安倍政権、「外国人労働者」の拡大を検討

単純労働者受け入れも
安倍晋三や自民党が、ずっと移民政策やグローバリズムを推進してきたことを知っている人にとっては、何の驚くこともないニュースですが、一応紹介させていただきます。
[東京 8日 ロイター] -建設現場などでの人手不足の対応策として、政府部内で外国人労働者の受け入れ拡大が本格的に検討されはじめた。3年間を上限と定めている技能労働者の滞在期間の5年間への延長について、年央までに結論を出す。

単純労働者の受け入れ解禁も中期的に検討対象に浮上している。ただ、政府・与党内には異論もあり、検討は慎重に進めることになりそうだ。

政府の産業競争力会議は昨年12月26日、「雇用・人材分科会」の中間整理で、技能労働者を受け入れる外国人技能実習制度の滞在期間を現在の3年から延長するよう、法務省の懇談会で議論し、2014年央までに結論を得ると盛り込んだ。

これに先立ち政府が設置した農林水産業・地域の活力創造本部がまとめた答申でも、実習制度の3年から5年への延長が盛り込まれ、法務省の懇談会で14年内に結論を得ることとなっていた。

外国人技能実習制度とは、日本の技術を途上国に移転し、人材育成を支援するために1993年から導入され、この制度による国内在留外国人は現在、約15万人となっている。

もともと日本企業が海外進出する際に、現地で採用する労働力の確保を主眼とした制度だったが、人手不足対策として同制度を使って外国人労働力を確保したいとの産業界の声が高まっている。

政府内でも「経済財政諮問会議では、2%の経済成長が必要としているが、逆算すると労働者足りない」(関係者)として、外国人労働力の必要を唱える声が出てきた。

このため技能実習制度の拡大に加え、特定の専門・技術分野を持たない単純労働者の入国も、時限的に緩和する案も政府部内で浮上している。

東南アジアの国々と個別に建設関係の資格を持った労働者について、時限的な受け入れを協議する案なども検討対象になる可能性がある。

もっとも政府内にも慎重な意見も多い。首相官邸や、財務省など経済系官庁は前向きだが「厚生労働省と法務省が慎重な立場」(政府関係者)だ。国内で職に就かず学校にも通わないニートが多数いる現状で、外国人労働を増やすことへの抵抗感があるほか外国人労働者の増加によって、治安が悪化するリスクを指摘する声も広がりをみせている。

菅義偉官房長官は8日の記者会見で、外国人労働者の拡大検討に言及したが、あくまで「慎重に検討する」と強調した。2020年の東京オリンピック開催や震災からの復興の中で「建設に関する人材不足や資材不足といった問題があることは承知している」と指摘し、「まずは若者をはじめとする潜在的な労働力の活用が大事だ」としつつ、「同時に、外国人労働力も、建設需要の規模や国内の労働市場、国民生活への影響などを踏まえながら、政府全体として慎重に検討していきたい」と述べた。

政府が労働力不足を成長の阻害要因と認め、単純労働者を含めた外国人労働者の受け入れ拡大にカジを切るのか、それとも現状維持的な判断を下すのか、2年目を迎えるアベノミクスの動向を大きく左右することになりそうだ。

(ロイターニュース 竹本能文 編集:田巻一彦)

大学を卒業しても就職がままならない若者があふれる今の日本に、労働力が不足しているわけがありません。不足しているのは、あくまで「安い労働力」です。

「労働の尊厳」など求めもせず、創造力を発揮する余地のない画一化された単純労働を、ロボットのように文句も言わず黙々と行い、いらなくなったらいつでも使い捨てることのできる「便利な労働力」です。

安倍政権が、オリンピックを口実に、グローバル化を推進するだろうことは、「オリンピック開催と引き換えに日本が失うもの」(2013年9月8日)という記事で以前にも警告を発しました。

また、「WJFプロジェクトは、なぜ安倍政権を批判するのか」(2013年5月24日)という記事で、私は下のように書きました。
TPP、道州制、日中韓FTA、RCEP、マイナンバー制度、消費税増税、電力自由化、留学生30万人計画、ビザ免除国拡大、アベノミクス特区などは既にほぼ確定。サービス残業自由化(ホワイトカラーエグゼンプション)、解雇自由化、英語公用語化、水道民営化なども、安倍政権は、参院選後に明確に打ち出してくるでしょう。

安倍政権が推進するこれらの政策が実現すればどのような未来が待っているかお解りですか?

「時給200円、平均年収は100万円の新興国並みの生活水準に逆戻り。格差と貧困が蔓延。しかも、消費税は10%。解雇やサービス残業が自由化。都市も地方も外国人だらけ。水道や電気は外国資本に牛耳られ、道州制によって各州は分離独立や外国(資本)の間接支配の危険におびえる。日本の農業は壊滅し、産業はどんどん国外に出て行き、若者が働く場所がなくなり技術の伝承は途絶えて日本の強みはますます失われる。残留農薬をたっぷり含み遺伝子組み換え作物を使った安くて危険な食品が街にあふれても規制ができない。お金がないから安くて危険な食品しか食べられない。国民皆保険は崩れて医療費は高騰、歯医者にいくこともままならない。政府に不満があってもマイナンバー制度やインターネット規制やネット選挙により国民監視が進み、自由に政府批判をすることもできなくなる。ほとんどの人間は奴隷のように低賃金で働き、危険な食品を家畜のえさのように食べさせられて、くたくたになって死んでいく。」
もちろん上のような時代が、安倍政権下で、1年や2年の間に直ちに訪れるわけではありません。しかし、安倍政権、そして自民党は、その方向に向かって、一つ一つ、確実に、駒を推し進めています。

「お前を愛している」とささやきながら女性に暴力を振るうドメスティック・バイオレンスの男性のように、安倍晋三は愛国者としてふるまいながら日本を壊します。

国民が目を覚まし、病んだ「愛国者」から離脱するのが早いか、安倍晋三が日本を壊すのが早いか。

どちらでしょうか。

自称「保守」の人々は、移民やグローバリズムを推進する安倍晋三や自民党を指差して、「保守」だの「愛国」だの、子どもでもわかるような嘘をつくことだけは、いい加減にやめにしていただきたいものです。

とは言っても、意図的に人々を欺く詐欺師に「嘘をつくな」と言ったところで、やめるわけがありませんから、少なくとも、人々を騙しているのではなく、単に騙されている人たちはいい加減、とっとと目を覚ましましょう。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

http://news.nicovideo.jp/watch/nw920471

安倍晋三は「民意よりアメリカの方が大事」と態度であらわにしましたね。

それにしても、このニュースの元は共同通信です。
共同通信と言えば、馬鹿な安倍信者が「反安倍に凝り固まったチョンの巣窟」と言わんばかりに批判している通信社です。

そんな会社であるはずなのに、タイトルの時点で既に安倍晋三を「美化」しております。

【首相、普天間移設は計画通り推進 「地元の理解もらう」 】

「地元の理解もらう」なんて、記事のどこにも書いてありません。
記事には次のように書いてあります。

【安倍晋三首相は21日、沖縄県名護市長選で米軍普天間飛行場移設反対派の稲嶺進 市長が再選されたことに関し「地元の理解をいただきながら誠意を持って前に進めていきたい」と述べ、名護市辺野古への移設作業を計画通りに進める考えを強調した。】

『地元の理解をいただきながら』が、一体どう読めば「地元の理解もらう」に短絡されて読解できるのでしょう?

一応表面だけ地元住民の説得に努めて失敗し、「理解が得られなかったけど断固やります」という幕引きになっても、
「地元の理解をいただきながら誠意を持って前に進めていきたい」という言葉には含意されています。
これは詭弁中の詭弁の解釈かもしれませんけど、安倍晋三は今まで様々な公約破りを繰り返してきました。
この手の詭弁によって公約破りを正当化してきたのです。
いや、「公約破り」とは本人は思ってすらいないのかも知れません。
『私は選挙の時もそれ以前も何度も説明してきた』と言い張るかも知れません。
(実際、管理人様の指摘される通り、安倍晋三は隠そうともしないで売国的な言辞を繰り返しています)

共同通信の国語力は、「ゆとり世代」を小馬鹿にできるレベルではありません。
ついでに、安倍晋三みたいな奴を信奉する安倍信者も、共同通信のような間接的な安倍擁護マスコミを敵視しているに過ぎません。
安倍信者が「盲目的」に安倍晋三を賛美するのに対して、朝日新聞や共同通信は一見安倍批判に見えても結局は安倍晋三に都合が良くなるような報道しかしないように見受けられます。

No title

http://news.nicovideo.jp/watch/nw920374

安倍がまた外国に行くわけですが、どんな余計な事を国際社会に喋ってくるんでしょうね……
外国で一方的に喋るだけで『国際公約』などとほざき出す……
いつものパターンが始まりそうです。

外国人労働者だけでなく、外国人観光客への規制も緩和されていきそうです。

日本アカデメイア 安倍内閣総理大臣スピーチでこのような発言をしています。

http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2013/1219speech.html

「やれば、できる。」来年以降は、次の2000万人の高みを目指し、外国人旅行者に不便な規制や障害を徹底的に洗い出し、観光立国をさらに加速してまいります。


見ていると全てがカネ、カネ、カネだけのような。
外国人への不便な規制や障害とは何なんでしょうか?
今でさえ多言語表記などが全国各地にあります。
先日、地下街を歩いていて中国語、韓国語のアナウンスが聞こえてきて、ここはどこの国なんだろうと怖くなりました。
いろんな分野で外国人への規制が緩和されていくのではと危機感を感じています。

No title

1月14日に放映されたNHKのクローズアップ現代をご覧になったでしょうか?
http://www.j-cast.com/2014/01/15194211.html

一日16時間労働で年収250万円以下の若者たちがポエムを叫び現実逃避している姿が異様でした。
自民党政権が長く続けばこのようなブラック企業へ外国人労働者が流入し、現場は更に劣悪なものになると思います。
これからの若者たちの未来を思うと悲しくてなりません。

No title

ある日、移民政策で一人の外国人が日本に移住してきました。

外国人は単純労働の憂さ晴らしのために、歩いていた女性を強姦しました。

女性は強姦された過去から「自分は汚い人間だ」と錯覚するようになり、

人格障害を発症してしまい、仕事を辞め、家に引きこもるようになりました。


・・・


移民政策を放棄するなら、この例え話は例え話のまま終わる。

だが移民政策を実行に移すのなら、もはや例え話ではなくなるのだ。


移民政策断固反対!!

No title

移民で失敗した例は掃いて捨てるほどあるのに、それを強力に推し進める自民党。
在日朝鮮人を蛇蝎の如く嫌っている安倍信者なら、猛反発するはずなのに、未だに安倍を熱狂的に支持しています。
安倍信者は存在そのものが矛盾だらけ。
自民党は明確な悪意でもって、日本人を滅ぼそうとしている。
危機は目に見える形で迫っているのに。



WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。