WJFプロジェクトは、なぜ慰安婦の動画を作り、なぜ安倍政権を批判するのか。

日本を壊す「嘘・偽り」を打破するためのプロジェクト。
「すばらしき日本よ、永遠なれ」をスローガンに、ふとしたなりゆきから立ち上げることになったWJFプロジェクト。

慰安婦問題や領土問題など、日本に関して世界にばらまかれている「反日プロパガンダ」という名の「嘘・偽り」に対抗して動画制作に取り組むのと並行して、2012年末の安倍政権発足以降は、激しい新自由主義批判、グローバリズム批判、安倍政権批判、安倍政権を神格化するチャンネル桜批判を展開してきました。

安倍政権が発足してまもなく、次にあげる二つの理由で、日本が大変危機的な状況に置かれている事に気づいたからです。

理由1. 安倍晋三が、第一次安倍政権以来、構造改革を推進する過激な新自由主義者にしてグローバリストであり、かつ、第二次安倍政権が発足しても、その立場が何ら変更されていないことが明らかだったこと。

理由2. 安倍晋三の新自由主義者・グローバリストとしての立場が何も変更されていないのに、その側面を覆い隠し、「愛国・保守」の政治家として不自然に神格化し、あらゆる批判を「保守分断」と呼んで封じようとする言論が、チャンネル桜を中心とする「保守」言論人によって展開され、彼らの言説を信じる「保守」の人々から、安倍政権が熱烈で盲目的な支持を受けていたこと。

構造改革を断行しようとするグローバリストの政権が国民の熱烈な支持を受けるとき、日本に何が起きるのかは、小泉政権の例から手に取るように明らかであったため、「すばらしい日本よ、永遠なれ」をスローガンに活動を重ねてきたWJFプロジェクトとしては、その支持者の多くが安倍政権や自民党支持者であることを知り、またそれら支持者からの強い反発を受けることを予測しながらも、やはり、大きな警告の声を上げないわけにはいきませんでした。

最近では、多くの人たちが、WJFプロジェクトの安倍政権批判が的確であったと理解してくださるようになりましたが、概して、右派の人たちは構造改革の危険性に無自覚的であり、左派の人たちは歴史問題の危険性に無自覚的なため、いまだに次のような不理解に直面することがあります。

1. WJFプロジェクトは、安倍政権批判をやめて、「反日プロパガンダ」に対抗する動画だけ作っていればいいのではないのか。

2. WJFプロジェクトは、慰安婦問題のような動画制作はやめて、安倍政権批判だけしていればよいのでないのか。

しかし、次の図式で示したように、WJFプロジェクトにとっては、歴史問題をめぐる「嘘・偽り」に対抗していくことと、構造改革をめぐる「嘘・偽り」に対抗していくことは、「すばらしい日本」を次世代に伝えたいという一貫した願いの下で、一つに重なっています。



歴史問題によって日本を破壊しようとする勢力と、構造改革によって日本を破壊しようとする勢力は連動しており、両者は共に、「嘘・偽り」を武器に、日本を破壊しようとする点でも共通しています。

一つ目の、歴史問題を通して日本を責め立てる勢力から発せられている嘘は、

「日本は構造改革され、やがては民族浄化されるべき邪悪な国家である」

という嘘です。

二つ目の、構造改革を通して日本を破壊しようとする勢力から発せられている嘘は、

「構造改革やグローバル化を断行しようとする安倍政権は、愛国・保守の救国政権である」

という嘘です。

どちらの嘘も「すばらしい日本」を破壊する真っ赤な嘘です。

であるからこそ、WJFプロジェクトは、今後も「反日プロパガンダ」に対抗して動画を作り、また構造改革を断行する安倍政権や安倍政権を神格化する勢力に対して異議申し立てを行い続けなくてはなりません。

「歴史問題」と「構造改革」

この二つの問題の両方に日本人がしっかりと異議申し立てを行ってこそ、「すばらしい日本」は守られていくのですが、残念ながら、日本人の立場は「右派」と「左派」に分離しており、この二つの問題を一つに連動した問題として総合的に捉える人たちの数は多くはありません。

このため、WJFプロジェクトの取り組みは、右派の人たちからは「左翼」となじられ、左派の人たちからは「右翼」となじられる、苦しい戦いを強いられています。

しかし、日本を本当の意味で「保守」することが可能だとするならば、「右派」と「左派」の日本人が一つにまとまり、「歴史問題」と「構造改革」の二つを一つの問題として取り組む以外に術はありません。

どうぞ、WJFプロジェクトの趣旨をよくご理解いただき、今後とも厚いご支援を賜りますようお願い申し上げます。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

右翼、左翼という名称が象徴するように、真に日本がはばたく為には両翼が連動する必要があるのでしょう。
そもそも右派左派の成り立ちや基本概念をしっかりと学べば、この両者が単純な善悪や愛国売国でくくれるものではなく、本来的にはどちらも「国の幸せ」を願うという部分では共通しながらも、立ち位置や、ロジックの違いから考えに相違が生じ、対立を余儀無くされてしまうものなのです。
ある種人間社会における必然的対立軸なので、完全に一体となる事は難しいですが、お互いに意見をぶつけ合いながら、考えを深め合い、より良い未来を模索するのが健全な国家、国民の姿だと思います。
なのに、戦後の日本、特に近年において両者はただ単にレッテルを貼り合い、相手の意見に少しでも耳を傾けてはならないというような空気が作られてきました。
これがある種社会の流れの中での必然的な事象なのか、あるいはそうやって思考停止させる事を目論みとした「外からの力」が働いているのか、私には分かりません。
しかし、国家として非常に不健全な状態に陥っているのだけは確かです。
日本人に思考を取り戻すべく活動を続けるWTFさんに賛同します。

安倍氏と石破氏の温度差

こんにちは。
山本様のおっしゃられたのは、この記事の事ですね。
「安倍総理と石破幹事長の間に“温度差” TPP対応で(04/17 17:55)

 TPP=環太平洋経済連携協定の協議を巡り、安倍総理大臣と石破幹事長に微妙な温度差です。
 安倍総理大臣:「(関税の)数字にこだわることも重要だが、それを超えたもっと大きな、このTPPには意味があるという高い観点から妥結を目指していきたい」
 安倍総理はこのように述べて、妥結に強い意欲を示しました。一方、自民党の石破幹事長は、BS朝日の番組収録で、「国益を損ねて、重要産業を壊滅させてまでまとめる必要性はない」と述べて、安易な妥協はすべきでないという考えを示しました。」
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000025281.html

石破氏にも問題はたくさんありますが、確かにこれなら「石破氏のほうがまだまし」ですね。

断末魔

WJFさんの活動が功を奏してか、少しずつ盲信的な「保守」の呪縛から解き放たれている人が増えている印象を受けます。

インチキな仕立屋達は、韓国や中国または財務省の木下のように分かりやすい固有名詞と安倍晋三という固有名詞の「わかりやすい」対立構造を作り上げ、「保守」を洗脳しています。

それに対してWJFさんの提言はグローバリズムや歴史問題と抽象的な概念を相手に、本当の意味での「保守」が戦っていくというものなので、信者がその趣旨を理解し洗脳から解き放たれるのには、増税や移民などの何らかの安倍から裏切られたとショックを受けるトリガーが必要なように感じます。

今はそのトリガーを探すのに困らないほど安倍が露出狂の頭角を現しているので、チャンネル桜界隈の「保守芸人」も安倍を庇いきれない以前に自分の飯の種を失いかねない状況に、ポジションを二転三転させながら生き残る道を探る観測気球を飛ばしているように感じます。

三橋を筆頭とした桜陣営が倉山に名誉毀損で法的措置という「保守芸人」界隈の内ゲバも始まってますし、
WJFさんへのツイッターでのレッテル貼り工作も続いてますし、
これらを見ていると彼らが保守ビジネスが立ち行かなくなる前の最後の断末魔を上げているように感じます。

私の嫌うKAZUYAくんも、さっさとキャラクタービジネスが枯れ果てて、YouTubeアフィリや下らない書籍などの売れ行きも落ちて、インチキな仕立屋をおこなった報いを受けて欲しいと願って止みません。

No title

こんにちわ。慰安婦動画、完成おめでとうございます

ところで最近思うのですが、何かおかしいです。奇妙なほどに最近日本がおかしいと思うようになりました
WJFさんもツイッターもよく見ていますが、安倍信者は一体何者なんでしょう?下の元ネトウヨと言う方のコメントでも「しかし右派左派の概念を取り払って政治をみてみれば、 安倍内閣は売国政権そのものと分かりましたし」と書かれていて、普通の理解力なら安倍がいかにおかしいか理解できるわけですよね?
しかし事あるごとに、ネットではいまだに「安倍はがんばってる」とか「安倍以外に候補がいるのか?」とか意味不明なことを言ってます。WJFさんもよく戦われておられますね?ツイッターとかで(笑)

有名人の中ではやはり三橋貴明さんはダントツに変です。おかしいです
最近になってよく安倍政権を非難するようになりましたが、やはり安倍をなぜか強く批判しません。
今日のブログでも↓http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11826024064.html

産業競争力会議や経済財政諮問会議の「民間議員」たちは、選挙というプロセスを経ていません。議員でもない一般人が「首相指示」で政治を動かすのでは、完全に「日本国の私物化」です。

と三橋氏は書いてますが、この文は変です。いつものように「安倍が悪いんではない。安倍の周りが悪い」と言う安倍信者の典型的なパターンですね?
本当に恐ろしいです、怖いです。なぜここまで三橋さんは「安倍を庇う」のでしょうか?
一体三橋さんは何人でしょうか?     本当に彼は日本人ですか?

日本人ならぬ人間が恐ろしいほど日本をコントロールしている気がしてなりません。怖いです

ところで、石破さんがTVで「国益を損ねて、重要産業を壊滅させてまでまとめる必要性はない」と言ったみたいですね。石破のほうがよほどまともですね それではまたきます

No title

安倍の売国に、右派も左派も関係ありません。

増税、移民と道州制とTPP、入管法の改悪…
一部の支配層以外の日本国民が等しく被害を受けます。

私は元嫌韓ネトウヨでした。

しかし右派左派の概念を取り払って政治をみてみれば、
安倍内閣は売国政権そのものと分かりましたし、

左翼が悪、という概念も取り払えば、
反原発運動も正しいのだと理解しました。

安倍晋三と取り巻きは、安倍にとって都合の悪い人たちをサヨクと
レッテルを貼っていたのだと理解しました。

とんでもない奴です。あんな詐欺師はいません。
すぐに辞任してもらわないと困ります。

No title

今の日本の問題点を、きちんと筋道をたてて説明していただき、よく理解できました。
どうもありがとうございました。
とにかく、本当に、美しい日本を未来の子供達に残したいという思いがあれば、右だの左だのにこだわるはずがないと思います。
今後もぜひ、素晴らしい動画作製を続けてください。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。