中野剛志の奇妙な言説

「国境にこだわる時代」と「国境にこだわらない時代」のはざまで。
中野剛志氏が、彼にしてはかなり的外れな、というより意図的に的をはずしたかにも思える、次のような奇妙な言説を掲げています。
【東田剛】絶滅への道

テレビで、特定秘密保護法に反対するデモ行進を見ましたが、冷戦時代の左翼が復活したみたいで、まるで『ウォーキング with ダイナソー』(http://www.foxmovies.jp/wwd/)でした。

<本件については、小浜逸郎先生のblogが参考になります>

http://kohamaitsuo.iza.ne.jp/blog/

サヨクザウルスは「特定秘密保護法は、戦争への道だ。ガオ~!」と吼えていますが、何を寝ぼけているのでしょうか。

はっきり言いましょう。
特定秘密保護法の成立よりも、戦争への道の方が先に始まっているのです。

それは、中国の最近の不穏な動きを見れば明らかでしょう。中国は、我が国の領土をあからさまに獲りに来ているのですよ。
しかも、これはアメリカ覇権の終わりという、歴史的に大きな情勢変化と連動しているのです。

もっとも、ダイナソーは左翼に限りません。
日本全体がジュラシック・パークでした。

例えば、平成14年度比で、中国は軍事費を約3.5倍に増やしているのに、日本は、なんと減らし気味です。
http://www.mod.go.jp/j/approach/others/shiritai/budget/img/budget_02_a.jpg

現実の国際政治においては、領土というものは軍事力で守り、奪われたら軍事力で奪い返すのが、国家の基本です。

しかし、日本は、北方領土や竹島は獲られっぱなしで、尖閣は狙われているのに、いっこうに、軍事力を強化しようとはしませんでした。

もちろん、領土を取り戻すために、むやみに戦争に訴えればいいというものではありません。
ですが、本気で取り返すつもりならば、少なくとも臥薪嘗胆で準備し、チャンスを待つ必要があります。それが国家というものです。

その意味で、中国は、着々と軍事力を強化し、チャンスを待っていたわけです。そして、アメリカの弱体化を見るや、いよいよ、尖閣を獲るべく、攻勢を強めた。

その間、日本は、アメリカの軍事力に寄っかかったまま、財政健全化にいそしみ、国防費はむしろ減らしてきた。

これは、どう考えても、日本の戦略的な敗北でしょう。
ていうか、戦略自体がなかった。

もちろん、中国の主張は理不尽だし、そもそも、あの国はとんでもない国です。
しかし、いくら中国の言い分を非難したり、あざ笑ったりしたところで、溜飲は下がるかもしれませんが、軍事的な現実からは逃れられません。

遅きに失したとは言え、安倍政権は、巻き返しに頑張っています。特定秘密保護法も日本版NSCも、その一環でしょう。

(後略)

中野剛志氏は、尖閣諸島をめぐって日中間の緊張が高まる中、日本が中国に対峙しうる自立した軍事力を整備する上で特定秘密保護法は要請されているのであり、この法律に反対する人々は国家戦略を考慮しない「サヨク」だと批判するのですが、彼は、特定秘密保護法の意味と、私たちがおかれている歴史的文脈を完全に読み違えています。

現在、私たちがおかれている歴史的文脈を正しくとらえ直すために、安倍晋三の言葉にもう一度耳を傾けてみましょう。

9月25日、ニューヨークのウォール街で行った演説の中で安倍晋三は次のように述べました。

「もはや、国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました。」

また、10月7日にはAPECで、FTAAP「アジア太平洋自由貿易圏」について次のように言及しました。
「共に進歩し、繁栄する。そのための土俵づくりこそが、TPPであり、RCEPであると考えます。その先にあるFTAAPは、もはや絵物語ではありません。」

アメリカが主導する経済統合の枠組みであるTPPと、中国が主導する経済統合の枠組みであるRCEP、この二つをさらに統合したものがFTAAPなわけですが、従来の国家の枠組みが希薄化され「国境や国籍にこだわらない時代」へと突き進むグローバル化の進展のただ中で起きているのが、尖閣諸島をめぐる「国境や国籍にこだわる時代」に由来する領土紛争の問題です。





参照記事:
恐ろしい二つの地図
FTAAPに言及しはじめた安倍晋三

日本にグローバル化政策の推進を求めるアメリカと、領土問題に関して日本を煽り立てる中国との間に立たされてい私たちは、現在、国家を単位とした「国境や国籍にこだわる時代」と、国家が解消されていく「国境や国籍にこだわらない時代」のはざま、あるいはその二重性の中に置かれているわけですが、特定秘密保護法という法律も、この時代の二重性の中で理解されなくてはならないものです。

つまり、この法律は一面においては、尖閣諸島問題のような、「国境や国籍にこだわる時代」に由来する問題に対処するために、安全保障上要請されるという見かけ上の体裁を持っています。

しかし、同時に、この法律は、「国境や国籍にこだわらない時代」の実現、つまりは(特に先進国の)国民に痛みや貧困をもたらすようなグローバル化政策を粛々と効率的に推進するための情報隠蔽や言論統制のツールとして要請されるというもう一つの側面を持っています。

特定秘密保護法に反対する人々は、国境や国籍の重要性を否定して、前者の安全保障的な側面の故にこの法律に反対しているのでは必ずしもなく、グローバル化の推進、つまりは「国境や国籍にこだわらない時代」を招来するための情報遮断と言論統制という後者の側面の故にこそ、この法律に反対しているのですが、中野剛志氏は、他の自称「保守」の連中と同様に、特定秘密保護法の反対者を「サヨク」と断じることによって、意図的にか、この法律のもつ後者の側面を完全に無視してしまっています。

中野剛志氏は、TPP問題の急先鋒として、「国境や国籍にこだわらない時代」、すなわちグローバル化した世界の到来に警鐘を鳴らしてきた人物のはずですが、ここではなぜか「国境や国籍にこだわる時代」が永遠に続くことを信じるかのようにふるまいながら、特定秘密保護法のもつ安全保障的な側面だけを強調することにより、この法律とグローバリズムとのより密接で本質的な関連性から人々の目をそらし、「国境や国籍にこだわらない時代」の到来という歴史的文脈からは完全に切り離して特定秘密保護法の問題を論じています。

ナオミ・クラインの「ショック・ドクトリン」という概念を好んで引用してきた中野剛志氏は、領土問題のような「国境や国籍にこだわる時代」に由来する紛争問題が、「国境や国籍にこだわらない時代」に羊の群れを追いやり囲い込むために吠え立てる牧羊犬として機能するからくりについても、十分に知悉しておられるはずなのですが。

それにしても、「もはや、国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」と、はずかしげもなく宣言する首相が取り組む「国境問題(=領土問題)」とはいかなるものなのでしょうか。
「遅きに失したとは言え、安倍政権は、巻き返しに頑張っています。」
などという無邪気な信頼を、私たちは安倍政権に寄せることは可能でしょうか。

竹島問題の国際司法裁判所への提訴を取りやめたり、沖縄の人々を置き去りにした「主権回復の日」を強行したり、沖縄の分離独立すら促しかねない道州制を推進しようとする安倍政権の姿勢から伝わってくるのは、まさに「国境にこだわる時代は過ぎさった」という安倍晋三の言葉の通り、領土問題に消極的な姿勢だけなのですが。

舌鋒鋭い安倍政権への批判によって、「保守」勢力の最後のよりどころとして、私たちが信頼を寄せてきた中野剛志氏までもこの調子では、

「そして誰もいなくなった」

とつぶやかずにはおれません。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

彼の言う論理が成り立つには、先ず安倍自民に国家観があること前提だ。
…がしかし、
皆さんもご存知のように彼はグローバル企業のスポークスマンに過ぎない。
現に、"国籍や国家にこだわらない云々"その他グローバルな発言を
海外で得意げに言っていたではないか。
え~っとBuy my abenomix だっけ(苦笑)

まさかそれらの発言を中野氏ほどの人物が知らないわけないだろう…。
だとしたら、完璧に的を外しているか、やはり意図的に外しているかの二択。
人を騙すなら、多数の真実に少しの虚偽を混ぜる方法が効果的。
中野、三橋はこれ。西田は語るに及ばないレベル。
何時までもこんな連中にしがみ付いている奴等は、いいカモ。
ましてや、本なんか買ってたら最悪、講演なんて悪い冗談だろう。

No title

2ちゃんで嫌韓スレが乱立するのも、嫌韓でガス抜き。安倍政権後押しの為でしょう。
中国や韓国が「反日」で政府批判から目を逸らすのと一緒。

で、安倍首相って「竹島」と「尖閣」で何をやったの?
選挙前に威勢のいいことを言っただけでしょ(笑)。

「政治家は何を言ったかではなく、何をやったかが重要」

あと、東京都の尖閣寄付金は?
http://nagatsuki07.iza.ne.jp/blog/entry/3096157/

No title

米スタンフォード大の星岳雄教授


「アベノミクスが成功する確率は12%、

88%の確率で失敗する」

<アベノミクスの成長戦略は、行動すべき分野が

メチャクチャに多過ぎる。しかも、明確な優先順位

が付けられておらず、焦点が定まっていない>


<『有望とされる産業』を政府が選ぶのは、

インターネットがなく、米英のコピーをすることが

経済成長をもたらした時代ならともかく、

今日では無理だ。現在の政府は、どの産業が将来に

栄えそうかを民間よりも知り得る立場にはない。

その最悪の例は『クール・ジャパン』戦略だ。

政府が何かを支援しようとした途端に、

それはもはや『クール』ではなくなってしまう>

<成長戦略は明確な数値を掲げた指標が必要である。

しかし、5年以内の数値的な指標が設けられているのは、

改革分野のわずか19%だけだ>



「日本在住の経済学者の中には、アベノミクス擁護の

『空気』を読み、経済学の『論理』に基づく発言を

控える者が多い。『空気』を読む日本の大手メディアも

同様でしょう。しかし、そうした『空気』が皆無の

カリフォルニアにいる星氏は経済学の『論理』だけに

従って発言していますから、本質を捉えています」

(ビジネス・ブレークスルー大教授・田代秀敏氏)


http://gendai.net/articles/view/news/146753

http://gendai.net/articles/view/news/146753/2



>中野剛志氏にも、擦り寄りでなくTPPの時のように

インチキ権力に反骨精神のある発言を期待したいです。

記事の動画化

この記事を動画にしました。
中野剛志の奇妙な言説
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22489303
http://www.youtube.com/watch?v=uTO3_L23Rx8

私は中野さんなどについては、なんとも分かりません。保守という意味ついて、皆さま、色々と考えていらっしゃると思います。私はしいて言えば保守かと思いますが、一番しっくりする言葉は「護国」です。あまり保守とは何かと考えることはありません。護国とは何かを考えることはあります。あえて言うなら護国派です。

No title

TPPを交渉中に中国による防空識別圏拡大発表というのはショック・ドクトリンによって、日本が一層米国へ依存し、頼っていくようにするために中国版小泉純一郎でありアメリカ金融界と繋がりのある江沢民とその息子がウォール街の要請によって行ったものでしょう。
いつも、作られたビデオや書かれた文章に感銘をうけています。
ところで、執拗な日本への圧迫の元凶はウォール街デモで言われていた1%であり、偽ユダヤ教徒の強大な力をもったシオニストたちだと私は考えています。
このブログからなんらかの方法で真の正統なユダヤ教徒たちも含む、反シオニスト、反グローバル悪徳資本家、反1%の人々との連携は出来ないものでしょうか?
今、ネットでは反中韓の人々が煽られ熱くなり過ぎて過激なデモをしていたりします。
自分もかつては中韓憎し、の時期がありました。でも中韓の反日プロパガンダを支え、誘導しているのがサイモンヴィーゼンタール・センターのようなシオニストの圧力団体であることにきづいてからは、なんとか、中韓のひとたちにも、からくりに気づいてもらって仲良くしていけないものか、と思うようになりました。
では、どうすればいいのかというアイディアは残念ながらありませんが、WJFさんのように優秀な方なら、なにか考え付かれるかもしれないと期待しています。
今後もがんばってください、応援しています。

No title

しばらく前のyoutubeの映像の中で中野氏は最近脅されている、と言っていました。
圧力の可能性は否定できないでしょう。
藤井先生に続きまた骨抜きにされたら悲しいです。

残念です。

中野さん・・・結局体制側の人なんですね。官僚だから、どうしようもないのでしょう。どなたかもおっしゃってましたが、中野さん、西田昌司、三橋、自称保守と名乗っていますが、完全にネトウヨのガス抜き要員、似非保守論者でした。保護法案採決時の西田昌司の言動嬉々として与党議員を煽っていた姿、決して忘れる事はないでしょう。あの採決時、怒りで靴を投げ入れた男性、逮捕されまだ拘留中です。あの時の与党議員の態度は本当に酷いもので、野党議員の審議を遮るわ、入院しろ!等と言う野次が飛ぶ等、自民党の議員の本質がよくわかるものだったそうです。893よりも酷いです。何としても安倍政権は潰さねばなりません。

国家の株式会社化

深く同意します。(特定秘密保護法に関する捉え方に。中野剛志さんは、率直に語っていませんね。残念な事です。)
今日は、どうしても気になって こちらの場に出てきてしまいました。。。
初めてコメントさせていただきます。

次の2つの記事を既にご存知の方もいらっしゃるかも知れませんが、この明解な分析は 杞憂や 突飛な言説とは思えない説得力があるように感じます。WJFさんの的を得た視点・言葉と重なるところがあります。
この事(少なくとも特定秘密保護法の狙いの一つであること)を 私たちは頭の中にしっかり留めておく必要があるのかも知れません。

「特定秘密保護法の狙いが国家の株式会社化にある 事態のおぞましさに保守系議員よ、早く気づいて!」 -街の弁護士日記
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/11/post-8321.html

「特定秘密保護法による恐るべき国家改造 特定秘密保護法の正体はアメリカとグローバル企業による遠隔操作法だった!」 -街の弁護士日記
http://moriyama-law.cocolog-nifty.com/machiben/2013/11/post-426e.html

No title

東京大学で学んだ経済学など破綻しているのでしょう。

国民の税金で学んだ学者や役人など自分で稼ぐ発想はなく

本を書いて印税を儲ける程度で、白痴の安倍晋三の推進する

インチキ経済金融政策の前では為す術もなく、権力に擦り寄る

しかないのでしょう。

ターゲットはC層?

結局、西田も三橋も中野もガス抜きのために配備された“スリーパーエージェント”だったと言うことなのでしょうね。
今にして思えば、民主党政権末期の頃から既に、書籍やネット空間から能動的に情報収集を行う政治・経済リテラシーが比較的高く構造改革に否定的な層、つまり広告代理店スリード社の階層分類よる“C層”へのターゲティングがなされていたとしか思えないのです…
恐ろしく遠大で緻密で周到なシナリオ。
日本人だけで描けるでしょうか?

No title

民主党時代、顔を出して首相を名指しで批判していた頃からは明らかにトーンダウン。
メルマガでは、
・参院選前に、自民党の赤池議員を応援。
・稲田大臣の靖国参拝を、「腰抜けの親米保守とは、格が違います。」などと評価。(じゃあ小泉純一郎は何だったんでしょうか。私は恥知らず売国奴の単なるパフォーマンスだと思います。)
・明らかに安倍政権の本質に気づきながら支持し続けていた三橋貴明の著作を称賛・宣伝。その号で西田昌司を持ち上げ。
・秘密保護法支持

チャンネル桜を妄想崛起と断じ、親米保守を批判していた中野氏を支持してきましたが、もう無理です。
TPP交渉参加したら抜けられないという、中野氏のかねてからの主張は存じていますが、まだ反対している人の妨害はしないで欲しいです。
全部の意見が合致することなどない。これからも中野氏の支持できる部分を支持すればいい。それはその通りなのですが、私の中で、中野氏は不誠実だという気持ちは拭えなくなりました。
在特会福岡支部の秘密保護法反対の動画が削除され、同じアカウントから推進デモ動画がアップされています。あれにも失望です。
この状況、頭の中にビリージョエルのHonestyが流れてきますよ。

No title

私もこのメルマガを読みましたが、非常に不思議に思いました。

あの中野さんが、なぜこんな文章を書いたのか。今でもよくわかりません。
彼にしては、あまりにザツです。

本気で書いたのなら、彼も劣化してしまったかと嘆くしかありません。
敢えてあのように書いたのなら、その真意を知りたいところです。

ただ、彼の書いた文章を広く読んでみると、結構バカなことを書いていることもあります。いつでもどこでも正しいことを言っているわけではありません。彼も人の子です。

この件に関しては、今後、彼がどのように発言していくのか観察していこうと考えています。もし、同じラインを継続していくなら、彼はほんとうに劣化してしまったということです。

中野氏の安倍及び政権への批判は正鵠を射るものが多く、三橋ファミリーとはいえ、彼についてはまだ評価してきましたが、ミスリードとしか言いようがない今回の言説に失望しました。

安倍晋三とその政権の愚かしさをしっかりと認識し、批判を続けてきた中野氏が、何故このような世迷言を語っているのか?
不可解でなりません。

保守勢力の劣化、あまりにも無残です。

秘密保護法と統一教会と安部首相:

http://nagatsuki07.iza.ne.jp/blog/entry/3228081/allcmt/#C2981618
ちなみに、アメリカの愛国者法では処罰対象が、第三国に機密情報を流した者..等の、きっちりした限定があるようですが、
日本の今回の法案ではそこが曖昧です。
岡田副総理は「一般国民も対象となりえる」
鈴木審議官は「ブロガーも対象となりえる」
という発言もありますし、曖昧なままでの拙速法案可決では、官僚が恣意的運用をする可能性が十分にあるのではないんですか?
その為の、曖昧条文のような気がしてなりません。

今でさえ、議事録は取らない、東電が提出した事故報告書は黒塗り(山本太郎以前から)、新型インフルエンザ、口蹄疫等の専門家会議は非公開...etc。
秘密だらけなのに、アメリカのような「情報公開法」はない。
そういう現状で、今回の曖昧秘密保護法は危険としか思えません。

ガンバンマン

中野氏はTPP容認派で増税派の赤池まさあき氏を愛国者だと言って投票を呼びかけた時点で終わっています。

詳しくはこちらで記事にしてます。

ガンバンマンってどんな人?
http://ameblo.jp/ponkiti-2013/entry-11578308706.html?

No title

安倍政権が特定秘密保護法案と日本版NSCによって目指しているのは「完全な属国化」です。

安倍は大っぴらに「アメリカと情報交換をする」と公言していますが、あんなお粗末な秘密保護法でアメリカが情報を渡してくれるわけがありません。結果としては特定秘密をアメリカに一方的に譲渡することになるでしょう。そして、NSCは実質アメリカからの指示を速やかに受け入れるための機関でしかありません。

私は戦後レジームの特徴として「新自由主義的思考」「アメリカ追従思考」「間違った歴史認識」の3要素があると思っています。

そして、安倍晋三は「新自由主義」「アメリカ追従」であることは間違いなく、歴史認識においては発言は間違ってはいませんが、村山河野談話踏襲、慰安婦問題謝罪、靖国負参拝により、結果として間違った歴史認識であると結論づける事が出来ると思います。

つまり、安倍こそ戦後レジームそのものです。

特定秘密保護法も日本版NSCも条文を少し変えれば、独立国家を目指す日本を支えるものとなりえると思いますが、安倍晋三がどちらの方向を向いているかわかっていれば、こんなものには何も期待できないのはわかりそうなものです。

秘密保護法案と日本版NSCのが国境を守るためのものなどと考えちゃうのはいくらなんでも不自然で、中野氏らしからぬメルマガだと思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。