『慰安婦神話の脱神話化』第2部: 実際に何が起きなかったのか・完成版

お待たせしました。
長くとりくんできました、「『慰安婦神話の脱神話化』第2部: 実際に何が起きなかったのか」が完成しましたので、ここにご報告させていただきます。

WJFプロジェクトをご支援くださったたくさんの皆様、制作の機会と時間とを与えてくださり、ありがとうございました。



今回の動画で挑戦した点は、「慰安婦神話」を最も効果的に打破するためには、どのような論理で、従来知られている事実を再構成したらよいのかという問題でした。

簡単なようでいて、なかなか解けない慰安婦問題に関する誤解。

そもそもなぜ誤解が生まれ、そして定着しているのか。

一つの要因としては、人間の知性がものごとを理解しようとするときに、ディティールを省いて話を単純化する性質があることだと思います。

このために、多様な慰安婦のあり方が一般化され、その一般化が、

「慰安婦はすべからく強制された性奴隷である」

という全称命題を作り出し、この全称命題が「慰安婦神話」として世界に定着しています。

従来の反論としては、この全称命題に対して

「慰安婦はすべからく志願に基づく売春婦である」

という他の全称命題をぶつけ合わせることによって反論が試みられてきたわけですが、そもそも「一般化」が、「慰安婦神話」を作り出す要因となっているならば、別のやり方で慰安婦を「一般化」してしまっては、「慰安婦神話」を崩す事はできません。

「自分の意志に反して慰安婦とさせられた女性」の存在を排除して初めて成り立つ説明ではなく、それらを包含しても破綻することのない説明が必要とされます。

そこで思い当たったのは、「慰安婦神話」が生まれるのと逆の道筋をたどる事でした。

「慰安婦の多様なありかた→一般化→全称命題→慰安婦神話」

つまり「多→一」という一般化の道筋で慰安婦神話が生まれているとするならば、

「慰安婦神話→全称命題→多様化→慰安婦の多様なあり方に分割」

つまり「一→多」という多様化の道筋をたどることによって、神話は打破できるはずです。

しかし、安易な一般化を避け、慰安婦の多様なあり方を伝えるにしても、その説明自体が複雑なものとなってしまっては、効果的に誤解を解くことはできません。

慰安婦の多様なあり方、その各部のディティールを損なうことなく、なおかつできるだけ分かりやすくシンプルな形で視覚化し図式化するという、正逆のことを同時に実現する必要があります。

それがこの動画にとても苦心した点です。

まずは「慰安婦」という全体集合を、「自発的な慰安婦」と「強制された慰安婦」という二つの集合に分割しました。

さらに、「強制された慰安婦」を三つの集合に分割し、合計で慰安婦を四つの集合に分割しました。

そして、四つの慰安婦の集合が、互いにどのような関係にあったのかを地理的な状況に絡めて簡単に説明し、その事を通して、慰安婦の悲劇は、日本政府の意志に基づいて発生したものではなく、性産業に付随する一般的な事象として発生した、普遍的な問題であることを示しました。

このように慰安婦という集合をいくつかの集合に分割することによって、「多→一」という神話化とは逆の道筋をたどることになり、その多様化の道筋が「慰安婦神話」の解体につながります。

従来の慰安婦問題の反論がうまくいかないのは、「自分の意志に反して慰安婦とされた女性」の存在を否定しがちなことによって、全称命題に全称命題をぶつけるという不利な戦いを強いられていたことでした。

「自発的な慰安婦」と「強制された慰安婦」の二種類の慰安婦がいたことを認める事が、神話を打破するための、コロンブスの卵の役割を果たしています。この点から出発しなければ、「慰安婦は売春婦だ」という全称命題にしがみつくより他に手段がなくなってしまうからです。

「慰安婦神話の脱神話化」のための論理的なカラクリを解明した事。

パリセイズ・パークの慰安婦碑に書かれている「慰安婦神話」に直接の反論を行いつつ、同時に、慰安婦の断片を取り上げるのではなく慰安婦の全体像を網羅的にそして立体的に示したこと。

なおかつ、それらをできるだけ短くシンプルな動画で図式化し視覚化できたこと。

これらが、『慰安婦神話の脱神話化」第2部の達成ではなかったかと自負しています。

「慰安婦神話」に取り付かれている人々の思い込みを打破する上で、必ず大きな効果を発揮する動画に仕上がっていると思いますので、ぜひ積極的に動画を活用していただければ幸いです。

かなり、長くお待たせしてしまいましたが、逆に言えば、これだけ時間をかけて一つの慰安婦動画の制作に取り組む機会を与えられたのは、日本広しと言えども、WJFプロジェクトぐらいであったろうと思います。

WJFプロジェクトを信頼し、忍耐強く支えてくださった皆様に改めて感謝申し上げます。

第3部では、普遍的で一般的な問題である慰安婦のような女性の悲劇を防ぐためには、「実際に何が起きるべきなのか」が語られます。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ときわさん、TMさん

あたたかいお言葉ありがとうございます。
日本語版もさっそく作りますのでお待ちください。

完成おめでとう

完成おめでとうございます。私も日本語版が欲しいです。ほんの少しですがあなたに寄付した甲斐があったと以前から思っておりました。これからもどうか頑張ってください。私もできる限り支援いたします。

完成おめでとうございます

一体何が真実なのか、日本の中でも曖昧なこの問題に、一石を投じる画期的な動画です。
ありがとうございます。

Re: No title

> 完成おめでとうございます。
> 大まかな流れしかまだ読めていませんがとても良さそうで、今日はちょっと感動しています。
>
> 17分頃から19:25まで、何も表示されない画面が続きますが、そういう仕様でしょうか…?
> いままでと違う点なので確認です。

いつも応援ありがとうございます。
修正しておきました。

No title

素晴らしい動画です。
ありがとうございました。

はくちゃんさん

動画をご覧いただきありがとうございます。日本語版作成予定ですが、動画の作りが若干いりくんでいますので少しお待ちください。

慰安婦神話 第二部について

いつも大変興味深く拝見させていただいております。
私自身心待ちにしていた慰安婦問題に関しての第二部の動画が完成したとの事でしたので、直ぐにでも拝見したく動画を再生したのですが、字幕が全て英語の為、学の無い私には見ることが出来ません。
日本語版は作成されているのでしょうか?
もし、日本語字幕版があるのでしたら、是非とも早く見られるようにして頂きたいです。

WJFプロジェクト様、この日本国を守るべく日夜奮闘されている貴殿様には大変な感銘と私の様な学の無い人間にも大変わかりやすい説明をして頂けることに日々感謝しております。

これからもこの日本国の為、日本人の為に真実の情報をお伝え下さい。

いつもありがとうございます。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。