もしこの人たちが黙れば、石が叫ぶであろう

真実を語れなくなる時代がこようとも。
26日にも衆議院を通過するだろうと報じられている、安倍政権が成立を目指す特定秘密保護法案。

この法律が成立したら、WJFプロジェクトが行ってきたような政府批判やTPP批判は危険になるので、気をつけるようにと忠告をいただく事が最近とみに増えてきました。

WJFプロジェクトは、当然のことながら、多くの良識ある人々と同じく、アメリカが日本に要求しているこの危険な悪法に反対です。

日弁連: 秘密保護法に反対(秘密保全法制対策本部)

しかし、インチキ「保守」言論人や安倍信者は、この法案に賛成しているようです。

スパイ防止法を長年推進してきたのが国際勝共連合(統一教会)であるという事実を鑑みれば、当たり前と言えば、当たり前の話なのですが。







彼らは相変わらず自己矛盾に陥っています。

2010年に元海上保安官の一色正春氏が、「sengoku38」名でYouTubeに政府の意思に反して尖閣諸島中国漁船衝突映像を流出させたとき、彼らは、一色正春氏の行動を勇気ある英雄的行為として大絶賛し、情報を隠蔽しようとする民主党政権の姿勢を痛烈に批判しました。

一色正春氏は、その後、「保守」の英雄として、創生日本の総会に招かれたり、チャンネル桜の番組にも度々出演しています。



一色正春氏の行動は当然讃えられるべきであったし、国民の知る権利を侵そうとした民主党は批判されるべきでした。

彼ら「保守」の人々がそのときに示した姿勢は全く正しいものですが、ならば、彼らは首尾一貫して、国民に対する情報公開こそを是とし、特定秘密保護法案には反対すべきです。

それとも、インチキ「保守」言論人や安倍信者は、民主党による情報隠蔽は「悪」だが、安倍政権による情報隠蔽は「善」であるとでも言いたいのでしょうか。

もしそうであるならば、彼らが信奉する安倍政権だけがこの法律を運用するかのように前提することをやめるべきです。

政権交代が起きて、彼らが中国や韓国や北朝鮮の傀儡でありスパイであると考える民主党のような政党が将来政権の座につく可能性はゼロではないからです。

現在の安倍政権も含めて、政権の座につく人々自身が他国のスパイであり傀儡であるときに、「特定秘密」を指定して国民の知る権利を制限したところで、スパイ防止に役立つどころか、彼らの手による売国や国家破壊やスパイ行為を隠蔽し助長してしまうだけです。

政府による売国や国家破壊やスパイ行為を監視し防ぐために、政府の行為に関する事実を国民は正確に知らされる必要がありますが、特定秘密保護法案は、民主主義に備わっている政府の監視機能を否定し損なうものです。

民主党時代に、彼らが絶賛した一色正春氏のような勇気ある英雄的行動は、この法律によって完全に不可能にさせられてしまいます。

同じ事柄に対して、民主党政権時代と、現安倍政権下で、彼らの態度が180度変わってしまうのはなぜなのでしょうか。インチキな欺瞞やダブルスタンダードもいい加減にしていただきたいと思います。

残念ながら、参院のねじれは解消されていますので、特定秘密保護法案は参議院も通過し、このまま成立するでしょう。

政府が指定する「特定秘密」に、今後、TPPの妥結内容交渉内容が含まれることになるのは必至です。

単なる通常の経済協定ではなく、国際企業の力を増大させるために、国家主権を脆弱化させることを目的としたTPPは、主権者である参加各国の国民に妥結内容交渉内容を知らせない「秘密」と密接な関係があるからです。

TPPには守秘義務合意というものがあり、発効後4年間は、妥結内容交渉内容を秘密にしなければならないことになっています。

私たち日本人が、また参加各国の国民が、二度と逆らえなくなる仕組みが着々と用意されています。

それでも、私たちは声をあげ続けなくてはなりません。

今月13日、ウィキリークスによってTPPの知的財産分野の条文草案が公開され、TPPの秘密主義に対する懸念は海外の人々の間にも広がっており、TPPの異常さに多くの人たちが気づき始めています。(TPP, secrecyという単語で海外の記事を検索してみてください。)

私たちの自由や権利はむしり取られ、息苦しい時代に私たちは突入します。

しかし、相手も、しょせん人間(motals)です。

「彼ら」の力を、見くびるべきではありませんが、過大視して意気沮喪することがあってはなりません。

祖国を裏切り、このような法律を支持し成立させる人々の顔を、しっかりと目に焼き付けておきましょう。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

-特定秘密保全法案とツワネ原則-

「ツワネ原則」とは、
世界70カ国以上の国連関係者をはじめ、500人を超える専門家が2年に渡り作成した国家機密の保護に関する国際指針であり、
→政府から独立した「第三者機関」の設置・法的権限を与える必要性が記載されている。

この原則を特定秘密保全法に適用することは、運用主体の監視がなされ、法の健全な運用に繋がるはずだが・・・
安倍総理は11月26日の国会答弁でこう答えている。

安倍総理
「ツワネ原則は私的機関が発表したもので、国際原則としてオーソライズ(公認)されたものではない」
さらに、
「(第三者機関について)法案成立後、必要な検討を開始する」

現状では、チェック体制は機能していないことになる。つまり、法整備が不十分である。
国民生活に関わることにまで、恣意的な運用がなされるリスクがまだあるのだ。

No title

こんにちは、政市と申します。
 名無しさん、よしふるさん、両名が紹介してくれた動画なのですが、特定機秘密保護法案というものが、いかに危険な法案であるのかということを知り、大変勉強になりました。
 特に、名無しさんが紹介してくれた在特会福岡支部の沢村支部長の動画を見て感じたことなのですが、現政権が行おうとしていることは、スパイの防止ではなく、国民に対する締め付けの一種であり、日本のためにはならない法律であるということについて述べられていたので、国民としての意見であると、感じられました。
 それと、WJF様がTPPや特定秘密保護法案に反対していることについては、正しいことを言っているだけなので、チャンネル桜やネット右翼たちの妨害に負けず、これからも国民のために行き過ぎた自由主義にNOを突きつけてください。私も、あなたを応援しています。

No title

沢村直樹氏(在特会福岡支部長)の動画を紹介します。

秘密保護法案に断固反対する
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22297751
秘密保護法案によって弾圧されるのは愛国保守だ!
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22302880
「特定秘密保護法案」と「中国国防動員法(移民問題)」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22337161

だめだめわんこさん

> http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-12-22/2011122201_02_1.html
>
> WJF様
>
> 私には未だわからないのだけど、まず、4年間秘密にされるのは、「交渉内容」だ。
>
> 交渉内容(過程)が4年間秘密にされるのはこれは確かだろう。
>
> けど、交渉内容=妥結内容なのか?
>
> 交渉した過程は秘密で、その結果決まった、妥結内容は公開されるのか?
>
> それとも交渉内容=妥結内容なのか。ゆえに妥結内容も公開されないのか?
>
> 国民は妥結内容も何もわからないまま、TPPに参加させられて、その後、妥結内容だけが突然実行されるのか?
>
> 私にはこの辺が未だわからないのです。

ご指摘の通り、秘匿されるのは、交渉過程であり、妥結内容ではありませんでした。
上の記事には誤りがあります。訂正させていただきます。


The parties have apparently agreed that all documents except the final text will be kept secret for four years after the agreement comes into force or the negotiations collapse. This reverses the trend in many recent negotiations to release draft texts and related documents. The existence of agreement was only discovered through a cover note to the leaked text of the intellectual property chapter.

http://www.techdirt.com/articles/20111018/05561916398/out-acta-ing-acta-all-tpp-negotiating-documents-to-be-kept-secret-until-four-years-after-ratification.shtml

記事の動画化

この記事を動画にして、投稿しました。

もしこの人たちが黙れば、石が叫ぶであろう
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22329350
http://www.youtube.com/watch?v=xTlTRzAfdb8

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。