西村修平氏: 「歴代、これほど天皇陛下に不敬を働いた政権は安倍政権をおいて他にない」

苦渋に満ちた天皇陛下に「万歳」を叫ぶ蛮行。
※この記事は、旧ブログの記事、「【正直な子ども13】西村修平氏: 「歴代、これほど天皇陛下に不敬を働いた政権は安倍政権をおいて他にない」(2013年5月3日)」を再掲したものです。山本太郎が天皇陛下に手紙を渡したことで、山本太郎の議員辞職を求めているチャンネル桜は、天皇陛下を「主権回復の日」なる奇怪な式典にお呼びして、天皇陛下を最も悪質な仕方で政治利用した安倍晋三の議員辞職をも同時に求めるべきです。「主権回復の日」を推進した、安倍政権とチャンネル桜が働いた天皇陛下への不敬行為は、山本太郎の比ではありません。水島総、欺瞞に満ちたダブルスタンダードもいいかげんにしなさい。

アンデルセンの童話『裸の王様』に登場する「正直な子ども」のように、「おかしいことはおかしい」とはっきり声をあげて、安倍政権の問題点を啓発してくださっている様々な方たちを、紹介しています。

主権回復を目指す会の西村修平氏。
【正直な子ども】シリーズ、二回目の紹介です。
天皇陛下に「万歳」を“浴びせた”不敬!

下心が丸見え!万死に値する自民党と保守派の「主権回復式典」

【苦渋に満ちた天皇陛下に「万歳」を叫ぶ蛮行】

国民の総意を体現し、国家の象徴たる天皇陛下のご臨席を仰ぐにあたって、これほどの紛糾を伴い且つ国民の反発を伴った式典はない。取りわけ、沖縄県に対する思いの厚い天皇陛下におかれて、そのご心中たるや如何ばかりか。

その何よりの証が、ご臨席された天皇、皇后両陛下の表情に笑みの欠片さえ伺えなかったことだ。それは8月15日、日本武道館で開催される「戦没者追悼式典」にご出席される際の表情そのものであった。天皇陛下にとって、4月28日は主権を喪失したままの日本を憂える「追悼式典」だったに違いない。その苦渋に満ちた表情に、臣民として心を痛めずにはおられない。

【参考】主権回復式典:天皇陛下のお言葉なく
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20130429k0000m010058000c.html

式典会場では、安倍首相らが「万歳」を唱和した際、天皇陛下のお顔は堅く緊張され、皇后陛下におかれては終始うつむかれたままであられた。しかも、お招きした会場は憲政記念館という極めて狭い会場、我々が集会を開く「文京区民センター」と何ほどの違いがあるだろうか。

顔と顔を付き合わせる至近距離から、陛下に対する「万歳」は唱和などではなく、罵声にしか響かない。想像力を欠く、何という不敬を働く安倍政権と自民党議員たちであろうか。

彼らの不敬は、不敬の次元を越えている。天皇陛下に対して蛮行を働いたのである。万死に値する所業だ。何処まで愚かを演ずれば気が済むのか、自民党と保守派は恥を知れ!

【権威付けの政治利用であった式典】

なお、天皇陛下のお言葉がなかったことについて、朝日新聞(4月29日朝刊一面)は、「宮内庁は、通常、主催者側からの願い出を受けてお言葉を出すかどうかを検討するが、今回は政府からの願い出がなかった」と報道している。

つまり、安倍政権は今回の「主権回復式典」の胡散臭さを十分認識した上で、同式典を権威付けさせる為に天皇陛下を政治利用したのである。歴代、これほど天皇陛下に不敬を働いた政権は安倍政権をおいて他にない。

しかも、自民党とチャンネル桜などの保守派は天皇陛下のご心中に配慮するどころか、「万歳」まで叫んで”奉迎”した。ああ、何たる想像力の欠如か。ただただ嘆息するしかない。

【米占領軍が常駐する日本に主権はない】

首相は式典のあいさつで主権回復後の経済発展を振り返り、「日本に主権が戻ってきたその日に、奄美、小笠原、沖縄の施政権は日本から切り離された」と説明。「沖縄が経てきた辛苦に深く思いを寄せる努力をなすべきだ」と述べ、この日を「屈辱の日」と位置づける沖縄の反発に配慮した。
(朝日新聞 4月29日)

ここにも大きな誤謬がある。4月28日の「屈辱の日」は沖縄ばかりでない。沖縄という同胞が米軍によって、無理矢理に我々から切り離された日でもある。それ以降、本土も「日米安保条約」の下で主権を米軍に奪われたまま、「日米地位協定」で屈辱的な民族差別の憂き目にあっている。「屈辱の日」を沖縄のみに限定しては、米軍基地が日本列島に隈無く配置されている現状を隠蔽するまやかしとなる。

ここに沖縄県選出の国会議員(テルヤ寛徳衆院議員)に宛てた安倍総理からの「式典案内状」がある。案内文には「平和条約発効によるわが国の完全なる主権回復及び・・・」と。何を以てよくも「完全なる主権回復」であろうか。

同議員は出欠返事の返信用ハガキに、欠席と次のような抗議文を添えて投函している。この憤りに、我々は謙虚に耳を傾けようではないか。

「サンフランシスコ講和条約により、沖縄はアメリカの施政権下に売り渡され、苦難を強いられ、人間としての尊厳を奪われた。『我が国の完全な主権回復』は、嘘だ。沖縄にとって『屈辱の日』だ。」

【参考】『安倍総理からの式典案内状』
http://terukan.ti-da.net/e4538805.html

【売国・媚中派と呉越同舟する保守派の馴れ合い】

こうした中で28日、日比谷公会堂で式典を祝う保守派の集会があった。「主権回復記念日国民集会」として4月28日の祝日化を挙げている。共同主催 主権回復記念日国民集会実行委員会、自民党主権回復記念日制定議員連盟とある。

案内チラシに、同集会の登壇者として城内実、小池百合子、高市早苗、西田昌司、西村眞悟、野田毅、平沼赳夫、山谷えり子氏らが記載されている。保守派の代表とされる国会議員が名を連ねるその中に、異色が一名いる。野田毅、日中協会会長として媚中に勤しむいわば売国議員だ。今回の「主権回復式典」の推進役であり、中心となって働いた。

その野田毅だが4月15日に、アジア調査会で「今後の日中関係」をテーマに講演を行ったが、ここで看過できない発言をしている。野田議員は安倍首相の「価値観外交」を批判して、「中国から見れば『対中包囲網』だ。そういう言葉遣いはあまり利口ではない」、「言われた相手が反感や敵愾心を持つのは当たり前の反応だ。わが党内にもこぶしを振り上げて(価値観外交を)いう人がいるが、違うのではないか」(産経新聞電子版 4月15日)と言った。またこの記事は、同議員が靖国のA級戦犯を分祀すべきと述べたことにも言及している。

保守派、安倍応援団からすればどう見ても、どう考えても売国・媚中の国会議員が野田毅だ。呉越同舟か、それとも同じ釜のメシを食い合う馴れ合いか知らないが、この御仁と肩を組んで主権回復を祝った挙げ句、4月28日の祝日化を互いに「確認し合ふ」とは正気の沙汰ではない。

【参考】『政府・自民党による「主権回復記念日」の正体』(酒井信彦)
http://sakainobuhiko.com/2013/04/post-224.html

【自己矛盾の固まり、叩けばほこりが立つ「趣意書」】

主権とは何か、他国の干渉によって犯されることのない国家の統治権をいう。国家権力の 最高形態は軍隊である。この軍隊が国家の管轄下、正常に機能してこそ、他国の干渉から主権を守り抜くことが出来る。国家の主権たるや、軍事の独立なくしてあり得ない。「国家とは暴力装置」(マックス・ウェーバー)、「鉄砲から政権が生まれる」(毛沢東)はこの軍事主権を言い表している。

「日米安保条約」とそれを補完する「日米地位協定」によって、わが国には米軍が占領軍として戦後70年に亘って常駐し、沖縄ばかりか全土に基地を張り巡らしている。航空法を始め、日本の法律の規制を受けることなく、米軍機は縦横無尽にわが国領空を飛びまわっている。首都圏の広大な空域が米軍横田基地に管制支配されている。対空レーダーシステムも全て米軍の指揮下においてしか機能しないのが自衛隊の現状だ。軍事主権が存在しないなかで、何をどう考えても日本が主権国家とは言えまい。

同集会の「趣意書」だが

「折りから尖閣諸島の緊急事態を始めとして、竹島と北方四島に於いては異邦による我が国固有の領土の不法占拠が多年未解決のまま推移してゐること、被拉致同胞奪還という国民的悲願が一向に進展を見せない事態等、わが国主権が侵されていゐるのに然るべく打つ手を有せぬこの現実に対し、国民の認識も悲憤も一段と深刻化しました」

つまり、主催者をして、わが国が主権国家しての体を成していない現実を認めている。だから、国民の「悲憤も一段と深刻化」していると。全く以て正しい限りだ。

だとしたら何故に、4月28日をお祝いしなければならないのか。これほどの自己矛盾があるだろうか。主権喪失に「悲憤も一段と深刻化」(主催者)しているならば尚のこと、4月28日は「国恥」記念日か主権回復「祈念」日が相応しい。保守派と安倍応援団に進言するが、少しは物事の是々非々を素直に考えてはどうか。

なお、「主権回復記念日国民集会実行委員会」の代表者である井尻千男氏には公開質問状(平成25年4月1日)を送付させて頂いているが、未だ回答を受理していない。井尻先生には保守言論界のリーダーとして、その矜持にかけてご回答されますよう願っている。

【参考】公開質問状『井尻先生の本意は何処に』
http://nipponism.net/wordpress/?p=21634

youtube
http://www.youtube.com/watch?v=rCPt1eQwbOA
ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20726499
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20726664
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20726712

西村修平氏の言われている通りです。

繰り返しますが、1952年4月28日のサンフランシスコ条約の発効とは、日本の主権の回復でもなんでもありません。サンフランシスコ条約とは、GHQによる日本の国家改造と、日本人に対する自虐史観の植え付け作業が一通り完了したことの宣言に他なりません。私たちの同胞である沖縄の人々が、私たちから切り離されてしまった日であり、同日に発効した日米安保条約により、外国の軍隊の駐留が恒久化されてしまった日です。

サンフランシスコ条約の発効日とは、「戦後レジーム」の開始日に他なりません。

安倍政権が積極的に推進するTPPや道州制は、GHQによって行われた日本の国家改造の延長線上に位置するものです。

このような条約の発効を祝うという奇怪な感覚が、一体どこから湧いてくるのでしょうか。

少なくとも国を思う日本人の精神からは、絶対に生まれ得ないものです。

しかも、このような矛盾に満ちた倒錯した式典に、天皇陛下を呼び出し、万歳を浴びせる。

これほど、天皇陛下と日本国民を侮辱した行為はありません。

「主権回復の日」は、TPPのように生活と具体的な形では関係しない話ですが、安倍政権の本質を如実に表しています。

私たち日本人は、もっと敏感にならなくてはならないと思います。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

英霊の政治利用


真に英霊と向き合う参拝であったのか否かと言えば
否であろうと考えざるを得ません。


第一に、靖国神社への参拝は一旦緩急あらば英霊の方々を見習って、
國體・国家のために戦う覚悟を示すところであります。
従って、「恒久平和の誓い」を立てる
つまり、不戦の誓いを立てる施設ではありません。

第二に、河野談話をはじめとする自虐談話の踏襲をしながら
英霊に向き合うなどあり得ない事であります。
英霊の方々に濡れ衣を着せた談話の否定をしてから参拝するべきであるのです。

第三に、英雄的参拝はするべきに非ず。
此れが一番重要な事でありますが
内閣の支持率の低下が気になりだした今、
単なる支持率のアップの為に靖国神社の英霊を
政治利用するべきではないと言う事です。

小泉内閣に於いて、靖国神社の参拝と言う事を受けて
保守系国民の支持が高かったのでありますが
その事を以て、新自由主義を断行して
改革と言う名の下に、国のかたちを大きく壊してしまいました。

その弊害が今でも出ているのですが
此れと同じ事を念頭に置いている事は明らかであります。

少々、保守的な事をしながら大いに改革と言う名の
國體破壊につながる新自由主義を展開する。

多くの保守系国民は気が付かない間に
国が壊されてしまう、この事を大変危惧致すところ大であります。

靖国神社の英霊を政治利用する事に大きな懸念を致します。

本来、安倍首相が為すべき事は
自虐談話の否定と英霊への國體護持の誓い
そして、誰が首相になっても必ず春秋の例大祭への首相並びに全閣僚の参拝
畏れ多くも天皇陛下のご親拝への道筋を付ける事にあった筈なのであります。


http://melma.com/backnumber_186178_5953340/


>天皇陛下に「万歳」を“浴びせた”不敬!

【苦渋に満ちた天皇陛下に「万歳」を叫ぶ蛮行】

安倍晋三は、主権回復式典という権威付けの政治利用の式典

を4月28日におこない、恥も知らずに12月26日には靖国神社の

英霊を政治利用して参拝するインチキ宗教朝鮮人です。

記事の動画化

この記事を動画にして、投稿しました。

ニコニコ動画のタイトルは、最大文字数を超えたので略しています。
西村修平氏 「歴代、これほど天皇陛下に不敬を働いた政権は安倍政権~」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22215404
http://www.youtube.com/watch?v=taKNbYl4pg0

旧ブログの関連記事も動画にしました。
チャンネル桜による不敬発言:「主権回復の日」を推進する勢力
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/05/post-8fc9.html

チャンネル桜による不敬発言:「主権回復の日」を推進する勢力
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22215614
http://www.youtube.com/watch?v=GNC1i5rlV_o

三橋の正体見えたり

本日から来週にかけ、わたくしが企画と監修を担当した小説、「顔のない独裁者 」(さかき漣:著、PHP研究所)出版記念週刊となります。メルマガ「三橋貴明の「新」日本経済新聞」の方では、ライターの皆様の書評が掲載されていきます。

 古谷さんも書かれていますが、本書に登場するビッグブラザーとは、ジョージ・オーウェルの名作「1984年」に登場する独裁者のことです。本ブログのタイトル「新世紀のビッグブラザーへ 」」とは、「二十一世紀の独裁者たちへ」という意味を持つのでございます。


 「顔のない独裁者 」は、企画時は「顔のないビッグブラザー」という仮タイトルだったのですが、
「ビッグブラザーが何を意味しているか、普通の人は知らないでしょ」
 と、著者や編集さんたちのまことにご尤もな意見により、「顔のない独裁者」に変更されました。


 「新世紀のビッグブラザー」は、二十世紀の独裁者たちのように、分かりやすい「顔」を持ちません。また、彼らはまことに「美しい言葉」でわたくし達を支配します。人権、平和、多文化共生、同権、環境、共同参画などなど、人々が抗い難いフレーズが連呼され、極東戦争というショックをを利用し、恐るべき法律(人権侵害救済法、外国人地方参政権などなど)が次々に通され、日本国民が「アジア市民」と化し、支那大陸の中国共産党主席をビッグブラザーとして仰ぐ「第三市民」として生きる「第三地域」こそが、「新世紀のビッグブラザーへ」描かれた日本国でした。


 漢字の使用が禁止され(ゆとり文字化)、言葉が次々に変更され(呼称正規化。例:「天皇」⇒「日王」など)、日本国内では「第一市民(支那大陸出身者)」「第二市民(朝鮮半島出身者)」に対し、第三市民(日本人)が少しでも刃向うと、
「人権侵害だ! 人権犯罪だ!」
 と糾弾され、環境対応(=生殖能力を奪うこと)を強制される。という、狂った社会で生きのび、ビッグブラザーに刃向おうとする若者たちを描いたのが「新世紀のビッグブラザーへ 」でございます。


 やがて時が過ぎ、ついに支那大陸の中国共産党やビッグブラザーの権威が失墜する日が来ます。「第三地域」で日本を取り戻すべく戦う「日本国民」が勝利し、自由なる世界が訪れます。自由革命の実現です。


 「日本を取り戻す」ために戦っていたレジスタンス・グループ「ライジング・サン」のリーダー駒ヶ根覚人(通称GK)は、大衆に向かって宣言します。
「唱和せよ、万歳と! 天皇陛下、万歳! 自由なる我々の祖国、日本よ、万歳!」


 同じ頃、ライジング・サンの若者たちの下に、同じ文面のメールが送られてきます。そこには、一行、こう書かれていました。



「The next big brother has no face.」(今度の独裁者には、顔がない)



 そして、「顔のない独裁者 」の物語が始まるのです。

西村氏の指摘どおりです。

もう絶句しましたね。
要するに尊皇心などまるで無い長州奴どもの発想は
「玉(ギョク)」を担いだほうが勝ちだ・・・というものでしょう。
(かく言う私もその長州の血が半分入ってますから、大体想像がつくのです)

だからこそ山縣有朋は自らの正体を隠すために「治安維持法」を制定したのでしょうね。
同法は左翼対策という事でしたが、後にすべての日本国民に牙を剥きましたから。

歴史は繰り返すというのは事実です。秘密保全法案はそう遠くないうちに治安維持法と化すでしょう。
しかし今度繰りかえらせたら終わりです。

皆様、応援クリックと拡散を!
とりわけ日韓トンネルに関する最新記事は安部信者に片っ端から突きつけねばなりません。
それこそ韓国のみならず「特亜」から工作員や犯罪組織がフリーパスで流れ込んできますよ。
逆に考えれば、「日本人の真正愛国者(管理人様とわれわれの様な)拉致」
に使われても、全くおかしくはありません。恐ろしい事です。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。