安倍晋三に苦言を呈された天皇陛下

逆賊どもを討て。
週刊文春のある記事を引用させていただきます。
天皇の憲法発言に秘められた安倍政権への強いメッセージ

「わが国と世界の人々の安寧と幸せを祈ります」

恒例の新年一般参賀でこう述べられた天皇のご表情は、とてもにこやかで新春にふさわしい晴れやかなものだった。だが、80歳の傘寿を迎えられた昨年12月の誕生日会見に臨まれた際のお顔は、少し趣が違うものだったという。

宮内庁担当記者が語る。

「会見での陛下のお言葉からは何かを伝えようという強いご意志が感じられました。ご発言には、安倍政権を意識されているのでは、と思われる部分が随所にありました」

会見で天皇は、人生で特に印象に残ることとして「先の戦争」を挙げ、「日本は、平和と民主主義を、守るべき大切なものとして、日本国憲法を作り、様々な改革を行って、今日の日本を築きました」と指摘。「当時の知日派の米国人の協力も忘れてはならない」と付け加えられた。皇室の活動と政治との関わりについての質問には、「今後とも憲法を遵守する立場に立って、事に当たっていく」と明言された。皇室関係者が語る。

「憲法を作った主語を日本としたうえで、わざわざ知日派の米国人の協力に言及されたのは、現行憲法が単に米国から押しつけられたものに過ぎないとの考え方に、反論されたとも受け取れます。安倍政権が憲法を改正して、天皇を象徴ではなく元首に戻そうとしていることに対し、憲法に従い『象徴天皇とは何か』をずっと追求してこられた陛下は、ご自分の生き方を否定されたように感じられたのではないでしょうか。だからこそ、昨年4月の『主権回復の日』を記念する式典に陛下をひっぱりだすなど、皇室の政治利用に遠慮をみせない安倍政権へのメッセージとして、あえて憲法を遵守する立場を強調されたのだろうと思います」

会見では、五輪招致をめぐる皇室の政治利用問題で菅義偉官房長官とバトルを繰り広げた宮内庁の風岡典之長官にも言及。「宮内庁長官始め関係者も、この問題が国政に関与するかどうか一生懸命考えてくれました」と述べられ、天皇の良きアドバイザーになっていることを示唆して風岡長官に助け舟も出されている。

「現政権が風岡長官を毛嫌いし、交代させようとしているとの噂もあるので、陛下は釘を刺されたのではないでしょうか」(前出・記者)。果たしてメッセージは届くのか?

天皇陛下がここまで政治的に踏み込んだ発言をされるのは、よほどの事態であると私たち国民は理解しなくてはなりません。

昨年4月28日、沖縄の人々を置き去りにしたまま安倍政権が強行した「主権回復の日」では、安倍晋三を始めとする自称「保守」の政治家と言論人たちは、終始強ばった表情を崩されることのなかった天皇皇后両陛下に対して、万歳三唱を浴びせるという非礼を働きました。





それとは対照的に、国民の窮状を知らせようとして天皇陛下に手紙を渡し、非礼を犯したと似非「保守」たちが大騒ぎした山本太郎に関しては、天皇陛下は気分を害されたり苦言を述べられたりするどころか、山本太郎のことをかばっておられました。

誰がどう見ても、天皇陛下は、安倍政権がやってきたこと、安倍政権がこれからやろうとしていること、また似非「保守」たちの偽物の「愛国心」に対して大きな懸念を抱かれておられます。

天皇陛下の目は節穴ではありません。

天皇陛下を悲しませる安倍晋三のような男が逆賊であるならば、安倍晋三のような男を支持する連中もまた、同じ逆賊に他なりません。

私たちは、物量と組織力を誇る、彼らインチキ「保守」勢力に対して、多勢に無勢の困難な戦いを強いられてはいますが、錦の御旗は、安倍政権を支持する彼らの側にはなく、安倍政権に対して強い懸念を抱いている我々の側にあることは明らかです。

一日も早くこの逆賊政権を討ち倒し、彼らの国家破壊の企てを頓挫させ、この国を守り抜くことが、私たち国民の神聖なつとめです。

参照記事:
国民を愚弄する「主権回復の日」式典(2013年4月15日)
主権回復の日」が孕む自己矛盾(2013年4月28日)
チャンネル桜による不敬発言:「主権回復の日」を推進する勢力(2013年5月1日)
西村修平氏: 『歴代、これほど天皇陛下に不敬を働いた政権は安倍政権をおいて他にない』(2013年5月3日)
天皇陛下が山本太郎の身を案じておられるのに、山本太郎を叩きつづけるチャンネル桜(2013年11月16日)

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

この話題、再燃か

「ビジネスジャーナル」というところが、1月23日付けでほぼ同内容で、「NHK」をタイトルにして記事にしております。「痴呆コメント」付きのLivedoorの方のリンクを張っておきます。
http://news.livedoor.com/article/detail/8461334/

ちなみに、他のネット上の反応を見ようと検索したら、あまりヒットしませんね。今回は、偽装保守がNHKを叩けば自爆し、かと言って日本否定論者が御宸襟を拠り所にするわけにもいかずといったところでしょうか。(ニコニコ内にある綺麗にデザインされた孫崎享のページがヒットして苦笑しましたが。)

 

先週、伊勢神宮に参拝してきました。

当日はあいにくの曇り空でしたが、ちょうど宇治橋を渡りはじめたとき、雲間から御神体である天照大御神そのものである陽光が差し、橋全体が燦々と輝き、そのご光威に包まれて内宮に参拝するという奇跡の瞬間が訪れ人生の中でも最も感動した体験となりました。

あらためて日本人でよかったと、奥深いところから魂を揺さぶれる感動をいたしました。

そのような神宮がなぜ二千年の時のなかで、日本人の心の故郷であり続けたのか。

そのことを可能にしてきたのは、多民族からの武力、そして文化的な侵略を受けることがなかった歴史の中にあると確信しております。(今の戦後は侵略の真っただ中ですが・・)そういったことからもコラッジョさんのおっしゃることに賛同します。

古代ギリシャも日本のように多神教でした。しかしながら、ローマ帝国の植民地にされた後、ローマ皇帝の改宗により一神教のキリスト教を強制され多神教は否定されました。ギリシャで花開いた文化は西欧社会に残っているとはいえ、肝心たる文化の主体そのものは消え去り、ただの遺跡となって残っているだけです。

伊勢神宮は過去の遺構、遺跡ではなく、今でも20年経つたびに新しく若返りして日本人とともに在る、まさに日本の国柄を未来永劫へと世代を超えて伝える精神の結晶である神域です。

グローバリズムとは全く相容れぬ八百万の神々が織りなす国柄である日本を、何としてでも外部の穢れから守らなければなりません。

No title

「神武天皇は存在しなかった」
「十代天皇と言われる崇神天皇までの天皇は存在しなかった」
「いや、天皇の歴史の始まりは継体天皇からだ」

日本の天皇を卑下したくてしたくてたまらない人々は盛んに色んな事を言いますが、
それでもどんなに遅く見積もっても「継体天皇の時代から万世一系」という事実は否定できません。
継体天皇は西暦500年前後の人物ですが、この西暦500年前後に存在した世界中の国家の中で、その王族が未だに存続し、一定の尊敬を集めている国が一体どこに在るのか?

日本の皇族に匹敵する歴史を誇るのは、エチオピアのソロモン王朝くらいしかありません。
しかもソロモン王朝だってケチを付けようと思えばいくらでも付ける事が可能。
旧約聖書のソロモン王の記述以降、13世紀以前には、一切存在が確認されていないのです。

確実性という意味で言えば、日本の皇室の方が700年は古いのですよ。
その点は素直に日本の皇室の凄さを認めるべきだと思うのですがね。
今の日本人は、自国が誇るに足る歴史・伝統・文化遺産まで簡単に卑下・侮辱・廃棄してしまいますね。
情けない限りです。

これは「GHQ改革のせい」と言うよりも、明治以来の「日本は劣った国」という思いこみが為せる代物でしょう。

個人的な妄想を書いてしまえば、日本は遣唐使廃止や江戸時代の海禁政策を見習って鎖国し、改めて「国風文化」の教育・育成に励んだ方が良いとさえ思いました。

古事記と日本書紀の・・・

原書であるヲシテ文献の研究によって、日本の歴史は、縄文時代から連綿と続いてきたことが明らかになっています。
このことを、ひとりでも多くの日本人に知ってもらいたいです。

かきおさん

人類の系統を調べる上で、Y染色体のハプロタイプと呼ばれる遺伝子の型を調べる方法があるそうです。同じハプロタイプをもつ集団を「ハプログループ」と呼び、日本人は、「ハプログロープD2」に属しています。この「D2」というハプロタイプは、他の民族には全く見られない日本人に固有のものであり、またアイヌや琉球の人々に顕著に見られることからしても、縄文人に由来する遺伝子型であると言われています。

文化的にはどうでしょうか。後に、弥生人が大陸から日本列島に渡ってくるわけですが、三種の神器の一つにも数えられる勾玉、その最も古いものは縄文早期の遺跡から見つかっており、勾玉は、弥生時代の遺跡からも古墳時代の遺跡からも発見されています。この事実は、弥生人は縄文人と対立しあい縄文の文明を殲滅したのではなく、縄文人と平和的に融合し、縄文の文明をそのまま継承していったことを示唆しています。

また宗教学者の中沢新一氏に『アースダイバー』という興味深い書物がありますが、現在の東京の地図に、縄文時代の海岸線の地図を重ね合わせてみると、神社や寺が、縄文時代の海岸線に沿うように建てられていったことがわかる。このことは、日本のスピリチャリズムの源流は縄文時代にまでさかのぼることができ、縄文人がパワースポットとみなしたその伝承が日本人の歴史を通じて連綿と受け継がれていったことを意味します。

言語はどうか。日本語の起源に関しては様々な説があるようですが、万葉集のような奈良時代に編纂された古い歌も、現代の私たちは十分に理解することができます。このことは世界的にみれば決してありふれた話ではありません。自分たちの言語を失った民族は数知れません。

遺伝学的にも、考古学的にも、言語学的にも、文化人類学的にも、日本人が、太古の昔より、一つの文明を連綿と受け継いできた同一の民族であると述べても決して根拠のない話ではありません。

No title

現天皇陛下は僕も大好きですね。

しかしですが

>一つの皇室、一つの民族によって、途絶えること無く連綿と受け継がれて来た国

これ、断言できるほどの根拠がないのでこういう希望的観測はブログ全体の信憑性をそぎますから主張しないほうが良いと思いますよ。

むしろ日本という国は何度も何度も他民族と争いながらも、ときにお互い折り合いをつけ、異民族の文化や家柄の取り込みも行ってきたからこそ古から続くことが出来た柔軟な国と主張するほうが古事記、日本書紀などを読んで受ける素直な感想だと思いますがいかがですか?

いつも勉強させてもらっています。
WJFさんとポン吉さんのブログは大変参考になり、共感しています。
これからも自分に出来ることを行動にうつしていきます。
頑張りましょう!

ねずさん

「ねずさんのひとりごと」という、おそらくかなりアクセス数の高いブログがあります。ブログを見ると、少し商業主義が目についたり、特定の政党、政治家に傾倒していたりと怪しいのですが、この人が書く文の平易さにより読ませる力、その文章量でカバーする話題の広範囲さはときどき目を見張るものがあります。

今回のエントリーを理解する上で、その助けとなるようなものが書かれていたので紹介します。
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-2126.html

(紹介しておいて何ですが、ねずさんのブログは「読み物」を中心とした自分の目的を達成するためのツールだと思われます。目的とは、特定政治家の支援、自分の商業活動、前者が後者ための手段、そのいずれかでしょう。)

心が洗われるような文面です。

WJF さんのおっしゃるとおりです。いつも国民の幸せを祈っている天皇陛下。そんな陛下がここまでおっしゃるとは、日本は本当に危機的状態です。

なんとしても、安倍自民から私達日本人に主権をもどさねばなりません。まずは、名護市長選、東京都知事選で馬脚を外し、震度100くらいの衝撃を安倍に与えねばなりませんね。

名護市の方、東京都の方よろしくお願いします。

反日勢力を斬る!というブログのコメントに、安倍の問題点を書いたら消された・・

私も、このブログにある記事を約1ヶ月かけて一通り読んで、今まで知らなかった沢山の事を知りました。
これまで、流されるまま、自ら事実を知ろうという気持ちも殆ど無く、そんな自分を猛省しています。
これからは、私にも出来る事をしていこうと思っています。
私も大切なこの国や、天皇さまを、守りたいと思っています。
安倍から、この国を守らなくてはなりませんね!
周りにも事実を話し、私自身もこれからは積極的に行動していきます!

その通り。
安倍は朝敵です。

今まで・・・

「日本の本当の歴史」 「天皇陛下とは?」 ということを、学校でも家庭でも、きちんと教わってこず、自分から知ろうともしませんでしたが、いろいろなことを知ってからは、日本を、天皇陛下をお守りしたい、と、強く願うようになりました。

やはり、未来を担う子供達への、真実を正しく伝える教育、が、一番大切なことなのだと思いました。

WJF様のブログを読むと、目の前のもやもやがすっきりします。どうもありがとうございました。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。