「主権回復の日」が孕む自己矛盾

対米隷属の開始日を祝おうとする安倍政権とチャンネル桜の奇怪さ。
※この記事は、旧ブログの記事、「「主権回復の日」が孕む自己矛盾(2013年4月28日)」を再掲したものです。山本太郎が天皇陛下に手紙を渡したことで、山本太郎の議員辞職を求めているチャンネル桜は、天皇陛下を「主権回復の日」なる奇怪な式典にお呼びして、天皇陛下を最も悪質な仕方で政治利用した安倍晋三の議員辞職をも同時に求めるべきです。「主権回復の日」を推進した、安倍政権とチャンネル桜が働いた天皇陛下への不敬行為は、山本太郎の比ではありません。水島総、欺瞞に満ちたダブルスタンダードもいいかげんにしなさい。

本日4月28日、安倍自民党政権は、1952年4月28日のサンフランシスコ講和条約の発効を記念するために、「主権回復の日」と銘打って、天皇陛下をお招きし、政府で式典を開催する予定です。

果たして、サンフランシスコ講和条約の発効日とは、本当に、天皇陛下をお招きし、国を挙げて祝うにふさわしい日なのでしょうか。

これまで当ブログでは、

「日本を取り戻す」と言いながら「日本を売り渡す」

「TPP絶対反対」と言いながら、TPPを積極的に推進する「安倍政権を絶対支持する」

などといった、安倍政権や、安倍政権を支持する人々の見せる自己矛盾した姿勢を、「ダブルバインド」という心理学の用語を使って批判してきました。

しかし、よく考えてみるならば、サンフランシスコ講和条約の発効を持って始まった「戦後レジーム」そのものが、その始まりから、まさに「ダブルバインド」そのものだったのかもしれません。

なぜならば、サンフランシスコ講和条約の発効によって、日本は、表向きは主権を回復し国際社会に受け入れられましたが、それと同時に、同日に発効した日米安保条約によって、主権回復後も外国の軍隊が日本の国内に駐留し続けることになったからです。

「主権が回復したのだ」と国際社会や国民に対して宣言すると同時に、主権が回復することと正逆に外国の軍隊が駐留することが定められたのですから、「戦後レジーム」そのものが「ダブルバインド」的な自己矛盾を孕んだものだったと言ってよいと思います。

また、単に「戦後レジーム」そのものが「ダブルバインド」的であるばかりではありません。

「戦後レジームからの脱却」というスローガンを掲げて選挙に勝利した政権が、わざわざ「戦後レジーム」の開始日を祝うという行為もまた、きわめて「ダブルバインド」的な自己矛盾した行為であると思います。

サンフランシスコ講和条約の発効日を日本政府が祝うという行為は、「戦後レジーム」からの脱却どころか、同条約の発効によって開始された「戦後レジーム」を賛美し、肯定し、正当化する行為にほかならないからです。

安倍政権や自民党が、サンフランシスコ講和条約の発効をもって、本当に日本の主権が回復したと考え、日本政府が祝うべき日であると考えるのならば、「戦後レジームからの脱却」などというスローガンを掲げて衆議院選挙を戦ったことは茶番にすぎなかったということになってしまいます。

しかし、安倍政権が「主権回復の日」を祝う行為が孕む自己矛盾はこれには留まりません。

TPP交渉に参加を表明し、日本の主権を嬉々として放棄しつつある政権が「主権回復」を祝うこともまた自己矛盾に満ちた「ダブルバインド」的な行為です。

まだあります。

欧米の不当な要求に対して日本の自主独立を堅持し、欧米の帝国主義からアジアを解放するという大義に命を捧げた英霊を祀る靖国神社に閣僚が参拝し「わが閣僚はどんな脅かしにも屈しない」と勇ましく擁護したその政権が、戦後7年間に及ぶGHQによる日本改造、「悪の軍国主義国家日本の民主化」が完了して「これでよし」としてアメリカからお墨付きをもらえた日にすぎないサンフランシスコ講和条約の発効を祝うことの持つ自己矛盾です。

サンフランシスコ講和条約の発効を祝うという行為の背後には、「アメリカに自由や民主主義という価値観を教えてもらったことを称える」という自虐的な歴史観が隠れています。この歴史観は、「靖国神社に参拝する」という行為が示す歴史観とは180度食い違うものです。

このように、安倍政権が「主権回復の日」と称してサンフランシスコ講和条約の発効を祝う行為の背後には、二重、三重、四重の「ダブルバインド」(自己矛盾)が隠されています。

私が不可解に思うのは、一体、誰が、このような奇怪なほどの自己矛盾に満ち満ちた構想を思いつき、推進したのかということです。

少なくとも国民の間から自然に生まれた構想ではありません。

構想した人物や集団の名前や議論のプロセスは、私たちには何も明かされないまま、「主権回復の日」は一つの既成事実として、本日、天皇陛下をお招きして日本政府によって祝われます。

(追記: 誰がこんなばかばかしい構想を推し進めたのかといぶかしく思っていましたが、チャンネル桜の次の動画に説明が書かれてありました。)

サンフランシスコ講和条約が発効し、占領状態から主権国家に復帰した4月28日を国民­の記念日に制定しようと、民間有志が15年に亘り続けてきた国民運動は、遂に超党派の­議連成立を実現させ、近く議員立法として国会に提出される見通しになった。
沖縄県民の反発をまねいておきながら、「国民運動」もへったくれもありません。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

チャンネル桜をはじめとする保守サイドって、アメリカが作った憲法を守るのがおかしいって言いながら、サンフランシスコ講和条約の発効日を祝うっておかしいですね。

記事の動画化

この記事を動画にして、投稿しました。

「主権回復の日」が孕む自己矛盾
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22206394
http://www.youtube.com/watch?v=Ha3TzWCRpSY

来年の4月が来るのもあっという間だと思います。この時期に主権回復の日関連の記事を動画化ができて良かったのかもしれません。
1年は12か月なので、ボクシングでいうなら12ラウンドでしょうか。あと2ラウンド、何とか頑張ります。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。