慰安婦問題の真の争点

正しく問い、正しく論じる。
慰安婦問題の争点は、
「慰安婦は、売春婦か性奴隷か」
という問題ではないと以前述べました。

こう問うことによって、ある盲点が生まれ、その盲点が、慰安婦問題全体を適切な仕方で論じる事を妨げてしまうからです。

「慰安婦は、売春婦か性奴隷か、どちらか」と問うことで見えなくなってしまう盲点とは、
「慰安婦には、自分の意思に基づいて慰安婦になった女性と、自分の意志に反して慰安婦になった女性の両方が存在した」
という単純な事実です。

慰安婦に、「売春婦」と呼ばれるべき事例と、「性奴隷」と呼ばれるべき事例の両方が存在するならば、「慰安婦は、売春婦と性奴隷のどちらだったのか」と問う事はナンセンスの極みです。

多くの人たちが誤解している点ですが、「売春婦である」ことと「性奴隷である」ことは互いに背反な事象ではありません。コインの表か裏かのように、同時に起こり得ない排反事象ならば、「コインの表である」ことは「コインの裏ではない」ことを意味します。しかし、世界の性産業の現実として、詐欺や人身売買によって自分の意志に反して性産業の現場に送り込まれる女性が一定の割合で存在し、それらの被害者をさして「性奴隷」という言葉が用いられています。世界の現実として、「性奴隷」の多くは「売春婦」です。ですから、どんなに、私たちが慰安婦の給与明細やミッチーナの捕虜尋問書を引用して「慰安婦は給与が支払われていた売春婦だ」と説明したところで、それは「慰安婦は性奴隷ではない」ということを示すことにはなりません。

慰安婦問題に関して日本の弁護を試みる人々の多くは、「慰安婦は性奴隷ではなく売春婦なのだ」と単純に思い込んでしまっています。

それは韓国人たちが、「慰安婦は売春婦ではなく性奴隷なのだ」と単純に思い込んでいることと、まさに対称的です。

「慰安婦は性奴隷だ」という韓国人たちの単純化された主張に対して、「慰安婦は売春婦だ」という同じように単純化された主張を掲げて、相手を「論破」しようとすれば、「自分の意志に反して慰安婦になった女性も存在した」という歴史的な事実を否定することになってしまいます。

まして、このような歴史的な事実と異なる主張の周りに群がって、韓国人に対抗意識を燃やして二項対立を煽って大騒ぎをし、大規模な署名活動を展開しようものなら国際的な恥さらしにもなりかねません。

慰安婦問題に関する世界の人たちの誤解が解けるどころか、ますます広がっていってしまいます。

では、慰安婦問題は、どう問うことが適切なのか。

当然のことながら、
「慰安婦には、自分の意思に基づいて慰安婦になった女性と、自分の意志に反して慰安婦になった女性の両方が存在した」
という単純な事実から出発して論じなくてはなりません。

すると、慰安婦問題に関する正しい問題設定は次のようなものになります。
慰安婦には、自分の意思に基づいて志願した女性と、自分の意志に反して強制された女性の二種類が混在していたが、

1. 一般に強制された女性たちの中に、自分の意志によって志願した女性が偶発的に含まれていたのか。

2. 一般に自分の意志によって志願した女性たちの中に、強制された女性が偶発的に含まれていたのか。

どちらだったのか。




「売春婦と性奴隷のどちらだったか」と問うのではなく、「自分の意志で慰安婦になった女性と自分の意志に反して慰安婦になった女性がなぜ、そしてどのように混在していたのか」という点を論じることが、慰安婦問題の真の争点ということになります。

『慰安婦神話の脱神話化』第2部は、上のような問いを掲げて、できるだけシンプルに分かりやすく、なによりも親しみやすく、慰安婦問題を論理的に図式化することに挑戦しています。

従来にない慰安婦動画となります。

道なき道を進む探索の旅、大変お待たせしていますが、ゴールはまもなくです。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

日本談児さん

>どうやら私たちは、韓国や日本人の良識派が唱える「慰安婦を20万人強制連行した」との神話から抜け出すだけでなく、旧日本軍のいいとこ取りしかしない単純思考国粋主義者達の「慰安婦は高給を取っていた売春婦」との神話からも脱却しなければならないようですね。

ご指摘の通りです。

私たちは、従来から存在する既存の紋切り型の説明を聞いて分かった気になり、オウムのようにそれを反復しがちです。「神話」はそのような安易な道を私たちが歩むときに、私たちを絡めとります。

「私たちは慰安婦問題を何も理解していないのだ」

この0地点に立ち戻って、まっさらな白紙の上に、新しく論理と説明を組み立て直す。

『慰安婦神話の脱神話化』は、全編を通じて、そのような動画になればよいと願っています。

神話からの脱出

どうやら私たちは、韓国や日本人の良識派が唱える「慰安婦を20万人強制連行した」との神話から抜け出すだけでなく、旧日本軍のいいとこ取りしかしない単純思考国粋主義者達の「慰安婦は高給を取っていた売春婦」との神話からも脱却しなければならないようですね。

期待ばかり押し付けて申し訳なく思いますが、やはり一日も早い動画の完成を願わざろうえません。

世界に訴えかけられる動画、お待ち申し上げます。

竹林遥か遠く

今、「竹林遥か遠く」を読んでいるところなのですが、まさにあの大戦で一番の女性への暴力の被害に遭ったのは日本人女性、少女達であるとよく分かります。しかも戦闘地域ではなく、民間人にたいする性暴力です。

http://www.amazon.co.jp/%E7%AB%B9%E6%9E%97%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%8B%E9%81%A0%E3%81%8F%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%A8%98-%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%83%BB%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%9E%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%B3%E3%82%BA/dp/4892959219/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1393729164&sr=1-1&keywords=%E7%AB%B9%E6%9E%97%E3%81%AF%E3%82%8B%E3%81%8B%E9%81%A0%E3%81%8F%E2%80%95%E6%97%A5%E6%9C%AC%E4%BA%BA%E5%B0%91%E5%A5%B3%E3%83%A8%E3%83%BC%E3%82%B3%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E4%BD%93%E9%A8%93%E8%A8%98

通州事件や満州、朝鮮引き揚げの際、年端もいかない日本の少女も大勢残虐に輪姦殺害されましたね。ウィキペ等で少し検索するだけで恐ろしくてトラウマになりそうです・・。

満州引き揚げの子供時代の記憶を書いた、日系アメリカ人女性、ヨーコ・カワシマ・ワトキンスさんは、この本で、こうした出来事も子ども向けにやわらかく少し載せているのですが、自ら宣伝することもなく、感動を呼び、アメリカの学校の推薦図書になったのに、韓国団体の猛反発になり、アメリカだけでなく、紛争中、女性への性暴力が深刻であったボスニア等、世界中から韓国人により消されてきました。

1980年代に書かれたこの本は未だ日本語訳が阻止されていました。日本国内でもいろいろな妨害があったからです。
去年、邦訳されてやっと日本語版出て、今読んでいるところです。助けてくれた韓国人への感謝の気持ちや、嫌なことをする日本人のことも書いています。ありのままの少女の体験を描いたものだと読めば分かります。韓国人がなぜこんなに躍起になって世界中に嘘までついてこの本を消そうとしているのかが、さっぱり分かりません。

他にも、満州で星くずと散った子供たちの遺書、という本や、引き揚げの際の体験記を書かれた他の方の本にも日本人女性、少女達への性暴力が書かれています。

この事実を取り入れることこそ、世界の人に韓国の主張の全てを一気に疑わせる、とても重大な効果をもたせてくれるものなので、慰安婦動画に入れて頂きたいのですがいかがでしょうか?

No title

>20万人とか日本人が含まれないとか、確定なんですかね。世界的には。

当たり前と言えば当たり前ですね。
「世界」の人々の考える『旧日本軍』とか『戦前日本』のイメージは、

『ナチスドイツと手を結んで世界征服に邁進していた、極悪非道のエイリアン』

くらいのイメージです。
私は海外留学した事もありますし、外国人と文通したり、暇があったら4ch(アメリカの2chみたいな所)も閲覧しているので、その辺りの事はよく解ってます。
『世界』の人々の大半には、何も良心も理性も期待する事などできやしません。
理由は次の通りです。

・そもそも「日本」とか「日本史」に知識も興味も無い(ナチスドイツと日本軍の比較も満足にできない)
・(知識があったとしても)戦前日本とか日本軍に少しでも肯定的な要素が有ったとしてしまえば、それを叩き潰した連合国軍の正当性が疑われる
・黄色人種への差別意識がある(これは厳然として今でも残っています。KKKやネオナチでなくとも、無意識の中に有色人種差別があります)

旧連合国の人々が、戦前日本とか日本軍を肯定的に思ってくれるはずもありません。
それは彼らの祖父・曾祖父の犠牲が無駄になる事と同義なのですから。

日本の主張に耳を貸してくれるのは、独伊や東欧などの「旧枢軸国」の国々と、スイスやスウェーデンのような「旧中立国」の人々が多い事になります。
と言っても、これまた「絶対」「確実」などではなく、連合国のプロパガンダに乗せられた人々がやはり多いのは残念な事実ですけど。

旧連合国……日本の正義など認めない
旧枢軸国……連合国のプロパガンダに乗せられている

これでは『世界の人々が日本の主張に耳を貸してくれない』のも当然の理屈です。

もしも、ネット右翼の人々に「日本を守りたい」という真剣な志があるのならば、2chとか保守ブログなんかにタムロってないで、外国語を勉強すべきです。
英語でもフランス語でもスペイン語でも良い。自分の好きな国の言語を学んで、外国人に向けて日本の主張を訴えるべきだと思います。

この点では、韓国のネット右翼の方が百歩も二百歩も日本のネット右翼を先んじていますよ。

「チョンしね~」と日本国内でクダを巻いているだけでは、外国人など一人も説得できません。
4chに居ると馬鹿なネット右翼が意味不明の英語もどきを使って、突如何の関係もないスレに割り込んできたりします。
「lol,Japanese Engrish.hahaha」
とか言われて馬鹿にされてますよ。(Englishが正しいスペルであり、日本の奴らの書き込みは英語になってない)

ネット右翼がもし国を愛しているのであるなら、excite翻訳みたいな質の悪い無料翻訳機など使わず、堂々と自分の声で語りかけ、主張するべきです。
「そんな事は外務省の仕事だ」と言いたいかも知れませんが、ネット右翼に言わせれば
『外務省は日本の役に立たない』のではないですか?
日本の役に立たない外務省に任せず、自分で一人でも多くの外国人を説得してくるべきだと思います。
それが結果として日本を救うのです。

ここの管理人様は、外国人に受け入れやすい説得方法を色々試行錯誤しておられます。
その試行錯誤の結果がこうなったのですから、何もやっていない人が外野からツベコベその説得方法に文句を言うのは筋違いではないですか?
文句があるなら、管理人様以上の優れた動画を外国語で作り上げて、外国人を説得してくれば良いじゃないですか。

外国に向かって自分の主張を訴えるのだと言っても、外国人が受け入れやすい形にしなければ、ただの自己満足で終わります。
「相手を説得する」というのは、相手に「納得」して「理解」してもらう必要があります。
ならばできる限り「客観的」で「科学的」であらねばならず、しつこい程「論理」に貫かれていなければなりません。
「日本人なら、こんな事言わずとも伝わるだろう」みたいのは、外国人には通用しません。
赤ん坊に教え諭すかのように、懇切丁寧に、そして客観的にして科学的、論理的な説明を志さなければ、外国人は聞く耳を持たないのです。

世界の人々のそのような態度が気に入らないのであれば、あなたも管理人様を見習って外国語を勉強し、外国人を説得してみたら如何ですか?

匿名さん

>強制連行が無かったことを示す資料は見てきましたが、逆に意に反して、強制的に連行されたという物的証拠、根拠は提示されてますか?同じように必要じゃないですか

強制連行がなかったことを示す資料?そんなものがどこに存在するんですか?

ビルマのミッチーナで米軍によって作成された『日本人捕虜尋問報告第49号』のことですか?確かに、この報告書には、ミッチーナの韓国人慰安婦たちは、他の場所に比べて、よい暮らしむきをしたし、客を断る権利もあったと書かれています。同時に、これらの慰安婦たちが、従軍看護婦の仕事だと騙されて連れてこられたとも書かれています。騙したのは、ミッチーナの慰安所を経営していた日本人経営者か、仲介した朝鮮人の業者でしょう。前借金をして返済が済むまでは朝鮮に帰れなかったとも書かれています。

この報告書には、日本にとって都合のいいことも、都合の悪いことも書いてあるわけですが、確かに、「日本軍による強制連行」については書かれていません。しかし、あなたは、ミッチーナの慰安婦の一例を引用さえすれば、慰安婦の全員が例外なく同じようであったという主張を立てることができるとお考えなのですか?

あるいは、あなたは朝鮮の事例に限定して「朝鮮で強制連行はなかった」ということをおっしゃっているんですか? 韓国人たちが、「20万人」などという数字を持ち出して慰安婦全体について、話をでっちあげているならば、私たちも慰安婦全体がどうであったかを論じなくてはならないはずです。朝鮮の事例に限定して私たちが話をしても仕方がありません。

慰安婦全体について論じようとして時間と場所を超えて俯瞰したときに、「強制連行が一例も存在しなかった」などということを示す資料がどこに存在するんですか?

韓国人たちは、慰安婦の中の最悪の例を持ち出して、慰安婦全体を一般化しようとするわけですが、韓国人がしているのと鏡映しに、慰安婦の中の最良の例をもちだして、慰安婦全体を一般化しさえすれば、韓国人の主張を「反論」できるとあなたが考えているならば、大間違いです。

占領地での、日本軍が関与した慰安婦に関する犯罪行為としては、東京裁判に提出された検察資料の中に8点あげられています。

その中には、 インドネシアのポンティアナックで、海軍の憲兵が、日本人と付き合いのあった町の売春婦を捕まえて、慰安所に隔離した事例が書かれています。おそらく性病や諜報行為の防止のためなのでしょうが、同じような事例は、ヒルシュフェルトの『戦争と性』にも第一次世界大戦時のヨーロッパで起きたと書かれています。

ティモールのモア島では、ゲリラの討伐行為の延長として村の女性たちを捕まえて慰安婦にしたという話も書かれています。

BC級裁判でも数点の事例が裁かれています。

有名なのはオランダ人捕虜をむりやり慰安婦にした白馬事件です。

逆に言えば、東京裁判でも、BC級裁判でも、数点の事例しか挙げられていないわけですから、日本軍が20万人もの規模で、国家による命令に基づいて女性狩りのようなことを組織的に行っていたなどという事実は存在しないと断言できます。しかし、日本軍が、軍紀を犯して、女性を強要した例が一例たりとも存在しなかったと言う事はできません。

私だって、上記のような例を、「戦勝国史観だ」、「嘘だ捏造だ」「単なる検察資料だから信憑性はない」といって動画を作り、世界の人たちがうんうんとうなづいて納得するような説得力を持たせることができればそうしたいですよ。あるいは、あなたはこれらの検察資料や、裁判の中で裁かれた事例が全て嘘だという明確な証拠をもってきてくれますか? もってきてくださるなら、動画の中で、「日本軍が慰安婦を強制した事例は、一例も存在しないと」と私だって述べたいですよ。しかし、そのような証拠がないのであれば、「占領地において日本軍が軍紀を犯して、女性を強要した事例もわすかだが存在した」と述べざるを得ないじゃないですか。

20万だの30万だの荒唐無稽な数字を持ち出して日本軍が戦争犯罪ばかり犯していたと主張する韓国人や中国人はおかしいと思いますよ。しかし、戦地という極限状態の中で、日本軍が一例たりとも戦争犯罪を犯さなかった、日本軍に関する戦争犯罪の告発は、一例の例外もなく、すべて韓国人や中国人による捏造だとあなたは本当に考えていらっしゃるんですか?

慰安婦問題に関して私たちが掲げるべき主張は、「日本軍の慰安婦の中に、自分の意志に反して慰安婦とされた女性は一人もいなかった」などという荒唐無稽なことを述べることではなく、「日本軍の慰安婦制度の中で発生した問題は、いつの時代もどんな場所でも起きうるし、現在においても実際におきている問題だったのだ」と述べて問題を普遍化することにあります。

その際に必要なのは、いつの時代においてもどんな場所においても起きうる問題が、日本軍の慰安婦制度の中でも起きていた事実や可能性をあるがままに認めることです。

韓国人たちは、慰安婦問題が日本に特殊な問題であるかのようにみせかけ、日本をネガティブな意味で特殊化するのですが、あなたがたがが「慰安婦は一例の例外もなく全てが志願した慰安婦だ。日本軍は品行正しく一切の軍紀違反を犯さなかった」などとばかばかしい主張を立てて、日本をポジティブな意味で特殊化してしまったら、「いつの時代もどんな場所でも起きうるし、現在においても実際におきている性に関わる問題が、日本軍の慰安婦制度の中で発生していたにすぎないのだ」と述べて、問題を普遍化することすらできなくなってしまいます。

つまり、私たちは、慰安婦問題に関して、なんら説得力のある説明を世界に対して提示することができなくなり、ひたすら、韓国人と一緒になって「あった、なかった」といって世界のあちこちでばか騒ぎをして、世界の人々の顰蹙を買うことしかできなくなってしまいます。

>それとコメントを自分の都合で承認するとは?良心かつ正義を自負しているなら特にそれに返信はしなくても放置できるような気がしますけどね?

当ブログは、誰もが気安くものを言える自由な掲示板ではありません。きままに議論したければ、議論する場所なら他にいくらでもありますから、そちらで自由にやってきてください。

No title

強制連行が無かったことを示す資料は見てきましたが、逆に意に反して、強制的に連行されたという物的証拠、根拠は提示されてますか?同じように必要じゃないですか

それとコメントを自分の都合で承認するとは?良心かつ正義を自負しているなら特にそれに返信はしなくても放置できるような気がしますけどね?

BBCの記事です。
http://m.bbc.com/news/world-asia-26379645
20万人とか日本人が含まれないとか、確定なんですかね。世界的には。

No title

水島総=チャンネル桜と倉山満=倉山塾による保守分断紛争が勃発

それを見ていた人達が保守の限界を感じ始める

「保守」といった枠組みに囚われない方向性を探し始める

WJFがその方向性と合致することが明らかになる

WJFが潮流となる

戦後保守死去(1945~2014)

名無しさん

>あなたが言う様に、「女性が性奴隷の様に扱われた事例がいくつかあったが、ほとんどの慰安婦はただの売春婦であって、性奴隷とは程遠い待遇を受けていた」と言えば良いのです。

あなたも含めて多くの人たちが誤解されているのは、「売春婦」と「性奴隷」を背反な事象(=同時に起こらない事柄)と考えている点です。コインの表がコインの裏ではあり得ないように、「売春婦」ならば「性奴隷」ではないと考えておられる。

しかし、現実に「性奴隷」と呼ばれる事例が発生するのは、多くの場合性産業の現場です。現代のどの国の性産業にも、詐欺や人身売買によって自分の意志に反して性産業の現場に送り込まれる女性が一定の割合で含まれています。そういう女性をさして「性奴隷」という言葉が世界的に用いられています。「性奴隷」の多くは「売春婦」です。だから、「慰安婦は売春婦である」という事実は、「慰安婦は性奴隷ではない」ということを意味しません。

また、一般に自分の意志に反して性産業に送り込まれる女性が、どの程度の拘束状態にあるときに「性奴隷」と呼ばれるべきであり、あるいは「性奴隷」と呼ばれるべきではないのか。そのような言葉の定義の議論を私たちが展開しても意味がないわけです。「性奴隷」という言葉が、現代の人身売買の被害者の女性たちに対して幅広く使われているのが世界の現実なわけですから、そういう言葉を使う人たちに向かって、「自分の意志に反して売春婦にされたぐらいで、その女性たちを『性奴隷』と呼ぶべきではありません」などと訴えたところでナンセンスです。

人身売買の被害者を広く「性奴隷」ととらえる世界の人たちに対して、「慰安婦はお金が払われていたから売春婦であり、売春婦だから性奴隷ではない」などという主張を立てて日本人が大騒ぎをすれば、世界の人たちの失笑を買うだけであり、慰安婦問題に関する誤解は永遠に解けることはありません。

日本を糾弾しようとする側も、日本を弁護しようとする側も、慰安婦問題を正しく論じていないというのが、私の印象です。

既読かもしれませんが、自由意思に関して、からゆきさんの本も参照されては?

No title

山本隆裕さん、もちろん「慰安婦に性奴隷はいなかった!」と言えば事実に反します。なので私は以下の様に問いました。

それとも白馬事件のような一部の事件があったからWJFさんは「『売春婦』と呼ばれるべき女性と、『性奴隷』と呼ばれるべき女性が両方いたわけです」と発言したのでしょうか?」

あなたが言う様に、「女性が性奴隷の様に扱われた事例がいくつかあったが、ほとんどの慰安婦はただの売春婦であって、性奴隷とは程遠い待遇を受けていた」と言えば良いのです。

またWJFさんは以下の様に発言されています。

「慰安婦は性奴隷だ」という韓国人たちの単純化された主張に対して、「慰安婦は売春婦だ」という同じように単純化された主張を掲げて、相手を「論破」しようとすれば、「自分の意志に反して慰安婦になった女性も存在した」という歴史的な事実を否定することになってしまいます。

慰安婦には、自分の意思に基づいて志願した女性と、自分の意志に反して強制された女性の二種類が混在していたが、

1. 一般に強制された女性たちの中に、自分の意志によって志願した女性が偶発的に含まれていたのか。

2. 一般に自分の意志によって志願した女性たちの中に、強制された女性が偶発的に含まれていたのか。

どちらだっのたか。

「売春婦と性奴隷のどちらだったか」と問うのではなく、「売春婦と性奴隷がなぜ混在していたのか」という点を論じることが、慰安婦問題の真の争点ということになります。


私はWJFさんのアプローチの仕方に賛成なのですが、この記事は「意思に反して慰安婦になった女性は性奴隷」と取れます。もう一度読み直してください。私が引っかかった点はそこです。なので私は「自分の意思に反して慰安婦になった女性も確かにいますが、客を断る権限を持っており、買い物に行く自由も与えられ、ちゃんと報酬が支払われていた場合それは「性奴隷」と呼べるのでしょうか?」と一番最初に問うたのです。

No title

確かに、少しでもウ〇チが混ざってしまっていたら、「これはカレーだ!」「何も問題は無い!!」と言い張ることには無理があるし、かえって第三者からは信頼を失い、軽蔑されますね。

1、お鍋のウ〇チ汁の中に、ほんの少しカレールウが偶発的に混ざった。

2、お鍋のカレー汁の中に、ほんの少しのウ〇チの塊が偶発的に落ちた。


 後者で弁明・説得していくほうがいいですね。w

『慰安婦神話の脱神話化』第2部、期待しています。

No title

こんにちわ。WJFさん、名無しさん

名無しさんの言われている事は、事実ですし、大変僕にも気持ちはわかります
本来日本人としては、誰しも慰安婦は性奴隷じゃないと反論していきたいでしょう。この点ではWJFさんも似たような気持ちであったと、いや今でもあると思います。
しかし、それでは中々世界の理解を得られないと言う事ですよね、WJFさんの言われている事は。

たとえば、日常の事に置き換えれば理解しやすいかもしれませんね
あるA学校が、東大に年10人進学実績を出させているとしましょう。
その学校はもちろん、「年10人以上の東大進学」とか言って宣伝するでしょう。
しかしもしもこの時に、「我が校は、生徒全員東大早慶進学」と言えばウソになるはずです。
一般の人々からは、「良い学校なのは認めるが、ごく平凡な進学者もいるでしょう?」となってしまうはずです。あるケースがすべての事例に当てはまるかは、ほとんどありえないでしょう。

つまりは、「高級の慰安婦」「自由が認められていた慰安婦」が事実だとして(もちろん事実ですが!)
それをすべてのケースに一般化してしまうと逆に、中国韓国そしてアメリカから反論される機会を与えると言う事です。中には、意思に反してなったり、ひどい環境の慰安婦もいたんでしょう、そういう人たちが存在するなら、単純に慰安婦は性奴隷じゃ無いと反論してもウソということになります。

頭のおかしな左翼がよく言うところの「慰安婦は性奴隷」だったと言うのとまったく同じということになります。彼らに我々はもちろん反論しますが、もちろん言い分は「性奴隷と言うのはごく限られたケースを挙げていて、全体のことじゃない、スタンダードとして日本は強制しなかった」でしょう?
性奴隷説を言っているおかしい人たちに「慰安婦は全員性奴隷もしくは、奴隷的でなかった」といのは、同じように理解されないという事です。

よって、「慰安婦の中には性奴隷的な人たちもいた、意思に反した人たちもいただろう、いずれにしろ色んな立場の人たちがいました。しかしスタンダードとして、日本政府もしくは日本軍は組織的な強制連行も拉致もしなかった」がベストだと思います。

WJFさんが言ってるのは、
一つの慰安婦の「良い事例」を取り出して、すべてがそれであったと言ってはならないと言う事ですよね

No title

「自分の意思に反して慰安婦とされた女性が、外出や買い物、娯楽の自由を許され、客を断る権限を持ち、高給取りだった場合、その女性に『性奴隷』という用語をあてがうか、あてがわないか」

は、慰安婦問題に関する本質的な問題ではありません。

理由はこれ以上説明しません。

左の「コメント欄について」という項目で明記していますが、ブログの運営上、すべてのコメントに返事ができませんので、どのコメントを承認するかは、管理人が決めさせていただいています。ご了承ください。

No title

「自分の意に反して慰安婦とされた女性が、外出や買物を許されていた場合、その女性は『性奴隷』か『性奴隷』ではないか」 ではなく、「自分の意思に反して慰安婦とされた女性が、外出や買い物、娯楽の自由を許され、客を断る権限を持ち、高給取りだった場合、その女性は『性奴隷』か『性奴隷』ではないか」です。そんな慰安婦に対して黒人奴隷を持ち出すことこそがナンセンスです。「奴隷」が高給取りなわけないでしょう。自分でも反論としては厳しいなと自覚しながら投稿したのではないですか?一度私の質問を削除しましたよね?もうこれ以上問い詰めませんが、キャロライン・ケネディー氏のように自分が好まない発言を削除するのはやめてください。

名無しさん

上の文章の趣旨は、世界の人たちに慰安婦問題をシンプルに分かりやすく説明するためには、どのような問題設定が必要か、そこから考え直さなくてはならないという話です。

「自分の意に反して慰安婦とされた女性が、外出や買物を許されていた場合、その女性は『性奴隷』か『性奴隷』ではないか」

という問題は、慰安婦問題の本質であるとは思われません。

(ちなみに『慰安婦神話の脱神話化』第一部では、ミッチーナの捕虜尋問書を引用して「性奴隷」という韓国人たちが流布してきた慰安婦の誇張されたイメージと、慰安婦の実態は異なっていたという点は言及しています。しかし、ミッチーナの捕虜尋問書を引用したからといって「性奴隷」と呼び得るほど悲惨な事例が、数万の慰安婦の中に、一つも存在しなかったということを示すことはできません。)

もし、上記の問題設定で慰安婦問題を説明しようとすると、「アメリカの黒人奴隷も報酬をもらうことがあったが、報酬をもらった場合、彼らは奴隷だったか、奴隷ではなかったか」という問題から説き起こして、慰安婦問題を説明しなくてはならなくなってしまいます。私の考えでは、そのようなやり方で慰安婦問題を論じても、世界の人々の理解は得られないと思います。

想像してみてください。

「慰安婦の中には、確かに、自分の意志に反して慰安婦とさせられた女性たちもいた。しかし彼女たちは、報酬をもらい買物や外出が許されていた。だから彼女たちは『性奴隷』ではないのだ。韓国人たちは嘘をついているのだ。」

こういう主張を掲げて、理解してくれる外国の方はまずいません。理解してくれるはずがないのに、このような稚拙な説明が日本側から執拗に反復されています。

慰安婦問題についての理解を広げようとする日本側からの努力が大概失敗におわっているのは、このような不適切な問題設定から出発して慰安婦問題を論じているためです。理解されないような問題設定で慰安婦問題を論じても理解されないのは当たり前な話です。理解されなければ、そこで私たちは立ち止まって考えなくてはなりません。「なぜ私たちは理解されないんだろう」と。そして問題点を発見し、従来のやり方を修正しなくてはなりません。

尖った言い方になりますが、『慰安婦神話の脱神話化』第2部は、従来繰り返されてきた失敗を繰り返す予定はありません。したがって従来とは全く異なるアプローチの慰安婦動画になるはずです。

ぜひ、近日公開する完成したものをご覧いただき、「ああそういうアプローチもあるんだなあ」「こういうアプローチがあってもいいなあ」と感じとっていただけたらと思います。

No title

自分の意思に反して慰安婦になった女性も確かにいますが、客を断る権限を持っており、買い物に行く自由も与えられ、ちゃんと報酬が支払われていた場合それは「性奴隷」と呼べるのでしょうか?それとも白馬事件のような一部の事件があったからWJFさんは「『売春婦』と呼ばれるべき女性と、『性奴隷』と呼ばれるべき女性が両方いたわけです」と発言したのでしょうか?

No title

当時は「公娼制度」が許されていた時代ですよね?
慰安婦に限らず、遊郭で働く遊女だって、

「本人の意思に反して親に売られた遊女」

は存在したのではないでしょうか?
そして、これは日本だけではありません。

ドイツが第一次大戦で敗れてハイパーインフレになった頃にも、
「家政婦」「メイド」という名目で、ドイツ人女性が日本人などにも抱かれていたそうなのですが。

http://homepage3.nifty.com/shinkukan/freetalk/free/free015.htm

「海軍が三国同盟に賛成したのも、若い海軍軍人が現地妻にたらし込まれたからだ」

という、話もありますね。本当かどうか知りませんけど。

ここで聞きたいのは、このドイツ人女性は、全員が全員「お国のために」、もしくは「餓えに苦しむ家族のために」納得して売春していたのでしょうか?
ドイツの飢餓は物凄く、既に第一次大戦中から、イギリスの貿易封鎖のせいで餓死者が出る程だったそうですが、
売春婦になったドイツ人女性は、全員納得づくで売春婦になったのでしょうか?

当時の一流大国の一つだったドイツですらそんな社会環境だったのに、
ドイツよりはるかに工業化に遅れていた日本や、
日本以上に工業化に遅れていた朝鮮で、「本人の望まない売春」が在ったのなんて当たり前だと思うのですが。

「本人の望まない売春」が一件でも在ったなら、謝罪して賠償しなくてはいけないと言うのなら、
「苦界」と呼ばれた遊郭に売り飛ばされた女性にも、ドイツ人メイドにも、全てに謝罪して賠償しなければおかしくないですか?

こうして考えてみると、莫大な賠償金に膨れ上がりますね。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。