慰安婦神話を解体するシンプルなやり方

卵の殻を割るように容易く。
慰安婦問題を海外の人々に分かりやすく伝えることはとても難しい課題だと繰り返し述べてきました。

しかし、慰安婦神話の構造をよく分析し、慰安婦問題に関する従来の反論の仕方のどこに問題点があるのかを論理的に検証してみると、実は思ったよりはるかに簡単に慰安婦神話を打破できる方法があるのだということが見えてきます。

慰安婦神話は、基本的には次の「全称命題」によって提示されています。
「(全ての)慰安婦は性奴隷だ」
それに対して、従来の日本側からの反論も次の「全称命題」によって提示されてきました。
「(全ての)慰安婦は売春婦だ」
「全称命題」に対して、もう一つ別の「全称命題」をぶつけることによって反論が試みられてきたわけです。

ここに慰安婦問題に関する従来の日本側からの反論がうまくいかなかった点が隠されています。

というのは、
「全てのカラスは黒い」
という「全称命題」を否定しようとするときに
「全てのカラスは白い」
という別の「全称命題」を提示する必要はないからです。
「全てのカラスは黒い」
という「全称命題」の否定は、
「黒いカラスもいれば白いカラスもいる」
という「存在命題」です。

アルビノの白いカラスを一羽でも反例として提示すれば「全てのカラスは黒い」という「全称命題」は簡単にくずれてしまいます。

慰安婦神話に当てはめれば、
「(全ての)慰安婦は性奴隷だ」
という「全称命題」の否定は、
「(全ての)慰安婦は売春婦だ」
という別の「全称命題」ではなく、
「慰安婦には、自分の意思に基づいて慰安婦になった女性と、自分の意志に反して慰安婦になった女性の両方が存在した」
という「存在命題」です。

先日、「慰安婦問題の真の争点」という記事でも述べましたが、この事実を認めることそのことによって、慰安婦神話の「全称命題」に大きな亀裂が入り、がらがらと音を立ててくずれることになります。

ところが「自分の意志に反して慰安婦とされた女性など存在したはずがない」と意固地になって、「(全ての)慰安婦は売春婦だ」という「全称命題」に固執することによって、慰安婦神話を打破することがかえってできなくなってしまうわけです。

日本人と韓国人が、「(全ての)慰安婦は性奴隷だ」、「(全ての)慰安婦は売春婦だ」という二つの鏡映しの「全称命題」をぶつけ合って、「対称性の構図」の中で激しい声闘を展開しても、そのことによって、慰安婦問題を国際社会に宣伝し、しかも「日本人は女性たちの悲劇を認めない」という誤解を蔓延させることには役に立っても、慰安婦神話を打ち崩すことはできません。





『慰安婦神話の脱神話化』第2部では、「全ての慰安婦」という全体集合を最終的に四つの集合に分割し、その四つの集合の相互関係を明らかにすることによって、
「(全ての)慰安婦は性奴隷だ」
という「全称命題」を論理的・図式的に解体します。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

大戦版ウトロー事件

最近知ったのですが、
過去にフランスで興味深い冤罪事件が起きておりました。

ウトロー事件
http://www.ilyfunet.com/ovni/actualites/a-propos/579_apropo.html
http://www.ilyfunet.com/ovni/actualites/a-propos/582_apropo.html

事件は、9歳の子供の作り話(大人たちが児童を集団で性虐待している)が発端です。
「幼い児童が、人を陥れるような嘘をつくはずがない」という司法の思い込みから、
ろくな調査もなしに証言が一方的に支持され、
加害者として名前が挙がった40名もの市民(児童が適当に選んだ人)が証言だけを根拠に逮捕され、
拘置・尋問・強制自白させられた上で、14人が起訴、一審で4人が有罪判決を受けたというトンデモナイ話です。

これは従軍慰安婦問題に少し似ております。
双方とも、証拠は証言のみ。
「子供が嘘をつくはずがない」という思い込みから、作り話が事実として支持されたウトロー事件同様、
慰安婦問題も、
「偽りの戦争犯罪を告白する偽加害者なんているはずがない」
「涙を流しながら、嘘の性犯罪被害を訴える女性がいるはずがない」
という思い込みから、事実として支持されてきました。

動画のフランス語版を作成される際、検索タグに、「大戦版ウトロー事件」というタグを付ければ、フランスのユーザから注目を引けるかも知れません。

糾弾会というのはこれの事ですね

在京外国特派員たちは中韓反日宣伝を盲信 記者会見が日本“糾弾会”の場に
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140328/kor14032802270000-n1.htm

>「慰安婦」像が設置された米グレンデール市に抗議に訪れた地方議員団のメンバー
>地方議員団の代表世話人を務める東京都の松浦芳子杉並区議


とても悔しい胸が詰まる状況ですが、チャンネル桜関係者では「右翼」と扱われても仕方がないでしょう。
この一派にウロチョロされると迷惑です。
話が余計こじれるので現地を訪れたりしないでほしい!
安倍政権を延命させながら河野談話撤回パフォーマンスで食いつなぐ連中だと思っています。


昨日の産経新聞の記事ー外国人特派員による糾弾会ーにショックを受けたました
完成を切にねがいながら応援させて頂きます

匿名様

お待たせしています。

小さな部分でああでもない、こうでもないと、頭をかきむしりながら缶詰状態で作業続けています。

お花見に行きたいので、桜が散る前には本当になんとか完成させたいです。

https://www.youtube.com/watch?v=EprYjoanxXM
https://www.youtube.com/watch?v=y9kkW-f6nQU

あとすこしです。

完成はまだですか?

KENKENさん

動画の苦心している点を、よくご理解くださり、ありがとうございます。

とても分かりやすい、これまでにない画期的な慰安婦問題の論理的な定式化になると思います。
全体の流れ、細部を整えて、音楽をつけて完成です。ご期待ください。

冴えるWJF

次の動画が待ち通しです。

WJF発信の動画を見てからというもの、自分自身の中で慰安婦の何が問題だったのかが整理されました。

この動画がジワジワ広がり、慰安婦問題の日韓水掛け論にケリが付く時が必ず来ると思えるようになりました。

WJFは、日韓両方の言い分を巧みに掬ってる(救ってる)と思います。

祖母は敗戦後に米国軍人に連行されそうになったと聞いている。日本軍に限り韓国でそのようなことは一件も無かった、とはならないだろう。全称命題ではないという取り組みに同意。

旅丘さん

韓国人を黙らせることが目的ではない。

他に人たちにどう分かりやすくシンプルに理解させるかという話をしているんです。

No title

テョンは、論理矛盾の一つや二つで黙るような、そんなしおらしい奴らじゃないと思いますが。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。