韓国の反日プロパガンダの本当の危険性

韓国を嫌った結果、韓国化する日本。
韓国が世界的に展開する執拗な反日プロパガンダ。
日本で嫌韓世論燃える 最大の理由は韓国の吐く「嘘」にあり

国際情報誌『SAPIO』が12月号で『韓国が背負う「嘘の代償」』と題する大特集を行なっている。歴史認識、慰安婦、食品の安全性、整形手術、経済状況、技術力、歴史問題、民族性、パクリの現状、軍事力、メディアについて解説しているが、その巻頭言をここに紹介しよう。

 * * * この半年あまり、日韓の間には、もはや修復不能と言っても過言ではないほど憎悪の炎が広がってしまった。ただし、双方の“怒りの燃料”はかなり質が違う。

韓国人が日本に腹を立て、あるいは日本を嘲る理由は、ことごとく「嘘」に立脚している。存在しなかった「慰安婦問題」を教科書にまで載せて国民を洗脳している哀れな“先進国”の姿がその象徴だが、多くの韓国人はそれを信じている。経済でも軍事でも、政府や財界の要職にある者たちが率先して「日本は恐るるに足らず」と国民を扇動する。

その裏では、財閥幹部も軍幹部も、日本の協力なくして自分たちの繁栄が成り立たないことを堂々と語るのだから困ったものだ。本誌と会見したある韓国財閥首脳の二世は、流暢な日本語で「私たちは親の代から日本のすごさを思い知ってきた。もちろん友好関係を築きたいが、それを自分の国では言うわけにはいかない。こうして日本に日参して日本語で仕事をしていることさえ秘密にしなければならない」と肩をすくめて見せた。

一方、ここにきて日本側でも嫌韓の世論が燃え盛っている最大の理由は、まさに韓国の「嘘」にある。アメリカにせよ中国にせよ、日本を蔑ろにする無礼な対応は他にもいろいろ見られるが、こと韓国に対して特に日本人の怒りが抑えられなくなるのは、彼らがありもしない“罪状”で日本を非難し、本当は持っていない“実力”で我々を見下すからだろう(中国も似たようなところはあるが、あれほどひどくはない)。

本来ならGDPが5分の1しかない小国である。日本がかつて併合政策によって苦痛(だけではないにせよ)を与えたことも事実だろう。これまで彼の国の無礼な振る舞いに接しても、目をつぶってやり過ごそうとしてきた日本人は多かったのだ。それをいいことに増長し、嘘を重ねて両国関係を悪化させた責任は間違いなく韓国にある。

しかも、他のアジア諸国や先進諸国が同調しないことからも明らかなように、世界の世論は「嘘つき韓国」を冷ややかに見ている。いよいよ彼らに「嘘の代償」を払う期日が迫ってきた。事ここに至っては、それも自業自得と言わざるを得ない。

※SAPIO2013年12月号

最近強く思うことですが、韓国の反日プロパガンダの本当の危険性は、日本に関する偽りのイメージが世界に広められること、それ自体にあるのではありません。なぜなら、上の記事の指摘の通り、それらが嘘であることは、遅かれ早かれ明らかになり、韓国が「嘘の代償」を支払うときが必ずやってくるからです。

韓国の反日プロパガンダの本当の危険性は、日本国内に、知識や教養を欠いた、見識の低い、劣悪な「愛国者」の群れを大量に作り出してしまうこと。その人々が、分別を欠いた韓国人とそっくりの鏡映しの行動を取り始めること。さらに、それらの人々がなぜか、安倍晋三のような親韓政治家への熱狂的な支持へと誘導されていくこと。韓国もアメリカの同盟国であるにも関わらず、なぜか嫌韓な人々が親米へと傾斜していくこと。そしてその自己矛盾にすら気づかない事。さらには、アメリカに対する隷属の度合いを韓国と競い合うようにすらなること。その結果、日本本来の国柄が内部から破壊されて、結果的に日本が品位のある独立国家であることをやめて、韓国と酷似した事大主義的なグローバル国家に転落していくこと。韓国を嫌えば嫌うほど、日本が韓国にそっくりの国に変質していくことです。

韓国の反日プロパガンダの目的は、もしかしたら、はじめから、このように日本を内部から浸食し、破壊し、品位のある独立国の地位から引きずりおろし、お下劣で情けない国に作り替えて行くことにあるのかもしれません。

だとしたら、彼らの目論みは、今のところ、かなり成功していると言えるでしょう。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

Devide and Rule(分断統治)

そもそも「特ア三国」による対日侮蔑的な行動なるものも、「米領日本」の宗主国であるアメリカが許容していなければ成り立つはずがないのである。それが成り立っているということは、アメリカが「特ア三国」の対日恫喝を許容、さらには扇動していると見なければならない。その目的は当然に東アジアの分断統治であり、日本と中共、北朝鮮、韓国、さらには台湾を含めてを互いに敵対関係である「不安定な状況」を維持させることで、「不安定(アメリカが大好きな"instability"という用語である)な東アジアの安定化には、アメリカ(軍)の存在("presence")が不可欠であり、アメリカの仲介と調停が不可欠である」という「世界の警察官アメリカ」の常駐が東アジアには必要、という筋書きである。

と以前に書きましたが、韓国の「反日プロパガンダ」なるもの、そもそもが(何のバックもなしに!)韓国だけでやっていられるものなのでしょうか?

共にアメリカの従属勢力である日本と韓国、しかし、その「従属的な地位」にもちゃんとランクがあって、

韓国はアメリカの「属国」、そして日本は属国以下の「属領」、というわけなのです。

何故なのか?

日本はアメリカに逆らって戦争をやった国、だから「こいつのランクは属領にしてやる」が、韓国はアメリカが日本封じ込め(つまり、日本の永久敗戦国化)を行うための大事な手駒なので、日本よりも1ランク上の「属国」に地位を与えておいて、日本叩きをやらせる。

逆にアメリカにとっていちばんまずい事態とは、日韓が真に相互理解を進め、共に連帯してしまうことなのです。

だから、自分の子分どうしである日本と韓国、「こ奴らは絶対に仲良くさせるな、とことんいがみ合わさせておけ!」、というわけで、これぞ大英帝国からアメリカが受けついだ植民地支配の鉄則「Devide and Rule(分断統治)」政策、というわけなのです!

要するに、韓国はアメリカの日本支配政策の手駒として、アメリカの承認の下に「盛んに日本叩きをやってい(られ)る」、というわけなのですよ。

No title

中国が尖閣で挑発しているのと同じというわけだ。→日本人がアメリカに傾斜。

韓国の場合は日本を脅かす軍事力は無いからね。日本人に嫌われ憎まれる役になるしかない。→韓国に強気の外交姿勢で、かつ在日特権を廃止してくれる(はずの)安倍晋三に傾斜。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。