古代から現在に至る日本人の歩みの総体

その総体的な視点から、個々の時代は相対化されなくてはならない。そして新しい一歩が踏み出されなくてはならない。
最近の記事で、明治以降の日本の歩みを今一度相対化してみなくてはならないと述べてきましたが、決して、明治から終戦にかけての日本を否定しようと訴えているわけではありません。私が伝えたい思いは、今年の1月8日に記した「「戦後体制」とは何か(2)」という記事の中の次の言葉に尽くされています。
戦前(戦時中)と戦後。どちらかの時代の人々が正しく、どちらかの時代の人々が間違っていたということではなく、とにもかくにも、私たち日本人は、その各々の時代を生き延びようと懸命に歩いてきた結果、現在に至っています。

そして現在明らかになっていることは、これまで私たちが正しいと信じてきたやり方では、私たちを取り巻く問題をもはや解決できないこと。新しい時代の扉を開けなくてはならないこと。

そのためには、「戦後」を否定して「戦前」に回帰すればよいということでもなく、また「戦前」を否定して「戦後」に留まればよいということでもなく、

ここでも、大切なのは、

戦前 (善) VS 戦後 (悪)

あるいは、

戦後 (善) VS 戦前 (悪)

という、善悪二元論的な枠組みで考えないことだと思います。

新しい「日本」の姿を現出させるためには、過去のある時代の日本のあり方を断片的にきりとって、それを絶対視したり、再現すればよいということではなく、それこそ縄文時代から現在に至る日本人のすべての歩みを今一度点検しなおし、歴史の最も深い根底から、私たちのあり方を再定義していくという作業が必要になるだろうと思います。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

確認もせず申し訳ありません

No title

なんていうか・・・最近はわざとおかしな発言をしてWJFさんの真意を引き出そうとする釣りレスが流行ってるのか?WJFさんの返信も見てないで脊髄反射コメントっておかしいだろ。

匿名様さん

あなたが引用されているコメントに、私は直接返答のコメントを寄せていますが、ご自分で見つけられませんか?

No title

申し訳ございません。 11月2日のブログのコメント欄に『皇室は海外に侵略されてすでに日本のものではない、崇拝するのは頭がおかしい、神道も朝鮮半島が起源、そんなの崇拝しているのでは奴隷が決定的だ、崇拝する価値もない。』という趣旨のこめんとがありました。wjfプロジェクトさまもそのようにお考えなのでしょうか?お聞かせください。

ちょっとした質問

初めまして。
匿名で失礼します。

WJFさんは、今日話題になっている秘密保護法案についてどう思いますか?
ネトウヨやそれに準ずる人々(おそらくここで言い表すところの安倍信者)が、この法案への反対者は全員、スパイを招き入れんとする売国奴だと主張しています。このサイトではあまり特定秘密保護法案に関する記事を見かけませんでした。
この法案に対しての、WJFさんの見解が少し気になりました。

今回の記事とあまり関係しない質問で、すみません。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。