「売春婦か、性奴隷か」と問うなかれ(1)

二元的思考の弊害、ここにも。
産經新聞が、今月、慰安婦を「性奴隷」と明記した最終見解を出した、国連欧州本部自由権規約委員会の「NGOブリーフィング」の場で生じた、ある日本人女性と国連人権委員会委員との間のやりとりを報じています。

「性奴隷」明記に立ち上がった主婦 「お金もらったのでは」

日本の人権状況に関し、国連欧州本部(スイス・ジュネーブ)の自由権規約委員会は24日に発表した最終見解で、慰安婦を「性奴隷」と明記し、日本政府を非難した。1996年に国連人権委員会(現人権理事会)に出されたクマラスワミ報告書をはじめ、国連は慰安婦問題で日本を批判してきた。間違ったことがあたかも事実のように喧伝(けんでん)されてきた背景には国連を利用し、自らの主張を通そうとする左派・リベラル勢力の活発な動きがある。

「NGOによる委員洗脳の場」

今月15、16の両日、ジュネーブのレマン湖を見下ろす高台にある国連欧州本部で行われた自由権規約委員会。日本に対する審査で、日本政府代表団は慰安婦について、戦時の日本の官憲が組織的に朝鮮半島から女性たちを無理やりに連行するという「強制」は確認できないと説明した。しかし、委員たちは聞く耳を持たなかった。

事実関係と異なるストーリーは、これまでも何度となくジュネーブの国連本部から発信されてきた。

代表的なのは、クマラスワミ報告書だ。虚偽であることが明白な著作などを基に、慰安婦を「性奴隷」と定義し、その人数を「20万人」と記述した。

98年に提出されたマクドゥーガル報告書は、慰安所を「強姦(ごうかん)所」と呼んだ。さまざまな機関が、まるで日本が慰安婦問題について頬かぶりしているかのような表現で、日本の責任を追及する報告書や勧告を相次いで出してきた。

外交筋は国連が「究極の人権保障に向けて各国政府をたたき続ける存在であることが大きい」と指摘する。特にジュネーブは国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)が本部を置くことから同地に事務所を持つ人権関係の非政府組織(NGO)も多く、委員との情報交換やロビー活動が日常的に行われている。

国家による「政治」の場がニューヨークの国連本部なら、個人の「人権」はジュネーブの国連本部が本場なのだ。今回の審査をみてもなぜ国連が日本を批判しつづけてきたかがわかる。

対日審査に先だって14、15の両日、地元記者が「NGOによる委員洗脳の場」と揶揄(やゆ)する「NGOブリーフィング」が実施された。

15日には日本の16団体の代表が慰安婦問題をはじめ特定秘密保護法、死刑制度、朝鮮学校の高校無償化除外などに関し、イデオロギー色の濃い説明を委員たちに英語で伝えた。

ブリーフィングの主催者は、今回の審査のために結成された日本弁護士連合会などの団体からなる「ジャパン・NGO・ネットワーク」。会場に入るには事前登録が必要だ。

会場には慰安婦問題解決や死刑制度廃止、ヘイトスピーチ(憎悪表現)禁止の法整備などを求め日本から来たNGO関係者ら約70人が陣取っていた。ほとんどが左派・リベラル勢力だ。

直撃された南ア委員「重要でない」

こうしたなか、ひとりの「普通」の主婦が立ち上がった。16日の審査終了後、傍聴したスイス在住の日本人主婦、大坪明子(めいこ)(57)は、審査で日本を批判した南アフリカの委員、ゾンケ・マジョディナにこう質問した。

「あなたが『慰安婦は奴隷』と言ったのでとてもショックを受けました。本当に彼女たちはお金をもらっていなかったんですか」

慰安婦が旧日本軍兵士の数十倍の月収を得ていたことは、米軍資料などでも記録されている。なぜ国連の場で日本ばかりが標的にされるのか、大坪は疑問に感じ審査に足を運んでいた。

マジョディナは答えた。

「お金を受け取っていたかいないかは重要ではない。奴隷的な扱いを受けていたかどうかが問題で、『奴隷』に該当する」

なおも事実関係をただそうとする大坪にマジョディナはこう言い放った。

「その質問は重要ではないので答えない」

短時間のやりとりだったが、大坪はたちまちほかの委員や日本のNGOメンバーらに取り囲まれた。「やり過ぎだ!」などといった日本語も飛び交った。

(出典: 産經新聞 2014年7月26日)

「慰安婦はお金を受け取っていたから、性奴隷ではないのではないか。」

という日本人女性の問いかけに対し、国連人権委員会の委員が、

「お金を受け取っていたかいないかは重要ではない。」

と答えたというのですが、この委員の返答は、もっともであると言わざるを得ません。

「慰安婦は性奴隷である」とする、国連や、韓国や中国や、日本の左派の人々の主張に対して、

「慰安婦は、売春婦か、性奴隷か」

という二項対立的な問いを掲げて、慰安婦たちの給与明細などを示し、「慰安婦はお金をもらっていた売春婦なのだから、性奴隷ではない」と抗弁することが、「保守」の人々の間に、一つの型として定着しています。

たとえば、藤井厳喜氏という「保守」論客によって、"The Comfort Women Controversy : Sex Slaves or Prostitutes" (「慰安婦問題: 性奴隷か、売春婦か」)と題されて、YouTubeに公開されている下の動画も、「慰安婦は、売春婦か、性奴隷か」という問題設定を踏襲しています。



また、randomyoko氏による下の動画も、「慰安婦は、売春婦か、性奴隷か」という同じ問いをベースにして、「慰安婦たちはお金をもらって働いていた『売春婦』だったのだから、自分たちは『性奴隷』だったと日本をなじる韓国人の元慰安婦たちは強欲な嘘つきだ」という主張を展開しています。



しかし、これまでも繰り返し述べてきたことですが、「慰安婦は、性奴隷か、売春婦か」と問う、二元的な問題設定の仕方そのものが、まったく、適切ではありません。

その理由は、「売春婦」という概念と、「性奴隷」という概念は、共通部分を持たない「排反事象」ではないからです。

下の図のように、「売春婦」という概念と、「性奴隷」という概念が、共通部分をもたないならば、「売春婦である」ことは、そのまま「性奴隷ではない」ことを意味するため、「慰安婦は、売春婦だから、性奴隷ではない」という論証は成り立ちます。



しかし、世界の人たちが「性奴隷」という言葉を、どのような意味で用いているか、一つの例を取り上げるならば、WJFプロジェクトの「『危機に瀕する日本』第二巻: セックスと嘘と従軍慰安婦」という動画の中でも紹介した、下のサンフランシスコ・クロニクルの記事。



この記事は、多重債務に陥った韓国人女子大生が、借金の返済のためにアメリカに送られて、売春婦として働くことを強要された人身売買の事件を報じているのですが、お客から金を受け取り「売春婦」として働いていたこの女性は、記事の中で「性奴隷」と呼ばれています。これが世界の人たちの「性奴隷」という言葉の認識です。

つまり、世界の人々は、下の図のように、「性奴隷」という概念を、「売春婦」という概念と、共通部分を持つ概念として用いています。



というよりも、世界の人権家たちによって「性奴隷」として問題視されている事例のほとんどは、「女性が誘拐されて犯人の自宅に監禁されて性的暴力を受けた」といったような個別的な犯罪よりも、世界の性産業の現場で一定の割合で発生する人身売買のような社会的問題ではないでしょうか。



であるならば、「慰安婦は、売春婦か、性奴隷か」という、「保守」の人々が世界に対して掲げる問いかけは、世界の人々の理解や共感を得られるどころか、むしろ、ナンセンスな問いとして、失笑の対象にすらなってしまいます。つまり、

「慰安婦は、売春婦だから、性奴隷ではない」

という論理は成立しないのです。

ものごとを、「あれか、これか」という、単純な二項対立の問題に還元しようとする、二元的思考の悪い癖が、現在の日本人に中に深く刷り込まれており、このことがさまざまな分野で弊害をもたらしているわけですが、慰安婦問題も、その典型的な例の一つであると申し上げずにはおれません。殊に、

「慰安婦は、売春婦か、性奴隷か」

と問う、慰安婦問題の単純な二項への「切り分け」が、日本人を「右翼」と「左翼」という、二つの陣営にすっぱりと「切り分け」囲い込むための、一種の分別装置として機能してしまっていることが問題です。

慰安婦問題を通して、

「慰安婦は売春婦だ」

と考える右派と、

「慰安婦は性奴隷だ」

と考える左派に、日本人は、二つに「切り分け」られてしまっており、そのことが日本全体に政治的な不幸をもたらしています。

日本人の融和と一致を取り戻し、正しい政治を立ち上げるためにも、物事を単純化し、二項対立を煽る、二元的な思考そのものを解体する必要があります。

WJFプロジェクトの、「慰安婦神話の脱神話化」という動画のシリーズは、「慰安婦は、性奴隷か、売春婦か」と問う、従来の二元的な問題設定から脱却し、慰安婦問題の多面性・多重性をうきぼりにするのと同時に、「慰安婦は性奴隷である」という、世界に蔓延する全称命題の切り崩しをねらった動画です。

引き続き、動画の拡散にご協力ください。













参考記事:
ものごとは二元性を超えた場所にある
「すばらしき世界よ、永遠なれ」
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

性奴隷の定義が日和見さん

>世界が勝手に性奴隷の定義を日和見的に決めているようですが、
>基本的に、どっかに監禁されてレイプをされ続けるのが性奴隷的だと思います。

国連や様々な国際的な組織によって、実際に、「性奴隷」という言葉が幅広い意味で使われているときに、

「『性奴隷』は、どこかに監禁されてレイプされた被害者のみを指すべきだ」
「人身売買の犠牲者を『性奴隷』の中に含めてはならない」

などと言葉の定義の問題で争っても全く無意味です。

『性奴隷』という言葉の意味を「どこかに監禁されてレイプされた被害者」と限定した上で、「慰安婦は性奴隷ではない」と日本人が連呼したところで、世界の人たちが慰安婦問題に関して日本に向けるまなざしが好意的なものに転じるわけではありません。

また、『性奴隷』の意味を、「どこかに監禁されてレイプされた被害者」とせまく限定したとしても、白馬事件のオランダ人捕虜のケースのように、『性奴隷』として扱われた事例はやはり存在するのです。

そういう事例も含めて、世界で現に使われている『性奴隷』という言葉の定義に即しながら、慰安婦問題を包括的、俯瞰的な視点で、説明するより他に方法はありません。

No title

世界が勝手に性奴隷の定義を日和見的に決めているようですが、
基本的に、どっかに監禁されてレイプをされ続けるのが性奴隷的だと思います。

世界には、国家から認可された合法売春を行っているところもあります。
確かオランダやドイツがそうです。

好きで売春する女性なんかいないでしょう。
お金が欲しいから、お金に困っているから、仕方なくする人が全てだと思います。

で、人身売買された場合はどうかですが、人身売買されたら、本人にはお金は入らないはずです。生涯、買われた人間のために働くことになるでしょう。
本人が買われた値段以上の働きをしても、解放されることはないでしょう。
よく、少女が誘拐されて人身売買されますが、彼女らは救助されない限り、解放されません。

慰安婦は少し違います。
親や夫が勝手に売るので、一見人身売買に見えるかもしれませんが、親や夫が勝手に娘や嫁を売る権利なんかあるんでしょうか?

娘や嫁が逃げたら、親や夫に借金の取り立てが行くから、娘も嫁も逃げれたけれど、逃げなかったんではないでしょうか。

しかも、働いた分は給料として支給され、どんどん借金が減り、借金がすべてなくなると、彼女たちは家に帰ることができます。
ある資料では、嫌なら辞めることもできた(しかし、借金は減らない)という記録もあります。

しかも、借金はないけど貧乏だから自主的に慰安婦になった朝鮮人も多いです。
家計の為に慰安婦として働いたという日本人のお婆さんもいます。

昔の売春婦は皆こんな感じだと思います。

それを現代の人身売買と同一視するのは、あまりにも無理があります。


朝日新聞が、強制連行の捏造を認めましたが、強制連行説がなくなった今、
問題は人身売買にすり替えられようとしています。

結局、反日左翼や中国韓国が目標としているのは、慰安婦問題ではなく、日本を貶めたいだけです。

日本の名誉を棄損し、日本の評判を落とし、中韓が少しでも有利になるように世論を動かしたいだけです。

慰安婦は性奴隷ではありません。
性奴隷は、お金を稼げません、生涯解放されません。

お金を稼いでも、仕事を辞めることができても奴隷と呼ばれるのなら、
働いている人は全て奴隷になります。

風太さん

コメントありがとうございます。特定のキーワードがひっかかったのか「迷惑コメント」に分類されていました。

奴隷制度を1000年前に廃止した日本を、近年まで奴隷制度を抱えてきた国々が非難する「偽善」については、「慰安婦神話の脱神話化」第3部で、しっかりと暴きたいと思います。

webページ、期待しております

視覚的に全体の内容を俯瞰できるwebページ、期待しております。
ぜひ、日本語版もお願いします。

プラモデル工作員さん

ご提言ありがとうございます。

『慰安婦神話の脱神話化』第2部は、本当に苦しんで作った分、重苦しさがでていますね。

そのせいか、なかなか再生数も延びず、少しがっかりもさせられております。しかし、その一方で、下のように動画の趣旨を深く理解し、うれしいメッセージをくださる方もいて、大変励まされています。

"完成した動画、すばらしかったです。これまでで一番いいです。本当に感動してどう文章にすればいいかわからず、動画にコメントできませんでした。苦悩によってブラッシュアップされたWJF様の哲学に裏打ちされた作品だと思いました。"

動画の欠点は、インスタントに全体の内容を俯瞰できるように、『慰安婦神話の脱神話化』の他言語のwebページを製作することによって、なんとかカバーしたいと考えています。

また、動画のテンポをあげ、音楽も少し入れ替えて、すっきりさせたものも出そうかと思います。

『慰安婦神話の脱神話化』で採用しているアプローチは「保守」の人たちの共感をなかなか得られず、不人気なのですが、二元的な見方を脱し、多角的に、多元的にものごとをみつめ、世界の人たちとの融和をもとめながら、なおかつ日本人の主張をしっかりと通す、一つの実践例のつもりで製作しています。

勝手な要望です

『慰安婦神話の脱神話化』第2部、拝見しました。

事実に基づいて論理的に考察しておられる点は高評価です。動画のエフェクトも随分と手間暇のかかるものなのだろうと推察します。
ですが正直、16分を少々長く感じてしまいました。

動画はチャンネル桜やKAZUYA氏など、肉声によるものは結構再生回数が多いようですが、WJFプロジェクトさんのように図解と説明文で構成されているものは動画よりスライド形式の方が適しているのではないかと感じました。論理的な説明にはBGMも不要のように思いました。

検索したところ「SlideShare」というサービスがあり、ブログへの埋め込みやツイッターなどでの共有も出来るようです。

スライド形式のものもあれば良いのにと思った次第です。

匿名さん

>アメリカの価値観を絶対視してはダメですよ

上の記事の中で、私は、アメリカの価値観の話をしているのではありません。

"Sex Slave"(性奴隷」という言葉を、世界の人たちが、どのような意味で用いているのかという話をしているのです。

みなさん、「保守」の人たちは、「売春婦」と「性奴隷」が、重なる部分をもたない、別個の概念だと思い込んでいます。

たとえば、四本足の動物がいるとして、「猫」という概念と「犬」という概念には、共通部分がありませんから、

「この動物は猫です」と言えば「この動物は犬ではない」ということを意味する事ができます。

みなさんは、「犬」と「猫」という二つの概念と同じように、「売春婦」と「性奴隷」という二つの概念には、重なる部分がないと思い込んでいる。

ところが、実際には、そうではない。

「性奴隷」という概念と、「売春婦」という概念は、世界の人たちによって、共通部分をもつ言葉として用いられています。

「売春婦」でありながら、「性奴隷」という言葉で、世界の人々によって呼ばれているケースが多くある。

「性奴隷」という言葉を、「売春婦」を含めた意味で使用している世界の人たちに対して、

「慰安婦は売春婦なので、性奴隷ではない」

と説明しても、相手には話が全く通じない、という話をしているのです。

わかりやすく例を挙げるならば、「猫」という概念と、「ペット」という概念は、重なる部分をもちます。もちろん全ての「猫」が「ペット」なわけではないし、全ての「ペット」が「猫」なわけではありませんが、「猫」であると同時に誰かの「ペット」である事例は多く存在します。その際に、

「この四本足の動物は、ペットだから、猫ではない」とか
「この四本足の動物は、猫だから、ペットではない」

などと誰かが言ったら笑われてしまいますよね?

慰安婦問題において、これと全く同じ、ナンセンスな説明がなされているという話をしているのです。

>WJFさんが同情する韓国慰安婦は国策で反日日本人蔑視を世界に広げようとする国の駒です

「慰安婦神話の脱神話化」という動画の趣旨は、あくまでも、慰安婦問題に関する海外の人たちの誤った理解をただすことにあります。

しかし、それは、「韓国の元慰安婦たちは強欲な嘘つきだ」という主張を振りかざすことによっては、絶対に果たし得ないことがらです。

「女性の悲劇を抑止しよう」という、世界の人権家たちが共有している問題意識に沿う形で、理解をただしていかなければ、

慰安婦問題に関する誤解を解こうとする、日本側の努力そのものが、世界の人々の失笑や反感を買い、「日本人蔑視を世界に広げ」ることにつながってしまいます。

つまり、敵に塩を送る事になってしまうのです。

慰安婦問題が、なぜ世界の人たちに理解されないのか。

それは、とりもなおさず、日本人自身が、この問題の重層的な構造を正しく理解していないためです。

「慰安婦問題は、売春婦か、性奴隷か」という問題なのではない。

どうか下の動画をご覧になり、WJFが言わんとする意を汲み取ってください。

https://www.youtube.com/watch?v=CW-srDfFJNc

No title

アメリカの価値観を絶対視してはダメですよ

アメリカインディアンが虐殺されていた時代にその時代のアメリカの価値観でアメリカインディアンを救えますか?

黒人が奴隷として売買され使役されていた時代のアメリカの価値観ではそれは合法なんですよ

いま原住民に対する補償や黒人の市民権があるのは古い価値観を壊したからです

ジャップには何をしても良いというアメリカの価値観を受け入れて日本を救えるはずがない

アメリカの価値観を壊さないと無理です

ガザでの虐殺は自衛だという価値観は今イスラエルとアメリカだけではないでしょうか

日本は縄文時代と同じ価値観ではありませんしアメリカも開拓時代の価値観ではありません

古い価値観に固執しても時代の流れや現実の重みに敗れ価値観は変わっていきます

小手先の迎合でアメリカの価値観を擁護しても同じ問題が無限に再発するでしょう

WJFさんが同情する韓国慰安婦は国策で反日日本人蔑視を世界に広げようとする国の駒です

男ではないですが憎むべき敵の兵です





本当の意味での「性奴隷」とは

本当の「性奴隷」とは何かを、あんたに教えてあげようw
しっかり勉強しなさい
===========================================

本当の「性奴隷」とは・・・

アメリカ独立宣言を書いた、第3代米国大統領の
トーマス・ジェファーソンのセックス・スレィブ
(性奴隷)にサリー・ヘミングスがいる。

18世紀当初、アフリカから米大陸に運ばれた
ひとりの黒人女奴隷がいて、彼女は白人の買い
主に犯されて混血の女の子を産んだ。

その女の子は英国人船長ヘミングスに買われて、黒人の血が
4分の1になったベティを産む。

ベティはバージニア州の農場主ジョン・ウエィルズが買って、
8分の1の黒人混血女児サリー・ヘミングスを産ませた。

のちにアメリカ大統領にもなったトーマス・ジェファーソンは、
妻のお付き奴隷として屋敷に来たこのサリーに手をつけ、
何人かの子どもを産ませている。

 アフリカから連れてこられた曾祖母から4代、彼女たちは
自分の意思を省みられることなく白人のご主人様たちの
セックス処理物として扱われてきた。

ミディアンの処女たち以来、西欧社会に連綿と続く、こういう
女の人たちを、(クリントン前国務長官がそう呼ぶように指示
したと韓国紙が伝えた) 「性奴隷」と呼ぶのである。

3年で1億円を稼いだ、いわゆる慰安婦などの「職業娼婦」
とはわけが違う。
http://homepage3.nifty.com/akira-i/Nippon/259-jyugunianhu.html

本当の意味での「性奴隷」とは

本当の「性奴隷」とは何かを、あんたに教えてあげようw
===========================================

本当の「性奴隷」とは・・・

アメリカ独立宣言を書いた、第3代米国大統領の
トーマス・ジェファーソンのセックス・スレィブ
(性奴隷)にサリー・ヘミングスがいる。

18世紀当初、アフリカから米大陸に運ばれた
ひとりの黒人女奴隷がいて、彼女は白人の買い
主に犯されて混血の女の子を産んだ。

その女の子は英国人船長ヘミングスに買われて、黒人の血が
4分の1になったベティを産む。

ベティはバージニア州の農場主ジョン・ウエィルズが買って、
8分の1の黒人混血女児サリー・ヘミングスを産ませた。

のちにアメリカ大統領にもなったトーマス・ジェファーソンは、
妻のお付き奴隷として屋敷に来たこのサリーに手をつけ、
何人かの子どもを産ませている。

 アフリカから連れてこられた曾祖母から4代、彼女たちは
自分の意思を省みられることなく白人のご主人様たちの
セックス処理物として扱われてきた。

ミディアンの処女たち以来、西欧社会に連綿と続く、こういう
女の人たちを、(クリントン前国務長官がそう呼ぶように指示
したと韓国紙が伝えた) 「性奴隷」と呼ぶのである。

3年で1億円を稼いだ、いわゆる慰安婦などの「職業娼婦」
とはわけが違う。
http://homepage3.nifty.com/akira-i/Nippon/259-jyugunianhu.html
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。