化けの皮が剥がれたチャンネル桜

「戦後レジーム」を賛美する安倍政権とチャンネル桜。
※この記事は、旧ブログの記事、「化けの皮が剥がれたチャンネル桜(2013年4月16日)」を再掲したものです。山本太郎が天皇陛下に手紙を渡したことで、山本太郎の議員辞職を求めているチャンネル桜は、天皇陛下を「主権回復の日」なる奇怪な式典にお呼びして、天皇陛下を最も悪質な仕方で政治利用した安倍晋三の議員辞職をも同時に求めるべきです。「主権回復の日」を推進した、安倍政権とチャンネル桜が働いた天皇陛下への不敬行為は、山本太郎の比ではありません。水島総、欺瞞に満ちたダブルスタンダードもいいかげんにしなさい。

以前、IWJ (Independent Web Journal)の岩上安身氏と、WJFプロジェクトを、単にアルファベットの頭文字が似ているからというくだらない理由で混同して、WJFのことをサヨクの反原発ジャーナリストなどと根拠のない妄言を番組の中で垂れ流したチャンネル桜の水島総ですが、安倍政権の「主権回復の日」式典の政府主催について安倍政権を一言も批判しないというのはどういうことなのでしょうか。





チャンネル桜は、対米従属的な「戦後保守」をかねがね批判し、「戦後レジームからの脱却」の必要性を強く訴えてきたはずです。

サンフランシスコ条約と同時に日米安保条約の発効日である4月28日を、「主権回復の日」と称して、わざわざ政府開催で式典を開催することは、「戦後レジーム」からの脱却どころか、日本政府による「戦後レジーム」の絶対的肯定と、賞賛と、正当化以外の何ものでもありません。

「戦後レジームからの脱却」をスローガンに掲げて衆院選に勝利しておきながら、「戦後レジーム」をわざわざ天皇陛下までお招きして、政府を上げて賞賛し肯定するというのは、天皇陛下や国民を愚弄するにもほどがあります。

対米隷属の開始日を祝うという感覚そのものが、露骨なまでに勝共連合的であり、統一教会的なのですが、このような奇怪な行動をとる安倍政権を全く批判しないチャンネル桜こそ「化けの皮が剥がれた」と申し上げずにはおれません。

あるいは批判する人々が増えていけば、チャンネル桜もしぶしぶ次のように言い始めるのでしょうか。
「主権回復の日」の式典絶対反対、安倍政権絶対支持
安倍晋三にせよ、安倍晋三を「保守・愛国」の権化であるかのように神格化してきたチャンネル桜や他のさまざまな「保守」論客にせよ、安倍政権を全く批判せず、TPPを取り上げず、韓国ネタばかり取り上げてお茶を濁している「保守」ブログにせよ、日本人を愚弄するのをいい加減にやめにされてはいかがでしょうか。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事の動画化

この記事を動画にして、投稿しました。

化けの皮が剥がれたチャンネル桜
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22185658
http://www.youtube.com/watch?v=mfed60Jmyq0

国の一大事なので、頑張って記事動画化などをします。年内にできるだけ動画化をして、来年は日常に無理のないペースで、普通に最近の記事を動画化にする生活にしたいと思います。

この動画(ニコニコ)に頂いたコメント
「で、よしふる君は反原発の左翼ジャーナリストなの?違うなら名誉毀損でチャンネル桜を訴えないと」
私の返事
ただでさえくたばっているのに、なんで手間やお金のかかる訴えを私がしなければいけないのでしょうか。チャンネル桜さんは報道のお仕事なのですから、せめて「Wなんとか」とか「なんとかプロジェクト」とかではなく、びびってないで「WJFプロジェクト」ときちんと言うことくらいのことはしてください。

記事の動画化

こちらの記事と関連する以下の記事を動画にして、投稿しました。
「主権回復の日」とダブルバインド
http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-91d9.html

「主権回復の日」とダブルバインド
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22181432
http://www.youtube.com/watch?v=NBujb0CgiaU

WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。