「『危機に瀕する日本』第二巻:セックスと嘘と従軍慰安婦」アラビア語版製作中

こつこつと、できることを積み重ねる。
中断していた「『危機に瀕する日本』第二巻:セックスと嘘と従軍慰安婦」アラビア語版の制作を再開しています。

文の書き方が左右逆ということもあり、さまざまな言語の中で、アラビア語版の制作がもっとも手間がかかります。





「『危機に瀕する日本』第二巻:セックスと嘘と従軍慰安婦」は、日本軍の慰安婦制度の中で発生し、日本軍の慰安婦制度に固有の問題として語られてきた人身売買の問題を、朝鮮の歴史的・社会的な文脈の中で捉え直そうとした作品で、日本語、英語、韓国語、ハンガリー語、スペイン語、フランス語の六カ国語版を制作済みです。アラビア語版に引き続き、ドイツ語版・ベトナム語版・イタリア語版を制作していきます。



ちなみに、最近完成した「『慰安婦神話の脱神話化』第2部: 実際に何が起きなかったのか」では、「慰安婦神話」に内在する論理的な矛盾をあぶり出すことによって、「実際に何が起きなかったのか」を浮き彫りにしています。



『日韓紛争概説』という別名を持つ『危機に瀕する日本』というシリーズは、もう少し日韓のいくつかの紛争を取り上げて事実を整理した後で、将来完結編を制作したいと考えています。完結編では、韓国における「反日」と、日本における「嫌韓」の問題を、俯瞰的に止揚してみたいと考えています。

2014年の8月で、WJFプロジェクトの立ち上げからまるまる3年が経過します。

これからも、こつこつと、できることを静かに積み重ねて行きたいと思っています。

完成まで、一週間〜10日ほどお待ちください。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

成済まし日本人に注意

本当に感謝しています。アラビア語版、とても楽しみにしています。

最近は親日国の中東系に在日韓国人がとりついて、嘘を吹き込む事が多いようです。台湾人や親日の国の人達に、在日韓国人や片方の親が在日韓国人であることを、結婚してもしばらく言わずにいて、韓国の反日プロパガンダを言い続けている人も大勢いるようです。

台湾人と結婚して子どもを持つ日本人の女の人が、やたら日本人より韓国人の方ばかり褒めていて、私の目の前で、実は自分の母方が韓国人だと明かしていて、台湾人の夫がいてとても可哀そうでした。結婚するまでどころか子どもが出来てから言うなんて詐欺と同じですが、平然と言ってのけていました。
ずっと黙っている人も多いんでしょうね。

通名を使っているので日本人名だから分からないのでしょうね。

トルコ人に同様のことをしているケースも見かけました。

すぐに騙されてしまう中東の人に、ぜひこういう実態を広めたいものです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。