道州制の本質

Divide and Rule: 分割し統治せよ。
※この記事は、旧ブログの記事「「Divide and Rule: 分割し統治せよ」(2013年4月28日)」を少し修正して再掲したものです。

日本は、戦後、ドイツや朝鮮半島のように国土が分割されることはありませんでしたが、戦争中には、連合国が日本本土を分割して占領する「日本の分割統治計画」が存在しました。

アメリカにある国立公文書館に現存する計画書によると、
北海道・東北 - ソ連占領地域
関東・中部(福井県を除く)及び三重県付近 - アメリカ占領地域
四国 - 中華民国占領地域
中国・九州 - イギリス占領地
東京35区 - 米・中・ソ・英の共同管理
近畿(三重県を除く)及び福井県 - 中華民国とアメリカの共同管理

(出典: Wikipedia:「日本の分割統治計画」)
という計画だったそうです。

Divideandrule_plan_of_japan

ところで、上の地図は何かに似ていないでしょうか。

そうです。道州制の地図にそっくりです。

Region_system9

どうして二つの地図は似ているのか。

答えは簡単です。どちらも、日本列島に暮らす日本人の現実の暮らしや歴史的経緯から出発して、日本人の便宜のために考えられた地域区分ではなく、外国勢力(連合国やグローバル勢力)がいかに効率よく日本を支配し関与するかという視点で考えられているので、二つの地図が似てくるのは当然なのです。

道州制によって得をするのはグローバル勢力であり、私たち日本人には何の利益もないどころか、地域経済の疲弊、コミュニティーの破壊、伝統文化の消滅、都市への集中と過疎化の激化、地域間格差の拡大など、多くの害悪をもたらします。

中央政府から多くの権限を委譲され独立性を高めた各州に大量の移民が送り込まれることにより、日本の各州は外国勢力の影響下に置かれやすくなり、長期的には日本の分断につながっていきます。

つまり、道州制を導入するということは、日本列島を外国勢力に差し出すことです。

安倍政権は、衆院選の公約に道州制の導入を掲げ、今国会に道州制法案を提出しようとしています。

このような政策を推進する政権が、「保守」政権なはずがありません。

移民やTPP参加と合わせて道州制の導入を絶対に阻止しなくてはなりません。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

道州制は連邦制より酷い

国土交通省の「道州制を踏まえた国と地方の関係のあり方」というホームページを見つけました。
http://www.mlit.go.jp/kokudokeikaku/iten/onlinelecture/lec84.html#m3

なんと、中央政府の機能も道州に分散させると言う。
連邦制の先を行っている。

有事には分散した中央政府の機能・権力を道州から回収するという。一度手にした権力を道州が簡単に手放すとは考えられない。

中央政府が道州に分散されるとは、連邦制どころか「日本国家分裂」である。

安倍政権は本当の売国政権だと改めて思いました。

やっと気づきました。

10年くらい前大前研一の番組を毎週見ていました。その中で「道州制」についても解説していましたが、よく分かりませんでした。政府や自民党の説明も聞いてもやはりよく分からない。
丸山議員の「アメリカによる日本併合」発言で「道州制で日本を分割し併合するのか」と思い、「道州制とは連邦制なのか」と思い至りました、
「道州制 連邦制」で検索してやっと道州制の本質が分かりました。
道州制.COMは「道州制=連邦制」としている。日本総研は「行政権は道州に移譲するが、憲法の問題があるので立法権は移譲しない。」とし、北海道の道州制特別区は「地域主権」としている。
道州制の目指すところは「連邦制」であると分かった。

道州制推進者は説明する時には「連邦制」の語を使わないようにしているようです。
だから、私は分からなかった。

アメリカもイギリスもドイツもベルギーも一枚板に統合できなかったから、連邦制で国家の形をとっている。
せっかく一枚板にまとまっている日本国を連邦制にしてバラバラにするなどということはキチガイ沙汰だ。

道州制を公約に掲げる自民党は売国政党だ。愛国の顔で売国とは悪質だ。

WJFさんから3年遅れで気が付きました。

分割統治についての復習。

「狼たちは知っている」も12月以降どうなってしまうのでしょうか。
主さんがブログごと削除することもあるので、長くなりますが全文貼らせて下さい。

http://06020596.at.webry.info/201410/article_2.html

>おひさしぶりです。

今回は、「分割統治」について、

復習しておきましょう。


そもそも、分割統治は歴史が古く、

ローマ帝国が支配地を統治するのに

用いたとされています。


少し、こちらの記事を参考にしてみましょう。


※ 世界地図を見てみよう

分割統治の怖さが見える

http://kaikoku-japan.net/column/2555


【一部抜粋】

国境というのは、自然が作り出した部分

(海、川、山、沼地、森林、砂漠等)と、

人間が人工的に引いたものと、二種類ある。

人間が引いた国境を見てみると、

アメリカとカナダの国境のように五大湖を除けば

大体まっすぐというものもあれば、

アフリカの象牙海岸のように

かなり入り組んでいるものもある。 さて、質問。

なぜ国境はまっすぐではないのか?

答えは二つ。


一つ目は、かなり入り組んでいるということは、

そこの住民が他の住民と戦い続け、

奪い奪われた歴史の産物だから。

アジアでよくみられるパターンである。


二つ目は、外国人がある意図を持って

勝手に国境線を引いたから。

顕著な例はアフリカだが、19世紀に

ヨーロッパ列強がベルリンに集まって、

アフリカ分割を決めた(ベルリン会議)。

早い話、アフリカにおける列強の利害調整をして、

イギリスの分、フランスの分、というように、

勝手に線を引いて、勝手にアフリカ人に押し付けた。

(独立を保てたのは、エチオピア。

エジプトはイギリス保護領)

そのため、今のアフリカの国境線は

ほぼヨーロッパ産。


列強たちはそれぞれの取り分を、

一つの国として統治したのか?というと全然違う。

いくつもの国として統治。

しかも、ここで編み出した知恵が分割統治。

あえて、民族や宗教等が違う人たちを

少しだけ入れるように工夫して線を引く。

しかも、その反対側(隣の国)は

その比率が逆になるように。



例えば、1994年大虐殺が問題になった、

旧ベルギー植民地ルワンダ。ここだと、

8割強がフツ族、残りがツチ族。

そして、同じくベルギー植民地だった

お隣のコンゴでは、ツチ族とフツ族の比率が逆転する。

こうしておいて、ルワンダだと少数民族のツチ族を

ベルギー人はわざとかわいがる。

ツチ族は鼻が高くてヨーロッパに近いが、

フツ族は鼻ぺちゃだから劣っている。

とか意味不明の理由で差別する。


不思議なもので、人間、外敵よりも仲間の方に

恨みは強い。

そのため、フツ族はベルギー人に対して怒るより、

ツチ族に対して強い怒りをもつ。

そんな状態が続いていたある日、

独立することになり、民主主義を導入した。

ベルギー人に庇護されてきたツチ族は

一転して不利に。

そして、フツ族が政権を握り、

ツチ族は微妙な立場におかれた。

それでも何とか大した問題も起きずに

年月がたっていった。

しかし、30年も経ったある日、

フツ族はツチ族に復讐した。

しかも、大量破壊兵器はないから、

フツ族がラジオで同胞たちに

みんなでツチ族を殺そうと呼びかけた。

(ブログ主注*誰が呼びかけさせたのか、等は、

今回は置いておきましょう)

みんな斧とかナイフとかを持って殺した。

これが、悪名高きルワンダ虐殺。


当然、ツチ族は隣の同胞がいる

ルワンダ等に逃げていく。

そこで武器や助っ人等を調達する。

一方、フツ側も同胞が多くいるモブツ政権下の

コンゴ、ブルンジ、さらにはベルギーや

フランスまでも味方につけた。

こうしてルワンダで内戦が起きたが、

ツチ族側の勝利に終わった。

さらには勢い余ってコンゴでも内乱がおき、

ルワンダのツチ族の支援があって、

モブツ政権を打倒しよう、と紛争が紛争を呼んだ。



こうやって、アフリカ人が仲間割れしてくれている間は

旧宗主国は安泰。

搾取したのは、ヨーロッパ人なのに、

多少そのおこぼれにツチ族は

預かっただけの話なのに、

フツ族の怒りはベルギー人に行かない。


これが分割統治の恐怖である。

(植民地である時は、この国境なるものは、

日本の県境程度の意味でしかないが、

独立後絶大な効果を発揮する)

いつ爆発するかわからないが、

何かの拍子で爆発する。まさに時限爆弾。


ミソは、一国だけ済まずに、

多国間で調整しないとこの問題が

解けないという仕組み。

少数民族の支援基盤は隣の国にあるのだから、

手ごわい反乱軍になりうる。

こうした話は何もルワンダ、コンゴだけにとどまらず、

スーダンでも起きている。


スーダンの場合、石油が取れるため、

一層事を複雑化している。

国内内部分裂が長期化するのは、

スーダンの戦国大名たちが武器を持ち、

政府軍と戦っているからだ。

戦国大名の財源は石油収益だが、

当然安く売らざるを得ない。

一国がまとまって外国や外国企業と交渉すれば

まだ強気な取引ができるが、

力が弱い政府や戦国大名クラスだと

価格交渉は有利にはならない。

ましてや、内戦中で石油収益の多くを

武器に回さざるを得ないのなら、なおさらだ。

(ブログ主注:それで誰が大もうけするのかは、

今回は置いておきましょう)

外国側はバーター取引で、石油を安く買いたたき、

不良品の武器を渡せばいい。

大名が文句を言ったところで、

武器がほしいのはバレバレなので、

完全に足元を見られている。


中東でも分割統治は機能している。

中東はもともとオスマントルコ帝国の一部だったのを、

少しずつ戦争しては切り崩していったから、

正式なベルリン会議なるものはなくても、

列強、特に英仏の影響が強く残っている。

例えば、イラクという国自体、

イラン(ペルシャ帝国)の力をそぐために

ヨーロッパが作った国だ。

中東の場合は民族でなく、

宗派(シーク派とスンニ派)で分けている。

ペルシャ湾沿いのバーレーンは

シーク派が少数民族だけど、対岸のイランは

シーク派が多数派。

だから、イラン側が今回の動乱で

シーク派を支援しようとし、

スンニ派のサウジがバーレーンに軍を派遣し、

イラン側の影響が強まらないよう押さえ込んでいる。

放置すれば、

サウジとイランとの間で敵対意識が高まる。


また、アジアの場合、インド独立の際に、

旧ムガール帝国を、インド、

パキスタン(のちに、バングラディッシュも)に分割した。

これも、インドの力をそぐため。

その狙いは的中し、印パ戦争を三回も繰り返し、

未だにカシミール紛争でもめている。


戦前、孫文は、日英同盟が日中間を裂く

分割統治政策の一環である、と主張していた。

(済南事件までは中国の最大搾取国といえば、

イギリスというのが相場だったため、

中国の敵と同盟を結ぶとは何事だ。

という思いがあった)


戦後日本について、連合国側は敢えて

サンフランシスコ条約で日本の国境を

定義しないまま独立させた、という学説もある。

(実際そうした意図があるのかについては

学説が分かれるところだが、

状況証拠的には限りなくクロである)

国境を設定しないことで、日本は、

周辺の小島のせいで周辺諸国と

領土問題を抱えさせられ、

労力や資源を逸らせることで、

日本の発展を妨げられる、という読みだ。

その通り、

日本は未だ領土問題を一件たりとも解決できていない。



また、今世紀誕生した東チモールについても、

インドネシアからの独立は欧米諸国の援助なくして

実現できなかったといわれている。

その下心は、そこから産出される天然資源。

インドネシア政府と交渉するよりも、

国家運営資金がなく、

外国援助で当面やっていくしかない、

新生東チモール政府との方が有利であることこの上ない。

このように国境と分割統治を見るだけでも、

国際紛争の発生理由の大きな部分が見えてくる。


【抜粋終了】


さて。

この分割統治によって、国境をあいまいに

されたままの日本。

今をよく見てください。

特定の国を憎むように、敵対するように

誘導されていませんか?

特にばかぼっちゃん政権になってから、

差別主義が問題化したり、

仮想敵国との対立が深まったりしていませんか?

上記抜粋文にある、

「国境を設定しないことで、日本は、

周辺の小島のせいで周辺諸国と

領土問題を抱えさせられ、

労力や資源を逸らせることで、

日本の発展を妨げられる」

ことになっていませんか?


そればかりでなく、国内では

右翼と左翼・文系と理系・男性と女性

既婚者と未婚者・労働者と非労働者

ありとあらゆる「違い」を差別や対立事項として

利用し、「分割して統治」しようとしています。

分割し、分断し、内側で争わせておいて、

本当の「操るもの」に目を向けさせないために。

そうそう、最近ではベビーカーさえ

対立の対象になっていますね。

宗教対立が起きにくい国ですから、

他の「社会的事象」において、

いくつも、いくつも、何十、何百と、

機会を捉えては「分割」しようとします。

そして、お互いを憎み合わせ、うまく統治する。

そういうことです。


では、復習が重なりますが、

こちらも参考に。


※ 敵は分断して統治すべし

http://heisei2100.com/archives/495

【一部抜粋】


本願寺が東西に別れたのは徳川家康の時代。

戦国時代、仏教徒は戦国大名にとって

もっとも厄介な敵対勢力で、

中でもその代表格である本願寺は

石山(後の大阪城)に本拠地を置いて

何年も織田信長に対抗し、

結局は信長でさえ本願寺を

攻め滅ぼすことはできず、

最後は和解になったほどその勢力は絶大でした。


幕府を開いた徳川家康は、

本願寺の内紛につけこんで東西に分断し、

お互いに憎みあわせることで勢力を内部に向け、

その結果、本願寺の勢力は弱まっていきます。


「仲が悪いんなら、もっと場所を離せば

いいじゃないか」という意見はごもっとも。

しかし近いほうがより敵対心が高まるのも皮肉な真理です。


これと同じようなことは古今東西を問わず、

世界中で起きています。

最も代表的な例は、第二次世界大戦後の東西冷戦。

敗戦国や弱小国は資本主義陣営と

社会主義陣営に分断される国が

多かったんですが、これは資本主義国家と

社会主義国家のイデオロギーの違いによる

勢力争いというだけでなく、

支配する国を分断することで、

第二次大戦の戦勝国が、

敗戦国や発展途上国を統治しやすくする

意味がありました。


【抜粋終了】


まあ、こういうわけで、

あなたの周囲では常に分断統治と分割統治が

行われているわけです。

流行の服装に従わなければ「ダサい」などの

あなたが思っている「価値観」も、

集団同調圧力と洗脳による典型例です。

流行の服装をしない人を、差別するわけですね。

これも立派な分割統治の手段。

流行の服装をすると、誰が儲かるのか、

というのは、一切語られません。

国単位での分割統治ならば、なおさら、

誰が得をしているのかを語られることなど

一切ありません。

分断統治や分割統治について

皆さんが理解し、ひっかからなくなると、

困る連中がいるわけです。

どうぞ困らせてあげてください。

記事の動画化

この記事を動画にしました。
道州制の本質
http://www.youtube.com/watch?v=cWVCvRHEIlE
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23175648

No title

ここまでやられても、安倍が売国奴だということに気がつかないのは、
自民ネトサポ工作員でなければ、
本当に自分の洗脳を疑った方がいいと思います。

安倍には裏の手がある?←この手の擁護にはもう吐き気すらします

安倍の本当の作戦の準備段階?
準備段階で日本破壊されたらたまったもんじゃありません。

安倍の道連れは御免蒙る

脳無しアホ信者がのたまう“安倍の真意”なんて、とっくの昔に明らかになっていること。
あの安倍に隠した本音なんてあるはずないのに。
はじめから安倍は本音を隠そうともしていない。
日本を徹底的に破壊したいという本音。
この男に評価できる点など皆無です。
安倍を支持していること、それ自体がもう罪だと思います。

No title

すいません、緊急に拡散してほしことがあります。

安倍が日本の家庭を破壊しようとしているのです。

御存知のように、ネオコンらが多数入ってる産業力競争会議と経済財政諮問会議で、「配偶者控除廃止」が決議されようとしています。

民意を得ていない会議で勝手に決議すること自体、独裁であり問題なのですが、その手法が共産主義者と同じなので、安倍が共産主義とネオコン融合体の狗であることが明らかになりました。


政府と両会議による配偶者控除廃止の手法

1)「専業主婦家庭は不景気社会のなかで恵まれている、富裕層が多い」→「だから増税して懲らしめろ」というロジックで、「恵まれている階級への妬み・僻み」を煽って庶民を扇動している。

2)「働く女性支援」というが、主婦が増税されたからと言って働く女性が得をするわけではない。まや、薄給で働いて控除も使ってる女性は増税されるだけ→働いたら損。


↑これらは、富裕者への妬みを煽り、かつ家族・家庭という価値観を否定して国民をバラバラにし、怨念を持たせ、少子化によって撲滅しようとするレーニンの手法なのです。

マルクスは「専業主婦家庭はブルジョア―労働者の関係を内在させ女性を搾取している」として、家族の解体・撲滅を主張したのです。

これで安倍と統一教会の罪業が明白になりました。許せません

No title

WJFさんを批判してる人(安部信者?)は感情論でしかないですね
ちゃんと議論(反論)したければ、感情を取り除いて議論しないといけない
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。