浅田真央選手を守れ(7-1)

日本人総賤民化。
※この記事は、旧ブログの記事「「浅田真央選手を守れ(7)」(2012年12月18日)」を少し修正を加えて再掲したものです。ソチ・オリンピックが開催中ということもあり、リクエストがありましたので、しばらくこのシリーズを再掲させていただきます。なぜマスコミは、浅田選手をキムヨナと常にセットにして取り上げようとするのでしょうか。この問題を掘り下げて行くと、日韓の問題に私たちがどう対処していくべきか、また逆にどう対処してはならないのかが自ずと明らかになっていきます。自称「保守」が、実は、「反日マスコミ」と同じ事をしていることが明らかになっていくはずです。安倍政権に反旗を翻すことになる直前に書いた記事ですが、WJFプロジェクトが安倍政権を支持しない理由も深くお分かりいただけるかもしれません。

今日はこれまでのまとめです。

浅田選手の問題を通して、日韓の問題のカラクリが見えてきました。
●浅田選手とキムヨナを必ずセットにして取り上げるマスコミ。
●日本のあらゆるものについて「対称性の構図」を作り、自分たちに有利な状況を作り、奪おうとする韓国。
●その背景には、朝鮮を長く支配していた身分制における「対称性の構図」が存在し、彼らは搾取する側に自分たちを配置し、搾取される側に日本を配置しようとしてきた。
この問題の理解のために下の二つの動画をまだご覧になっていない方はぜひご覧ください。





ハーバード大学のエッカート教授の『日本帝国の申し子』には、19世紀末までは、「朝鮮人」というはっきりした民族意識は存在しなかったと書かれています。両班は自分たちは中華の一部だと考えていたし、賤民階級はそもそも人間の資格すらもっていませんでした。

Book2_15
朝鮮における搾取の激しさは、「もうお前らと一緒に生きたくないわい」と、同じ民族が二つの国に割れてしまうほど苛烈なものだったということです。戦後、朝鮮で起きたのは、このアメリカの雑誌の記事に書かれているような、朝鮮人同士の激しい反目と殺し合いでした。主に搾取されていた側の朝鮮人は共産主義に傾倒し、ソ連や中国に事大し、北朝鮮を作った。

Book2_27
搾取されていた人々が抜けた穴を、彼らよりも勤勉でかつ羊のようにおとなしい日本人が埋めているわけです。いわば「日本人総賤民化」です。

20121217_195039
同じ過ちが何度も何度も繰り返されているのに、学習しないのか、抵抗できなくされているのか、「対称性の構図」の中にやすやすと取り込まれてしまう企業や個人が後を絶ちません。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。