日本を外国人だらけにする「保守」政権

そして、それを支持する「保守」の人々。
これまでも報じられていましたが、安倍政権が、外国人労働者受け入れの方針を改めて確認しました。
外国人労働者受け入れ拡大へ

政府は、東日本大震災の復興事業に加え、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催に伴い、建設業の技能労働者が不足するおそれがあるとして24日、関係閣僚会議を開き、来年の春をめどに、外国人労働者の受け入れを拡大する時限的な措置を取る方針を確認しました。

総理大臣官邸で開かれた関係閣僚会議には、菅官房長官や太田国土交通大臣、田村厚生労働大臣らが出席しました。

この中で、菅官房長官は、「東日本大震災の復興事業を加速させ、東京オリンピック・パラリンピックの関連施設の整備を遅れることなくやり遂げなければならない。即戦力となりうる外国人の活用を拡大していくことが極めて重要だ」と述べました。

そして、会議では、太田大臣が急速な高齢化や若者の労働者の減少で、建設業の技能労働者はピーク時より120万人減っていて、2020年の東京大会に伴う建設需要の高まりで、労働者が不足するおそれがあると報告しました。

これを受けて、会議では東日本大震災の復興事業に加え、東京大会の関連施設の整備に支障をきたさないようにするため、来年の春をめどに外国人労働者の受け入れを拡大する時限的な措置を取る方針を確認しました。

政府は、今後、時限的な措置の期間などについて検討を進め、3月までに案をまとめることにしています。

上記の決定によって日本に押し寄せてくるのは、おそらく中国を筆頭とするアジア各国の単純労働者たちでしょう。

自称「保守」の人々が熱烈に支持する安倍政権の決定によって、自称「保守」の人々が最も毛嫌いする「シナ人」が日本に大量に流入してくる。にも関わらず、自称「保守」の人々は、これまでと同様、固く口を閉ざし、安倍晋三を決して批判しない、という点も十分に腹立たしいのですが、それ以上に腹立たしいのは次の点です。

安倍政権は、そもそも、金融緩和、財政出動、成長戦略の三本の矢からなるアベノミクスによってデフレからの脱却を目指していたはずです。

デフレとは慢性的な需要不足に陥っている状態ですから、大胆な金融緩和と財政出動によって内需を喚起し、2%程度のインフレを人為的に作り出すのが、本来のアベノミクスのはずでした。人為的に需要を作り出し、労働需要が高まれば、人手不足が発生するのは当然のことです。そもそも、そのための金融緩和であり、そのための財政出動なのですから。

その人手不足が、賃金の上昇圧力となり、企業は賃金を上げざるを得なくなる。これによって賃金デフレから脱却するのが、アベノミクスのもともとのシナリオであったはずです。それなのに、せっかく生じた労働需要を、海外から安い単純労働者を受け入れて穴埋めし、賃金の上昇圧力を解消してしまったら、元も子もありません。

バケツの底に大きな穴をあけて、蛇口を全開にしてじゃぶじゃぶ水を注いでも、水はバケツの中にはたまらず、おそらく最初からバケツの下に用意してあった、たらいの中にたまっていくだけです。

これまでも何度も申し上げてきたように、安倍政権には、デフレ脱却等する意図は最初からありません。日本人の目を欺いて、グローバル勢力に利益をもたらし、そして、その負担は日本人に負わせる。その狡猾なカラクリこそがアベノミクスの本当の姿です。

下の記事も参考になさってください。

参考記事: 上念司、また嘘をつく: アベノミクスの本当のカラクリ

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

安倍政権を陰に日向に支援する統一教会工作員どもの真の目的は日本壊滅に他なりません。

中国・朝鮮人たちを日本に送り込み、チャイナタウン、コリアンタウンを各地に作り
(コリアンタウンは安倍の地元下関には既に出来ています)日本と日本人を消し去ろうと動いています。

某ブログで読んだのですが、原発安全装置撤去って、本当なのですかね?
パチンコ正体放置とかも

No title

>日本の失業者は人手が足りない土木や福祉の仕事をしたがりませんし、仕事が無くても生活保護で普通に生きていけます。

自治体にもよりますが、母子家庭とかは別にして、現役世代の人は普通に生活保護なんか受けられません。
口下手な普通の人が、役所の窓口に行っても、ハローワークを紹介されて追い返されるのがおちです。
支援団体に口をきいてもらって、やっと受けられるかどうか。

土木福祉は賃金が安すぎる、というのもありますし、不安定雇用が多すぎます。
若い頃数年働かせて、あとはお払い箱ではその業界で働こうとは思わないでしょう。
オリンピックを目処に一挙に巨大投資を進める、では終わった後に失業者がすごく出てしまうので、愚策ですね。

日本人であれ外国人であれ、国内にその日暮らしの貧困層を抱えなければ回らない社会は、やっぱり正しくないんじゃないかと思います。
少なくともアベノミクスはその日暮らしをどんどん増やしていこうという政策で、これを支持してしまう国民は信じがたいものがあります。

No title

政府が外国人を受け入れる方向になってしまったのは我々日本人にも原因があると思います。

日本の失業者は人手が足りない土木や福祉の仕事をしたがりませんし、仕事が無くても生活保護で普通に生きていけます。
今の日本は人手が足りないところがたくさんあるのに失業者は多いという矛盾した状態にあります。
この現状をどうにかするには日本人の意識や社会保障制度を変えていかなければなりませんが、それには時間がかかるのも事実です。

このような解決の難しい問題は、様々な意見を交わして万全に対策を練る必要がありますが、政府は愚かにも外国人労働者受け入れという最も安易でリスクの高い方法を取ってしまいました。
こんな与党と、それを止めることができない無能な野党を選んでしまった我々有権者の責任は非常に大きいと思います。

No title

>はなもぐさん

秘密保護法の正体について、
以前、どなたがここのコメント欄で紹介されてましたが、もう一度ご紹介。
是非、身近な方に知らせてあげて下さい。

ttp://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/11/post-426e.html

No title

「単純労働者」だけならまだいいです。当然、そのなかに人民解放軍の工作員を紛れ込ませてくるでしょう。
いやもうすでにすさまじい数の中国人が日本国内にいます。公式発表される数とは明らかに相当な開きがありますね。

民主、生活の党、社民はこぞって移民に反対しています。どちらがまともなんだか。

安倍は竹島の日記念式典にも早々に欠席することを決めました。まあ媚韓の安倍ならさもありなんです。

ついでですが秘密保護法もなんだか怪しいです。
PCのみならず中華家電にもスパイウェアみたいのが仕込まれてたって話あるのに安倍政権は無反応です。本来なら直ちに輸入差し止め、あらゆるmade in chinaを使用中止させなければならないものです。
一方で秘密保護法への異常な執着ぶり。

外交上の秘密が対象に含まれてますが、かれらは秘密保護法を竹島や尖閣の割譲に利用しようとしているようにしか見えないです。
秘密保護法の前身の公務員の守秘義務をめぐる裁判でも、守秘の内容が「アメリカの負担の肩代わり」でしたから。外国に媚びることが「外交上の秘密」にされるのです。








WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。