「保守」の殻を破れ

そして、ただの「日本人」に復帰せよ。
犬が帰って来てその吐いた物を食べるように、愚かな者はその愚かさをくり返す。(箴言26:11)

民主党時代に盛り上がった「保守」ブーム。

人々は、おおよそ次のようなプロセスを経て、「保守」の世界に入っていきました。
1. チャンネル桜を視聴する
2. 「自民党(善)VS民主党(悪)」「右翼(善)VS左翼(悪)」「日本(善)VS韓国(悪)」「日本(善)VS中国(悪)」という単純な二項対立を刷り込まれる。
3.「マスコミは反日だ」と刷り込まれ、チャンネル桜以外の情報を遮断される。
4.「保守」の枠の中に閉じこもり、「保守」以外の立場の人々の言葉には耳を貸さなくなる。
5. 自民党のみが正義の「愛国」政党であり、それ以外の政党は悪の「反日」政党だと刷り込まれる。
6. 「保守」の人間は、憲法改正、集団的自衛権行使容認、特定秘密保護法案、原発推進に賛成すべきであるという、既成の模範解答(ドグマ)を刷り込まれ、それ以外の考え方は「左翼」として一切タブー視される。
7. 安倍晋三という構造改革推進のグローバリストが「愛国者」だと洗脳される。
8. 「安倍政権は救国政権だ」と洗脳されたまま、「安倍さんを信じよう」「安倍さんを信じよう」と言いながら安倍を熱狂的かつ盲目的に支持し、日本の国家破壊に加担する。
安倍政権に疑問を抱くようになった「保守」の人々が、次のステップとして、疑いの目を向けなくてはならないのは、自分たちが「保守」を自称するようになった、上記の「プロセス」や「カラクリ」そのものです。

上記の「プロセス」や「カラクリ」そのものが、誰かによって巧妙に計算され、仕組まれたものではなかったか。

宗教と同じように、人々を、一つの価値観を共有する集団の中に取り込むための「プロセス」であり、そこから逃げ出さないようにするための「カラクリ」ではなかったか。

宗教と同じように、上記の「プロセス」や、「カラクリ」は強い「二元性」を帯びています。

私が三橋貴明を二度と信じてはならないと繰り返し述べているのは、上記の「プロセス」や「カラクリ」の中に、再び舞い戻ることがあってはならないからです。

安倍晋三への懐疑をきっかけに、上記の「プロセス」や「カラクリ」、またその「二元性」を根底から疑い、否定し、破壊し、そこから自分を離脱させなくてはなりません。

「保守」という、特定勢力によって人為的に作られた殻の中に自分を閉じ込めるのをやめて、二元的な思考を脱客して、多元的な「日本人」本来の大道へと、自分を解き放ち、復帰する必要があります。

「三橋さんは、安倍政権を批判している貴重な保守の言論人だ。だから三橋さんの言論を活用すべきだ」という人々は、いまだに、「保守」という狭い世界の中に自分を閉じ込めています。

狭い「保守」の枠の中で、従来の二元的思考に絡めとられたまま、倉山と三橋を並べて、「三橋さんの方が正しい」と言い、

狭い「保守」の枠の中で、従来の二元的思考に絡めとられたまま、水島と三橋を並べて、「三橋さんの方が正しい」と言い、

狭い「保守」の枠の中で、従来の二元的思考に絡めとられたまま、比較的正しいことを言っているのが三橋貴明だから、三橋貴明にしがみつこうとする。

問題は、このような二元的な思考の「プロセス」を再びたどることで、安倍壊国政権を生み出した「カラクリ」から、いつまでも抜け出せなくなることです。

「保守」という狭い枠、またその「二元性」の外側に、広い世界、日本人本来の、生き方や価値観が広がっていることを忘れてしまうことです。

破壊しなければならないのは、安倍政権のみならず、安倍政権という怪物を作り出した「プロセス」や「カラクリ」、またそれらを支えた「二元性」そのものです。

「保守」という枠を超えて、日本全体を広く見渡せば、構造改革やグローバリストに反対している言論人は、三橋貴明一人ではないことに気づきます。

「保守」という殻をやぶり、ただの「日本人」に復帰しましょう。

そのとき、そこに、「二元性」に絡めとられることのない、「多元性」という、日本人にとって最も古い生き方・考え方の大道を見い出すはずです。

それこそが、これまで「保守」という名で自らを呼んできた人々の、新しい帰着点とならなくてはなりません。

私たちが、そのあまりに保守的な、日本人として最も自然であたりまえな、生き方・考え方に立ち戻ったとき、私たちは、もはや自分自身をわざわざ「保守」などという名前で名乗ることすら不必要になることでしょう。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

つまりブログ主は、日本人の古くからの考え方・生き方は「グローバリストだ」と言いたいのでしょうか。

海外から伝来してきた神道、日本人が創り上げたわけでもない神道の考え方・生き方を崇拝する必要があるのでしょうかね。
神道の考え方を保守する必要があるのでしょうかね。

意味不明。ブログ主がアホだとしか思えませんよ。

神道の考え方は、まったく尊敬すら出来ないし。
馬鹿、奴隷になる為の教えだしね。

ブログ主は、どうぞ勝手に崇拝でもしてなされ。

破壊すべきは、神道である。
日本人にとっての悪の根源は、神道である。

それが日本人の正しい生き方の答えですので。



はるさん

「偽装保守」とか、「左翼」とか、いつも叩かれてばかりいますので、理解あるコメントをいただき大変ありがたいです。

No title

恥ずかしながら。私はWJF氏がおっしゃる上記のプロセスをへて安倍自民支持者となった者です。そして最終的に三橋支持者となっていました。三橋支持者である限り、安倍自民支持者なのです。しかし、どう考えてもおかしい。安倍は次から次へと国民を窮地へ追いやることばかり行う。真っ当な事を言ってるはずの三橋氏は何故かそんな安倍を、何だかんだ言いながら絶対支持。おかしいおかしいと思っていたらこのブログにたどり着きました。
洗脳から覚めました。
そう、全てはグル。狡猾で汚い連中だった。メディアはおかしい。そんな事に気づき始めた、浮ついた私の考えを刈った。狡猾な罠だった。
こんなに饒舌に時に愛をこめて(みせかけて)正々堂々国民を騙すとは!
これがプロというものか。
今は許せない気持ちでいっぱいです。そして私を目覚めさせてくれたWJF氏にお礼を申し上げます。本当にありがとうございます。

No title

我々独自の権力奪取を目的とした(政党へと発展させるための)政治組織を急いで作る必要があるのは間違いない。

与党も野党も全て買収されているのだから。

党がないから入れるところがない今すぐ作って下さい世論調査では最低でも20%は取れる党ができたら金を取りに来て国民は移民など認めない何故今すぐ作らないのかあなたもスパイか今すぐ作るべきだ

偽装保守で溢れている

国旗を振り、靖国参拝をして、拉致被害者の帰還を政治利用し、
愛国保守のフリをしているだけの戦後最大の売国政権、安倍自民。

あまりにも公約違反・ウソが多いので政策一つ一つを批判してもキリが無いので
打倒しかありません。

それも分からずに未だに民主は悪、自民は善という二極論しか理解できない
ネトウヨ安倍信者が保守を自称しているのが本当におかしい。

そもそも聖域なき関税撤廃などという分かりづらい言葉でTPP交渉に参加しない
ように見せて実際は我先にと交渉しにいった時点で安倍政権は終わり。

デフレ脱却前の増税はしないと言っていたのにやった。その時点で終わりです。

それなのになぜまだ支持してる国民がいるのでしょうか。
安倍政権が長期化する事で一番悲惨な目に合うのは私達日本国民なのに。

偽装移民法すら強行突破した安倍政権を未だ支持している人は、国賊です。

No title

もう日本人自体がドイツと同じく自己否定の自縄自縛になってますよね

長期の勝ちを望むなら思想を変えなきゃ無理です

歴史認識も必死に刑事のように真実を追い求めてそれを露わにしてアメリカが公平な判断をするって
もんでもないですよ

アメリカも必死で真実を隠蔽します自分の利益の為に

日本の場合歴史認識で一番大事なのは自国中心史観に戻るって事です

ユーチューブ見てもアジアの中心はアジア人って史観のビデオみんな出してますよすでに

アジアの中心は白人ですって話してもなんだそれ?ってなりますよね

同じく日本の中心は白人ですって史観はなんだそれ?です

「日本の歴史は日本人の視点で語る」

これを後世に残せるかどうかです

日本の歴史を韓国人の視点で語るーこれは日本を滅ぼして朝鮮化します

朝鮮人中国人など気にせず皇国史観に戻りましょう

たとえ政府が滅びても皇国史観日本神話は残すべきです

別に2700年前に宇宙から天皇が降りてきたかどうか真実を検証する必要はありません

大事なのは日本人としての自覚ですから

中華思想になってもわれわれは中国人にはなれませんし西洋思想になっても白人にはなれないです

ライオン思想になってもシマウマはライオンになれません

でも考えてみれば日本の歴史は神武天皇が太古の昔建国して幾多の強国と戦いあるいは学びある時は屈従しまたある時は打ち破ってついには世界有数の先端技術を保有する先進大国になり上がるという波乱万丈の感動ミラクルストーリーですよ

アジアにも世界にも一旗上げて建国してみた英雄は無数にいる

でも2千年の風雪に耐えてエンペラーを名乗ってるのは世界でただひとりです

ともすると日本人はアメリカに捕獲された猿で拷問を受け続けなきゃいけないって考えがちですが

自分の子供にお前はイエロー猿だから死ぬまで陵辱され続けろって教えるのもおぞまし過ぎますよね

政府は植民地体制を維持しようとする

卑屈な道は安易だが必ず破滅してしまう



WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。