どんな狂気と愚かさが安倍政権を作ったか

そして亡国の危機をまねいてしまったか。
どんな狂気と愚かさが安倍政権を作ったか。

そして亡国の危機をまねいてしまったか。

反省が必要なのは、私も含めて、誰も彼もです。

時代が時代なら、多くの人々が腹を切らなければならない局面です。しかし、何の謝罪も方向修正も総括もなされていないのが現状です。

安倍政権を支持し、また支持を煽った人々の多くが、未来に対する深刻な加害者となりました。にもかかわらず、

何の自省も反省も行われていません。

まるで誰も何の過ちも犯さなかったかのように皆が知らんぷりを決め込み、安倍政権の危険性を認めるましな人々であっても、騙した責任を安倍晋三一人に押し付けて、自分たちは騙された犠牲者のフリをしています。

下のような動画を作る人もそう。

彼女にはこれまで安倍政権への支持をさんざん煽ってきたことに対する反省はないのでしょうか。



動画を見て手を叩く人々もそうです。

隣国の人々と鑑写しの行動をとるようになった人々。

隣国の敵意によって敵意を刷り込まれた人々。

敵意に対して敵意で対抗してのぞめばよいと思い込んだ人々。

敵意を愛国心と取り違えた人々。

敵意を刷り込もうとする敵意を隠す人たちの期待のまま、敵意を刷り込まれてしまった人々。

隣国の敵意を通して、二元的なものの見方を刷り込まれた人々。

二元的な対立の図式を通してしか、物事が見られなくなってしまった人々。

「あれ」に対抗して「これ」を選び、「これ」に対抗して「あれ」を選びさえすれば問題が解決すると誤解した人々。

二元性を超えた、俯瞰的、総合的、客観的な視点を失った人々。

そのような人々が、安倍政権という化け物を作り出し、未来の同胞を深く傷つけることになりました。にもかかわらず、

何の自省も反省も行われていません。

慰安婦問題も、他の様々な問題と同じく、一つの指標として、どのようなものの考え方に立脚しているのか、この問題を語る人間の姿を浮き彫りにする問題です。

慰安婦問題は、日韓の対立という二元性の中から論じられてはならないものです。聞き手は日韓の対立の外側に立っているからです。

慰安婦問題は、相手に対する敵意をもちながら論じられてはならない問題です。万一、そうするならば、相手の術数に陥るだけでしょう。

慰安婦問題は、「性奴隷」か、「売春婦」かという二元的な問題ではありません。

「売春婦」と「性奴隷」が互いに排他的な概念であるならば、「慰安婦は売春婦である」と言えば話は終わりますが、現代に至るまで「売春婦」の中に一定の割合の「性奴隷」が含まれることが世界史の現実であるならば、「慰安婦は売春婦だ」と歌ったところで、「慰安婦は性奴隷ではないこと」を説明したことにはなりません。

海外にも頭の弱い人たちはいますから、その人たちに「慰安婦は売春婦だ」と歌って聞かせれば、何か理解した気になってくれるかもしれませんが、そもそも海外の頭の弱い人たちは、自国の問題以外には関心を向けません。私たちが主に語らなければならないのは海外の一定の知的レベル以上の人たちです。

少し考えれば分かる事ですが、人々は深くものごとを考えようとはしません。

「安倍ぴょん」による国を壊す危険な政策はすべて参院戦前に掲げられていたにも関わらず、そんな国家破壊者に握手をしてもらったといってはしゃぐ愚かさ。



(私は参院選前にこの方に直接言いました。どうして国を壊す危険な政策ばかり掲げている政権をそんなに熱狂的に支持しているのですかと。そして、国を守る気持ちがあるのならば、衆参のねじれの維持に協力してくださいとお願いしました。返ってきた返事は「安倍さん以外に誰がいるんだ」。参院選は政権を決める選挙ではないので、野党に投票してくださいとお願いしてもこの方に理解してもらえませんでした。)

「絶対に信じちゃ行けない言葉」をリストアップしながら、国民を愚弄するかのように公約違反を繰り返す安倍晋三の言葉をその中に決して含めない欺瞞的な偏った姿勢。



このような衆愚と呼ばざるを得ない愚かさや欺瞞性が、安倍政権による深刻な国家解体の危機を招きました。にもかかわらず、

何の自省も反省も行われていません。

慰安婦問題と同様に、これからの日本に関するあらゆる問題も、右翼か左翼か、アメリカか中国か、自由主義か社会主義か、自民党か民主党かという、あれかこれかの二元的な視点から、私たちはもはや論じ扱うことはできません。

必要なのは、私たちの中に植え付けられている、あらゆる形式の二元的な問題設定や対立を飛び越えて、鳥が上空から世界を俯瞰するような総合的で客観的な視点です。

国民がそのような俯瞰的な視点をもたない限りは、この国はいつまでも救われることはないでしょう。

しかし、あれか、これかの二元性に閉じ込められた人たちは、敵意を愛国心と取り違え、日の丸を振り回し、君が代を歌い、天皇陛下万歳と叫びながら、安倍政権へとのめり込み、亡国へと傾斜をしていきました。

その結果私たちが迎えたのが、現在の状況です。

隣国を憎めば憎むほど、日本が隣国に似てくるという皮肉な現実。

日本が隣国に似てくれば似てくるほど、ますます隣国を憎むようになる矛盾。

にも関わらず、

何の自省も反省も行われていません。

過ちはこれからも繰り返されていきます。

国の命脈がつきる最後の瞬間まで。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>人さま
>>だめだめわんこさま

私もこの女性の動画や、twitterでの発言には激しい怒りを感じていますし、この女性自身にとても嫌悪感を覚えております。

ですが、

>何より歌ヘタすぎっっ

>朝鮮系の顔だな

こういったコメントはやめましょうよ。理由は言うに及ばないと思いますが、どうしても悪態をつきたいのでしたら、元動画やtwitterで行えばよいでしょう。こういったコメントは卑怯で醜いです。安部信者に怒り心頭なのはわかりますのでどうか冷静になってください。
言葉には言霊が宿っております。生意気を言ってすみません。

No title


安倍晋三が日本の首相を演じています。


一国のトップの腕時計が、ずっとズレっぱなしで大丈夫なのか

安倍晋三の腕時計 なぜか「1時間遅れ」のマカ不思議


http://gendai.net/articles/view/news/145405


安倍晋三、賃上げ発言を修正

安倍晋三は23日の参院予算委員会で、

今夏の一時金を上げた企業は132社としていた説明を修正した。

民主党の桜井充政調会長が「132社の平均がプラスになったということだ」

と指摘。安倍晋三もこれを認め「何社かということは後日確認したい」と答弁した。


http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2302M_T21C13A0PP8000/



安倍晋三

21日から始まった衆参両院予算委員会について

「余裕を持ってやっているように見せかけているが、結構くたびれている」

23日、東京都内で開かれた共同通信社の会合


http://mainichi.jp/select/news/m20131024k0000m010079000c.html


安倍晋三動静―10月23日

【午後】

7時8分、東京都渋谷区本町の焼肉店「カレア」


http://www.asahi.com/articles/TKY201310230403.html

No title

この人間の顔は始めて見たけど、コメントでも流れているけど、朝鮮系の顔だな。

目だけ大きくしてあるけど。

安倍晋三は人間のクズ

 安倍晋三首相は21日の衆院予算委員会で、環太平洋連携協定(TPP)に関する自民党の
参院選公約の定義について、「守るべきものは守り、攻めるべきものは攻めることにより、
国益にかなう最善の道を追求する。これが公約だ」と述べ、農林水産分野の重要5品目などの
聖域確保を求める総合政策集「Jファイル」は、総務省に届け出た正式な公約とは別物との
考えを示した。民主党の大串博志氏への答弁。
 自民党の参院選でのJファイルはTPPについて「農林水産分野の重要5品目などの聖域を
最優先し、それが確保できない場合は、脱退も辞さないものとする」などとしている。首相は
同委員会で、TPPへの対応について「公約はたがえてはならない」との答弁を繰り返したが、
公約の定義が問われそうだ。
 首相はJファイルの定義について「公約とは別に、総合政策集というものを、Jファイルとして
出している。これは総務省に届け出ているものではない」「われわれが目指すべき方向を示している」と述べた。
 一方、同委員会で自民党の石破茂幹事長はTPPについて「われわれは守るべきものは守る」と
強調。安倍首相に対し「守るべきものとは何か明確に示し、これからの農林漁林漁業の展望も
この国会で示してほしい」と注文を付けた。
 昨年の衆院選で自民党は、TPP交渉参加の判断基準6項目のうち「『聖域なき関税撤廃』を
前提にする限り、交渉参加に反対する」とだけ盛り、他の5項目はJファイルに記載。Jファイルが
公約かどうか、国会で議論になった経緯がある。

ヤバいっすよ。Jファイル詐欺?詐欺フェスト?野田と同じような事言ってるやん。というか野田より悪質じゃん。最近、聖域を守るという言葉を安部政権や自民党員か聞かなくなりました。変わりに「守るべきものは守る」と曖昧な言葉ばかり。聖域を守れなかった時の予防線を張ってるのか?これは相当譲歩してるのではと考えられますよ。

下品

下品のひと言につきますね。
何より歌ヘタすぎっっ、すいません。ポイント違いますね。

この人はKAZUYAと同じく煽動者として組織的に活動しているのでは?

No title

randomyokoさん、一体どうしてしまったのでしょうか。このような浅ましいものを作るとは。これではレイシストです。ついこないだまで趣味のよいお嬢さんだったのに。朱に交われば赤くなるといいますが、安倍と交わるとここまで黒くなるのですね。いや交わっていたのは竹田家のヒトだったかな。心が痛みます。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。