NHK籾井会長の慰安婦問題に関する発言について

正々堂々、あるがままの事実を語れ。
NHKの籾井勝人新会長が、記者会見で、慰安婦問題について行った発言に関してメディアが大騒ぎを始めています。
――慰安婦を巡る問題については。

戦時中だからいいとか悪いとかいうつもりは毛頭無いが、この問題はどこの国にもあったこと。

――戦争していた国すべてに、慰安婦がいたということか。

韓国だけにあったと思っているのか。戦争地域にはどこでもあったと思っている。ドイツやフランスにはなかったと言えるのか。ヨーロッパはどこでもあった。なぜオランダには今も飾り窓があるのか。

――証拠があっての発言か。

慰安婦そのものは、今のモラルでは悪い。だが、従軍慰安婦はそのときの現実としてあったこと。会長の職はさておき、韓国は日本だけが強制連行をしたみたいなことを言うからややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っているわけだが、日韓条約ですべて解決していることをなぜ蒸し返すのか。おかしい。

――会長の職はさておきというが、公式の会見だ。

では全部取り消します。

――取り消せない。

会長としては答えられないが、それだとノーコメントばかりになるから「さておき」と言って答えた。

(出典: 朝日新聞デジタル 2014/01/25 22:30「NHK籾井会長会見の主なやりとり」)
マスコミや民主党が籾井会長のバッシングを始めていますが、籾井会長は慰安婦問題に関して決して事実と異なることを語ったわけではありません。



WJFプロジェクトの上の動画、「『慰安婦神話の脱神話化』第一部: 実際に何が起きたのか 」でも取り上げましたが、ドイツの性科学者マグヌス・ヒルシュフェルトは、『第一次世界大戦における性の歴史』という書物の中で次のように書いています。
"The close connection subsisting between the military and the realm of prostitutes is well known from history ... The World War (I) did not offer any essential novelty in this matter, but it did differ from all previous wars of history in two essential points."

「軍隊と売春婦たちの領域との間に存在する密接な関係は歴史から知られるところである。第一次世界大戦はこの問題に本質的な目新しさを加えはしなかったが、次の二つの本質的な点において、歴史におけるかつての戦争と異なっていた。」

"First, as a result of national conscription, the majority of the male population of the European nations were torn out of their normal relationships and became potential victims of war prostitution."

「第一に、徴兵制度の結果として、ヨーロッパ諸国の男性人口の大部分が、彼らの通常の性的関係から引き離されて、戦時売春の潜在的な犠牲者となったことである。」

"Secondly, the World War was the first conflict in which trench warfare first achieved outstanding strategic importance and, as a result, changed the conditions under which prostitution could be controlled in the army."

「第二に、第一次世界大戦は、陣地戦が戦略的な重要性を持った初めての紛争であり、その結果、売春が軍の中で管理される諸条件が変化したことである。」

"Whereas in former military campaigns, especially during the Middle Ages, prostitutes followed the army and actually constituted a portion of the troops, trench warfare, which entailed the sojourning of large military units at the front or at various intermediate stations, required a correspondingly sedentary or fixed form of prostitution. This form could only be found in brothelized prostitution. This had the added advantage of promising some protection agalnst venereal disease and the possible interference with fighting power induced by the latter."

「かつての、特に中世における軍事行動では、売春婦たちが軍に追随し実際には部隊の一部を構成していたのに対し、陣地戦では、大規模な部隊が、前線や様々な中間基地に滞留することを余儀なくされ、それに伴い定着型の売春を必要とした。この定着型の売春は、売春施設を設置した形でのみ見られ、性病と、それによって引き起こされる戦力への干渉を防止する上でも有利であった。」

(出典: Magnus Hirschfeld "The Sexual History of the World War" Chapter 8 Regulation and Army Brothels マグヌス・ヒルシュフェルト『第一次世界大戦における性の歴史』第八章 軍管理売春宿)
ヒルシュフェルトは、戦争で夫を亡くし、子どもを養うためにやむなく売春婦に身を落とし、敵国の兵士に体を売らなければならなかった女性たちのことや、性病防止のために町の売春婦たちを軍が強制的に管理下に置いた事例などをこの本の中で語っていますが、そのような女性のみならず、徴兵制によって、家族や恋人から引き離されて戦場に送られ、売春宿を利用しなければならなくなった若者たちもやはり「犠牲者」だったと語っています。

傭兵ではなく、徴兵制を採用し、一般市民を戦場に送り込んだ近代国家は、必然的に、軍管理売春制度を必要としたのであり、日本は決してその例外ではありませんでした。

それがまぎれもない歴史的な事実です。

安倍晋三のような政治家に盲目的に傾斜する「右翼」の人々も問題ですが、そもそも、反動としてそのような人々を大量に作り出しているのは、朝日新聞やフジテレビに代表される質の悪い偏向したマスコミであり、歴史問題に関して、思い込みや先入観の中にうずくまり、客観的に事実を検証しようとしない「左翼」の人々です。

「右翼」もさることながら、「左翼」の人々も、いい加減にしていただきたいと思います。

「歴史問題」と「構造改革」。

この二つは、表裏一体のものです。

そのいずれに関しても、私たちは、事実をありのままに見て、語らなければなりません。

私たちは、「20万人以上の女性が拉致された」などという嘘を鵜呑みにすることがあってはならないし、明らかに日本の未来に害をもたらす政治がなされようとしているときに、「安倍さんを信じよう」という思考停止の中にうずくまることがあってもなりません。

「右翼」は「歴史問題」に関しては鋭く異議申し立てを行いますが、「構造改革」の危険性については無知であり鈍感すぎます。

「左翼」は「構造改革」に関しては鋭い批判を行いますが、「歴史問題」に関しては、誇張され歪曲された主張をそのまま鵜呑みにしてしまいます。

「右翼」か「左翼」か、二者択一的に、どちらか片方の陣営を選んで傾斜していくという姿勢では、日本人は、現在の危機を乗り切ることはできないでしょう。

『慰安婦神話の脱神話化』第二部、文字通り毎日作品に向き合っていますが、「もうすぐ、もうすぐ」といいながら、ご覧のように、時間が経過しています。

おそらく作品の最も厳しい審判者である作者本人が、「これで、よし」と宣言したときが、この動画の完成時点です。

しかし、改めて、完成のときは「もうすぐだ」と申し上げさせていただきます。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

籾井会長は特定秘密保護法をカッカすることではないといっている人物なので疑ってかかったほうがいいと思います。

「論破プロジェクト」…

ツイッターで紹介されているこちら…
http://50064686.at.webry.info/201402/article_2.html
論破プロジェクトとは名前からして痛いです。
WJFプロジェクトまでチープに思われそうで、遠まわしな嫌がらせでしょうか(苦笑)
バックは幸福の科学だったんですか。
そういえば、田母神さんは数年前、幸福の科学と対談していましたね。
http://blogs.yahoo.co.jp/yoshimizushrine/58687533.html
今より好意的に思っていた頃から、アパホテルが取り巻きで幸福の科学と対談とは、田母神さんは脇が甘いのではないかと感じていました。
自衛隊の人って良く言えば純粋で、悪く言うと世間知らずなのかしらと。

趣味で楽しむ場に割り込んできて政治的な主張を繰り返す韓国人もうんざり、大嫌いですが、論破プロジェクトでは益々向こうの思う壺でしょう。
撤去されても仕方ないです。
でも、韓国捏造慰安婦ブースはそのままですか?それも納得いきませんけど。

若い人たちの、祖先の名誉を守りたい気持ちを悪用する大人、団体に怒りがこみ上げます。

No title

「右翼か左翼か、貴方はどちらがいいですか?」
とカード(選択肢)二枚を見せる事で、この二枚しか選択肢がないものだと誤認させる。
さらに自らカードを選ばせる事で、「俺は自分の意思でこのカードを選び取ったんだ」という認識になる。
いわゆる弁証法といわれるテクニックですね。

水島総も自分を保守と自称しているが、彼もまた「保守か革新かどちらだ?」という弁証法に
まんまと騙されてしまった被害者の一人なのかもしれません。

「保守でも革新でも。右翼でも左翼でもない。私は一人の日本人だ」

これが正しい答えなのかなと思います。

No title

『慰安婦神話の脱神話化』第二部の制作お疲れさまです。
なるほどと言うような動画を期待しています。
第三部も間を置かずに公開されるといいですね。

No title

あせらず第二章をお待ちしております。

No title

http://news.nicovideo.jp/watch/nw929286

安倍晋三はフォローせずに逃げました。
橋下大阪市長の慰安婦発言の時もそうでしたが、安倍晋三はホント毎度毎度戦いませんね。
何が「戦う首相」(第一次安倍政権のキャッチフレーズ)ですか!
戦うべき時にはいつもいつでもフォローせずに逃げるくせにチャンチャラおかしい。

いつも通りTwitterでは、安倍晋三の行動を賛美する安倍キチガイの言葉に埋め尽くされています。
安倍晋三が首相になる前の持論を平気でかなぐり捨てており、自分と同じ思想を持った人をかばう事無く平然と切り捨てる非道な人間という事実を認められないのでしょうね。

靖国神社参拝の時もこの安倍信者のキチガイどもは同じでした。
例大祭や終戦記念日に参拝しなかった事を「戦略的配慮」とかほざいて評価してました。
たかが「戦略的配慮」如きで切り捨てられる物に過ぎないのが、この社会のゴミの靖国神社の評価なのです。

一方で安倍晋三が年末に参拝すると、途端に手のひらを返して大絶賛する……
ろくに神道の事も靖国神社の事も知らなかった安倍晋三の『靖国にヒーローは居ない』などとふざけた無知極まる言葉をも大絶賛し、
「国家のために尽くしてくれた人々を慰霊するのは当然だ!外国がとやかく口出しするな!」
などと憤慨し始めます。

この言葉は確かに正しいのですが、
「戦略的配慮」の前には、「国家のために尽くしてくれた人々を慰霊するべきではない」というのが、この馬鹿な安倍信者の主張ではなかったのですか?

軽蔑・憎悪・唾棄・嘲笑・憐憫

ありきたりの言葉では形容できない程、安倍キチガイどもには憤懣が溜まってます。

発言の裏の裏に隠されたもの

発言そのものは正しいとしても、受信料強制支払いでしょうね、真の目的は。

No title

NHKの会長をマシな人に変えたことは安倍政権による数少ない功績の一つになるかもしれませんね。
今後の動向次第ですが。

Youtubeに上がっていた動画を元に会話部分の正確な抽出がされていました。

http://www.youtube.com/watch?v=HJtzKhu_NM8

記者
慰安婦問題については会長ご自身はどのようにお考えでしょうか?(慰安婦について質問)

会長
ちょっとコメント控えてはダメですか、あのー、いわゆるね。

そういうふうな戦時慰安婦ですよね。えー、戦時だからいいとか悪いとか。
言うつもりは毛頭無い んですがまあこの辺の問題は皆さんよく御存じでしょう。
どこの国にもあったことですよね。違います?

記者
私に質問してるんですか?
えっとーじゃあ籾井会長がそしたらじゃあ改めてもう少しお考えすることがあれば、
あの、お尋ねしたいと思います。

会長
まー、こっちから質問ですけど。韓国だけにあったことだとお思いですか?

記者
いやいや、全て、どこの国でもって言うと全ての国という風に捉えられるんですけれども

会長
いやいや戦争地域ってことですよ。

記者
何か証拠があっていくつかの国でそういう場合でしょうか。いや全ての国って言うと、
そのいくつかの国でそういうことがあるという風には・・・と思うんですけども

会長さん
まーこの問題はこれ以上深入りするの止めたいと思います。いいですか?
慰安婦そのものは言いか悪いかと言われれば今のモラルでは悪いんです。
じゃあ従軍慰安婦はどうだったかと言われるとその時の現実としてあったと言う事なんですよ。
私は慰安婦はいいとは言ってない。

記者
いやあ、もちろんわかります。わかるけどもその・・・

会長
ただし、事は二つに分けないと話はややこしいですよ。

記者
もちろんわかってるんですけども・・・

会長
じゃあ本当に従軍慰安婦がね、韓国だけにあって他になかったという証拠がありますか?

記者
いやだから(笑)、他の国にもあったことと、
どこの国にもあったということは結構違うと思うんですけども。

会長
いやいやそんな言葉尻に捉えても駄目ですよ。
そんなのはねーあんたじゃあ行って調べてみなさいよ。あったはずですよ。
あったんですよ現実に。

記者
(笑)どこの国?

会長
無いと言う証拠もないでしょ?議論するつもりはないけど。やっぱそれでね~
やっぱり従軍慰安婦の問題をいろいろ云々されると、ですね~やっぱりこれは
ちょっとおかしいんじゃないかと気がします。私別に従軍慰安婦はいいと言ってないですよー。

記者
わかってますよ。もちろんわかってますよ。

会長
しかしどう思われます?日本だけがやってたようなこと言われて。

記者
いや(笑)まあようするに他の国でもあったってことは
ちょっとどこの国でもあったっていうのは

会長
戦争をしてるどこの国にもあったでしょうってということですよ。
じゃあドイツにありませんでしたか?フランスにありませんでしたか?そんなことないでしょう。
ヨーロッパはどこだってあったでしょう。じゃあなぜオランダに今頃飾り窓があるんですか。

記者
・・・・・わかりました。はい(笑)

会長
議論するつもりはありませんが、は私は何処でもあったといったのは、
世界中くまなくどこにでもあったということでは言ってるんじゃなくて、
戦争してるところにはだいたいそういうものは付き物だったわけですよ。

という証拠があるのかと言われたけど、逆に僕はね、
なかったと言う証拠はどこにあるんだと、聞きたいくらいね。

だからねこの問題はね。僕が一番不満なのは、韓国でやってることが一番不満なのは、
ここまでは言うのは会長としてはいい出すぎですから会長の職はさておき。さておきですよ、
これは忘れないでくださいね。

あのー韓国が日本だけが強制連行したみたいなこと言ってるから話がややこしいんですよ。ねー、だからお金よこせと言ってるわけですよ。補償しろと言ってるわけですよ。

しかしそういうことは全て日韓条約で解決してるわけですよ、国際的には、
解決してるんですよ。それをなぜ蒸し返されるんですかと。おかしいでしょ。
と思いますよ僕は。

記者
今んとこですけど、会長としての職はさておいてって言いますけど!
ここ会長会見の場なんで!

会長
失礼しました。じゃあ今全部取り消します。

記者
いやいやもう取り消せないですよもうおっしゃたら!

会長
あれだけしつこく質問されたから私は答えなきゃいかんとって答えましたが、
会長としては答えられませんので会長はさておきとこう言ったわけですよ。

で、それが会長会見だって、だから取り消しますとこう言ったら取り消せないとおっしゃたら、
じゃあ私のさておきはどうなるんですか?

そんなこと言ったらまともな会話ができないじゃないですか、あーそれノーコメントです
ノーコメントですって言ってたらそれで済んじゃうんじゃないですか?
それでよろしいんでしょうか?いいんならいいんですよ今後。

記者
あのー確認ですけれども、まーいずれにしても先ほどのお話はですね
会長の個人的見解だと思うんですが。だとしてもですね。

だとしても個人的見解だとするとそうしたお考えとNHKの番組に関して、
そのいわゆる編集権をですね。編集の責任者という部分もあるのでNHKの番組に対して
そうしたご自身のお考えを、なんらかの形でですね反映させたりしたいと、いう思いが
あるのかないのかそこを明確におっしゃることは、すごく大事なんだと思うんですけども。

会長
何度も申しておりますが、我々の放送に対する判断は全部放送法にのっとっておりますから、
えー私がどういう考えであろうがなかろうが全部放送法に基づいて判断をします。
ということです。

朝日新聞が会見の内容をいかに歪曲しているのかがよくわかります。

(※非表示を希望されていましたが有益な情報なのでWJFが再掲しています)

No title

全くその通りですね。
赤旗は、NHK報道を批判して次のように書いています。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-26/2014012601_02_1.html

そもそも「NHK会長に歴史問題を質問するマスコミの方が非常識」という認識は無いのですかね?

【日本政府は1993年の河野官房長官談話で、「慰安婦」について旧日本軍の関与を認め、「強制的な状況の下での痛ましいものであった」ことを認めており、この見解にも逆行する発言です。】

赤旗はこう言うのですが、
「日本だけじゃない」
「補償は日韓条約で解決済み」
と言ったNHK会長の発言に如何なる反論にもなっていません。

【また、第2次世界大戦で軍が組織的・系統的に「慰安婦」制度をつくっていたのは日本とナチス・ドイツだけとされる歴史的事実にも反します。】

この人は、GHQが日本政府に作るように要請したRAAを知らないみたいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%89%B9%E6%AE%8A%E6%85%B0%E5%AE%89%E6%96%BD%E8%A8%AD%E5%8D%94%E4%BC%9A

朝鮮戦争中にも、韓国とアメリカが慰安所を設けていた事も知らないみたいです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6

『第二次世界大戦中』に限ったって、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%85%B0%E5%AE%89%E6%89%80

このように、各国には各国なりの慰安所が存在した事はWikipediaにすら書いてあります。
第二次世界大戦中、慰安所が存在しなかったのはソ連くらいじゃないですか。
そして、そのソ連軍はベルリンや満州で婦女子を強姦しまくった事も、日独双方の歴史によって判明しています。
(一部には、ソ連に存在した女性士官が、男性を強姦した事例もあったとか)

結局赤旗は「この世の悪は全て戦前日本とナチスドイツしかやってない」と言いたいだけなのでしょう。
「正義の連合軍は、慰安所なんて非人道的な物を用意しなくとも戦争できた」とでも思ってるのでしょう。
もっと言えば、「戦前日本とナチスドイツだけが悪」と言いたいのでしょう。

管理人様が次のように書くのは全くの正論です。

【反動として、安倍晋三のような政治家に盲目的に傾斜する「右翼」の人々を作り出しているのは、朝日新聞やフジテレビに代表されるような質の悪い偏向したマスコミであり、歴史問題に関して、思い込みや先入観の中にうずくまり、客観的に事実を検証しようとしない「左翼」の人々です。】

赤旗は安倍晋三批判やアベノミクス批判については鋭い論点がいくらも書いてあるのに、歴史認識では旧態依然たる姿勢です。
領土認識でも、日本共産党は一番日本に返還するべき領土要求を広く考えている政党です。
北方四島と竹島だけではなく、全千島列島に南樺太の返還要求を掲げているのは自民党ではなく共産党です。

にも関わらず、歴史認識になると上記のようなトンデモな、しかも嘘までつくというのですから、つくづく日本の左翼勢力は脳が退化しています。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。