日本人です

誹謗中傷の数々。
2013年1月1日に安倍政権を批判しはじめてから、WJFプロジェクトは実に様々な誹謗中傷を受けてきました。

「反日左翼」
「在日コリアン」
「支那の工作員」
「反原発の左翼ジャーナリスト」
「民主党支持者」
「共産党支持者」
「小沢一郎支持者」
「シバキ隊の仲間」
「山本太郎の擁護者」
「リチャードコシミズの仲間」
「カルト」
「偽装保守」

安倍信者は実によく嘘をつきます。安倍晋三自身が嘘つきですし、安倍政権そのものが、グローバリスト政権でありながら「保守・愛国」を偽装するという組織ぐるみの嘘の上に成立していますから、その擁護者たちが平気で嘘をつくのは当たり前ですし、彼らがまき散らして歩く嘘にいちいち反論してはいられないのですが、一つの典型的な嘘に対しては、明確に反論しておきたいと思います。

それはWJFが日本人ではないという嘘です。

下は現在作業中のモニタと、私のパスポートの写真です。



WJFは日本人です。

嘘ばっかつくんじゃない、安倍信者!!

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

誹謗中傷合戦では解決できない

こんにちわ。私は一般のサラリーマンでありエンジニアであり、いわゆる「理系のおじさん」です。もちろん安部信者ではありません。ときどきWJFさんの記事や動画を拝見しています。そしてコメント欄も見ています。私は概ねWJFさんに賛同しています。例えば1000万人移民受入反対もそうです。しかし「何となく人口減少だから移民受入やむなし」という考えの人が一般的にはまだまだ多いです。そこでただ「反対だ、反対だ」と叫んでも「既得権益者だあ」とか「排外主義だあ」といいったレッテル貼りで逆に悪者にされてしまいます。あるいは誹謗中傷に対する誹謗中傷の連鎖によって冷静さを失い、本来は同士になるべき相手を敵に回してしまっている感がいたします。そうして、この「1000万人移民受入反対」という正論が結果的に潰されるの危惧しています。

実は私も今月自身のブログを立ち上げました。写真も絵もない非常にシンプルなブログです。私はできるだけ「提案型」に拘り淡々と記事を書いています。そして、どうやったら様々な社会問題を理解し解決できるかというのを常に考えています。まだまだ勉強不足のところもありますが、是非みなさん立ち寄って頂ければ幸いです。「理系おじさんの社会学」という柔らかいタイトルブログです。

http://komurosawa2014.blog.fc2.com/

ちなみに私は、あるグローバル企業に勤務しています。おそらくWJFさんにとってはある意味で敵かもしれませんね。そして私のブログ記事に批判はあるかもしれません。しかし是非とも誹謗中傷合戦ではなく「提案型」あるいは「説得型」の論争がされることを期待いたします。また色々と教えていただければ幸いです。

No title

ちいほ様
私も、あなたのおっしゃる通りだと思います。
「日本人でない可能性を考え始めたら〜」は
誤解を招く書き方だったなあと思います。

私もその後は、その売国に加担している日本人も多分、
多くいるのだろうということを思い、
ショックを受け、その事に絶望しました。

さて、(子孫の未来を奪ってしまうような、国を破壊してしまうような事を)
「同じ日本人がそこまでひどい事をするはずかない」、
「国を背負った総理大臣がそこまでするはずが無い」
と、いうところで思考が止まっている人たちの思考を、
そこから考え進めてもらうには、
どう説得すれば良いのか、難しいです。。。

No title

こんにちわ
安倍信者はまだ、分からないみたいですね
基本的にもうみんなが理解してますが、安倍や自民や小泉はみんな親米保守でありグローバリストでありアメリカの手下みたいな人達です。
本当に日本の文化なり、生活圏なり経済、軍事力などあらゆるものを保守していくためには、グローバリストや親米的なものは絶対ありえない。ましてや、いまやあちらこちらに韓国や中国など反日的な分子が拡散しているのに、米国にくっついていったり、グローバルにしては絶対に戦後レジームだったり、河野談話なども絶対に修正できませんよ。
当たり前ですが、米国がこれだけ反日的になっているのに、自らもTPPや移民などに国家を解体していく政策を実行していけば、日本中に反日勢力が溢れ返ります。地方の長に、帰化人が就任したらどうするつもりでしょう?さらに進めば、閣僚クラスにも帰化人の子孫がなるでしょうに。
これでは本末転倒で全く意味がありません。TPPで日本の中間層を崩壊させ、移民で日本を乗っ取る。これがアメリカなり中国韓国、そして安倍が描いている、未来像ですよ?安倍はそっくりそのまま実行してます。何十年後かに、真の保守とやらなんて絶対ありえません。

これに対抗するには、日本が強くなるしかないです。真の保守とやらが出てくるかは自分たち次第だと思いますが、それまで何とかして時間を稼ぐしかないです。
WJFさんが、売国奴をたたいて叩いて、つねに批判し続けるとはこのことですよね?今、安倍みたいな奇人を応援し続けて移民やTPPを実行させるよりかは遥かに現実的ですね
真の問題は、慰安婦とかうんぬんではない。「日本の生き残り」ですよね??

RPGゲームでは始めは主人公は色んな困難につぶされそうになりますが、しかし最終的には経験値を稼ぎ勝利できる。粘り強く、慎重に日本人は最終的に勝てる方向に追っていけばいいですよね

自国産の軍事兵器や、核兵器の所持、経済の回復、少子化対策、エネルギー、食料など解決すべき問題は山積みですよね?これらが全て解決した後で、歴史問題はやるのでも遅くないです
経済、軍事が強力な国でなければ、国際的に意見は絶対通らない、日本が強い状態で将来残るなら絶対チャンスはあるはずです。

みんなで一致団結してがんばらないといけない! 自信を取り戻さないといけないですよね?

移民国を内側から壊すグローバル勢力(衛兵)となっている韓国系移民

<前記事の追加資料>

60年代から80年代においては、これらの移民奨励、労働力輸出は(韓国政府による)国策であった。
失業率を減らすことが出来、かつ貴重な外貨を獲得出来るという、一挙両得の政策として、彼らは“英雄”としてもてはやされたのである。
今日の韓国の経済発展の裏にはこのような歴史があったことを決して忘れてはならないはずである。

全体韓民族人口の8%にも昇る600万海外同胞は、韓民族の苦難の近現代ゆえに形成されたのであり、海外同胞の歴史は、必ず祖国の歴史の一部として認識されねばならないのである。

海外同胞の人口状況(1992)
地  域 人  数
日本   712,519
中国 1,927,278
その他のアジア    73,727
米国 1,533,577
その他北米地域    70,181
中南米地域    92,864
CIS(旧ソ連邦)   458,923
欧州地域    60,207
中東地域    11,612
アフリカ地域     2,693
総数 4,943,581
(韓国外務部発表)

世界へ移民して、韓民族ネットワークを構築(巨大なグローバル勢力)

<~第1回世界韓商大会に参加して思う~記事続きです>

外国人学校法案が廃案に持ち込まれるや、69年、在日同胞の政治活動を規制し、強制退去による追放政策を強めようとした『出入国管理法案』が上程された。

このときも韓国中央情報部は、「入管法に反対するのは朝総聯の指示でやっている」とし、日本政府の方針に迎合しながら在日同胞の必死の運動に冷や水を浴びせたのである。

幸い両法案とも、広範な日本市民の共闘もあって廃案になったが、韓国政府の恥ずべき態度を決して忘れることはできない。

日本において韓国系といえる学校は数校に過ぎないし、当初は韓国政府の支援がない中で、同胞たちの熱意によって開設されたのである。
北京や上海などの大都市では、朝鮮族の中から自発的に週末学校をつくり一定の成功を収めているとの報告があるが、今のところ、韓国政府が何らかのアクションを起こしている形跡はみられない。
在独同胞の場合は、看護士の女性と炭鉱労働者の男性の結婚が、ほぼ同時期であったこと、世代も境遇も共通していることから、同胞コミュニティが自然に形成され、民族教育も週末学校を軸にして熱心に取り組まれているという。

「海外同胞を一つにする韓民族教育を」
最近になって海外同胞に対する新しい動きが出てきた。
99年、『在外同胞の出入国及び法的地位に関する法律』が制定された。
この法律の目的は、海外同胞を韓国国内において積極的に活用することであった。が、それは、韓国の国益を考えたに過ぎず、中国の朝鮮族やロシアや中央アジアの同胞など『貧しい国』の同胞を『在外同胞』の定義からはずしていることからも、それは明白である。

世界韓商大会で、『海外同胞は全体韓民族の宝』と持ち上げられ、21世紀のグローバルコリアンネットワークの壮大な夢が語られ、興奮を隠せない私が、日が経つにつれて熱気が冷め、一方で疑問が膨らんでくるのは、このような韓国政府の姿勢を否が応でも垣間見てしまうからである。

私は、この拙稿を締めくくるにあたり、是非、韓国政府に伝えたいと思うことがある。
それは、今後のグローバルコリアンネットワークを展望するにあたり、今からでも遅くはないから、まずは海外同胞のための政策を立案し実行せねばならないということである。
そして、その政策の中核にすべきものが民族教育であることは、言を待たない。
海外同胞である当事者が、韓民族の一員としてのプライドを持たなければ何も始まらないからである。

海外同胞=世界に撒き散らされた韓民族がネットワークを形成しようという時に、このことを無視することなど出来るはずがない。

海外同胞政策において、何よりも優先されるべきは、韓民族教育なのである。

世界中へ移民して韓民族ネットワークを築き、世界を支配したい

~第1回世界韓商大会に参加して思う~
海外同胞政策においてすべてに優先すべき韓民族教育
 韓 基 徳 2003年

 <海外同胞は全体韓民族の未来を左右する主役 より抜粋>

去る2003年10月8日から10日、在外同胞財団主催で、第1回世界韓商大会が開催された。

大会の狙いは、全世界で活躍する海外同胞企業人と国内企業人を結び、世界規模の韓民族経済ネットワークを構築しようということにあったが、
「世界韓人商工人総連合会」や「世界海外韓人貿易協会」、「各国各地域の韓人商工人団体」などの協力を得て、世界26カ国から約800名の海外同胞企業家が参加したことで、ひとまずは成功したといわれている。

在外同胞財団理事長の権丙鉉理事長は、主催者挨拶の中で
 「国内外の商工、貿易、IT、科学技術などの各分野が網羅された経済ネットワークを形成し、相互連携をすることは無限の可能性を秘めている」
 「海外同胞が全体韓民族の未来を左右する主役であると信じて疑わない。」と、海外同胞の新たな可能性を高らかに謳いあげた。

(中略)

海外同胞企業人が国内企業人と結合して活動を活発化させれば、輸出効果が輸入効果よりも大きいと考えられること、国内への投資誘致が期待できることなどから、本国が海外同胞を経済的に利用しようとする意図が見え見えだという批判的な声も聞こえるが、本国が海外同胞を対等なビジネスパートナーとして認識したことは、海外同胞の立場においても歓迎されることであるはずである。

日本からは「在日韓国商工会議所」から126名、「世界海外韓人貿易協会日本支部」からも十数名が参加した。
私は、愛知韓国商工会議所の事務局長という立場で参加させていただいたが、私自身、昂揚する気持ちを押さえられなかった。

中国や米国からの参加者との出会いは、祖国の人々との出会い以上にエキサイティングなものだったからである。
海外同胞という共通点から来る共通の課題を発見すれば、見知らぬ国の見知らぬ世界を垣間見ることもあった。韓民族世界ビジネスネットワークという壮大な夢を描くことにも大きな魅力を感じるが、それだけに集約するには惜しい空間が演出されていたからである。
もっと期間が長ければ、多様なプログラムがあればと、欲深いことも考えたが、私の韓民族の血、海外同胞の民族魂が騒いだからであろう。

海外同胞共通の課題として浮上する言葉の問題
「世界韓人商工人総連合会」の主催で、まず中国韓人商工会の宋在国会長と在日韓国商工会議所の金建治会長のスピーチがあり、最後に美州韓人商工人団体総連合会のイム・チャンビン会長が壇上に立った。

「中国の宋会長と日本の金会長の立派なスピーチを聞きました。彼らは二世です。ですからあまり韓国語があまり上手ではありません。しかし私は、二人が昨晩寝る間を削って今日のスピーチの練習をしていたのを知っています。(場内大拍手)
私はアメリカに渡って45年になりますが、韓国で教育を受けたのですから韓国語が出来るのは当然です。しかし、二人の会長の姿は、20年後のアメリカの代表の姿なのです。」
つまり、韓国語習得の問題は在日同胞だけの問題ではなく、世界の同胞たちの共通した課題であるということに気付かされたのある。

世界韓商大会は、私の目にも大きな可能性、未来を予感させるものだったが、一方で、海外同胞に韓国語教育を中心とした民族教育が保証されなければ、こういう目論みも、所詮『絵に描いた餅』になる他ないということを、はっきり感じたのであった。

世界に広げたい韓国民族グローバルネットワークの輪

在外韓国人による「グローバル勢力」は大きく、下記はほんの一部です・・。

移民して世界の韓国化を目指す

◆世界韓民族女性ネットワークは、2001年韓国女性家族部主催で発足。2007年のソウル大会は「韓国の世界化・世界の韓国化」をテーマに開催され、韓国人女性出席者は韓国及び海外27ヶ国・地域におよんだ。

◆韓国政府と日本政府に認められる在日韓国人の代表組織である「民団」の傘下団体として活動することで、現実に影響力を発揮する、在日韓国人弁護士たちによる「在日韓国人法曹フォーラム」の設立目的
 ①在日韓国人の人権擁護、②在日韓国人など、日本における外国籍者及び民族的少数者に関する法制の研究、③在日本大韓民国民団からの諮問にこたえる。
 民団中央委員会で民団傘下団体になる予定。(引用2012年11月統一日報紙)

◆世界韓人貿易協会(World-OKTA)は世界65カ国・地域に121の支会を持ち、約6500人の正会員と約1万2500人の次世代会員を抱える世界最大の在外韓国人経済団体。韓国製品の海外販路拡大、シンポジウム、討論会、投資誘致説明会などを行う。

◆在日韓国人たちが、より積極的な日本市場の開拓を宣言し、在日韓国商工会議所など7団体は「在日韓国人経済人大会」を開催。
毎月、実務者会議を開き、市場開拓戦略について話し合う。
同大会には枝野幸雄経済産業相、溝畑宏観光庁長官など、およそ250人が出席。
世界海外韓人貿易協会(World-OKTA)東京支会、在日農食品連合会、在日韓国人貴金属協会、在日本大韓民国民団、在日本韓国人連合会の代表団も出席した。

◆◆◆移民しながら「世界の中国化」を目指す中国系グローバル勢力も存在しています。

No title

こはる様
私も、日本が追い込まれている状況には他国の悪意を感じます。「保守派」を標榜する勢力の中にも多分に含まれていそうです。安倍政権になるまで、勝共連合や統一教会の理念や教義なども何も知らなかったため、「まさか」と驚くことが何度もありました。
ですが本質的な問題はそこではないのではないかと思います。日本人でない勢力が何を画策しても、日本人自身にしっかりとした国家観が備わっていれば、何も動かすことはできなかったことでしょう。安倍政権を批判すると、ほぼ100%国籍を邪推するコメントが付きます。現実世界ですら言われました。問題すべてを他国に転嫁することの異常性を、今の日本に感じるのも事実です。
政治家や保守言論人、各々の胸の内や意図は、私には図りかねますが、彼らがひどい事をする理由が出自が日本でない為であるならば、話は簡単だと思います。それだけではない。祖国を売る同胞がやはりいるのです。この問題に取り組むとき必要なのは、「日本人」に立ち向かう覚悟を決めることだという考えに至りました。
(私の2つ前のコメントの「日本人に限らず、」が紛らわしいので念のため補足すると、こちらはただ単に人類が最も慣れ親しんできた話型、という意味合いです。)

No title

>ちいほ様

なるほど。そういう見方もできますか。
日本人は家柄とか権威に弱いんですかねえ。
それにしても、なんとも呪われた「種」です。どこまでも日本民族に仇なすような……

>しがない主婦様、こはる様

その手の動画は私も結構見ました。うまくまとまってるんですよね。
増えてきたのは、だいたい麻生政権の末期ぐらいからだったでしょうか?
世間的には選挙をすれば政権交代必至、みたいな空気ができあがっていた時期だったように思います。
やはりなんらかの組織的な動きがあったんでしょうか?

No title

横からすいません。
ちいほさん、わだつみさん、しがない主婦さん、774さん

私は、もともと自民党は嫌いな方でしたが、私も安倍、麻生の実績一覧にすっかり騙されました。
その後は、しがない主婦さんと同じ経路で、反対派になったのですが、

3、4ヶ月間は、「同じ日本人が、こんなひどい事をするはずかない!」と、やっぱり何かの間違いなんではと、考えが大きく揺らいでいました。

なかなかこの思いから抜け出せなかったんですが、
「日本人でない可能性」を考え始めたら、
色んなことが負に落ちていきました。

参考になるかもと、コメントさせていただきました。失礼しました。

No title

しがない主婦様
お教え頂き、ありがとうございます。安倍さん麻生さんの実績の動画は、確かにかなり影響力がありそうでした。短時間でサクっと見れて、ちょっといい気分になって応援したくなります。対して、厳しい現実を突きつける内容の動画は苦戦を強いられますね。
また、安倍支持の方の民主党への拒否感、トラウマは物凄いものがありますよね。その感情の何割かは、ネットの煽動で増幅されたものでしょうね。
私は正直、この先に希望を全く見いだせず、絶望したままです。それでも歩みは止めません。私も戦います。宜しくお願いします。

No title

山本隆裕様、皆様

私のブログに来て見ませんか?

年表を作成しています。まだ半分程度しか完成していませんが、

あなたがたの求める答えは現時点でも大体書いてあるはずです。

ttp://ameblo.jp/damedamewanko/entry-11657613409.html

No title

残念ながらアメリカは日本を助けないでしょうね
日米安保は即時参戦は義務では無いです、中国は核保有国です、中国とアメリカは経済で結びつきも強い。第一、WJFさんもよく書かれていますがまちがえなくアメリカは日本を嫌いです。
アメリカは日本を自主独立、もしくは強固な国になって欲しくないです。アメリカは日本を永久的に属国の立場に置いておきたいです。靖国参拝もアメリカは、非難の声明を出しましたよね。アメリカは日本に国家のプライドを取り戻して欲しくないのです。なぜなら、日露戦争に勝ち日本は短期間で白人国家を倒すきわめて強い現代的な国になりましたから。日米安保は日本の再強化を防ぐためのプロパガンダです。アメリカはずっとこのプロパガンダを利用して、日本を属国の立場に、強い外交力を持たせない立場に置いて来ました。構造改革もそうですよね、今のTPPはその最終形態でしょう。TPPに入れば間違えなく日本は終了ですよ。僕の両親は、自営業をやってますが、今は20年前の4分の1くらいの稼ぎです。日本はいろんな構造改革なり規制緩和なりを行ってきましたが全く一般の日本人は恩恵を受けていません、安倍は全く一般の日本人の事を考えてません。これでは中間層がさらに没落し経済が回復できなければ、中国の侵略どころの話ではありません。アメリカがTPPを進めるのもこれが理由でしょう。安倍はそのとおりに実行してます。アメリカは永久に日本に強くなって欲しくないのです。

日本がとる道はただ一つ。TPPや移民や極度な規制緩和をやめ、政府が規制を守りつつ、財政出動で経済を回復させる。エネルギーや食料問題が解決出来なければ将来も自立出来ない為、それらを研究開発する機関をどんどん支援して、将来の日本のために備える。
軍事費用を増大させる。早く核兵器を所有する事。100発位作れば将来的に絶対日本を攻撃できないです。100発核兵器を持ってる国に攻撃したいですか??アメリカは永久に不要です。

いずれにしろ、日本はひどいデフレなんだから政府が需要を作るなり、もっと色んな分野に投資、支援すりゃいいでしょ。また貧しい家庭や子供が沢山いて経済的に厳しい家庭や貧乏な若者にもっと勉強や自立出来るだけのお金を出してやれば良い。将来の日本に必ず良い影響をもたらすはずです。

こんな簡単な事を安倍はせず移民とかTPPとか安倍は本当に日本人ですか?安倍支持はもうやめたほうが良いです、確実に日本は死にますよ?安倍支持者さんたち?

質問の回答になります

民主党政権の時、私は救世主安倍ちゃん押しに、まんまと騙されてしまった一人です。
本当に恥ずかしいのですが・・
当時ネットでは、安倍や麻生の、知られざる実績?みたいなのがバンバンアップされており、それを鵜呑みにしてしまった次第です。
また、民主党=売国、自民党=保守という嘘の刷り込みも、何の疑問も抱かずに信じてしまいました。。
(主に、YouTubeやニコ動、知恵袋、2ちゃんねるからだったと記憶しております)
ですが、TPPの一件で、アレ?何かおかしいな、となり、調べているうちに、WJFさんのブログに辿り着き、根本からすべて引っくり返され、目が覚めたという感じです。
その時に、ポン吉さんのブログや、正党さんのブログ、まさか、右翼と呼ばないでさんのブログなどをも読み、理解を深めました。
本当にバカな自分でしたが、この経験を活かし、最低限自分の周りにいる、安倍を支持していた者たちの目を覚ますことは出来ました。
これからも、闘うつもりでいます!

No title

>中国や韓国などの「反日国家」から、日本をまもろうと考える人たちはたくさんいます。しかし、国を解体するグローバル勢力から、日本を守ろうとする日本人は、現在どれほどいますか?

中国と韓国が、巨大なグローバル勢力であることを気づいていない日本人が多いのではないでしょうか。

グローバル資本主義の先駆けは中国人華僑です。
中韓は政策によって移民を世界中へ放ち続けており、彼らは海外でその国の民族として生きていく性質はありません。

中韓の思想自体が、世界は自分たちを中心に回る、という考え方です。
世界中へ移民をしながら、コロニーや民族組織を造り、移民国の中で民族の結束を重視し、中韓の思想や都合を移民先の国民へ洗脳し、誘導し、賄賂や寄付などで巧みに侵入する術に長けています。

世界中へ散らばる同胞網を駆使して、グローバル経済を推進して世界を支配したい。

どれだけ彼らが世界機関、移民先の教育機関、移民先のメディア、移民先の政府機関、移民先のグローバル企業へ侵入しながら洗脳、誘導を行っているか、移民自体が中韓の政策であり、「グローバル経済戦略」であること。

結局、彼らは世界中へ移民することによって移民国を内側から支配しようとする。
そして世界の移民同胞と繋がりながら、グローバル経済支配を実現しようとしています。

No title

WJF様
私は、WJF様が何者であっても構いません。頑張ってください。

わだつみ様
実は私も、かなり気になっています。参院選以降で不支持に回った方など、こちら側の批判がどう映っていたか、声は届いていたか、不支持になったきっかけ、その場所は?などの体験談を知りたいと思っています。

774様
信者の弁ではないのですが、774様の書き込みを拝見して感じたことを。
第1次 → 民主党/地震 → 第2次安倍内閣の誕生は、貴種流離譚っぽくないでしょうか?
特別な生まれの主人公が流離し、パワーアップしてカムバック。大活躍。というあの話型です。
>その無能ぶり、ひ弱さを露呈し、
なのになぜ?ではなくて、第1次の時点でひ弱で、不遇な境遇に追い立てられたからこその、今回の期待感と、信者の過剰な擁護に繋がったのだと思います。
日本人に限らず、この展開には必然性を感じてしまうものなのでしょう。
意図的に騙した陣営に対する批判は行われるべきだと思いますが、一般の国民やマスコミもこの流れに乗って「騙されながら騙した」人が大半だったのではないかと思います。

No title

わだつみ様の便乗質問で恐縮ですが、
そもそもなぜ安倍などを信じるようになったのか?
その経緯も大変興味があります。

第一次政権のときにKYなどと嘲られ、その無能ぶり、ひ弱さを露呈し、
統一教会をはじめとする怪しげな背後関係などさんざん言われていたはずです。
そのような、終わったはずの人物がいつのまにやら、救国の英雄であるかのように祭り上げられ、今ここに至っても信者たちは支離滅裂な安倍擁護論を展開しています。

どのようなきっかけで安倍信者になったのかの、体験談も是非お聞かせ願いたいものです。

臼井 敏行さん

安倍信者のためのワンポイントレッスン2

Q 安倍さんは中韓から日本を守る「愛国者」ではないのですか?

A 「国家 VS 国家」の紛争の背後に「グローバル勢力 VS 国家」というもう一つの争いが存在します。グローバル勢力は「国家 VS 国家」の紛争を巧みに利用して、国家の解体やグローバル化を推進します。安倍晋三は「国家の枠組みの解体を行う」と自ら宣言するグローバリストの政治家です*。国民が「国家 VS 国家」の紛争に目を奪われ、「グローバル勢力 VS 国家」の紛争に気づかず、安倍のようなグローバリストを愛国者と錯覚して傾斜すると、日本の国家解体とグローバル化は速やかに断行されてしまいます。

http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-310.html

今の日本をおびやかしているのは、「国 vs 国」の争いよりも、「グローバル勢力 vs 国」の争いです。安倍晋三は「国を開くことは、政治家になって以来、私の中に流れる一貫した哲学です」と、ロンドンの講演で述べたように、グローバル勢力の側に立つグローバリストの政治家です。

移民、道州制、TPPなど、安倍の手によって、国という枠組みそのものが解体されようとしています。そのことを言っても、言っても、従来の「国 vs 国」という枠組みでしか物事を見られずに、現在起きていることを正しく理解できない方たちがいます。

移民や、道州制、TPPや、消費税増税は、安倍にとって「気に沿わない事」なのではなく、安倍の「政治家になって以来私の中に流れる一貫した哲学」に根ざしています。そのことは、第一次安倍政権の安倍の政策や発言を調べていただければ簡単に確かめられる事実です。

中国や韓国などの「反日国家」から、日本をまもろうと考える人たちはたくさんいます。日本を貶める敵がはっきりと見えやすいからです。しかし、国を解体するグローバル勢力から、日本を守ろうとする日本人は、現在どれほどいますか? ほとんどいません。いないどころか、安倍のような過激なグローバリストをいまだに熱狂的に支持しているありさまです。現在展開されているグローバリズムは、自由主義経済の延長線上にあるため、「自由主義(善) vs 社会主義 (悪)」という冷戦時代のものの見方を刷り込まれた人々は、グローバリズム、あるいはグローバリズムを推進する政治家が、よいものであるかのように錯覚すらしてしまっています。

これまでこのブログで述べてきた事は、あらかた、その通りになっていますが、今のままでは、日本は文字通り消滅します。

「ああ、そういうことだったのか」と、国がなくなった後に気づいても、もう遅いのです。

初めてコメントされる方で

「安倍信者」だったと自己申告されている方、「信者期間中」に安倍晋三への批判的な意見というのは届いていたでしょうか?届いていても尚且つ信者であった期間はどのくらいでしょうか?おそらく、信者期間中は批判的な意見に対して反発心があったと思います、反発心を抱かせるに至った一番大きな要素は何だったのでしょうか?

今現在でも盲目的に信者を続けている人達がおり、呆れるのを通り越して、どういう精神状態に置かれているのか非常に興味があります。ぜひ、ご自分の体験談をお聞かせ下さい。

No title

慰安婦問題に関して立派な動画を作成されており、敬服しています。
安倍総理に関しては意見が違うようですが、多様な意見を発信できる度量を持つ日本、日本人であることを誇りにしていきたいと思います。

昨今の在特会の発言内容は当然のことであると思いますが、そのアピール方法には抵抗があります。
欧米でもデモを見ると、参加者はプラカードを持って静かに歩いているという形です。
日本でも拡声器、スピーカーは無くした方が好感を持てると思います。

話が横道に逸れましたが、安倍総理には政権を真っ当してもらいたく思っています。日本人の一本気な猪突猛進型は、危ない面を生み出します。気に沿わない事にも表面的には同意を見せ、時が来ればこちらの意向に従わせるという事も必要と思っています。
それには、1.経済力の復活、2.それを礎にして国防強化、3.アメリカ一辺倒の安保から本来の集団自衛権確立と、時間は絶対に必要です。それと反して尖閣には時間は残されていません。日米安保が嫌でも、心底から信頼できないかも知れないけれど必要と思っています。

政府が表立っては言えないことは、今、ネットで我々庶民でも世界に発信できることは幸いです。
頑張ってください。

初コメです。

初めまして。とある方のRTを拝見した所で此方に辿り着きました。
おっしゃる通り安倍はウソつきであると同時に裏切り者であると改めて分かります。
安倍ノミクスを支持する人間は多いけど、それを長い目で見たら後々泣かされるのは自分たちなのに何故分からないのかおかしなはなしです。

ちょくちょく来るかもしれませんが宜しくお願いします。

いつもありがとうございます

私はこれからもWJFさんを支持します。
今後も、色々な記事を読ませて下さい。
恥ずかしい話、安倍信者をやめられたのも、政治や歴史に関心を持つことができたのも、WJFさんのおかげです。
これからも日本人としての誇りを失わず、闘っていきたいと思います。
頑張りましょう!
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。