安倍晋三の靖国神社参拝を受けてWJFプロジェクトは息をしているか

改めて言う。歴史問題と構造改革は連動している。
安倍晋三の靖国神社参拝を受けて、なぜか「WJFざまあ」とか「WJF息をしている?」などと勘違いをした書き込みをされている方たちがいるようですので、WJFプロジェクトの立場を今一度明確にしておきたいと思います。

WJFプロジェクトの主張は一貫しています。

日本に、戦勝国史観(自虐史観、東京裁判史観)を押し付ける勢力と、日本に構造改革を要求する勢力は、根底において一つにつながっている。

戦後、GHQの統治下で、既にこの二つが一体であったように。

歴史問題において強硬な態度をとりながら、構造改革において外国の圧力に唯々諾々と従うというのでは片手落ちであるし、逆に構造改革において強硬な姿勢を訴えながら、歴史問題においては、戦勝国史観(自虐史観、東京裁判史観)をそのまま受け入れるという姿勢も、同様に片手落ちである。

つまり歴史問題にばかり敏感で、構造改革やグローバリズムには鈍感な従来の「右翼」も、構造改革には敏感だが、歴史問題に鈍感な従来の「左翼」もいずれも自己矛盾に陥っており首尾一貫していない。正しい姿勢は、歴史問題においても、構造改革においても、より広いコンテキストとの柔軟な対話の姿勢を保ちながらも、日本の主体性を失ってはならないというものです。

「歴史」とは、「これまで」の歩みをめぐる、国家や共同体や民族の自己認識のための行為であり、

他方、「政治」とは、「これから」の歩みをめぐる、国家や共同体や民族の自己決定のための行為です。

「歴史」においても、「政治」においても、国家や共同体の主体性が十全に発揮されなくてはなりません。

ですから、安倍晋三が靖国神社を参拝したこと、そのこと自体に対して、WJFプロジェクトが批判する理由はみじんも存在しません。

しかし、注意しなければならないのは、多くの人たちが既に気づいておられるように、靖国神社参拝によって、歴史問題に関しては一見、強硬な姿勢をとりながら、構造改革やグローバル化政策はそのまま積極的に推進していくという矛盾した姿勢です。

安倍晋三は、靖国神社参拝によって、日本という国家の枠組み(国体)を維持するために命を捧げた人たちに頭を下げた以上は、自らも命をかけて国家という枠組みを死守するために政治家として戦うべきなのですが、あろうことか、靖国神社を参拝する政治家が、国家の枠組みの解消に他ならないグローバル化政策を推進するという自己矛盾に陥っている。

この自己矛盾に関しては、安倍晋三は、これまで以上に厳しく批判されなくてはなりません。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

終戦の日でもなんでもない時に、隠れるように靖国参拝したところで、
それはただの愛国パフォーマンスだとしか思えません。

実際、国体否定をしているグローバリストの安倍晋三ですから、
やろうとしている事と今回の靖国参拝は矛盾があります。

いくら靖国参拝したところで、TPPやデフレ下増税を取り消しでもしない限りは
ただのパフォーマンスで終わってしまいます。

そんな事も考えずに、「安倍さん靖国参拝してくれたんだ〜!」と愛国パフォーマンスに
騙されてる安倍信者共はなんて短絡的な思考の持ち主なのでしょうか。

靖国参拝したから、なんなの。
国体破壊政策を進める以上は、何をやっても支持率あがらないよ、と思っていたら、
まさかの30%支持率アップですよ。。。

この国の人はほんとに騙されやすいんですね。はっきりいってあきれています。

No title

コラッジョ様

ご返信の中身の歴史解釈には大体同意しているのですが、るな様の文章の解釈は、曲解した形になってしまっていると思います。

るな様の主張
・アメリカには悪いところがあった。
・日本には悪いところがあった。
・(中国・韓国に悪いところが無かったとは言っていない)

コラッジョ様の解釈
・アメリカは悪くない。(るな様のアメリカ批判は「ポーズ」「アリバイ」でしかない)
・日本だけが悪い。
・中国・韓国は一つも悪くない。

ご返信を読んで、コラッジョ様がこのように書かれた理由は理解したのですが、るな様が書いていないことまで看破されると、?となってしまいます。

>相手が一方的に戦争を望んでいる場合、こちらがやれる事なんぞ極めて「限定的」でしかないじゃないですか。
これにも同意するのですが、それでも戦争は避ける方向で努力はすべきだと思います。
WJF様も、何度か、中国との戦争は極力避けるべきと仰っていらっしゃいますが、中国は、日本と戦争をしたがってはいない、という事が前提だったのでしょうか。
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-6e55.html
>挑発に乗らず極力戦争を避けること。
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-260.html
>中国との戦争は極力避けなくてはなりません。

私自身は左側の史観の持ち主ではないと思いますし、舌鋒鋭いコラッジョ様の一ファンでもあります。ご本人ではないのでこれ以上の発言は控えたいと思います。

自虐座標のB層

ちいほ氏、コラッジョ氏

下のエントリーのコメントが、問題の人の初めての書き込みです。
http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-259.html

WFJ氏の安倍批判だけに反応して書き込んでいます。冒頭に「歴史認識の違いは」云々と言っておいて、その後のコメントで証拠もあげずにネチネチとこだわるコメントをしています。偽装保守と同じで洗脳済みの人達ですから、相手にするだけ無駄です。上の同一コメント内で、論理の飛躍、矢継ぎ早に自分で書いた言葉に興奮していく様子等の典型的な症状が見受けらますので、確定でございます。そもそも、WFJプロジェクトは精査した証拠をコツコツと積み上げ、説得力のある動画を作ることから始まっておるにもかかわらず、そこを土足で歩いてくるコメントを続けております。

所謂この手の「自虐史観論者」は、最近は同じくらい救いようのない偽装保守に駆逐されておりました、少なくとも日本語のネット空間では。ところが、今回の靖国でなりふり構わない(安倍批判をしているブログがあれば何でも)最後の攻勢をしかけてきたように見受けられます。現在BLOGOSというサイトで重点的に活動しているようです。

No title

私はちいほ様一個人や、るな一個人に怒っているのではありません。
その背景思想が、ここでWJF様の批判されている「親米保守」と全く同列であるから批判しているのです。
「日本の過去は全て愚かしいものであった」とする歴史観は、アメリカがWGIPや東京裁判で広めた歴史観に過ぎません。
「反米」を主張するのであれば、まずは東京裁判史観を批判し、

『本当に日本の過去は、アメリカが言うように愚かしい事ばかりであったのか?』

と反省する態度が必要です。
ついでに、
『日本の行動・日本の文化・日本の政治体制・日本の軍部は、諸外国と比べて特別おかしかったのか?』
『当時の日本を取り巻く環境、国際情勢はどうであったのか?』
これについても、深く探求するべきです。

それらを深く調べれば、日本の過去の行動が、
「侵略・虐殺・略奪だけであった」なんてとてもじゃないが言えません。

http://wondrousjapanforever.blog.fc2.com/blog-entry-41.html

WJF様が素晴らしい論文を掲載されていますが、日本を取り囲んでいる国際環境は「ABCD包囲陣」の時とほとんど変わっていないと私は捉えています。
昔と違って、東南アジア諸国が独立していて日本が「第二の大東亜戦争」に立ち上がらなくても済む点だけは先人に感謝しますが。

アメリカと、反日を繰り返す中国・韓国とは裏で提携しているとか、陰謀論までは言いませんが、
「日本の過去の歴史は全て悪だった」「愚かだった」と考える点では、アメリカも中国も韓国も同レベルです。

事実、ここで何度も引用されてますが、アメリカは今回の安倍の靖国参拝を「失望した」と述べています。
おおかた、ヤスクニには軍国主義者の巣窟・殿堂という認識しか無いのでしょう。
日本人ならば、靖国には「遺骨」も「位牌」も無く、ただそこに目に見えない「霊魂」が居ると信じられているだけの建物に過ぎない事は理解しているはずです。
(外国人はこのような最低限の知識も持っていません)
霊魂を信じていない唯物論者の中国が非難するなんぞ論外ではないですか。
「日本人は野蛮で未開だから、霊魂なんて信じてんだってよ~」と笑い者にしていれば良いだけではないですか。

言論の自由の無い中国は、日本がどんなに譲歩しようとも「反日」をやめることはありません。
靖国参拝を譲歩すれば、今度は「中国戦線参戦者を外せ」などと言ってくるでしょう。
第一中国は、るなイチオシの千鳥が淵への参拝すら「日本軍国主義の賛美」と非難したことがあるのですが。

言論の自由の無い、共産党の一党独裁国家とは、まともな友好関係なんぞ成立しないのは、ソ連や東欧諸国の歴史を見ても明らかです。
ルーマニアはソ連と不可侵条約を結ぶほど友好を示したのに、ソ連にベッサラビアを強奪されたではないですか。
チェコスロヴァキアも第二次大戦前からソ連の友好国だったのに、戦後ソ連によって無茶苦茶な国家に作り変えられ、何人もの政治指導者が暗殺や投獄をされたではないですか。

日本自身、日ソ中立条約を結んだのに、ソ連は無視して満州・朝鮮・樺太・千島列島を強奪したではないですか。

イギリスのナチスドイツ融和政策の総括にしろ、ソ連の歴史に対する総括にしろ、
言論の自由の無い一党独裁の全体主義国家とは、「一切の妥協をしてはいけない」というのが歴史の教訓だと思いますが?

No title

>るな様の書き込みの内容から、るな様がこのように思い込んでいるとは読み取れません。
>これは、コラッジョ様の思い込みです。

そうですか、私は次のような書き込みを見てそう感じました

>>靖国の何が問題か、と言えば、先の戦争を美化していることだろう。
>>日本は中国や韓国を侵略しなかった?
>>アジアの解放のために戦った?
>>バカを言うんじゃない。
>>もし、今から中国が日本を攻めてきて、日本を占領して中国領として、「日本をアメリカから解放するために戦った。アジアの統一のために戦った」と言ったら、喜ぶ日本人がいるのか。

アジア各国の指導者たちが、「日本のお陰で独立できた」と語っているにも関わらず「バカを言うんじゃない」の一言で片付けるその傲慢。

「日本のおかげで、アジア諸国はすべて独立した。
日本というお母さんは、難産して母体をそこなったが、生まれた子供はすくすくと育っている。
今日、東南アジアの諸国民が米・英と対等に話しができるのは、いったい誰のおかげであるのか。
それは身を殺して仁をなした日本というお母さんがあったためである。
12月8日は、われわれにこの重大な思想を示してくれたお母さんが、一身と賭して重大な決心をされた日である。われわれはこの日を忘れてはいけない。」
(タイ ククリット・プラモート)

「真実のビルマ独立宣言は、1948年1月4日ではなく、
1943年8月1日に行われたのであって、
真のビルマの解放者はアトリーの率いる労働党政府ではなく、
東条大将と大日本帝国政府であった。」
「歴史的にこれ(大東亜戦争)を見るならば、日本ほどアジアを白人支配から離脱させることに貢献した国はない。
しかしまた、その解放を助けたり、あるいは多くの事柄に対して範を示してやったりした諸国民そのものから日本ほど誤解を受けている国はない。」
(ビルマ バー・モウ)

「それ(日本統治時代)は言葉では言い表わさせないほど幸せな日々だった。
人々は喜びに胸を膨らませて、いたる所で歌った。
国民こぞってこれを祝うために、各地域社会を代表する委員会が設けられた。
くる日もくる日も群集がバゴダを訪れて灯明をあげ、花を捧げた。
僧たちは、町中で振舞を受け、催物は果てしなく続いた。
人々は集い、日本語で「万歳」を叫んで、日本に対する深い感謝を現す決議をした。
同時に、喜びと感謝の気持ちを綴ったメッセージを東条首相と日本政府に送られた」
(ビルマ独立運動のタキン党指導者コドー・マイン)

「一介の百姓の倅に過ぎなかった私が、今こうして大統領となれたのも、全ては日本のお陰です」
(インドネシア スハルト 韓国の朴正煕も似たような言葉を残しています)
このような言葉はいくらでもあり、こういう感謝については素直にそれを受け入れるべきでしょ。
それを「バカを言うんじゃない」の一言で片付ける態度を見れば、この人の軸足は日本に無いことは明らかですよ。

確かにご指摘の通りこの前段階で、一見アメリカについて批判的な言説を書いてはいる。
でも、こんなの「アリバイ」的ポーズに過ぎませんね。
るなは戦後の「左翼」に反米思想があったと褒め称えるのですが、彼らは「心の祖国」をソ連か中国だと見定めて、日本をソ連や中国に侵略していただくために活動していた事実を無視します。
そこにはどこにも「日本」などありません。
日本と言えば、この時代の左翼にとっては、ソ連か中国に「人民解放」していただくだけの存在に過ぎません。

とてもじゃないけど、WJF様のサイトで賛美するに値する連中ではありません。
WJF様は、アメリカだろうが中国だろうが韓国だろうが、「日本の為にならないと思ったら批判する」のが信条ではないですか。

そして何よりも重要な事は、この「左翼」どもが、「アメリカへの怒り」を「日本への怒り」にすり替えた張本人たちではないですか。
「日本がバカだったから原爆も都市空襲もくらったんだ」という発想は、この時代の「左翼」の思想影響を抜きにしては語れません。


>人口が増えたり、平均寿命が伸びたことをあげつらっても、参考にはなると思いますが、
>虐殺をしていない反論とはならないと思います。
>(虐殺したとは言っていませんし、虐殺した証拠など持ってこれません。)

「日本が韓国で虐殺した」という話が本当なら、即座に証拠を持ってこれるのでは?
あなた自身、即座に何も思いつかない時点で、こんな事件はまず無かったと言えますよ。

そして、日本が「虐殺と略奪をするため」だけに韓国に乗り込んだのならば、日本が行った次のような政策は必要ないではないですか?

・1910年に1313万人だった人口が、1942年には2553万人に達したこと
・一人当たりの国民総生産が、1910年の58円から1938年には119円と二倍になったこと
・目賀田種太郎や、石塚峻のような日本国内でも超一流の人材を、惜しげもなく朝鮮に与えたこと
・鉄道・港湾・空港・近代的幹線道路などの全額日本人負担によるインフラ整備
・36年間駐屯させた日本軍隊の駐屯費用は全額日本負担
・朝鮮での徴兵制は、1944年まで施行されなかった
・朝鮮人の民族資本育成のために、近代的銀行を三つも設立、絶えず倒産しないように救済した
・朝鮮中の「禿山」のために、1910年の併合以前に180万本もの樹木を植樹、併合後はもっと推奨され朝鮮総督府が無償で樹苗を配布した
・1912年に27525しか無かった電灯数は、1939年には206万3708にまで増加
・それに連動して、1910年に1065キロワットしか発電できなかった朝鮮が、1945年の敗戦の年には173万4220キロワットと1600倍に引き上げた

日本が朝鮮で「虐殺と略奪」する為であるなら、このような政策は全く必要ありませんね。
むしろ、イギリス統治下のインドやフランス統治下のベトナム、オランダ統治下のインドネシアと見れば、日本の朝鮮統治は「異常な善政」とさえ言えます。

>また、他の国で大本営発表があったにしろ、日本の大本営発表に問題があったという指摘は、あってよいと思います。

他国との「比較」を行った上で、それでも日本の戦時統制がひどかったという話ならば納得しますが、
るなにそのような考えなんぞありません。断言できます。
そもそも「大本営発表」を非難するような奴に、これまで他国の戦時下との比較をやれた者が一人も居ませんので。

>強要などしていないじゃないですか。私たちや、るな様の意見には、なんの強制力もないのですから。

靖国の歴史観を「過ち」「美化」などと評し、靖国が歴史観を改めて自虐史観にならなければ首相の就任を認めぬと息巻くような態度を、私の感覚では「強要」と言います。

>るな様はそのように言っていませんよ。
>中国が戦争をしたがっていても、日本は極力戦争を避けるようにすべきであることには、変わらないと思います。

馬鹿馬鹿しいにも程があります。
第二次大戦で、ポーランドがひたすら戦争回避の努力を繰り返していればドイツに侵略されなかったとでも?
日露戦争開戦前でも、日本は何度もロシアに外交交渉を繰り返しましたが、それでも妥協せずに戦争となったじゃないですか。
第二次大戦前、イギリスのチェンバレン首相は戦争を避けよう避けようとする平和主義者だったのに、結局ドイツと戦争になったではないですか。
最近の戦争に限っても、イラクのフセインは戦争を避けようと多大な努力をしましたが、アメリカが強行に戦争を望んだので戦争になったではないですか。
「反米」を主張する人々の間では、イラク戦争はアメリカの侵略というのは常識的な話だと思いますけど、民主主義国家のアメリカ相手の場合だって、片方が戦争を望むだけで戦争になるんですよ?
まして、言論の自由も無い共産党の一党独裁国家の中国相手で、どうして日本が一方的に折れるだけで戦争が回避できるのですか?
大体、このようにして手に入れた「平和」は「奴隷の平和」「乞食の平和」であって長続きしないのは明らかでしょうに。

日本は安倍以前(安倍もある意味そうですが)、何度も何度も何度も何度も中国に譲歩を繰り返してきました。
で、尖閣海域不法侵入は減りましたか?
向こうを増長させて年々不法侵入が増えただけではないですか!

相手が一方的に戦争を望んでいる場合、こちらがやれる事なんぞ極めて「限定的」でしかないじゃないですか。

>アメリカに批判の矛先が向かないことに怒っていらっしゃいます。

そのるなが賛美する「左翼」は、心の祖国をソ連や中国に置いていて「東アジア反日武装戦線」とか言って日本人憎悪に熱を上げていたんですよ?
その左翼こそが「日本人が愚かだったからアメリカに原爆を落とされた、空襲で焼け野原にされた」と日本人に普及した張本人なんですよ?
るなのアメリカ批判なんて「ポーズ」「アリバイ」でしかありませんね。

>日本が焦土化したことを、日本だけの責任などと仰っていません。

散々「日本が如何に愚かしかったか」を力説した文章の中で、次のように書いています。

>>言論を弾圧し、嘘と隠蔽の大本営発表で日本を戦争へと導き、兵站をろくに補給せず、多くの兵隊を餓死させ、もはや負けは決まっていたのに降伏せず、日本の国土を焦土にした事実をどう見るのか

これの言葉の主語は「日本」でしょうに・・・どう読めば「日本だけの責任などと仰っていません」なんて言えるのですか?

No title

コラッジョ様

>・日本軍は侵略欲と虐殺欲の悪徳に満ちた絶対悪
>・中国人と朝鮮人は完全無欠の絶対善
>このような思いこみで歴史を語っている

るな様の書き込みの内容から、るな様がこのように思い込んでいるとは読み取れません。
これは、コラッジョ様の思い込みです。

人口が増えたり、平均寿命が伸びたことをあげつらっても、参考にはなると思いますが、
虐殺をしていない反論とはならないと思います。
(虐殺したとは言っていませんし、虐殺した証拠など持ってこれません。)

また、他の国で大本営発表があったにしろ、日本の大本営発表に問題があったという指摘は、あってよいと思います。

>あなたみたいに、「靖国は過ちを認めろ」と強要する事こそ、言論の自由の侵害だと解っていますか?
強要などしていないじゃないですか。私たちや、るな様の意見には、なんの強制力もないのですから。
ただ、言論の自由に則って、るな様の意見を述べられたに過ぎない。
なぜ、るな様の意見だけが、「強要」になってしまうのでしょうか。

>中国は戦争したがっていないとでも?
るな様はそのように言っていませんよ。
中国が戦争をしたがっていても、日本は極力戦争を避けるようにすべきであることには、変わらないと思います。

>”るな”氏の「心の祖国」は、中国か韓国であって日本ではないのであろう。
私は、まったくそのように感じませんでした。

るな様は、こう仰っているじゃないですか。
>日本が焦土と化したのを、自国だけの責任だと徹底的に植え付け、アメリカの責任を不問にするためです。
アメリカに批判の矛先が向かないことに怒っていらっしゃいます。
日本が焦土化したことを、日本だけの責任などと仰っていません。

>日本だけが悪であることが事実でないと同じように、
ここでも、他の国が無謬でないことに言及していらっしゃいます。

私には歴史の知識はありませんが、文章を素直に読めば、コラッジョ様が、今まで何度も出会った自虐史観の人と、るな様の思想を、無理矢理に同一視している箇所が見受けられます。

コラッジョ様の書き込みは、いつもとても勉強になりますし、コラッジョ様の史観に異義をとなえるものではありません。
ですがね、
>いったい「どこの国」の人間なのか?
こういうのやめてもらえませんか。

るな様ご本人が反論なさればよいことなのに、でしゃばってすみません。
知識が豊富なのをいいことに、これ知ってるか?あれ知らないの?と捲し立ててゴリ押ししようとする方に、私も苦しめられたことがあります。

No title

確か、るな氏は、
『オレ様は「自虐」ではない』
などと強弁していましたね?

でもアメリカの都市空襲によって日本全国六十余りの都市が焼け野原になった事をすら、「日本が悪い」などと言い出す御仁が、どう見れば「自虐ではない」のか?

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/95070/m0u/?_ck=F

もう一度、国語辞書の定義を読み直しなさい。

ついでに、仮に百万歩譲って日本が「侵略・虐殺・略奪」した悪の国であったとしても、
ア メ リ カ に よ る 都 市 無 差 別 爆 撃 を 無 視 し て 良 い 理 由 に は な り ま せ ん 。
無差別爆撃は戦時国際法違反であり、立派に 戦 争 犯 罪 です。
おまけにアメリカは、「木と紙でできた日本家屋」のために「水をかけても消えない焼夷弾」をわざわざ開発させているのですから、
戦時国際法に禁止する「不必要に苦痛を与える兵器」を使用した事になります。
広島・長崎の原爆投下とて、そこに民間人が居て巻き添えになる事なんぞ百も承知で投下しました。
(そもそも長崎は、投下目標の小倉が天候不順のために「イタチの最後っ屁」的に落とされたのでした)
これで焼け野原になったのは完全にアメリカの責任ではないですか。

アメリカが裁かれなかったのは、単に「戦勝国だったから」に過ぎません。
それをさも「日本が悪かったから焼け野原になったのだ」などと言い出す馬鹿げた妄言を書き散らすような行為が「自虐」でないなら、一体何と呼べば良いのですか?

戦争について実体験や勉強して知っている人ほど、
「日本もヒドかったかも知れないが、アメリカや中国の方がもっとヒドかった」
と正しく理解しています。

るな氏みたいにロクに勉強もしないで知ったかぶっているような奴に限って、
「すべては日本だけが悪かった」
と言いたがります。

だからこそ私は最初の時点で『歴史を知らない』と断言しました。
案の定、ろくに歴史を知らず、妄想で歴史を書き散らす人間であるのは早くも露呈したわけですが。

『日本は中国を侵略し虐殺し略奪した』と言いますが、果たして中国は日本に対して全く何の反日活動もしてこなかったのですか?
「日本の謀略」と言われる満州事変一つ見ても、ポーツマス条約で正当に獲得した日本の満州利権に対し、中国が『侵略し虐殺し略奪した』ことが原因ではないですか。

http://gakugo.net/unarigoe/mt-search.cgi?IncludeBlogs=2&tag=%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E8%B3%87%E6%96%99%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC&limit=20

「日本商品を取り扱ったから」
「日本人と商売したから」
というだけの理由で、このように吊し上げらるような国の、一体どこが善良な被害者なんですか?

最後に一つ予言してさしあげましょう。

あなたはこういう都合の悪い資料は片っ端から無視するでしょう。
そして論点をすり替えた挙げ句、勝手に右翼呼ばわりして勝利宣言することでしょう。

既にあなたのような人には何度も出会っていますので、容易に次の行動が推測できます。

No title

「日本軍に”過ち”があった」と言うのならば、
「同じくらい中国・韓国・アメリカにも”過ち”があった」と考えるのが普通であろう。

しかしるな氏は絶対に中国・韓国・アメリカの”過ち”は指摘しない。

日清戦争で「日本軍が現地人を虐殺し略奪した」のであるならば、
日本軍よりもはるかに劣等で質の悪かった清国軍の方が「現地人を虐殺し略奪した」と考えるべきであるのにそういう発想も無い。

戦争で言論統制が行われるのなんか世界中でごくごく当たり前の事であるのに、日本だけが特別異常であったかのように物語る。

都市空襲で焼け野原になったのはアメリカのB29による戦略爆撃が原因であるのに、その責任を『日本が早く降伏しなかったからだ』などと日本の責任に擦り付ける。

そもそも、当時の連合軍の態度から言って、日本の「名誉ある降伏」を受け入れる気構えが有ったかどうかすら彼は一考もしない。
連合軍には一切の有色人種差別意識が無く、日本が降伏を申し込めば日本人は奴隷にされる事も無く、天皇の身の安全も保障され、「名誉ある降伏」が実現できたとでも思っているらしい。

その上、日本はソ連やスイス、スウェーデンを介して何度も和平・講和の打診をしていたのに、アメリカが「無条件降伏」に固執して全部拒絶した事実をも顧みない。
中国相手だって、日本は蒋介石の回想録によれば「三百回」も大小問わず講和の打診、工作を行っているのだが、その事実も無視する。
(蒋介石が把握していなかった物も含めればもっとこの数は増えるであろう)

昨今の中国・韓国の反日活動を一切無視して、
「中国や韓国は戦争したがっていないのに、安倍晋三だけが一方的に戦争したがっている」
などと言い出す。

いったい「どこの国」の人間なのか?

安倍晋三や親米保守が、「心の祖国」をアメリカだと思って、一生懸命日本をアメリカに売り渡そうとしているのは大いに批判するが、
”るな”氏の「心の祖国」は、中国か韓国であって日本ではないのであろう。

「日本に立脚点が無い」という意味では、親米保守と何ら変わる点は無い。
「歴史の知識がない」という意味でも、親米保守と何ら変わる点は無い。
親米保守だって、かつての戦争は「過ち」で、アメリカと戦争した事は愚かしい失策だったと思いこんでいるのであろう。

少なくともるな氏には、安倍晋三を批判する資格が無い。
安倍晋三も、祖父の岸信介が東條内閣の商工大臣を務めた事は「間違い」であったと、鳩山由紀夫の質問に答えて国会で述べている。
(統帥権干犯問題や天皇機関説論争を引き起こした鳩山一郎の孫が、何を偉そうに批判できるのか疑問だが)
アメリカと開戦した事を「過ち」だったと考えている点でも、るな氏と何も変わらない。

ここのサイトは、「立脚点は飽くまでも日本に置く」事が話の前提だったはずではないのだろうか?
日清戦争から、日本が一方的に罪の無い中国・韓国に対し侵略・虐殺・略奪を繰り返したなどと言い出す、るな氏のような人間は、このサイトではお呼びでない人間だ。
それこそ「自虐」史観論者のたくさん居るヨソのサイトに移動すべきであろう。

No title

”るな”は、

・日本軍は侵略欲と虐殺欲の悪徳に満ちた絶対悪
・中国人と朝鮮人は完全無欠の絶対善

このような思いこみで歴史を語っている
日清戦争中、日本は国際法学者も従軍させて、世界中の観戦武官たちにその規律正しさを感嘆させたのだが、それを全く真逆に捕らえて、妄想の「日本軍による大虐殺」をでっち上げる

歴史を知らないのなら素直に「不勉強でした、すいません」で済む話なのに、よくもまぁ嘘を次から次と押し通せるものだね

日清戦争の日本軍の規律正しさについて、Googleでも使って少しは調べたらどうかね?
http://tnngsg4601.blog110.fc2.com/blog-entry-233.html
ものの一分でこんなサイトがゴマンと見つかる

日清戦争の4年後の義和団事件でも、日本軍の規律正しさは連合軍の驚嘆の的であり、どことも同盟を結ばなかった誇り高いイギリスが、日本と同盟を結ぶ一つのキッカケとなったとさえ言われている

靖国神社の歴史観を「過ち」と非難する以前に、お前さん自身に真っ当な知識が無い事をますは理解したらどうだ?

No title

>よくそこまで自分に都合の良いように歴史を解釈出来るものだと感心する。

そっくりそのまま、あなたにお返しします
よくもまぁろくに歴史も知らないくせに、ここまで偉そうな事を語れますね

>中国や韓国で、日本軍が現地の民間人を虐殺し略奪したことは厳然たる事実だろう。

ハイハイ
「厳然たる事実」であるなら、それを証明してください
特に「韓国」で、「日本軍が現地の民間人を虐殺し略奪した」ことをさっさと証拠を出して証明してください
実際には「日帝36年間」の統治によって、朝鮮の総人口は「2倍」となり、平均寿命は「3倍(20→60)」になったという統計が出ていますが?
どこが「現地の民間人を虐殺し略奪した」んですか?
無知も大概にしたらどうです?

日本が「世界の最貧国」の朝鮮でどうやって「略奪」できたのですか?

夏目漱石の紀行文や、イザベラ・バードの朝鮮紀行を読んでも、朝鮮に存在したのは「ゴミと乞食と糞尿と禿げ山」だけの荒涼とした風景でした
こんな所で「何」を「どうやって」略奪できたのです?

日本人は36年間の統治で、現在円にして「50兆円」とも換算される資本を投下して朝鮮の近代化に尽くしました
この「50兆円」とは「最低限」にカウントした額であり、保護国時代に供出した金や、日本が李氏朝鮮や大韓帝国に貸し付けた借金は一切カウントしていません
日本が36年間置いていた日本軍の駐屯費用すら、日本は一円も朝鮮人に負担させてません
(イギリス統治下のインドやオランダ統治下のインドネシアでは、軍隊の駐屯費用は全額現地に負担させてました)

何が「日本軍が現地の民間人を虐殺し略奪した」ですか
バカも休み休み言いなさい

>第二次世界大戦の時だけじゃない。日清戦争などでも、韓国で日本軍は残虐の限りを尽くした。

ハイハイ、笑わせますね
清国兵士の方がはるかに「残虐の限り」を尽くしていたはずなんですが
外国人の駐在武官の報告でも、清国兵士が如何に残虐な振る舞いに出ていたかについては記載されていますが、日本軍の残虐な報告なんて「0」です
せいぜい言って「旅順大虐殺」が挙げられますが、これは全責任を清国が負うべき問題ですし、そもそも「朝鮮」の話ではありません

>大日本帝国が殺したのは、韓国人や中国人だけじゃない。言論を弾圧し、嘘と隠蔽の大本営発表で日本を戦争へと導き、

まるで日本以外の国では「大本営発表」は存在しなかったかのようですね
バカバカしい

アメリカが如何に戦時中に情報封鎖していたか、すでに情報公開されてますし、イギリスだって明らかな大敗を「勝利」と言い張っていた事だっていくらでもあります
(単なる撤退戦に過ぎないダンケルクをチャーチルは「輝かしい勝利」と言い張りました)
シンガポール司令官のパーシバルなど、シンガポール対岸のジョホールバルに日本軍がやってくるまで、シンガポール市民に全く真実を伝えていませんでした
シンガポール市民は、突如対岸に現れた日本軍にびっくり仰天したという記述も残されています

戦争やっている以上、どこの国だって情報統制くらいやるでしょうに
バカですか?


>兵站をろくに補給せず、多くの兵隊を餓死させ、

兵站は用意していたものの、輸送船を敵の潜水艦に沈められた事が大きいのですが
そもそも兵站を完全に用意していた軍隊なんて、当時はアメリカくらいしかありませんよ
比較的近代化・洗練されていたはずのドイツだって、グデーリアンやロンメルといった名将が補給無視論者だったのは、彼らの行動・言葉・作戦行動で見て取れます

>もはや負けは決まっていたのに降伏せず、

戦争も外交も「相手がある」という一般常識は持ってますか?
こっちが一方的に「戦争やめま~す」で終わらせられるほど、ラクなもんじゃないんですよ
一般常識を持ちなさい

連合軍は1945年のドイツ降伏まで日本に「無条件降伏」を要求していました
こんな条件、日本人に受諾できるはずないでしょうに
無条件降伏とは、「日本人が全員奴隷となっても文句を言えない」というものです
こんな条件でどうして降伏などできるか?

日本が態度を軟化させたのは、連合軍がポツダム宣言で「条件付き降伏」を承認し、
「日本人を奴隷化する意図がない」と明確に記載してからです
それでも、日本人にとって一番大事な天皇の地位保証が書いていないので戦い続けました
元々ポツダム宣言の草案段階には天皇の地位保証についても書いてあったにも関わらず、原爆実験するまで日本に降伏させない為にわざと大統領のトルーマンが文言を削除したとも言われています
知日派のグルーなどは、天皇の地位保証さえすれば日本はさっさと降伏すると確信しており、何度も大統領を説得していました
それを無視して、日本人が絶対受諾できない条件に作り替えたのはアメリカ大統領のトルーマンなんですよ

本ッ当に歴史を知りませんね
まぁ「韓国で虐殺した」とか「略奪した」とかほざく、お馬鹿さんですからね

>日本の国土を焦土にした事実をどう見るのか。

焦土にしたのはアメリカでしょうに
アメリカに恨みの矛先が向かわず、日本人にばかり怒りの矛先が向かうあなたみたいな人と、
ここのサイトで何度も批判されている『親米保守』とは、全く同じ穴のムジナ、同根ですよ

>そんな戦争を美化し、過ちを認めない靖国神社

日本人の「過ち」でもないものをすら、あなたは勝手に「過ち」にカウントしているだけですよ
なんで都市空襲で焼け野原になった責任まで「日本人の責任」なんですか
本当にあなたは馬鹿ですね

ドレスデン空襲を語るのに、
「イギリスは悪くない。悪いのは降伏しなかったドイツだ」
などと語るアホは居ませんよ

>(戦没者に手を会わせたいなら、千鳥が淵に行けば良いのだ。)

それはあなたの価値観であって、私の価値観とは違います
日本には日本国憲法というのがあって、「思想の自由」「信仰の自由」は認められています
あなたがどんなに「過ち」だと言い張ろうが、そのような思想信条を表明する自由もあるし、それを受け入れる自由も、あなたみたいに受け入れない自由もあります
ただそれだけです

あなたみたいに、「靖国は過ちを認めろ」と強要する事こそ、言論の自由の侵害だと解っていますか?

>どんな思想を持とうが勝手だが、そんな歴史認識が今、日本を戦争に向かわせているのだから、黙っているわけにはいかない。
>安倍は本気で中国と戦争したがっている。

は?
中国は戦争したがっていないとでも?
尖閣海域で不法侵入を繰り返し、日本に200発以上の核ミサイルを向けていると言われる中国を無視して、よくもまぁそんな事が言えるもんですね

>アメリカの世論においてもはや、「トンデモ」なのは中国でなく日本であり、アメリカ議会は日本と中国が戦争になったら、日本のために自国の若者が命を落とすのを許さないだろう。

だからこそ

「憲法を改正して」
「国防軍を充実させる」

必要があるのでしょうが
要するに、安倍が首相就任以前に述べていた持論こそが、今こそ必要なのでしょうが

ここで安倍を批判しているのは、安倍がかつての己の信条をかなぐり捨てて、自分が批判していた価値観に身を投じたからですよ
安倍が右と言えば左、左と言えば右で何でも批判するような輩と、WJF様を一緒くたにするのは許されない事だし、管理人様にとっても迷惑でしょうに

管理人様の言いたい事も、首相就任以前の安倍の言葉こそ正しく、昨今の安倍晋三の言葉と行動は間違ってるという論旨ではないですか

>本当に、自己正当化して自分たちが気持ちよくなりたいというくだらない理由のために、日本を滅亡に導かないでくれ。

基本的に、あなたにはまともな歴史の知識がありません
断言しますけど

「韓国で日本軍が虐殺し略奪した」とは、爆笑物の妄想話・与太話ですよ

るなさん

日本は、近代において二つのものに直面し対決しなくてはなりませんでした。

一つは華夷秩序(中華思想)であり、もう一つは、西洋の帝国主義でした。

支那の王朝を中心に、周辺民族が朝貢関係を築くという一種のグローバリズムは、東アジアに外交的な安定をもたらすという正の側面もあった一方で、特に典型的な支那の属国であった朝鮮に顕著に見られたように、同一民族の良民と賤民への二分化、激しい差別、社会の停滞という負の影響をももたらしました。

西洋の帝国主義に対してのみならず、古代から連綿と受け継がれてきた華夷秩序に対しても、何かの形で、異議申し立てが行われなければなりませんでした。

日本は、朝鮮の独立を求めて日清戦争を戦いましたが、これは東アジアに長い停滞をもたらした華夷秩序に対する異議申し立てという側面がありますから、これを単純な「侵略」と片付ける事はあまりにも一面的な歴史観に過ぎます。

朝鮮がそのまま支那王朝の属国として、例えば、現在の中華人民共和国の一部に組み込まれていた方がよかったということなのでしょうか。

この華夷秩序(中華思想)は、未だには消滅してはおらず、現在は、チベットやウイグルの人々を苦しめているではないですか。

あなたはあまりにも「中華」を単純な近代の犠牲者として、美化していませんか?

歴史の犠牲者は、しばしば歴史の加害者でもあります。

また西洋の帝国主義は、明らかな白人優越主義に基づいていました。

有色人種は、何百年もこれに立ち向かう事ができずに、奴隷や植民地の地位に甘んじてきた。これにやっと立ち上がり対決したのが日本人です。

西洋の帝国主義を採用することによって、西洋の帝国主義に対峙したわけですから、日本が行った行為には両面性がありますが、これを単純な「悪」と見なす事はあまりにも、一面的なものの見方にすぎます。

この西洋の帝国主義、白人優越主義も、いまだに死に絶えてはいません。

グローバリズムはあきらかな帝国主義ですし、アメリカによる日本に対する内政干渉も、その背後に一種の白人優越主義や日本人に対する蔑視がないといいきれるでしょうか。

華夷秩序(中華思想)と西洋の帝国主義(白人優越主義)に対する対峙という問題は、いまだに終わってはいません。

同じ事を繰り返しますが、従来の「右翼」は、アメリカを美化しながら、支那や朝鮮の問題ばかりを言い立て、従来の「左翼」は、あまりにも支那や朝鮮を単純な犠牲者として祭り上げながら、アメリカを否定する。

どちらも片手落ちであり、自己矛盾に陥っています。

中国や韓国や北朝鮮に対しても、アメリカや西洋方面に対しても、ことさら争いをする必要はありませんが、日本人が自分たちで粛々と自己決定を行い、自分たちで自己認識の物語としての歴史を語り、自分たちで自分たちの未来を開くことに、何の遠慮もいらないはずです。

靖国神社は、日本が近代において行った、華夷秩序(中華思想)と、西洋の帝国主義に対する異議申し立ての象徴、あるいは中華と西洋のはざまで、日本人が血を流し苦しんだことの象徴ですから、総理大臣がこの場所に参拝することに、外国人が目くじらを立てることはあったとしても、日本人が目くじらを立てる必要はないと思います。

No title

2013年12月29日 (16時04分)に、名前を入れ忘れていました。
申し訳ございません。

WJFさんへ

WJF様の
「なぜイギリスやアメリカのような近代帝国主義の発祥であり、塊であるような国が、一方的に正義を名乗り、帝国主義の時代を生き残るために、彼らのやり方をまねざるをえなかった日本だけが、悪を極めた帝国であるかのように言われなくてはならないのか。
その歴史観は不公平ではないのかという異議申し立てを、私たちは行わなくてはならないのではないですか?」
というご意見に、ほぼ全面的に賛成します。

しかし、そこから導かれるのは、靖国神社礼賛ではないと思います。
靖国神社は、米英と同じことをすることを日本国民に強いることを可能にした装置だった。
米英と同じことを日本がしたことを今なお正当化している装置である。
日本だけが悪であることが事実でないと同じように、日本は何も悪いことをしていないというのも事実でないでしょう。

集団的自衛権もNSC創設も秘密保護法も、みなアメリカからの命令にも関わらず、靖国神社参拝には強い抗議をするアメリカのダブルスタンダードを考えるに、私達はもっと戦略的にならなくてはなりません。
靖国神社参拝など、愚の骨頂です。
米英の帝国主義、植民地支配はまだ続いているのであり(もはや、「国」という概念を超えてきていますが)、本来手を携えなくてはならないアジアの友人たちの神経を逆なでし、分断してしまうのは、愚かに過ぎる、と私は思います。

(このコメントが、こちらのサイトの趣旨に反するのなら、表示しなくて構いません)

No title

阿部がやっているような対米従属がそのまま続いている限り、日本がこれから戦争を行うとしたら、米国の許可がない物をやることはありません。
「歴史認識」なんかより、そっちの方がはるかに重要です。

>なぜイギリスやアメリカのような近代帝国主義の発祥であり、塊であるような国が、一方的に正義を名乗り、帝国主義の時代を生き残るために、彼らのやり方をまねざるをえなかった日本だけが、悪を極めた帝国であるかのように言われなくてはならないのか。
これぞ、「マンガのような二元論」そのものですからね。
今世界で正史のように扱われている歴史認識は、「連合国」のプロパガンダがそのまま「正史」を名乗っているのに近いと思います。

るなさん

いわゆる「戦勝国史観」や「東京裁判史観」という名で批判されているのは、第二次世界大戦終結以前に、列強の中で帝国主義を採用していなかった国は一つもなかった。全ての西洋の列強が侵略や植民地の拡大や虐殺を多かれ少なかれ行ってたわけです。

広島や長崎の原爆投下にしても、日本全国に対して行われた絨毯爆撃にしろ、民間人の虐殺ではないですか。

アメリカやオーストラリアやカナダのような国そのものが、原住民を虐殺して土地を奪って勝手に建国した、植民国家ではないですか。

にも関わらず、なぜイギリスやアメリカのような近代帝国主義の発祥であり、塊であるような国が、一方的に正義を名乗り、帝国主義の時代を生き残るために、彼らのやり方をまねざるをえなかった日本だけが、悪を極めた帝国であるかのように言われなくてはならないのか。

その歴史観は不公平ではないのかという異議申し立てを、私たちは行わなくてはならないのではないですか?

侵略をすれば恨みを買う、それは当然のことですが、歴史をさかのぼれば朝鮮や、支那だって、日本に対して侵略を行っているではないですか。

豊臣秀吉の朝鮮出兵に韓国人たちはいまだに怒っていますが、新羅の入寇に未だに怒っている日本人がいますか?元寇に関して、中国人やモンゴル人や韓国人に恨みをいだく日本人がいますか?

長い歴史の中で特定の国だけが、純然たる加害者であり、特定の国にだけが、純然たる被害者であるなどということはありえないことです。

いわゆる「サヨク」の人たちが矛盾しているのは、アメリカによる構造改革や規制緩和の押しつけには、異議申し立ては行うが、アメリカの「戦勝国史観」や戦後憲法の押し付けには、異議申し立てを行わない事です。

GHQによる戦勝国史観の押しつけと、内政改革の押しつけ、この二つは同時に行われ、かつ有機的に連関していました。

90年代以降の冷戦終結とグローバル化と共に、日本に降り掛かった事も同じです。アメリカによる構造改革のおしつけ。中国や韓国による歴史問題における日本に対する過剰な糾弾。これは同時に発生し、かつ有機的に連関していると私たちは考えるべきです。

それが間違っているというのならば、WJFプロジェクトは、そのような「戦勝国史観」に異議申し立てを行うサイトですから、どこかによそにいってください。

安倍政権を批判しているからといって、 他の似非馬鹿右翼が誤解しているのと同じように、このサイトが「サヨク」サイトであるかのように勘違いされては困ります。

コラッジョさんへ

よくそこまで自分に都合の良いように歴史を解釈出来るものだと感心する。

中国や韓国で、日本軍が現地の民間人を虐殺し略奪したことは厳然たる事実だろう。
第二次世界大戦の時だけじゃない。
日清戦争などでも、韓国で日本軍は残虐の限りを尽くした。
大日本帝国が殺したのは、韓国人や中国人だけじゃない。
言論を弾圧し、嘘と隠蔽の大本営発表で日本を戦争へと導き、兵站をろくに補給せず、多くの兵隊を餓死させ、もはや負けは決まっていたのに降伏せず、日本の国土を焦土にした事実をどう見るのか。
そんな戦争を美化し、過ちを認めない靖国神社に時の総理が参拝など、私の親族にも「英霊」はいるが、到底日本人の私は認めることが出来ない。
(戦没者に手を会わせたいなら、千鳥が淵に行けば良いのだ。)

どんな思想を持とうが勝手だが、そんな歴史認識が今、日本を戦争に向かわせているのだから、黙っているわけにはいかない。
安倍は本気で中国と戦争したがっている。
アメリカの世論においてもはや、「トンデモ」なのは中国でなく日本であり、アメリカ議会は日本と中国が戦争になったら、日本のために自国の若者が命を落とすのを許さないだろう。
本当に、自己正当化して自分たちが気持ちよくなりたいというくだらない理由のために、日本を滅亡に導かないでくれ。

No title

安倍が正しい歴史認識を持っているというのは、村山河野談話を踏襲し慰安婦問題について謝罪した件でもう完全なるデマであると結果は出たと思います。

したがって、安倍にとって靖国参拝とはどうしても行ないたいものなどではありません。
つまり、偽ホシュ派によって作られたイメージ上の安倍が英霊に尊崇の念を抱いているだけで、実際の安倍は靖国なんてなんとも思っていません。
ですから、あえて時期を調節し、くだらない支持率などのために参拝することが出来るのです。

WJFさんも安倍が歴史問題で強硬に出たと書いており、もしかしていくらかの希望を抱いているのかもしれませんが、安倍は世界中から批判された後必ず妥協します。
そして、世界中に向けて英霊に泥を塗ります、
また、こんなことが繰り返されるのです。

それだけではありません。
今後アメリカの圧力がさらに強くなり、日米同盟そのものが国益と考える安倍は無我夢中で国益を投売りアメリカのご機嫌を伺うでしょう。
その結果がTPP,道州制、日中韓FTA,RCEPなどに返ってくるのです。

靖国参拝したことによって、安倍の売国政策は加速度的に進むことになります。
安倍が馬鹿なために結果として国益が損なわれるのか、それともむしろコレも狙いの1つなのかはわかりませんが、売国奴の安倍が靖国参拝することなど腹だたしいだけで、全く評価すべきことではありません。

No title


西村修平さん


安倍晋三は「河野談話」の踏襲を幾度となく表明しているし、

ましてや所がニューヨークの地となれば、米国に楯突いてまで

日本民族の名誉を死守する気など端(はな)から無かったのだろう。


http://nipponism.net/wordpress/?p=24450



>安倍晋三はインチキ「河野談話」を踏襲している。

12月26日という意味もない日に、思いつきの自分

の都合で支持率をトリモロスためインチキ朝鮮人安倍晋三が、

日本人に化けて靖国神社の英霊の前で「みたまやすかれ、なれ」

と意味不明の言葉で参拝したことを狂喜している輩は、

同じ安倍晋三がインチキ「河野談話」を踏襲して、

日本国民と英霊の名誉を死守しないと言っていることに

矛盾を感じないその重度の病に哀れみを感じます。

安倍晋三がいかにペテンかを、日本人として理解できないようである。






安倍首相の靖国参拝に思うこと

私は以前、自分自身はどちらかと言えば右翼だと思っていました。しかし最近、一般的に右翼と自負する人たちとは、大きく考え方が異なっていることを知りました。なので今は、リベラル右翼と自称している愛国者です。
安倍首相が「靖国神社」を参拝しました。これにより、中国、韓国は、これまで同様に強く反発、今回は米国も首相の参拝を批判しました。安倍首相は、いったい何のため、誰のために「靖国」を参拝したのでしょうか。また、この参拝は日本の国益につながったのでしょうか。ご自身の主義主張を貫くあまり、現在および将来の国益を損なう結果となってはいないでしょうか。本来、国家元首である首相が、英霊に尊崇の念を表するのはあたりまえのことであり、そこに連合国による東京裁判のA級戦犯が含まれていようがいまいが、他国に、とやかく言われる筋合いではありません。しかし、だからと言って、首相であれば、他国との関係を悪化させる行為も許されてしまうのでしょうか。首相であるからこそ、もし英霊に尊崇の念を表するのであれば、「千鳥ケ淵戦没者墓苑」でも良かったのではないでしょうか。それでも、敢えて靖国神社に参拝したのは、彼の歴史認識にもとづく信念なのか、彼を支持するいくつかの支援団体に向けのパフォーマンスなのかは判りません。問題の本質は、「靖国神社」にあります。A級戦犯合祀の問題だけではありません。今回、もし参拝したのが「千鳥ケ淵」だったら、こんな問題にはならなかったかも知れません。たとえそこにA級戦犯が含まれていたとしても・・・。また、私たちは「英霊に尊崇の念を表する=靖国参拝」というレトリックに騙されていないでしょうか。「靖国神社」は、もともと、軍のため、軍人のために、軍務官が創建し、大日本帝国陸軍と大日本帝国海軍が祭事を統括していました。また、徴兵令とともに、日本人の精神性を利用し「靖国で会おう」「靖国で待っている」などの言葉があるように、当時の政府と軍関係者によって、「靖国神社」の宮司の意思とは関係なく、その存在が、結果的に軍事目的に利用されていました。言い換えると、「靖国神社」は、当時の帝国陸軍、帝国海軍にとって、無くてはならない存在でした。そしてまた、「国家のため」という曖昧な定義によって、「本土決戦」「一億玉砕」を進言し、もしかすると、日本民族を存亡の危機に陥れた人であっても、神として祀っています。さらにまた合祀者は、軍人や軍属の戦死者のみならず、今や民間人にまで拡大し、「国家のために死んだものは、すべて靖国神社にその霊をまつられる」とアピールするも、その選別基準においては、いまだに曖昧なままで、西郷隆盛や前原一誠などの方々は、まったく祀らる気配もありません。「靖国神社」は、創建以来ずっと政治利用され続けています。決して普通の神社ではありません。戦死者を祀ることによって、その時の為政者が考える「国を守る」という言葉に従い、死をも恐れず戦争に行くことを、後方から支援してきた神社であったことを忘れてはなりません。また、靖国神社について、私と同じように思っていらっしゃる次のようなサイトを知りましたので、紹介したいと思います。http://www.nsknet.or.jp/~yamabuki/yasukuni.html
最後となりましたが、安倍首相には早く政治家を辞めて頂きたいと思っています。

支持率が急落したからか、あるいは秘密保護法やTPPの批判を避ける
パフォーマンスでしょ。統一協会よりもアメリカに重きをおいたけど、こんなカンフル剤をうてばアメリカにとっては迷惑な話。中韓のロビー活動のおかげで歴史認識に隔たりもあるし。

No title

米英の金融街での講演、TPP参加、消費増税、秘密保護法…。この一つ一つの出来事が、安倍が国賊であるという事実を叫びたてている。チャンネル桜が安倍を支持する限り、チャンネル桜に正義はあり得ない。この単純な論理がなぜ分からないのか水島よ。。。

それにしても、倉山の最新記事の内容が意味深。なぜ安倍信者(=チャンネル桜)が倉山の敵になるのか。まぁ倉山みたいな矮小な人間の言葉遊びなんて、唾棄するのが最善なのだろうが。とにかく今年ももうすぐ終わりです。来年も安倍の壊国阻止のために、力を尽くして頂きたく思います。今年は本当にお疲れ様でした。

No title

>靖国の何が問題か、と言えば、先の戦争を美化していることだろう。

歴史の解釈には個々の国の自由な解釈権があるのですけど
おまけに、日本には日本国憲法にも保障されている「言論の自由」もあります
なぜ美化する事が許されないのです?
日本には日本の歴史観があってかまわないのですし、言論の自由がある以上、何を言おうがその自由は保障されます
ついでに「信仰の自由」も存在しており、総理大臣が靖国参拝しようが信仰の自由でしょう

>日本は中国や韓国を侵略しなかった?

韓国の場合は「侵略」とは言いませんが?
自分で自分の独立国としての権利を放り捨てたのが、李氏朝鮮=大韓帝国でしょうに

日清戦争の講和会議で、日本は清国に対して開口一番、
「朝鮮が独立自主の邦である事を承認せよ」
と述べました
「賠償金」でも「領土割譲」でもありません
ついでに言えば、当時の朝鮮は中国の千五百年に及ぶ「属国」同然であり、日本が「朝鮮を割譲せよ」と要求すれば、一気に朝鮮植民地化まで達成できたでしょう
日本はそれをせず、「朝鮮が独立国家である事を承認せよ」と要求したのです
どこが「侵略」か

朝鮮の併合に当たっても、日本は何度も外国の意向を確かめ、アメリカ・イギリス・フランス・ロシア・ドイツ・イタリア・清国の、当時の「東アジア諸国」に同意を得ています
いずこの国も一切の反対をせず、アメリカのように次の如く「大歓迎」を表明した国すらあります

『朝鮮は滅亡して当然である。自分の国の独立を守る為に何らの努力もしなかったからだ。むしろ朝鮮人は、日本人のような文明人に併合してもらう事を神に感謝するべきだ』
(アメリカ大統領セオドア・ルーズベルト)

当時の東アジア諸国全てに認められた併合のどこが「侵略」か
確かに韓国人は「侵略」だと言い張るでしょうが、韓国人の歴史観にどうして日本人が従わねばならんのか
日本人から見れば朝鮮併合は侵略でも何でもない、正当防衛の発動でしょうが

中国に対してだって、野心と野望に燃える日本の侵略などと単純に片づけられないのが歴史の奥深い所です
日本の侵略で片づける人間には、まず間違いなくまともな歴史の知識がありません
中国が如何に国際条約を無視して日本の正当なる権利を侵害していたか、枚挙に暇が無いくらいです

>アジアの解放のために戦った?

実際に、東南アジア諸国の国家指導者の多くが、日本のお陰で独立できたと語っていますが?
彼らの感謝は「素直に」受け取るべきではないのですか?
タイ・ビルマ・マレーシア・インドネシアなどの国家指導者の多くが、日本のお陰で独立できたと語っているのに、それを躍起になって否定するあなたのような人間は心底軽蔑に値します

>もし、今から中国が日本を攻めてきて、日本を占領して中国領として、「日本をアメリカから解放するために戦った。アジアの統一のために戦った」と言ったら、喜ぶ日本人がいるのか。

バカバカしい
「時代が違う」という事も理解できんのですか、あなたは
当時の世界に、今くらいの権威を誇る「国際連合」のような組織は存在しましたか?
自衛以外の武力発動を禁止する、権威ある「国際連合憲章」のような国際法が存在しましたか?
その二つの事例を考えても、今と当時は時代が違うのが明白です
バカも休み休み言いなさい

>その事実を認めるのが「自虐」なのではないんだよ。

あなたの場合は間違いなく「自虐」ですね
東南アジア諸国の国家指導者が認めている「日本のお陰で独立できた」という言葉を無視して『バカなこと』で片づけるような人が自虐でなくて、一体誰が自虐という言葉で呼ぶに値するのか

http://dictionary.goo.ne.jp/leaf/jn2/95070/m0u/?_ck=F

『自分で自分をいじめ苦しむこと』という言葉通り、あなたの書いた内容は「自虐」ですね

no name氏へ

上の記事で、明快にあなたの質問に答えていますが、上の記事の論旨は理解できませんか?

No title


米国務省も批判、安倍晋三の参拝に「失望している」


米国務省のサキ報道官

在日米大使館が発表した声明と同内容のもので、安倍晋三への

厳しい言及が国務省の意向であることを示した。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙(電子版)は26日の

社説で、「日本の軍国主義復活という亡霊を自らの軍事力拡張の

口実に使ってきた中国指導部にとって、安倍晋三の

靖国参拝は贈り物になった」と指摘した。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131227-OYT1T00319.htm?from=main1


安倍晋三靖国参拝:「建設的でない」…EUが批判


安倍晋三の靖国神社参拝について、

欧州連合(EU)のアシュトン

外務・安全保障政策上級代表(外相)

は26日、日本と近隣諸国との緊張緩和に

「建設的ではない」と批判する声明を発表した。

アシュトン外相は、日本と近隣諸国が

長期的な地域の安定のため、信頼を醸成し

緊張を和らげる努力を傾けるよう促した。


http://mainichi.jp/select/news/20131227k0000e010150000c.html


ユダヤ系団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」

(本部・米ロサンゼルス)のエーブラハム・クーパー副所長は

26日、安倍晋三の靖国神社参拝を「倫理に反している」と

非難する声明を発表した。

さらに副所長は、北朝鮮をめぐる情勢が緊迫した中で

安倍晋三が参拝したことに懸念を表明。


http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/12/27/kiji/K20131227007277320.html



北京の日本大使館は26日、安倍晋三の靖国神社参拝を受け、

対日感情の悪化が予想されるとして、中国の在留邦人に注意喚起のメールを出した。


http://sankei.jp.msn.com/world/news/131226/chn13122618120007-n1.htm


>参拝はバカの安倍晋三でもできます。

日本国民と英霊との約束の意味もわからずに

12月16日という安倍晋三の都合での

参拝は何の意味もないでしょう。

英霊に失礼ですし、A級戦犯の英霊東條は

アメリカにより絞首刑で、A級戦犯安倍晋三の

じいさん岸信介はアメポチになり絞首刑を免れた

ことが問題です。靖国の英霊の裏切り者の孫

がトコトコ来ても靖国の英霊には怒りしかなく、

だから安倍晋三は参拝を今まで躊躇したのでしょう。

みたまやすかれ、なれなどと「御霊安らかなれ」

という日本語も話せないインチキ朝鮮人が参拝した

ことを喜んでいる輩の発狂には笑止です。

オバマ大統領もケネディ大使も岸信介の孫という

真実を知っているのでしょう。

安倍晋三が靖国参拝するから問題なのです。

白痴安倍晋三の思いつきの行動は、

海外の日本人の命を危険な状況に貶めています。

アメリカに命乞いしたA級戦犯岸信介

の孫でインチキ朝鮮人安倍信三は、

日本から出て行け。

安倍首相の支離滅裂

こんにちは。
本日(12/27)沖縄県の仲井真知事が名護市辺野古の埋め立て申請の許可を表明しました。一昨日の、安倍総理との会談を受けての事です。この埋め立ては米国海兵隊の基地建設のためです。靖国に祭られた人々は何と戦っていたのいたのでしょうか?米軍でしょう。米軍のための基地の建設を話し合った翌日に靖国参拝とは、全く矛盾していると思うのですが。安倍総理は談話で「政権発足一年のご報告をおこないました。」とも言いました。まさか「あなた方が米国に逆らってこのような事になったので、私は決して米国には逆らわない事にしました。」とでも言ったのでしょうか。でも、そうとでも考えなければつじつまがあわないと思います。

No title

今回の靖国参拝に関して、私の見解を述べると、

私は安倍が靖国参拝することは無いと思っていた。

なぜならアメリカから韓国と事を荒立てるなと指示が出ていたはずだからだ。

だから現に敗戦記念日には参拝しなかった。

それが今回は突然行った。

何故だろうか?

安倍はアメポチの真性売国奴だ。

そんな安倍がアメリカの指示に逆らうわけが無い。絶対に無い。

ということは、今回の靖国参拝の件はアメリカの了承済み(もしくは命令)と見るべきだ。

目的は、

一つは特定秘密保護法を強行採決したことで支持率が下がったことが23日に毎日新聞の世論調査で明らかになったことだろう。

そのため現下のアメリカの国際金融資本の最大目的である日本のTPP参加(=ユダヤによる日本の完全私物化)を目前にして、支持率を下げるわけにはいかなかった。

もう一つは、おそらくこちらが本命だろうが、

安倍政権がアメポチ売国奴ではないとする虚偽の演出をするためだろう。

アメリカ政府は直後に安倍政権の靖国反対に反対する旨の声を出している。

もちろんこれは実際にはアメリカと安倍はグルだろう。

つまり安倍はアメリカにすら逆らう自主独立路線の愛国者という寸法なわけだ。

本日26日付の工作員三橋貴明のブログの内容がそれを裏付けている。

予言どおり三橋は安倍を自主独立を目指す愛国者と宣伝している。

こうして「愛国者である安倍がTPPに参加するわけが無い」と日本が参加する最期の時まで日本国民を油断させるわけだ。

そのためなら一時的に韓国と仲が悪くなっても構わないわけだ。

皆さんの意見はどうでしょうか?



靖国参拝の政治利用

此件に関してWJFプロジェクトを叩く連中は、三橋貴明氏を10倍叩かないと筋が通りませんね。
http://www.youtube.com/watch?v=UzSF9UUt4bU&list=UL&t=05m44s

No title

「歴史問題に鈍感な従来の「左翼」」という認識は少し違うと思います。
自虐史観を日本に押し付け、洗脳してきたのは誰か?
言うまでもなく、アメリカです。
日本が焦土と化したのを、自国だけの責任だと徹底的に植え付け、アメリカの責任を不問にするためです。
真珠湾攻撃をあらかじめ知っていたのに、アメリカ世論に参戦の気運をもたらすためにあえて攻撃させた。
民間人が多く住む都市への過剰な焼夷弾での空襲。
あえて違う2種類の原爆による広島、長崎。
そして、戦後、世界に類を見ないほど屈辱的な米軍の駐留。
でも、日本の世論は、アメリカを批判して来なかった。
いや、安保闘争の時代には、まだ批判する空気が残っていた。
でも、もはや、日本国民の洗脳は進み、「左翼」は嘲りの対象になり、敵は中国や韓国だと思いこみ、アメリカには全く批判の矛先が向かない。
中国や韓国と敵対ばかりしている今の右寄りの日本の空気を、アメリカの日本ハンドラ-たちは、高笑いして見ているでしょう。

それにしても、安倍の靖国参拝、愚かすぎる。
日本を守るために戦った人たちに手を合わせたければ、千鳥が淵を参拝すれば良い。
靖国の何が問題か、と言えば、先の戦争を美化していることだろう。
日本は中国や韓国を侵略しなかった?
アジアの解放のために戦った?
バカを言うんじゃない。
もし、今から中国が日本を攻めてきて、日本を占領して中国領として、「日本をアメリカから解放するために戦った。アジアの統一のために戦った」と言ったら、喜ぶ日本人がいるのか。
その事実を認めるのが「自虐」なのではないんだよ。
「自虐」の意味をわざと(?)取り違え、まんまと日本を乗っ取ろうとしている勢力の思う壺になっている。
本当に愚かだ。

納得しました。

靖国参拝に関する意見をいろいろ読んで、頭の中がまた混乱しそうになりましたが、今日のWJF様の記事を読んで、自分は間違っていないということを確認しました。

どうもありがとうございました。

No title

本当に、バカな安倍信者は勘違いしていますね

私も、日本の総理大臣は外国になど気兼ねせずに堂々と靖国参拝すべきだと考えていますが、
今回の安倍の参拝は、外国に気兼ねしまくった「弱虫」の参拝でしょう

すなわちニュースを見れば、安倍はアメリカや中国、韓国に靖国参拝しますと「お伺い」「ネマワシ」した上で参拝したそうですね
一体、歴代日本の総理大臣の内、誰がここまで外国に気兼ねして参拝したのでしょう?
小泉純一郎の時も外国に気兼ねして持論の終戦記念日に参拝しなかったり色々やらかしましたが、少なくとも外国に「お伺い」などたてませんでした
(ウラでアメリカくらいにはお伺いしていたのかも知れませんが、安倍のように中国や韓国にまでご注進に及んでなどいないでしょう)

そして、お伺いしてネマワシしたにも関わらず、アメリカは「失望した」との談話
東アジアの混乱を深める真似をしやがって……みたいに不快感を表したらしいですね
昨今の中国や韓国を見る限り、どう見ても東アジアを混乱に導いているのは中国と韓国の反日思想なのですが、アメリカは
「日本が一方的に彼らの理不尽に我慢しろ」
と言い放ったに等しく、到底日本政府としては認められるものではありません
歴代アメリカ政府の中でも、オバマは日米開戦時のルーズベルトに次ぐくらいの「反日」政権と見なしても差し支えないでしょう

普通の国ならば、「慰霊には各国のやり方があるし自由ではないか」と外国に向けて堂々と主張するものじゃないんですか?

安倍の今回の参拝は、

・TPP参加表明
・「聖域五品目」すら守れず
・消費税増税
・終戦記念日や例大祭に靖国参拝しなかった

などの数多くの持論・公約破りに愛想を尽かしつつある安倍信者に向けて、「カンフル剤」として”中韓と戦う首相”を演じたに過ぎないものでしょう
これで安倍信者の支持が高まったら、一気に聖域五品目を完全撤廃してTPPに突き進むつもりかも知れませんし、
それこそ首相就任後に方々で語っている通り、日本を移民国家にするために様々な立法を来年に行うつもりかも知れません

No title

このコメントは掲載されないかもしれませんが、どうしても気になったのでコメントさせていただきます。

私は、最近になってWJFプロジェクトさんを知った者なのですが、
安倍首相が靖国参拝することに対しての、WJFプロジェクトさんの明確なスタンスがよくわかりません。

>安倍晋三は、靖国神社参拝によって、日本という国家の枠組み(国体)を維持するために命を捧げた人たちに頭を下げた以上は、自らも命をかけて国家という枠組みを死守するために政治家として戦うべきなのですが、あろうことか、靖国神社を参拝する政治家が、国家の枠組みの解消に他ならないグローバル化政策を推進するという自己矛盾に陥っている。

この文章を読む限りでは、「グローバル主義の安倍晋三は国家の枠組みを維持するために命を捧げた英霊が祀られている靖国神社に参拝する資格は無い」という主張にも思えます。

しかしながら別の記事では

>「第1次安倍政権で任期中に参拝できなかったことは、『 痛恨の極みだった』」とまで語りながら、国民への約束を破り靖国神社を参拝せず、河野談話や村山談話を見直すと公約に掲げていながら、日中韓の共同歴史教科書を作るべきと声明を出す日韓議員連盟の副幹事長をつとめる安倍晋三。

というように安倍首相が靖国神社へ参拝しなかったことについて非難しているような趣旨のコメントもしていますね。

安倍首相が靖国神社に参拝することは、WJFプロジェクトさんの立場からすると、どちらかといえば「良いこと」なのでしょうか。それとも「悪いこと」なのでしょうか。
総合的に考えた場合の見解を教えていただけると助かります。

安倍晋三は数々の公約を反故にしてきたところで、靖国神社に参拝をすることで支持勢力を引き留めたいというパフォーマンスをやっただけです。
私は安倍信者へ逆に問いたい。

安倍晋三が靖国神社の参拝をしたところで、安倍晋三が推し進めるTPP、消費税増税等々の売国政策に賛成するのですか?
安倍晋三が靖国神社参拝という公約を守ったというだけで、安倍政権の進める方向にもろ手をあげて賛成するのですか?

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。