シリア問題に見る「歴史問題」と「構造改革」の連動

「民主化」という美名の下で遂行される国家解体。
「あなたがたは前近代的な悪の国家である。」(歴史問題)

「だから、我々の改革を受け入れよ。」(構造改革)

「歴史問題」と「構造改革」が連動するこのパターンによって、国家改造や、国家解体を強要されてきたのは、何も日本だけにとどまりません。

昨今、「アラブの春」という美名の下で、チュニジア、エジプト、リビア、シリアなど、中東諸国で起きてきた一連の出来事は、私たち日本人がたどってきたプロセスと本質的には同じものです。

中東でシリア難民の支援活動に携わる知人の談によれば、祖国を追われ、異国の地で食べ物も住まいもなく物乞いのような生活を強いられているシリアの難民たちは、シーア派、スンニ派という宗教的背景に関係なく、アサド大統領の善政を讃え、アサド大統領の統治下での平和な生活をなつかしがり、その時代に戻りたいと願っているということです。

にも関わらず、アメリカを筆頭とする西側諸国は、民主化や近代化という一元的な価値観から、「化学兵器の使用」や「残虐行為」や「独裁政治」などという罪をなすりつけてまでも、革命を煽り立て反政府勢力を支援してきました。



しかし、アメリカ国民自身が、そのようなアメリカ政府の欺瞞に気づき始めています。

シリアを始めとする中東の人々がたどっているこのプロセスは、「残虐行為」や「独裁政治」という罪をなすりつけられ、原爆までも落とされて「民主化」された、私たち日本人がたどったのと同じプロセスであり、また、「構造改革」を推進する安倍政権下で、私たちが目下たどっているのと同じプロセスに他なりません。

シリアのアサド大統領と同じように、私たち日本人も、「歴史問題」においては誇張され歪曲された罪をおしきせられ、同時に「構造改革」を強要されています。

このプロセスにおいて、安倍晋三という「保守」政治家は、一体どの側に立っているのか。

昨年の夏、アメリカ政府がシリアの攻撃を目論んでいたその時に、アサド大統領を「化学兵器を使用している」といって真っ先に糾弾し退陣を求めたのが、安倍晋三でした。
安倍首相「アサド政権は道譲るべき」「化学兵器使用可能性高い」と非難

安倍晋三首相は28日午後(日本時間同日夜)、訪問先のカタール・ドーハで記者会見し、シリア情勢に関し「日本政府としてはシリアで化学兵器が使用された可能性が極めて高いと考えている。化学兵器使用はいかなる場合でも許されるものではない」と述べた。

首相は、カタールのタミム首長との会談でも「情勢悪化の責任は、暴力に訴え無辜(むこ)の人命を奪い、人道状況の悪化を顧みないアサド政権にある。アサド政権は道を譲るべきだ」と訴えた。

「歴史問題」に悩まされる私たち日本人は、歪曲された罪を着せられることの悔しさを世界で一番よく知っている国民のはずです。

「あなたがたは前近代的な悪の国家である。」

国際社会からそのように一方的に断じられることの理不尽さを、世界で一番よく知っているのが私たち日本人です。

にも関わらず、「正しい歴史認識を持っている真の保守政治家」として賞賛されている安倍晋三は、アサド大統領を擁護したり、慎重に判断を保留したりするどころか、恥知らずにも、「あなたがたは前近代的な悪の国家である。だから我々の改革を受け入れよ」とあらぬ罪を他の国の人々になすりつけて糾弾し、改革を強要する側に立っています。

自国民に「構造改革」を押し付けるばかりか、他の国の政府の転覆と国家解体にすら加担しようとする、このような為政者をもってしまった。日本人として、こんなに不名誉なことがあるでしょうか。

各国の国民の主権や文化を尊重するどころか、国の枠組みを破壊しようとする側に立つこのような男が、靖国神社に参拝して愛国者を気取る。これほど英霊を愚弄する行為があるでしょうか。

なぜ、このような政治家が、日本の「保守」「愛国」の権化のようにいまだに語られているのか。

私にはさっぱり理解できません。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

中東は親日なのにさんへ

フセインもカダフィもアサドもアメリカに楯突いて、酷い目に遭ったわけではありません。
アメリカは最初から中東7カ国と戦争するつもりでした。
この動画を御覧ください。
http://www.youtube.com/watch?v=ugmjLDNSVJU

No title

あれ、フィフィさんは結婚してましたよね。在日韓国人が彼氏って、ツイート、すぐに消してあったそうです。
全く信ぴょう性が分かりません。芸能界でよくあるように、在日韓国人に書かされた、という説もあります。

まあ、とにかくフィフィさんが在日韓国人の言っていることのおかしさを指摘しただけで、在日韓国人達に猛攻撃され続けていること、それだけです。このことと、何も関係ないですよね。

No title

アサドもフセインもカダフィも、アメリカ(欧米?)に楯突いたことで、あんな目に遭わされたのだと思っています。

汚名を着せられる悔しさは日本・日本人が嫌と言うほど味わってきたことですが、もしも、日本が正々堂々と正論を主張するようになったらどうなるでしょう?
経済制裁の後、ついにはまた原爆を落とされるかもしれない、と思ったりします。
アメリカが落とさずとも、北朝鮮や中国が暴走したことにしてやらせることは可能ではないでしょうか?
それとも、地震兵器を使うか?(地震兵器など、荒唐無稽だとも思いますが、こういうSFっぽい発想、アメリカは好きですよね。)
独裁国家なら独裁者を消すだけで済むでしょうが、民主主義の日本では、
”許しがたい邪魔な存在”は国民全部ということになるでしょう。

本当に悲しいことですが、情けない日本の首相の言動の裏にはそういうことがあるのかな?と・・・。

もちろん、私はそんな日本のままでいてほしくありませんが、どうしたら良いかも分かりません。





No title

名無し氏の理想とする国家像は、凡そ「文明国」ではありません。
彼は「野蛮」極まる動物か原始人の世界に生きているのでしょう。

http://kazuyahkd.com/archives/871

カズヤがこんな「いいこと」(笑)を書いてくれてます。
西郷隆盛の有名なこの言葉ですね。

【正道を歩み、正義のためなら国家と共に倒れる精神がなければ、外国と満足できる交際は期待できない。その強大を恐れ、和平を乞い、みじめにもその意に従うならば、ただちに外国の侮蔑を招く。その結果、友好的な関係は終わりを告げ、最後には外国につかえることになる】

【とかく国家の名誉が損なわれるならば、たとえ国家の存在が危うくなろうとも、政府は正義と大義の道にしたがうのが明らかな本務である。戦争という言葉におびえ、安易な平和を買うことのみに汲々するのは、商法支配所と呼ばれるべきであり、もはや政府と呼ぶべきではない】

だから、少しでも「日本人の誇り」がある人ならば、アメリカがどんなに強大であろうとも、日本の正義を放り捨てて奉仕するわけにはいかないんですよ。
そんな国は『外国の侮蔑を招く』のですから。
(カズヤは、中国・韓国にばかりこの言葉を振りかざして、アメリカにはほとんど無批判なんですがね)

ついでに名無しの野蛮人氏の為に、西郷隆盛の言う「文明国」の定義も引用しておきます。

【予嘗て或人と議論せしこと有り、西洋は野蛮ぢやと云ひしかば、否な文明ぞと争ふ。否な否な野蛮ぢやと畳みかけしに、何とて夫れ程に申すにやと推せしゆゑ、実に文明ならば、未開の国に対しなば、慈愛を本とし、懇々説諭して開明に導く可きに、左は無くして未開蒙昧の国に 対する程むごく残忍の事を致し己れを利するは野蛮ぢやと申せしかば、其人口を莟めて言無かりきとて笑はれける】

意訳します。

【私は、かつてある人と議論をしたことがある。
私が「西洋は野蛮である」と主張すると、その人は「いや文明国だ」と主張し議論になった。私が再度「西洋は野蛮だ」と畳みかけて言ったところ、その人は「どうしてそんな事をいうのか」と私に尋ねてきた。私は次のように説明した。

本当の文明国ならば、未開の国に対しては慈愛の心をもって接し、熱心に教え諭して文明化に導くべきであるのに、未開蒙昧の国であればあるほど西洋諸国は残忍な仕方で接し、己を利してきた。従って西洋は野蛮だ

その人は口をつぼめて言い返す事ができなかった】

かつての日本やドイツ、アフガニスタンやイラクやシリアが本当に未開で野蛮な国であるならば、懇切丁寧に何度も何度も教え諭して導いていくのが「文明国」のやり方です。
無差別爆撃を繰り返して、一方的に戦争犯罪を敗戦国にだけ押しつけて、勝手に自分の都合が良い国家に改造するようなアメリカは、野蛮の最たる例ですね。

追加

私もフィフィさんをこれからも支持し、応援します。

きれいごとはやめろ、と書いている人は、まっとうな日本人とは思えません。
もっと勉強して下さい。
言葉遣いに、その哀れな人間性が十分表れていますね。

名無しさん

綺麗ごと?誰が一番綺麗ごと言っていますか。

「戦後レジームからの脱却」
「日本を取り戻す」
「瑞穂の国の資本主義」

あべこべな政策をとりながら、こういう空虚な言葉を並べて国民を欺いてきた安倍晋三が一番綺麗ごと言ってたじゃないですか。

自分たちの利益のために、他の国の人々にあらぬ罪を着せてその人々の国をつぶしていいんなら、我々日本人が、歴史問題においてあらぬ罪を着せられて、原爆を落とされ、国を根底から作り替えられた。そのことに対して何も文句をいう資格はないということになります。

それが安倍政権や安倍政権を支持するあなたがたの本音ならば、最初から正直にそういえばいい。

「戦後レジームからの脱却」だの、「日本を取り戻す」だの、こういう嘘八百を並べる必要はない。靖国神社など参拝する必要もない。「我々はアメリカ様に食べさせてもらっている。アメリカ様に歯向かってはならない。アメリカ様に我が身を差し出すことこそ日本の国益である。TPPに参加せよ。消費税を増税せよ。規制を取り払え。関税を取り払え。国境や国籍はもう要らない。外国人をどんどん日本に入れよ。構造改革を推し進めよ。グローバル化万歳。」嘘八百を並べずに最初からこのように正々堂々と本音を述べて選挙を戦えばよかったではないですか。

もしそれがあなたがたの本音ならば、中国人や韓国人が反日プロパガンダを展開しても、日本人は反論する資格もないということになります。だって彼らはアメリカ様のつくった戦勝国史観を反復しているにすぎないんですから。「はいそのとおりです。ごめんなさい。」と謝って、アメリカ様から授かった自虐的な歴史観を永遠に押し戴いていればよいということになります。

中国人や韓国人が、誇張し歪曲した罪を日本人に着せるときには、ぶーぶー文句をいいながら、他の国の人たちには平気であらぬ罪をきせ、国家破壊にまで加担する。そういう恥ずかしい事を日本人としてするなって言ってるんですが、そのような人間として最低限の誇りすら、私たち日本人は語る資格はないということですか。

ちなみに、インドネシア、アルゼンチン、ブラジル、南アフリカ、イタリア。日本より遥かにまずしい小国ですら、シリア攻撃に反対していました。

http://www.youtube.com/watch?v=BKvYJuBN1Aw

No title

フィフィさんは以前ツィッターで、自分の彼氏は在日韓国人と言っていた記憶が・・・ 結局、昔からこの辺りの事象は朝鮮右派と朝鮮左派、もしくはオールドカマーとニューカマーの争いだと思います。

綺麗ごとはやめろや。

ブログ主は、綺麗ごとが好きな世界平和を叫ぶ左翼と同じ。ボケか。

地球の限られた資源(食物も水は必須)の中で、人間が生きる為に他国を獲り合うのは必然的。
それはいつの時代も同じ。弱肉強食は、変わらない。

資源が限られているという事を知れ。現実見ろや。

ちなみに日本人は、米国などが闘って得た中東から資源を分け与えて貰っている。
日本はバカ高い金を払ってでも石油を購入し、日本国民がそれを使用し、
さまざま生活、経済発展に恩恵を受けいている。

中東人を犠牲にして生きているのは、日本人もそうだ。お前もな。

そんな基本ぐらい知れや。現実知れや。小学生以下か。

エジプトのタレントフィフィさんを応援したい

エジプトのタレント、フィフィさんは、WJFさんの味方だと思いますよ。

韓国の日本批判のおかしい点を挙げただけなのに、在日韓国人達、工作員達にものすごい誹謗中傷で攻撃されて、ブログも炎上しましたよね。ストーカーに会って殺されないように、外に出るときはサングラスして完全防備しています。

当時のフィフィさんのTwitterを見たら、在日韓国人達がいかにしつこいかがよく分かります・・。

フィフィさんに、この韓国工作員の酷い実態を、中東の人達にもっと発信して頂きたい、と期待を寄せているのですが、日本の芸能テレビは、在日韓国人が強いため、フィフィさんの仕事をなくさせてしまい、テレビにめっきり出る機会が減りましたね。

No title

管理人様はもしかしたらお嫌いかも知れませんが、
エジプト人タレントのフィフィも「アラブの春」で同じような指摘をしてましたね。

日本に伝わってくる情報はことごとくアメリカ側の情報ばかりで、アラブ側の情報は全く伝わってこない、と。

彼女も反米で反TPPで、それが日本を日本じゃなくしてしまう危険性は知っているみたいです。

中東の紛争とTPP・構造改革・規制緩和

今回は随分と鋭く突っ込みましたね。
中東の紛争とTPP・構造改革の本質が同じである事は明白です。
シリア内戦では、欧米諸国と日本がアサド政権に濡れ衣を着せている事は、この動画で理解できます。
http://www.youtube.com/watch?v=od0klQ1YqtA
反政府勢力がサリンと化学兵器を使った事も、動画で確認できます。
http://www.youtube.com/watch?v=Oz_MpgZhZLg
http://www.youtube.com/watch?v=zBG9Wy02Gfs
http://www.youtube.com/watch?v=U_962cCZr38
リビア侵攻の教訓が生きて、現在は、ロシアのプーチン大統領と世界中の人々の反対で、欧米諸国はシリア空爆を断念して、シリア政府軍が優勢になっています。
中東の紛争と構造改革が何故同じなのか解からない方は、この動画シリーズを御覧になってリビア侵攻の真相を理解してください。
http://www.youtube.com/playlist?list=PL42BE05DBA5840FED
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。