すぎる気づき(2014年7月06日)
三橋貴明を持ち上げる反安倍の人々(2014年7月10日)
国民の前におかれた一つの陥穽(2014年7月18日)
三橋貴明: 言論界の佐村河内守(2014年7月22日)

「安倍さんは経済政策を正しく理解している」
「安倍さんは構造改革チックなことは何も語っていない」
「自民党の中にもわかっていらっしゃる議員の方たちがいる」
「TPPに関する報道は、マスコミの飛ばしだ」
「消費税増税に関する報道は、マスコミの飛ばしだ」
「安倍さんはバスが出るのを待っているだけだ」
「アベノミクスで超大国日本が復活する」
「安倍さんが構造改革を推進しているのではなく、産業競争力会議や竹中平蔵が悪い」
「安倍政権は構造改革を実行しているが、泥をかき分けるように安倍政権を支持し続けよう」
「安倍政権が自分の思い通りの政策をやらないからといって、安倍支持をやめてしまうのは革命だ。」
「安倍政権は参院選後に突然豹変した。」

上はすべて、三橋貴明がこれまで語ってきた妄言であり、いくら安倍政権の新自由主義政策を批判するためとはいえ、どうしてこんなデタラメばかり語る言論人にすがろうとするのか、すがらなければならないのか、私には全く理解できません。

しかも、三橋貴明は、安倍政権の新自由主義政策を批判していますが、安倍政権に反旗を翻したわけではなく、いまだに安倍政権に退陣を求める気はないと明言しています。

(出典: 1/3【討論!】これでいいのか!?安倍政権の経済政策[桜H26/7/5](50:18))

また、三橋の周りに群がってどんなに新自由主義を批判してみたところで、自民党員である三橋が支持を呼びかける先は、この先も、自民党だと決まっています。どうせ、「新自由主義を止められるのは自民党しかありません」とか「自民党の中にも分かっている先生方がいます」とか「泥の中をかき分けて進むように自民党を支持しましょう」とか、従来と同じことを言うことでしょう。三橋が、自民党員をやめたわけではないし、これまでの妄言の誤りを認めて訂正したわけではないのですから。

一体、自民党にしがみつきながら、どうやって自民党が推進する新自由主義やグローバリズムや移民政策の魔の手から逃れられるのでしょうか。

既に指摘してきたように、自民党は「1000万人移民計画」を取り下げたわけではなく、着々と、この計画を実行に移しつつあります。

参考記事:
「1000万人移民計画」は実行に移されている(2014年6月12日)
外国人労働者は移民か?(2014年7月1日)

自民党は、民主党時代、野に下ることで、過去の政策を反省し、方向修正をはかったかといえば、新自由主義色を弱めるどころか何倍もパワーアップさせて政権復帰を果たした。こんな壊国政党に私たちが期待をおくことは、もはや、わずかでもあってはならない。

グローバリズムに対峙するためには、右翼も左翼も超えて、日本人が一致団結するしか方法はないのですが、三橋貴明のように、「自民党のみが<善>」「自民党以外の政党は<悪>」という考えで、どうやって日本人の一致が生まれるというのでしょうか。

日本人を「右翼」と「左翼」に二分し、グローバリズムに対して脆弱な環境を自ら作り出した上で、グローバリズムを批判してみせても、茶番にすぎません。

つまり、どこからどう見ても、新自由主義やグローバリズムを打破するための答えは、三橋貴明を持ち上げたり、三橋貴明の周りに群がることの中には存在しません。

ところが、三橋信者たちは、ポン吉さんのみならずWJFの名前まであげて、「三橋貴明を批判する人間は左翼だ」と決めつけてすまそうとする始末。

彼らの愚かさには、ひたすら嘆息するばかりですが、そんな三橋支持の人々の中でも、比較的穏健な方に、「アベ不支持会員No.1」を名乗る正党というブログがあります。

この方が安倍批判に転じたのは、2013年3月15日の安倍晋三によるTPP交渉参加表明後のことなのだそうですが、この方が安倍批判をする以前から安倍批判を行っていた多くの人々がいたにも関わらず、その人々をさしおいて、「アベ不支持会員No.1」を自称するその感覚は全く理解に苦しみますが、それはさておき、この方は、WJFやポン吉さんのような三橋批判者のことを、次のように揶揄しておられます。

言っては悪いが、三橋氏がマシになっているうううう!!過去の自分が大批判していたことが間違いになるのが恐い心理なら、さっさと政治・経済を語るブログからは引退するべきでしょう。

容量の無駄使いだと言いましたよね?三橋氏は確かにミスリードを犯した大失点がありますが、現在は無害です。

悪い方向に向かえば叩けば良いことを、水島より三橋氏を優先的に叩く意味が分からない。自身の正当性を訴えるが為にやるのであれば、馬鹿でしょうな。

(出典: 正党ブログ 「信者の定義」 2014年8月3日)

驚くのは、「三橋貴明が現在は無害な存在になっている」という、この方の認識です。

三橋貴明の言説が、本当に無害になっているのであれば、WJFにせよ、ポン吉さんにせよ、こんなにしつこく「三橋貴明をもちあげるな」と警告の声をあげたりしません。

無害になっているどころか、危険性が高まっているからこそ、その理由を具体的に挙げて、「三橋貴明を信じるな」と口を酸っぱくして警告しています。

特に、今回のポン吉さんの記事は、きわめてわかりやすくまとめられたものだったのですが、あのような分かりやすい説明を読んでも、この方はその内容が全く理解できず、私たちが、過去に三橋批判していたことを訂正しなければならないから、意地を張って、苦し紛れに、三橋批判を継続しているのだなどととんちんかんなことを言う。三橋を批判する人間は、政治ブログをやめろとまで言う。

この方によれば、水島総の方が、三橋貴明よりも危険だというのですが、果たしてそうでしょうか。

水島総は、そのアクロバティックな安倍擁護によって、ピエロと化し、人々の支持と信頼を既に失っています。

安倍不支持の声はこれからますます高まっていきますが、それと比例して、あくまでも安倍を擁護しつづける水島に対する信頼も確実に失われていきます。

水島総は既に死に体であり、安倍擁護を続けるこの人物は、失笑やからかいの対象にはなっても、もはや危険であるはずがない。

危険なのは、水島ではなく、安倍批判の声が高まるごとに、これから支持者を減らすどころか、増やしていくであろう、三橋貴明の方です。

安倍政権の政策に疑問を抱く人々が、三橋の新自由主義批判の言論に共感を抱き、その中に取り込まれてしまえば、近い将来、再び、自民党のような新自由主義政党や、新自由主義の政治家への支持に誘導される危険性が高まるからです。

私たちは、現在の安倍政権の危険性のみならず、安倍が退陣した後のことを含めて、三橋貴明という言論人は危険であると述べています。

三橋信者たちは、言います。

「今は安倍政権の打倒が最優先なのだから、利用できるものは利用すべきだ。」

しかし、今、私たちは安倍政権の打倒だけを考えればいいのかといえば、答えはノーです。

それは民主党政権時代を思い出せば分かります。当時、「保守」の人々は、外国人参政権などを掲げていた民主党政権の打倒に注力していましたが、その中に、自民党が「正義の愛国政党」であるかのような嘘を刷り込む人々が紛れ込んでいました。

その結果が、安倍政権に対する人々の盲信であり、安倍政権への盲信が、安倍政権の暴走に力を貸しました。

現在、私たちが安倍政権を批判するとしても、私たちの中に、ふたたびあらぬ方向に人々を誘導する集団がまぎれこまないように、よくよく、注意を払う必要があります。

安倍政権批判だけに没頭していればいいというわけでは、決してありません。

また、三橋信者たちは言います。

「三橋貴明が、再び、グローバリストに支持を煽り始めたら、そのとき批判すればよい。」

滑稽なのは、こんなのんきなことを言う三橋信者に限って、三橋貴明が安倍というグローバリストに支持を煽ったとき何をしていたかといえば、三橋の言葉を鵜呑みにして、安倍批判に転じるのが決定的に遅れた人たちばかりだということです。

実際、正党氏にしても、三橋批判に転じたのは、TPP交渉参加後のことですが、安倍政権発足から、TPP交渉参加までの3ヶ月近く、この方は何をしていたのか。

安倍信者&三橋信者をなさっていたのです。

安倍政権発足から3ヶ月近くのタイムラグはどうして生まれたのかといえば、三橋貴明という反新自由主義の論客が安倍を支持していたことと無関係であるはずがない。

三橋貴明がグローバリストに支持を煽ったときに、即座に三橋を批判しなかった三橋信者たちが、「三橋がグローバリストに支持を煽ったらその時批判すればよい」などという資格はありません。

三橋信者よりも、もっと早くから安倍の正体に気付いていた人々は、三橋の言論が人々にもたらした悪影響を、リアルタイムで、忸怩たる思いで、目撃してきた人々です。

「安倍はグローバリストだ」という声が、三橋貴明の妄言によってかき消された人たちです。

だからこそ、口をすっぱくして、「三橋を信じるな」と警告する。

その人々の気持ちが、三橋信者には分からない。

分からないから、

言っては悪いが、三橋氏がマシになっているうううう!!過去の自分が大批判していたことが間違いになるのが恐い心理なら、さっさと政治・経済を語るブログからは引退するべきでしょう。

などと的外れなことを真顔で言う。

こんなとんちんかんなことを言う方が、

「アベ不支持会員No.1」

を名乗って、反安倍のリーダーのごとくふるまっている。

正党氏。あなたのような不理解な人間が、「アベ不支持会員No.1」を名乗るには、100年早い。

そう、はっきりと、言わせていただきます。

(追記)
反安倍の三橋信者が、進撃の庶民なるグループを形成していますが、よくよく注意が必要です。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

だめだめわんこさん

>そして国の借金は国民の借金じゃない、政府の借金なんだ、国民の資産なんだ、と、扇動しました。

>しかし実際には国債は国民の借金であり、国民が税金で返すしかありません。

>三橋の言うことは嘘でした。

>三橋は国の借金=国民の借金を増やし、国民を窮乏化させ、日本を財政破綻させることが目的だったのだと、今では理解しています。


わんこさん、それは違うと思います。

だって現在、日本を壊しているのは、三橋の理論の逆を行く、安倍政権の財政均衡主義の方ですから。

三橋もいついかなるときも積極財政がいいと言っているわけではなく、

「デフレ下では」、悪性のインフレにならない限りは、円を刷り、国債を買い上げて、積極財政を取ることが可能であると言っているにすぎません。

もし三橋の経済理論が「壊国」的なものならば、その逆をいく安倍政権は「救国政権」ということになってしまいます。

三橋の経済理論以前に、保守言論人が一斉に展開していた、デフレ悪玉論には、プロパガンダの臭いを嗅ぎ取ります。

政党氏のブログに行ったら

速攻で三橋のブログのバナーが表示されました。

保守系ブログや経済系ブログで注目を集める三橋に影響力が無いとは
思えません。逆にかなりの影響力があると思います。

安倍自民が偽装移民法を決定した後にわざとらしく出版した「移民亡国論」も
売れてるそうじゃないですか。

三橋の本が売れているという事は、それだけ影響力があると言う事です。
本が売れている時点で、三橋に影響力が無いというお話はウソになります。

ブログトップ、本が売れる三橋は影響力大。
注意が必要だと思います。

しょせん三橋貴明ファンクラブだから

進撃の庶民は三橋貴明ファンクラブですから、なにを言っても無駄でしょうね。
確か正党くんも、三橋が安倍支持を言い出したらアク禁覚悟で三橋ブログに批判コメントする!と書いてました。
コメント出来なくなるのが死ぬほど恐いらしいです。

わからないのはポン吉さんなんですよね。
なんでお気に入りブログなんだか。

3橋それ自体がカルト

 あちら(M)のコメント欄にWJF=カルトなどという捨て台詞がありましたが、「反自由主義」ついでに「韓国・中国叩き」で読者を釣り、スケープゴートとか二元論のような手段を駆使して、阿部の援護をする三橋こそカルトです。

 今では上記に「反阿部」がエサに加わっている状態です。凄まじい周回遅れで気付いたかのような態度をして、しかも「憲政史上最強の売国奴」に対するとは思えないレベルの甘い批判しかしない、三橋の「反阿部」など私は「釣りエサ」以上の価値を見出すことはできません。

 私は経済は傾聴する価値はあるが、政治面を信用してはならないという姿勢で三橋を見ていますが、今まで何度もミスリードをしてきたのだから、最大限の警戒心を持って三橋に接するのが当然であると思います。

自民党ネットサポータークラブ仕込みか?

WJF様

御無沙汰しています。
決して中野剛志氏の信者ではないですが、今更ハンネを変えるのも手間なので(汗)

三橋貴明氏が安倍反対運動を、常にミスリードで抑え込んでいた姿と、正党氏が三橋批判を抑え込む姿は重なりますね。

批判を交えながら手遅れに…そんな手法も酷似しています。

正党氏と仲間達のブログのコメント欄を拝見すると、ポン吉氏を誰かの手先と疑ったり、正党氏のブログにコメントした人に"なりすまし"を疑ったり無礼千万です。

おそらく自己投影なのでしょう。

信者と工作員の判別は困難ですが、自民党支持(又は白紙投票)に誘導する三橋支持に誘導する人々は、新自由主義の安倍自民党を支持しているも同然です。

使えるものは利用すればいい(策士気取り)←うまくないから!

私は正党様が、ご自分の中で批判の優先順位を付ける分にはいいと思っていたのですが。
最近の「三橋批判・批判」には些かも同意できません。特に、WJF様と同じく、
・三橋氏は無害になった。
・いまだに三橋氏を批判するのは、三橋氏が方針を変えたことを認めたくないから。
という論調には呆れ返りました。
毎日ブログで鋭い分析を見せていらっしゃる正党様が、WJF様やポン吉様に対して、これほど的外れな邪推をされるとは。

三橋批判派は、「三橋氏は反安倍に転じたので利用できる」などという考えは、浅はかで危険であり、利益にならない。という理由を、何度も丁寧に説明しているのに、この調子ですから、本当にわからないのでしょう。

三橋利用派に、「三橋氏の政策批判は正当に評価すべき。」という意見がありますが、三橋批判派は、政策批判の中身は評価しており、「正しい批判をしながら逆へミスリードした」という論調なので、三橋氏を叩いても、三橋氏の安倍批判の邪魔にはならないと思うのですが…。

「三橋氏を叩いても意味がない。」との声もありますが、三橋批判そのものが本質的な安倍政権批判の性格を持っているので、三橋批判に触れることで、安倍政権とその周辺のおかしさがよくわかるはずです。
事は安倍を下ろせば解決ではなく、騙され続ける構造そのものに対する理解が進まなければなりませんから、なでしこりんだか何だか、誰も知らないような安倍信者ブロガーを名指しで叩くことより、優先順位は高いのです。

あくまで三橋氏の力を頼みにしたい。という人であれば余計に、目をつぶりながら利用するのではなくて、三橋氏の悪事を批判しつつ、三橋氏と同じ方向性の政策批判をすべきです。
"詐欺に気付いているぞ"という見張りの目があれば、三橋氏は安倍政権批判はできても、今後、露骨なミスリードはしにくくなるのではないでしょうか。
批判をすると三橋氏が恥じ入って言論の場から退く危険があるというのでは、「俺の好きな思想に基づいて安倍批判してくれる人がいなくなる」という心配もわからないではないのですが、あの厚顔無恥にその心配はありませんから、堂々と叩けばいいのです。

三橋批判ができる人はごく限られていますが、その内容は、「記録に残すべき重要な事柄」です。(私怨ではなく、この時代に日本人がどのように煽動されたかの資料として。)
三橋氏を止める力などない、そのほんの一握りの人たちにまで、三橋批判をやめろと言うのは、一体どういうことでしょうか。

「三橋氏は確かに安倍の向かうところをわかって誤魔化していた時期があるが、これ程の地位に登り詰めるには、色々あるんだ。今それを責めるのはよそう。」
こういう、三橋氏のしたことをわかっていて尚、その行為に理解を示そうとする人たち。それを他人に求め、「三橋批判・批判」をする人たち。彼らの行為は、無知な安倍信者などよりも、余程酷悪と言えます。

自分の利益のためにちょっとズルをした。程度の話ではないのですから。
彼は国を売ったのですよ。

庇い切れない程売国丸出しになった人の批判なんて誰でもしますし、大衆は彼らブロガーたちほど頭が良くないんですから、三橋氏に煽動されてあらぬ方向に行くに決まっています。
どう考えても三橋氏はおかしいのです。私のような学の無い人間でも安倍が新自由主義一直線だとわかるときに、10ヶ月ぐらいスルー決め込んでたのを確かにこの目で見てましたからね。

三橋氏を利用しようと考える人は、戦略家でも、リアリストでも、お人好しでもありません。
倫理観に欠けた人です。
倫理に悖る選択をしたり道理を曲げれば、報いが来るのが自然の帰結で、この国が救われることはないと思います。

以前と違い安倍批判をする人が増えたのに、まだ、よりにもよってこんな詐欺師に言論をリードしてもらわなければ戦えないというのでは、いつまで経っても庶民の進撃は無理です。
「いや、まだまだ安倍批判の声は足りないじゃないか。」?
全くその通りですが、「三橋批判・批判」は国益に反するのです。

最後に、それでも私個人としては、正党様らとは、あまり強く対立してほしくないと思っています。
>「アベ不支持会員No.1」を自称
これにしても、何も安倍批判の先鋒を名乗っていらっしゃるわけではありません。自分たちで作ったまとまりの中の会員NO.1という意味でしょうから、突っかかる必要はないと思います。

三橋氏のしたことをわかっていながらあのスタンスをとっている方々とは、その点においては、これ以上の歩み寄りはできません。
ネット上の反安倍派も大抵は、問題の在処をWJF様と違うところに置いているので、「WJFは先見性をひけらかしているだけ」あたりの的外れな反応に終始するでしょう。

彼らは群れたいだけ

彼らは単に群れたいのだろうと思います。
群れる核として「三橋貴明」は調度良いのでしょう。

彼らの三橋擁護は後付けの理由に過ぎないので、理屈は通用しません。

クソガキの足掻き

ポン助の自作自演な。

誤字のお知らせ

「アベ不支持会員No.1」を名乗る正党うんぬんの少し上

>ところが、三橋信者たちは、ポン吉さんのみならずWJFの名前まであげて、「三橋貴明を批判する人間は左翼だ」と決めつけるすまそうとする始末

「(決めつけ)て」が「る」になっているようです。


このコメントの掲載は不要に願います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。