嘘つき

申し合わせたかのように、誰もが事実を語らなかった。
※この記事は旧ブログの記事「「嘘つき」(2013年2月15日)」をそのまま再掲したものです。

安倍晋三氏自身が新自由主義者であるという事実を、

どうして多くの人たちが隠蔽するのでしょうか。

有名な人たちも、そうではない人たちも、なぜ事実を語ろうとしないのでしょうか。

過去の来歴を見ても、現在の公約を見ても、安倍氏が従来の新自由主義者としての立場を何も修正していないのは、明らかな事実です。

TPPや道州制を進めたがっているのは、安倍氏自身なのですが、その事実をいわゆる「保守」の人たちは、なぜか隠蔽しようとします。

嘘だと思ったらチャンネル桜や多くの保守ブログを訪れてみてください。

三橋貴明氏も「TPP推進論者」たちは、という言い方で批判しますが、三橋氏自身があれほど推していた安倍氏と安倍氏が選んだ閣僚が「TPP推進論者」であるという事実はふれようとしません。

西田昌司氏にしてもしかり。安倍政権内の閣僚に新自由主義者が紛れていることは認めても、安倍氏自身が、西田氏があれほど批判していた新自由主義者であるという事実は決してふれません。安倍氏が新自由主義者なのかという最も大切な問題について何も言わないまま、安倍政権への支持を有権者に呼びかけます。

チャンネル桜も「道州制は危険だ」と言いながら、維新や橋下を非難しても、政界における道州制の最大の推進論者である安倍氏を批判することはありません。

どうして彼らは事実を隠そうとするのでしょうか。

どうしてカモフラージュしようとするのでしょうか。

どうしてごまかすのでしょうか。

どうして目をそらすのでしょうか。

なぜ日本を守ろうとせず、安倍氏を守ろうとするのでしょうか。

日本を愛するのであれば、本当のことを語ってください。

嘘にまみれて、人々が騙されたまま、この国は亡んでいこうとしています。

私は枝葉末節の問題で、安倍氏を非難しているのではない。

竹島の日ぐらいのことなら目をつぶります。

建国記念の日を国で祝うという公約をやぶろうとがまんします。

靖国神社に参拝しなかろうと受け入れます。

しかし、TPPや道州制というものが、日本の国の姿を根幹から変え、解体し、疲弊させてしまうものだからこそ、私は声を大にして批判しているのです。

あなたがたが、本当の愛国者なら、なぜあなた方があれほど持ち上げていた安倍氏自身が、このような国家解体を押し進めようとする新自由主義者である事実から、目をそらすのか。口を閉ざすのか。

あなたがたの心は痛まないのですか?

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

<日本の全面譲歩が密約されていたTPP日米交渉の衝撃>

TPPだけでなく、あらゆる最悪の事案(日本破壊・移民国家への道)が この国賊・偽政権下で押し通されてしまうかもしれない。一体どこまで既に決まっているのか・・・。

(それにしても、気色悪い髭をたくわえ 威厳などを醸し出そうとするのと、自分に嘘をついて人々を欺くことを始めるのと、ほぼ同じ頃に始まったように感じるのは、私の気のせい ですよね、きっと・・・。
何んだか、あのひとも このひとも… とちょっと怪訝に感じたものですから。
全然関係のない お髭のある方、失礼を ごめんなさい。)


< 日本の全面譲歩が密約されていたTPP日米交渉の衝撃 >
2014年04月26日 天木直人blog
http://www.amakiblog.com/archives/2014/04/26/#002957

けさ(4月26日早朝)のTBSが驚くべきニュースを流した。

すなわち、オバマ訪日でも最終合意には至らず協議は継続されたはずの
TPP日米交渉が、実は合意されていたというのだ。

これが事実なら。国民はいい面の皮だ。完全にだまされたということになる。

思えば戦後の日米関係史は密約の連続だった。

国民が知れば怒り出すほど都合の悪い事は、常に密約で処理されて来た。

日米安保条約からはじまって核持ち込みの沖縄密約に至るまで多くの密約が過去に重ねられてきた。

米国占領下や冷戦時であればまだ理解はできる。

しかし2014年4月という現在において、しかも戦後レジームを取り戻すと叫ぶ安倍政権下で、日本を売り渡す密約が公然と行われていたとすればどうか。

しかしTPP密約はたとえそれがオバマ・安倍の間でかわされていても、永久にその存在が国民に明らかにされる事はない。

なぜならば、そもそもTPPそのものが密約であるからだ。関係者は外部に真実を知らせては いけない事になっているからだ。

何よりも日本では特定秘密保護法ができた。真実を告白したり追及したりすれば罰せられる。

この国では何から何まで権力者に都合にいいように事が進んでいるということである (了) 

No title



「嘘つき」なんて、そんなカワイイもんじゃないですよね。

「嘘吐き」です!!

WJFプロジェクト様

WJFプロジェクト様、ご返信ありがとう御座います。

>安倍構造改革の「ドリルの刃」から日本人が逃げ出さないように、
>「安倍さんしかいない」と洗脳されているだけです。
>小泉政権の時を思い出せばわかるように、国民に痛みを伴う構造改革はつねに、
>国民が特定の政治家を熱狂的に支持するような世論形成と合わせて遂行されています。

この文章を最初に目を通した時ハッとしました。本当にその通りです。
TPP・道州制・移民受け入れ・・・・・絶望的な思いを抱く毎日でしたが、
「いいとも出演」など安倍首相のパフォーマンスによってその気持は自然に和らいでいきました。
晋三氏のFacebookは何度も読んでいたりしていました。

今思うとそれは売国行為を受け入れ、日本破壊に加担する…
自民党の思う壺にまんまとハマって居たかもしれません。

安倍首相の代わりについてはまだ残念ながら100%納得とは言いかねませんが、
もう一度1から情報やニュースを整理し、考え直し、安倍晋三氏を余すことなく理解しようと思います。

本当にありがとう御座いました。

菜さん

安倍構造改革の「ドリルの刃」から日本人が逃げ出さないように、「安倍さんしかいない」と洗脳されているだけです。

小泉政権の時を思い出せばわかるように、国民に痛みを伴う構造改革はつねに、国民が特定の政治家を熱狂的に支持するような世論形成と合わせて遂行されています。

安倍の代わりとしては、安倍晋三のように、「救国政権」として神格化されたり、多くの人々に熱狂的な信奉を集めない政治家なら誰でもいいんだと思います。

悪人面をした、国民に不人気な政治家なら、国民の厳しい監視の目がそそがれますから、なおさらいいのではないでしょうか。

本物の売国奴は、いつも愛国者のふりをしてあらわれます。

本物の売国奴は、「私は売国奴でございます」という面構えでは絶対にあらわれません。


No title

確かにそうですが今の日本に任せられる人は安倍さんしかいないです。
他の政権がやってたら?益々これ以上の日本を破壊する事になっていたでしょう。
今の政権に疑問を抱く所は多々あります。ただ、私は我慢しながらもすべて飲み込むつもりです。
他に代われる人が居ませんから
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。