「騙していた人々」を擁護する「騙されていた人々」の心理のカラクリ

自己の愚かさに向き合わずに済むための避難場所(アジール)。
下は「三橋貴明はなぜ歓喜の涙を流したのか」のコメント欄に記したものを修正して再掲したものです。上掲の記事で示したように、あらゆる事実は、安倍晋三が昔と変わらぬ構造改革推進論者であることを明確に示していたにも関わらず、三橋貴明は「安倍晋三は構造改革推進論者ではない」かのように、「安倍晋三はTPPや増税推進論者ではない」かのように、「安倍晋三はグローバリストではない」かのように、「安倍晋三が経済政策を正しく理解している」かのように、「安倍晋三は竹中平蔵に操られているにすぎない」かのように、参院選後までとぼけ続けました。チャンネル桜の水島総や三橋貴明が、人々を騙して安倍支持を煽っていたことは明らかなのですが、なぜか、水島や三橋を「騙した人々」ではなく、「騙された人々」のカテゴリーにいれようとする人々がいます。そのような人々の心理を掘り下げてみました。

>これは彼らの意識の根底に、
>自分も騙されたが三橋も騙されていたのだ。
>安倍支持で共闘し、安倍に共に騙された。
>という嘘の共通体験からくるシンパシーがあるのではと思います。

ご指摘の通りであり、

「保守言論人たちも自分と同じように騙されていたはずだ」
「保守言論人たちですら騙されていたんだから、自分が騙されていた事も仕方がない」

というように、「安倍に騙されていた自分を免罪したい意識」と、「保守言論人たちを免罪したい意識」は表裏一体のものであると思います。

このような人々にとっては、「安倍に騙されていた自分」を免罪するために、保守言論人は「騙していた人々」ではなく、自分と同じように「騙された人々」でなくては困るのです。

保守言論人たちが「騙していた人々」だとすると、自分が彼らに騙されていたという事実に直面しなくてはならなくなるため、保守言論人たちを「騙されていた自分」たちの陣営に引き込む事で、事実との対峙を回避しようとします。

さらに酷い例になると、政権の頭領たる安倍晋三すらも、「騙されている人々」の陣営に引き込もうとします。

自分が愚かだったことを認めたくない人々は、「売国奴に囲まれながら必死で売国を阻止しようと孤軍奮闘する安倍晋三」という神話や、「安倍に騙されていたが、騙されていたことに気づいて、果敢に安倍政権への批判に転じた三橋貴明」というような神話を必要とし、その神話にすがりつこうとします。

「売国奴に囲まれながら必死で売国を阻止しようと孤軍奮闘する安倍晋三」という神話を信じれば、安倍政権の行う売国政策を目の当たりにしながら、葛藤する自分の良心をなだめることができますし、

「安倍に騙されていたが、騙されていたことに気づいて、果敢に安倍政権への批判に転じた三橋貴明」を肯定し、三橋に自分を重ね合わせることで、「安倍に騙されていたが、騙されていたことに気づいて、果敢に安倍政権への批判に転じた自分自身」を肯定することができるからです。

倉山や上念のようなリフレ派を叩き、三橋貴明のような反新自由主義の論客を持ち上げることで、

「倉山・上念(悪) vs 三橋貴明(善)」

という善悪二元論の中に、新しいアジール(責任を問われない避難場所)を確保し、自分たちの自尊心を慰撫してます。

しかし、善悪二元論的な二項対立の中に自分の居場所を確保しようとし続ける限り、その対立する二項の内容がどのように入れ替わろうと、彼らの錯誤は延々と繰り返されて行きます。

「騙されていた自分」にきちんと向き合い、なぜ自分が騙されていたのか、そのカラクリをきちんと掘り下げることなしには、「騙される人々」の集団から抜け出すことはできません。

そして、自分が騙されていた事実と向き合い、そのカラクリを深く掘り下げていけば、必ず自分を「騙した人々」(つまり保守言論人)の欺瞞を厳しく問うに至るはずです。

「騙した人々」を免罪したがる人々は、「騙された自分」を免罪したくてたまらない人たちです。

(ちなみにこのブログに書かれていることの多くは、私自身が「なぜ自分は騙されていたのだろう」「何が問題だったのだろう」と考えてきたことの集積です。私も三橋や水島の言葉を部分的にでも信じていた時期があったからです。)
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確かに!そうです。

私は馬鹿だった為騙され続けています。


洗脳されました。

洗脳から抜け出す事は大変な事だと知りました。


小さな頃から大人達に洗脳されていたんです。


多くの女性が洗脳されていると思います。



鬼畜遺伝子異常者に洗脳されているんです。


遺伝子異常者がウジャウジャいるんです。
(大昔からですよ)


ロールシャッハ知ってますか?
ロールシャッハすると依存症が治ります。
ロールシャッハすると真実が明らかになります。

是非、お薦めいたします。

No title

言葉をつられるのではなく何を約束をしてやろうとしたかできなかつたのではなく都合の良い事だけは強行採決 自分たちに都合が良くないことは無かったことに事実景気が民主の時より悪くなり物価が高騰さらなる消費の落ち込みこの責任は全て安倍晋三の責任一般国民は苦しいと言っているにもかかわらずまるで成功してるかのようにマスメディアをコントロールし嘘の上塗りそれだけですこの男太字]太字の文色付きの文字

キンドルでダウンロードできます

しかまきさんがご紹介してくださった伊丹万作氏「戦争責任者の問題」、キンドルの無料本にもあります。
青空文庫(無料本)には坂口安吾も大量に入っており「もう軍備はいらない」「天皇陛下にさゝぐる言葉」は考えさせられました。
キンドルをお持ちの方はお勧めです。



>「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、一切の責任から解放された気でいる多くの人々の安易きわまる態度を見るとき、私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。

>「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによってだまされ始めているにちがいないのである。


今まさにこの状態で、国中が焼け野原になった経験から殆ど学べなかったのかと虚しいです。


>このことは、過去の日本が、外国の力なしには封建制度も鎖国制度も独力で打破することができなかった事実、個人の基本的人権さえも自力でつかみ得なかった事実とまったくその本質を等しくするものである。

 そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。


JA全中の解体は反対ですが、TPPで強引に押し切られる位でないと、日本人の手では組織の膿を出せないのも事実ですね。


>たとえば、最も手近な服装の問題にしても、ゲートルを巻かなければ門から一歩も出られないようなこつけいなことにしてしまつたのは、政府でも官庁でもなく、むしろ国民自身だつたのである。私のような病人は、ついに一度もあの醜い戦闘帽というものを持たずにすんだが、たまに外出するとき、普通のあり合わせの帽子をかぶつて出ると、たちまち国賊を見つけたような憎悪の眼を光らせたのは、だれでもない、親愛なる同胞諸君であつたことを私は忘れない。


これは原発事故の直後、節電で似た体験をしました。
「あの店は、あの会社は電気こうこうと点けてる!」とチェックする雰囲気がありませんでしたか?
計画停電が長期化していたら、もっとギスギスしていたのではないでしょうか。
日本人は真面目さが時々変な方に暴走して、自主的に息苦しい方に規制してしまいますね。
権力側に自分達からお膳立てする、無意識に媚びてしまうのか。

「計画停電」という言葉が出てこなくて、原発事故の後、地域ごとに時間ずらして電気が止まったの何て言ったかな?と検索しましたが、「計画停電」は「電気が無いとお前らこんなに大変だろう?」「それには原発がいるんだよ」と権力層(原発マフィア)が庶民を脅かす為の示威行為だったのだろうと今は思います。

数年経ったので白状しますが、私の住んでいる地域は「計画停電」は一回もありませんでした。
高級住宅地でも大物政治家が住んでいる訳でもありませんが、有難いことに何故か一度も無かったのです。
当時出勤すると「一日に二回もあって冷蔵庫が大変だ」「真っ暗で何も出来ない」「生活ペース乱れて寝不足」等同僚が口々に文句を言っていて、これは「私は一回も該当してない」なんて口が裂けても言わない方がいいな、恨まれる、非協力非国民扱いされかねない…と思いました。
家族にも「嘘までつく事はないけど、バカ正直に自分から家は一回も停電無い」なんて言っちゃダメだよ、「皆疲れてて恨まれるかもしれない」と言ったものです。
しばらくぶりに「計画停電」を思いだしましたが、考えてみたら、生活を人質に取られた酷い話です。


悲観的な事ばかり書いてしまいましたが、日本人の負の面、事実から逃げることなく、希望を繋いでいくつもりです。

騙された側の責任とは

三橋貴明もKUZUYAさん、素晴らしいご指摘でした。

WJFさん、全くその通りだと思います。

未だ、三橋先生だなんて…いくらなんでも認識甘すぎですよ。

選挙に大勝して過半数、つまりは圧倒的な権力を握ってしまえば、それまで公言していた公約やらアジェンダなんてどこへやら…やりたい放題ができてしまいます。

だって抵抗勢力がほぼ存在しないという状態なんですから。

現在の日本の急激な悪化…安定した社会をぶっ壊すような目を覆うほどのひどい法案が連日ろくに審議も報道もされず人知れずドシドシと通りまくり、人々がデモをしようが、街で声を上げようが、議員にお願いに出向こうが、最早どうにも止められず歯ぎしりをしながら日本が壊れていくのを見ていることしかできないという悲惨な状況はひとえにこの「選挙の結果」なんですよ。

選挙の結果というものは、それほどにこの民主主義国家においては、重大で強力なパワーがあるものです(自覚している人は少ないでしょうが)。

だからこそ、三橋氏は選挙までは何とか自民(特に安倍とその取り巻きたち)の支持を取り付けるために躍起だったのです。本当はぶっちゃけたくないTPPの問題やら消費税の問題で、「ちょっとおかしいかも…」と無意識下では感じている自民支持者・何も考えてない無党派層をも余すことなくガッチリと取り込もうというのが彼の最初からの狙いでしょう。

第二次安倍内閣成立以来、連日何の抵抗も障害もなく通りまくってしまった悪法・改悪法案をひっくり返すのは容易なことではありません。ここまでひどい状況にされてしまえば、この先何十年単位どころか、永遠に取り戻すことができなくなる可能性もあります。

今の日本は非常に難しい局面に置かれているというのに、妙なくらいに呑気な人が多くて驚きます。

もういい加減、目を覚ましてほしい。

つまらない自分のプライドにしがみつき、「俺は騙されてなどいない」とか「俺を騙したやつも騙されていたんだから仕方がない」というような自身の愚かさを甘やかすような、いわば「俺は悪くなかった」という自己義認の論理によって自分の気分の良さを優先するのではなく、自分は愚かにも騙されたという罪をきちんと自覚し、自分の至らなさを目を背けることなく直視し、厳然たる事実として受け入れ、それがどんなにまずいことなのかを十分に理解してして欲しい。そしてその騙された罪の結果として、この先にどんな世界が自分や自分の子孫たちを待ち構えているのかを知恵を絞り、想像力を働かせ、情報を集め、その情報を精査し、その上でどうすべきかを深く真剣に考えて欲しい。

それが騙された人の責任というものだから。

また、騙された人が結果として自分だけが痛い思いをするわけではなく、騙されなかった人たちにも間接的に悪影響を及ぼし「他人をも巻き込んでしまう」という大きな罪が存在することにも気づいてほしい。

嘘つきというのはよっぽどの超天才型ではないかぎり、100%の嘘などはそうそうつけないものです(嘘は大きければ大きいほどばれにくい…の類は仕掛けも壮大で、金も時間も人員もかかるものだから)。

ああいうチャチは詐欺師というのは、本当は思ってもいないもっともらしいことをしたり顔で言ってみたり、受け取り手が気づかないよう真実の中に嘘をそっと混ぜたり包み込んで、表には見えないようわかりにくい状態にして、一見害もなく美味しそうな撒き餌(実は猛毒入り)にして、人々の前に大量にバラマいていきます。でなければ騙される側もそう簡単には騙されないでしょう。

伊丹十三氏の父親である伊丹万作氏が、「戦争責任者の問題」という論考の中で、騙された人の責任について、明確かつ冷静に論じています。

今後の日本の将来を考える上で極めて重要な指摘がいくつもなされており、右翼・左翼、戦争賛成派・反戦派の別を超えた真理がわかりやすく説明されています。日本人ならば一度目を通しておくべきものとか思います。
(先の戦争についての是非は、とりあえず横に置いておきましょう)

一部のたったの何人かが多くの人を騙してコントロールなどできるわけがない、騙される方も怠惰で無関心で隷属的で嬉々として追従し、騙されることや、更には他の人をも騙すことを敢えて選んでいたのだ、という鋭い指摘は他ではなかなか目にしません。

(読みやすくするため、改行したり一部仮名遣いを変更しています)
【引用ここから】

 さて、多くの人が、今度の戦争でだまされていたという。みながみな口を揃えてだまされていたという。私の知っている範囲ではおれがだましたのだといった人間はまだ一人もいない。ここらあたりから、もうぼつぼつわからなくなってくる。多くの人はだましたものとだまされたものとの区別は、はっきりしていると 思っているようであるが、それが実は錯覚らしいのである。たとえば、民間のものは軍や官にだまされたと思っているが、軍や官の中へはいればみな上のほうをさして、上からだまされたというだろう。上のほうへ行けば、さらにもっと上のほうからだまされたというにきまっている。すると、最後にはたった一人か二人の人間が残る勘定になるが、いくら何でも、わずか一人や二人の智慧で一億の人間がだませるわけのものではない。

 すなわち、だましていた人間の数は、一般に考えられているよりもはるかに多かつたにちがいないのである。しかもそれは、「だまし」の専門家と「だまされ」の専門家とに劃然と分れていたわけではなく、いま、一人の人間がだれかにだまされると、次の瞬間には、もうその男が別のだれかをつかまえてだますというようなことを際限なくくりかえしていたので、つまり日本人全体が夢中になって互にだましたりだまされたりしていたのだろうと思う。

 このことは、戦争中の末端行政の現われ方や、新聞報道の愚劣さや、ラジオのばかばかしさや、さては、町会、隣組、警防団、婦人会といったような民間の組織がいかに熱心にかつ自発的にだます側に協力していたかを思い出してみれば直ぐにわかることである。

 たとえば、最も手近な服装の問題にしても、ゲートルを巻かなければ門から一歩も出られないようなこっけいなことにしてしまったのは、政府でも官庁でもなく、むしろ国民自身だったのである。私のような病人は、ついに一度もあの醜い戦闘帽というものを持たずにすんだが、たまに外出するとき、普通のあり合わせ の帽子をかぶって出ると、たちまち国賊を見つけたような憎悪の眼を光らせたのは、だれでもない、親愛なる同胞諸君であったことを私は忘れない。もともと、服装は、実用的要求に幾分かの美的要求が結合したものであって、思想的表現ではないのである。しかるに我が同胞諸君は、服装をもって唯一の思想的表現なりと勘違いしたか、そうでなかったら思想をカムフラージュする最も簡易な隠れ蓑としてそれを愛用したのであろう。そしてたまたま服装をその本来の意味に扱っている人間を見ると、彼らは眉を逆立てて憤慨するか、ないしは、眉を逆立てる演技をして見せることによって、自分の立場の保鞏(ほきよう)につとめていたのであろう。

 少なくとも戦争の期間をつうじて、だれが一番直接に、そして連続的に我々を圧迫しつづけたか、苦しめつづけたかということを考えるとき、だれの記憶にも直ぐ蘇ってくるのは、直ぐ近所の小商人の顔であり、隣組長や町会長の顔であり、あるいは郊外の百姓の顔であり、あるいは区役所や郵便局や交通機関や配給機関などの小役人や雇員や労働者であり、あるいは学校の先生であり、といったように、我々が日常的な生活を営むうえにおいていやでも接触しなければならない、あらゆる身近な人々であったということはいったい何を意味するのであろうか。

 いうまでもなく、これは無計画な癲狂戦争の必然の結果として、国民同士が相互に苦しめ合うことなしには生きて行けない状態に追い込まれてしまったためにほかならぬのである。そして、もしも諸君がこの見解の正しさを承認するならば、同じ戦争の間、ほとんど全部の国民が相互にだまし合わなければ生きて行けなかった事実をも、等しく承認されるにちがいないと思う。

 しかし、それにもかかわらず、諸君は、依然として自分だけは人をだまさなかったと信じているのではないかと思う。

 そこで私は、試みに諸君にきいてみたい。「諸君は戦争中、ただの一度も自分の子にうそをつかなかったか」と。たとえ、はっきりうそを意識しないまでも、戦争中、一度もまちがったことを我子に教えなかつたといいきれる親がはたしているだろうか。

 いたいけな子供たちは何もいいはしないが、もしも彼らが批判の眼を持っていたとしたら、彼らから見た世の大人たちは、一人のこらず戦争責任者に見えるにちがいないのである。

 もしも我々が、真に良心的に、かつ厳粛に考えるならば、戦争責任とは、そういうものであろうと思う。

 しかし、このような考え方は戦争中にだました人間の範囲を思考の中で実際の必要以上に拡張しすぎているのではないかという疑いが起る。

 ここで私はその疑いを解くかわりに、だました人間の範囲を最少限にみつもったらどういう結果になるかを考えてみたい。

 もちろんその場合は、ごく少数の人間のために、非常に多数の人間がだまされていたことになるわけであるが、はたしてそれによってだまされたものの責任が解消するであろうか。

 だまされたということは、不正者による被害を意味するが、しかしだまされたものは正しいとは、古来いかなる辞書にも決して書いてはないのである。だまされたとさえいえば、一切の責任から解放され、無条件で正義派になれるように勘ちがいしている人は、もう一度よく顔を洗い直さなければならぬ。

 しかも、だまされたもの(原文ママ)必ずしも正しくないことを指摘するだけにとどまらず、私はさらに進んで、「だまされるということ自体がすでに一つの悪である」ことを主張したいのである。

 だまされるということはもちろん知識の不足からもくるが、半分は信念すなわち意志の薄弱からくるのである。我々は昔から「不明を謝す」という一つの表現を持っている。これは明らかに知能の不足を罪と認める思想にほかならぬ。つまり、だまされるということもまた一つの罪であり、昔から決していばっていいこととは、されていないのである。

 もちろん、純理念としては知の問題は知の問題として終始すべきであって、そこに善悪の観念の交叉する余地はないはずである。しかし、有機的生活体としての人間の行動を純理的に分析することはまず不可能といってよい。すなわち知の問題も人間の行動と結びついた瞬間に意志や感情をコンプレックスした複雑なものと変化する。これが「不明」という知的現象に善悪の批判が介在し得るゆえんである。

 また、もう一つ別の見方から考えると、いくらだますものがいてもだれ一人だまされるものがなかったとしたら今度のような戦争は成り立たなかつたにちがいないのである。

 つまりだますものだけでは戦争は起らない。だますものとだまされるものとがそろわなければ戦争は起らないということになると、戦争の責任もまた(たとえ軽重の差はあるにしても)当然両方にあるものと考えるほかはないのである。

 そしてだまされたものの罪は、ただ単にだまされたという事実そのものの中にあるのではなく、あんなにも造作なくだまされるほど批判力を失い、思考力を失い、信念を失い、家畜的な盲従に自己の一切をゆだねるようになってしまっていた国民全体の文化的無気力、無自覚、無反省、無責任などが悪の本体なのである。

 このことは、過去の日本が、外国の力なしには封建制度も鎖国制度も独力で打破することができなかった事実、個人の基本的人権さえも自力でつかみ得なかった事実とまったくその本質を等しくするものである。

 そして、このことはまた、同時にあのような専横と圧制を支配者にゆるした国民の奴隷根性とも密接につながるものである。

 それは少なくとも個人の尊厳の冒涜(ぼうとく)、すなわち自我の放棄であり人間性への裏切りである。また、悪を憤る精神の欠如であり、道徳的無感覚である。ひいては国民大衆、すなわち被支配階級全体に対する不忠である。

 我々は、はからずも、いま政治的には一応解放された。しかしいままで、奴隷状態を存続せしめた責任を軍や警察や官僚にのみ負担させて、彼らの跳梁を許した自分たちの罪を真剣に反省しなかったならば、日本の国民というものは永久に救われるときはないであろう。

「だまされていた」という一語の持つ便利な効果におぼれて、一切の責任から解放された気でいる多くの人々の安易きわまる態度を見るとき、私は日本国民の将来に対して暗澹たる不安を感ぜざるを得ない。

「だまされていた」といって平気でいられる国民なら、おそらく今後も何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによってだまされ始めているにちがいないのである。

 一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない。この意味から戦犯者の追求ということもむろん重要ではあるが、それ以上に現在の日本に必要なことは、まず国民全体がだまされたということの意味を本当に理解し、だまされるような脆弱(せいじやく)な自分というものを解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。

【引用ここまで】
http://www.aozora.gr.jp/cards/000231/files/43873_23111.html

これを読んだうえで、自分の気分の良さやプライド(というより完全な自尊心)と、よりよい日本は、果たしてどっちが大切なのか、今一度自分に問いかけてみて欲しい。

プライドを捨て、それまで固執していたものを否と看做し、自分の間違いを認めるには、ある種の痛みが伴います。

それでも、一体どちらが、この国の将来のため、今の私たちの生活のため、今後生まれてくる子孫たちのために残すに値するものなのかということを一人一人に真剣に考えていただきたい。

同じ過ちを懲りることなく何度も何度も繰り返せば、それはもうただの愚か者というよりも、”単なるアホ”にすぎません。

いい加減、他人のせいにするという卑怯者の論理からも脱却しましょう。それが彼らの常套手段ですから、同じような罠には嵌らないように。

自分の中の良心の声に耳を澄まし、その声に従って欲しい。
良心こそが、私たちが抵抗するにあたって、唯一で、しかし最強の武器となりえると思うからです。

なにが「三橋先生」ですか?

下のブログが同じ趣旨のことを述べています。

"三橋貴明と竹中平蔵の「バトル」を真に受けるのは、あまりにもお人好しすぎる。そもそも、三橋貴明も含め安倍晋三の周辺にいる者は一人残らず「安倍劇場」の「劇団員」ではないかと考えるのが大人の発想というものである。日本人は御人好しを封印し現実を直視しないと、いとも簡単に何度でも騙され今後も翻弄され続けるだろう。

正論を述べつつ、その正論とは真逆のことをやっている政治家や政党への支持を呼びかける。グローバリズムを批判しつつ、グローバリスト安倍晋三やグローバリズムに染まった安倍自民への支持を呼びかける。正論を述べていれば正論を述べているがゆえに批判されることもほとんどなく、安倍を批判しているのだから安倍自民は良くなりますよ~と有権者を安心させ、グローバリスト政治家やグローバリズムに染まった政党への支持を逆説的にさりげなく呼びかけることができる。

こうした論法は、正論を述べることで批判を封じ込めることが可能になるという意味で、たちが悪いと言わざるを得ないわけですが、作家・三橋貴明がやっているのはまさにこれで、日本人のお人好しに付け込んだ論法と言うこともできそうです。"


http://goo.gl/DmYYbZ

「正論を語ること」を、人々を欺く手段として利用して、繰り返し、繰り返し、何度も、何度も、自分が語っている「正論」と逆のことを行う政治家に支持を誘導してきた詐欺師を、「正論を語っている」という理由で支持してしまえば、結果は同じ事が繰り返されます。

それにしても、なぜあなたがたは、いつまでも、三橋だの、水島だの、上念だの、倉山だの、「彼ら」が周到に用意してきた、インチキ言論人に固執するのか。

インチキ保守言論人たちが愛国詐欺を働いてきたとしたら、それは彼ら個人の発想で、個人的な意図にもとづいてやったわけではない。あきらかにこれは組織的なものです。

なぜその愛国詐欺の背後にある、もっと大きなカラクリを疑おうとしないのか。

「右翼(善) vs 左翼(悪)」

一つの理由は、冷戦が終わって四半世紀が経つのに、上記のような善悪二元論を刷り込まれたまま、いつまでも、その二項対立の中で「答え」を探そうとしているからです。

「三橋・水島・上念・倉山は『右翼』だ。『右翼』は、『善』であり、『左翼』よりましだ。だからこれらの言論人を活用しよう」

という発想です。それは、

「安倍晋三は『右翼』だ。『右翼』は『善』であり、『左翼』よりましだ。だから安倍さんを支持しよう」

という安倍信者の発想と何も変わるところはない。安倍政権という怪物を作り出した、安倍信者と同じパラダイムに立って、安倍政権を批判したところで、意味はない。壊さなきゃならないのは、安倍政権のみならず、

「右翼(善) vs 左翼(悪)」

という冷戦的なパラダイムそのものです。かといって、

「右翼(悪) vs 左翼(善)」

という左右を逆転させた二項対立を信じようといっているのではなく、そもそもこのように二項対立的にものを考える習慣そのものをやめなければならないということです。

それがわからずに、安倍政権の個々の政策を、「是々非々」といいながら、表面的に批判していても意味がない。

「戦後レジームの成れの果て」として、日本を現在の段階にまで至らしめてしまった、「カラクリ」そのものに、対峙し、根底から否定し、破壊しなくてはならない。

それなのに、三橋のような詐欺師が表面的に安倍政権の個々の政策を批判している程度の理由で、再びのこのこ着いていくような愚か者で日本人があり続けるかぎり、日本はいつまでも救われることはないでしょう。

No title

おっしゃることは分かります、分かりますが、我々は友人を求めているわけではないと思うんです、三橋先生がなんらかの意図をもって、参議院選挙で安倍自民に衆参過半数を取らせるため我々を騙し誘導したのかも知れませんが、今、メディアで一番安倍政権批判をしているのは、三橋先生です(左の方々は多いですが、残念ながら説得力がありません)、盲目的に信じるのは危険ですが、三橋先生の影響力は今必要だと思います、信じる政策は人それぞれ違います、その時その時、手を握れるならば手を握って今の安倍政権の阻止したい政策を批判していった方がいいと思うんですが、私は例えば上念さんや倉山さん達といえど、手を握れるところがあれば手を握ればいいと思うんです、あまり純粋にやりすぎると、人は苦しくなると思います。
ちなみに自慢ですが、私は参議院選挙は自民党には投票していません。

危険な安倍パソナ政権

【緊急拡散】
銃口を人に向ける武田防衛副大臣
http://my.shadowcity.jp/2014/06/post-5067.html

http://www.youtube.com/watch?v=qI7VXSpJkAY

【日本の死の商人13社】・三菱重工・川崎重工業・日立製作所・東芝・富士通・NEC・藤倉航装・クインライト電子精工・VSテクノロジー・フロントライン・池上通信機・ジャパンセル・クライシスインテリジェンス

戦争美化・特攻隊マンセーの百田が、日教組を攻撃するのは、
【学徒動員】
が目的か!?

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。