一つの節目と消えやらぬ怒り

水島さん、「新自由主義絶対反対、安倍政権絶対支持」と言わないのはなぜですか?
【追加訂正】
私は水島総という男をなめていました。よく注意して彼の発言を読むと、「安倍政権の新自由主義は支持しない」とは言っていますが、「安倍政権不支持」と言っているわけではなく「安倍さんに代わる人はいない」としっかり釘を刺しており、やはり「新自由主義絶対反対、安倍政権絶対支持」という聞き手を逃げ場のない袋小路に追い込むダブルバインドのメッセージをいまだに発していました。この人は何も変わっていません。

以前、旧ブログで、「批判的に聞く」と題して、水島総がチャンネル桜の番組の中で繰り出す矛盾に満ちた妄言の数々を、読者の皆さんと共に、論理的に解析する試みを行っていたことがありました。(旧ブログの検索欄で「批判的に聞く」で検索していただくと記事がヒットするはずです。)

10月18日に放送された【直言極言】の中で、水島総は安倍政権不支持を正式に表明し、私たちの戦いに一つの節目を迎えましたので、彼の発言を文字起こしして紹介しておきたいと思います。

【直言極言】我々の安倍支持は間違っていたのか?[桜H25/10/18]

みなさん、こんばんは、直言極言の時間です。

今日はですね、安倍総理の靖国参拝がなかったと、まだ例大祭は続いているわけですけれども、まあそういう形で、この事態をふまえまして、私たちが安倍支持をしたのは間違っていたのか、こういう問題についてお話をしたいと思います。

まず結論から言いますと、私たちが民主党政権に代わり、そして自民党の中で、石破さんや石原伸晃さん、こういう人たちを選ばず、安倍支持を打ち出したことは決して間違ってはいなかった。結果としても、少なくともこれまでの自民党政権、あるいはこれまでの民主党政権よりはましな政権運営というものが、この10ヶ月行われてきたということであります。それは言っていいと思います。対中国の姿勢、あるいは対米関係、あるいはアジアの歴訪、その他ロシアの外交も含めて、かなりうまくやってきたと思います。

しかし、私たちが今、まざまざと、この間の施政方針演説、これで見たのは新自由主義一色に染まった安倍総理の演説でありました。これを私は支持するわけにはいきません。一切支持するわけにはいかないということであります。

では私たちは騙されていたのかということであります。騙されていたわけではないと思います。私たちは日本を思い、日本が戦後体制、こういったアメリカの従属体制や、東京裁判史観からの、一歩でも二歩でもの脱却を願う、そして日本を取り戻そう、危機を突破しよう、あるいは救国内閣、こういう形で登場した安倍総理を支持するのは当然だったし、まだしなければならなかったということであります。

しかし、現実の問題として今起こったのは、先ほども申しましたように、これから消費税増税を始め法人税減税、そして靖国神社参拝をせず、そしてTPPというものを進んで行く安倍政権の姿であります。

これはどこに向かっているかということを考えますと、まず一つは、日本というものを無くしていく方向に向かうのではないか。ご当人はそう考えていないでしょう。しかし、現実的な問題から言えば、財政出動や金融緩和を通した第一の矢、第二の矢、こういったケインズ主義やリフレ派の経済論、こういったものを外す形で新自由主義的な方向に行く。規制緩和、国境のない経済、こういった形で政府は小さな政府にできるだけしていく。そして財務省、経産省の小さい政府論、こういった政府の大きさや、内容をきわめて小さくしていく。これは日本が二千年以来もってきた、そして世界で一番高い道徳や、勤勉性、正直さ、こういったもの、これも共同体意識を失う形で商売の場所になっていく。日本の国そのものがいわゆる市場に変わっていく。そして市場の中にうごめく存在として、日本の国民が存在するようになるということであります。こういった流れを私たちは許しておくわけにはいかないということであります。

残念ながら、皮肉なことに、戦後レジームの脱却を唱えた安倍総理が第一の矢、第二の矢というものを放棄する形で、第三の矢、新自由主義の方にどっぷりつかるようになってきた。もともと以前から私が言ったように、安倍さんそのものが戦後レジームそのものの方です。いいところ、悪いところ、全て持ち合わせながら、自己変革を遂げて行こうというのが戦後レジームからの脱却だったわけです。

いつも言いますように、安倍政権というもの、あるいは私たちそのものも、戦後レジームそのものとして、生まれて育ってきた存在であります。つまり、いつもこれを例に挙げますけれど、私たちは病人である。様々な欠陥や問題点を抱えた身体をもった存在である。私たちはまっさらな医者ではない。自分たちが自己治癒をしていく存在であるということであります。これが私が今まで安倍政権を支持してきた理由でもあります。私たちは安倍さんの限界や、安倍さんの方向の間違い、こういうのも一つの試行錯誤、それは戦後日本の病状の重さ、戦後体制の壁の厚さ、高さ、こういうものの一つの現れとしても考えてきたわけであります。それはもっと体で言えば、自分の病の深刻さであります。そんな簡単に治るものではない。悪口を言ったり、簡単に切るだけで治るものではない。体質そのものが私たち自身が、日本そのものだ。戦後日本そのものが、戦後体制そのものである。これをもとに、きれいな体に戻していく。こういったものが、実は戦後レジームの脱却だったわけであります。

しかし、現実には今どういうことが起こったかということであります。戦後レジームの脱却から元のきれいな日本を取り戻すのではなく、新たな日本、戦後レジームをさらに発展させた、第二の戦後レジーム、これを作ろうとしているように今の安倍政権が見えるわけであります。私たちはこれを許すわけにはいかないということであります。

そしてもう一つの厳しい現実を見なければなりません。それは自民党の中で、これを自己変革できる、戦後レジームを変えていく、あるいは間違った方向の新たな戦後レジームにいかせないようにできるのは誰かということであります。これは、今のところ、自民党にの中には存在しないということであります。だからこそ、私は冷徹な形で、安倍内閣に間違った政策は、ノーと、違うぞという事、まあ消費税もそうだったわけでありますが、TPPに対しても断固として反対をしていく。

これは単に政策のこれかあれかの選択ではなくて、国柄そのものを変えていく。日本の国体、私はいつも国柄とわかりやすく言いますけれども、国体そのものほ変革していく。つまり神武天皇以来、家族のような国を作って行こう。つまりどんな人でも、貧しい人も、あるいは弱い人も、障害をもつ人も、どんな人でも自分たちの家族のように、お互いに助け合い、暮らしていく。そういった国を作っていこうという、2000年以上の歴史の日本の伝統、こういうものからはみ出て、ひたすら金儲けをし、そしてされで競争をし、金を儲けて快楽を得る、こういった欲望を中心とした新自由主義的な形、こういった国家を私たちの国は望んでいるわけではありません。そして小さな政府論というのはまさにそういうことであります。政府は余計なことをしないで、企業や個人に勝手に自由に経済活動をさせれば、みんな競争をして、発展をし、経済もこれで安定していく。こういった主流派経済学と言われる、古典主義的な古典経済学、こういう流れの中で今や新自由主義があるわけであります。

これはアメリカでは、フリードマンとかそういった人たちが提唱したものですが、これさえももう今既に疑われている時代になっております。しかし日本は今、経済産業省を中心にしたこういった新自由主義の流れを押し進めようとしている。これは亡国の道であります。皮肉なことに最も日本を元に戻そうと言っていた首相が、意識的か、無意識的かこれは分かりませんが、亡国への道の先頭に立って、それを進めようとする。それを高らかに宣言したのが、今回の施政方針演説でありました。

私はこれに対して二つ言いたいと思います。

まず一つは、日本が足りない。式年遷宮のことも話さず、集団的自衛権のことも話さず、そして拉致被害者奪還については一言だけ全力をあげてやる、というこれだけしかしゃべらない。こういった誠に残念な日本が足りない演説でありました。我々は単に金が儲かるぞ、景気がよくなるぞ、金儲けができるぞ、生活が楽になるぞ、そんなことだけを求めているわけではない。日本人をなめてはいけない。日本の営々として築いてきた日本の歴史と伝統をバカにしてはいけない。戦後の金儲けの金権腐敗の、そういった人間たちだけだと思ったら大間違いだと言うこと、これは今回見て、非常に残念な演説でありました。

安倍さんは善意の人であります。そしていろんな人の意見を聞くと言いますが、はっきり言いまして、いろんな要素をもっていた彼が、今、完全に亡国、新自由主義への道を歩んでいる。これは我々が言っている伝統的な保守とは全く異なる、むしろ保守とは言えない新自由主義への道を歩み始めている。私たちはこういう意味では冷徹な形で、こういった間違った政策、こういったものに対してはノーを突きつけていかなくてはいけない。そして国民運動をしなければいけない。そして安倍さんに対しては、私たちは提言や反対運動、そういうものを起こすことによって、間違った国の行方、方向を改めさせなければならないと考えているわけであります。

そういう意味で、正直言って忸怩たる思いがあります。痛恨の思いと言った靖国神社、行かなくなった総理大臣、靖国の英霊に対して、あの痛恨の思いと、本気になっておっしゃっていたその顔を思い浮かべるわけであります。私たちは騙されたのでしょうか。いや騙されたのではありません。私たちは日本を信じて、日本は絶対に裏切らない、政治家はさまざまな形で顔をカメレオンのように変えていくかもわかりませんが、草の根、草莽と日本は、そして英霊は私たちを裏切りません。私たちは日本をよりどころにこれからも生きて行くし、戦って行くし、日本を取り戻す運動を続けなければならないと考えるわけです。

今日は以上です。
要約

・昨年の自民党総裁選、衆院選で安倍晋三を支持した事は間違いではなかった。
・10ヶ月間、過去の政権よりましな政権運営がなされてきた。
・安倍晋三自身が、いいところも悪いところも持ち合わせた戦後レジームそのものであったが、我々は安倍晋三とともに自己治癒を試みてきた。
・しかし、安倍晋三は戦後レジームを脱却して元の日本を取り戻すどころか、新自由主義への傾斜によって第二の戦後レジームを作り出そうとしている。
・今回の施政方針演説で、安倍の新自由主義への傾斜が明らかになり、靖国神社参拝もなされないため、我々は安倍政権を今後支持しない。
・我々は騙されたのか、いやそうではない。日本に立脚して運動を続けるかぎり何かに裏切られるということはあり得ない。
水島が上の発言を、参院戦前のどこかのタイミングで行っていれば、私はここまで怒ることはなかったでしょう。

チャンネル桜という、保守の人たちに対しては大きな影響力を持つメディアが、参院戦前に安倍不支持に転じていれば、衆参のねじれが維持され、日本は窮地を免れていたかもしれない。

参院戦前に、安倍不支持に転じるべきタイミングはいくらでもあったはずです。

3月15日、公約を破ってTPP交渉参加が表明されました。

4月19日、来年4月の消費税増税実施の国際公約がなされました。

6月5日、アベノミクス第三の矢「成長戦略」の内容が新自由主義的な「構造改革」であることがあきらかになりました。

6月19日、ロンドンでの講演で、安倍晋三がグローバリストとしての本性をはっきりと表明し、参院戦後はドリルの歯となって、日本のグローバル化を完遂することを宣言しました。

しかし、その度に、チャンネル桜は、あらゆる詭弁を使って安倍政権への批判を封じ、人々の注意を他にそらし、安倍政権を参院戦に勝たせるように人々を誘導し続けました。

TPP交渉参加が表明されても、水島総は、「TPP絶対反対、安倍政権絶対支持」という、矛盾したメッセージを視聴者に刷り込み、安倍不支持が広がるのを食い止めようとしました。

来年4月からの消費税増税が国際公約されても、三橋貴明や、倉山満、上念司らは、「マスコミの飛ばし記事だ」「財務省の陰謀だ」「安倍さんは消費税増税をしない」と人々を欺き続けました。

アベノミクスの第三の矢が新自由主義的な構造改革であることが明らかになり、アベノミクスが国民経済の強化を目指したものではないことが明らかになったあとも、三橋貴明は「少し新自由主義的なにおいがしただけで、安倍支持を辞めてはならない。泥の中をもがき続けなければならない」と読者に呼びかけ、『アベノミクスで超大国日本が復活する! 』などというインチキな本を売り続けました。

安倍晋三が、ロンドンでの講演で、参院戦に勝利したら「ドリルの刃」となって新自由主義的な構造改革と日本のグローバル化を断行すると宣言しても、その講演について黙殺をきめこんで一切取り上げず、参院戦で「安倍救国内閣」を勝たせるように人々に訴え続けました。

この間、安倍政権の本質に気づいて声を上げる人々が出ても「うるさい蠅」と呼んで批判を封じ、安倍政権を批判する人々は「保守分断だ」「偽装転向コミンテルンだ」「支那の工作員だ」「反日左翼だ」とレッテルを貼り、真摯な質問を視聴者から受けても鼻で笑い、参院戦までは安全運転であり、安倍政権が参院戦に勝利して強い政権基盤を手にいれさえすれば、保守的な政策を行えるようになり、バラ色のデフレ脱却や、戦後レジームからの脱却の糸口ができると、視聴者に偽りの期待を吹き込み続けました。

そして、チャンネル桜の目論見通り、安倍晋三は参院戦に勝利しました。

安倍晋三は、参院戦前に、参院戦に勝てば、ドリルの刃となって新自由主義政策を断行すると宣言していました。

参院戦に勝てば新自由主義政策を断行すると宣言していた政治家を、参院戦で勝たせれば新自由主義政策を断行するのは小学生でもわかる当たり前な話です。

安倍晋三は、参院戦前に既に掲げていた新自由主義的な政策を、参院戦の勝利を受けて、彼が宣言したとおりに実行に移し始めているだけの話です。

参院戦に勝ったら新自由主義的な政策を断行すると宣言していた政治家を、自分たちが参院戦に勝たせておきながら、その宣言していた言葉のとおり、安倍晋三が実際に新自由主義的な政策を断行しようとしはじめたら、「安倍政権が新自由主義に転じたから不支持に転じる」と言い出すというのは一体どういうことなのですか?

その上、今回の施政方針演説で安倍晋三が突然、新自由主義に舵をきったような、事実と異なる偽りの説明を視聴者に対して行い、手のひらを返すことについて自らを正当化するというのは、どういうことですか?

ここまで視聴者をバカにした話がありますか?

これまでいろんな人々を見てきましたが、誇張でもなんでもなく、これほど醜悪な人々を見たのは生まれて初めてです。

どうしてこんなクズみたいな人々が、日の丸を振り回して、日本の愛国者を気取っているのか。

何度か引用してきましたが、参院戦の直後に、日本の終わりの始まりという記事のコメント欄で、私は次のように記しました。
チャンネル桜をはじめとする「インチキな仕立て屋」たちは、参院選の勝利という役目を終え、どこかの段階で安倍政権への批判に転じるはずです。そうでないと彼らの存在自体が持たないからです。彼らの自己矛盾は限界に達し支持者はどんどん離れています。安倍を批判するフリをして、保守面をして、再び私たちの中に紛れ込む。そして共闘しているフリをしながら、また私たちをあらぬ方向に誘導していく。そういう可能性はきわめて高いと思います。インチキな「保守」をこの機会にきっぱりと排除していかなくてはならないと思います。
恐いのは同じことが、これからも繰り返されていくことです。

彼らがやっかいなのは、正しいことを言いながら、正逆の方向に人々を誘導していくことです。

私たちは安倍政権に対峙して戦っていかなくてはなりませんが、その戦列の中に、これらのインチキ「保守」が再び紛れ込んで、私たちを間違った方向に誘導し、それについていってしまう人たちが現れることを私は恐れます。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

確信犯

水島氏は、遠回しに「安倍さん病気説」を打ち出して、戦後レジーム病の患者であると主張しています。更には「安倍さんに対して、提言や反対運動を起こす事によって、間違った国の行方、方向を改めさせなければならない」と言ってます。つまり病気が治るよう反対運動(治療)を処方すれば、国の行方が良くなると言いたいのです。

んなはずありません!だってアベ脳細胞は慢性だし、末期だし。水島先生も医者として、患者さんを正しく診断できているはずです。にも関わらず、この後におよんで、ま~だひつこく、ちゃっかりこっそり安倍支持を煽ってます。
さて彼の狙いは何でしょう?アベちゃんとミズちゃんがモーホーでない限り、裏で結託しているとしか思えません。

No title

水島が社長が最近よく使うゴッドファーザーの例えも意味が分かりません。
安倍晋三自体が、政治家になって以来の一貫した哲学に基づいて行動してるのに、彼にとっては途中で
(10月の所信表明演説?)新自由主義に傾倒しているかのように錯覚しています。
昔からそうですが、単なる自分の妄想にすぎないことを、裏をとった確信のように喋る癖も言論人としてどうかと思います。

チャンネル桜の欺瞞は続行中!!


動画を視るまでもなく ( 変な言い方ですが )

タイトルで気がつきましたよ。

詐欺師が遣う、典型的なテクニックですよね。



【直言極言】我々の安倍支持は間違っていたのか?[桜H25/10/18]

● 「 我々 」 とは、誰を指すのか不明。

● 「 間違っていたのか? 」 と、疑問形にして責任放棄。

本来ならば、

『 私、水島の安倍指示は間違っていました。 皆様に謝罪いたします 』

ですよね。



で、その後グダグダ喋る13分間でも、

ただの一度も、反省や謝罪の言葉がありません。

それどころか、

今後、安倍に対してどのようなスタンスをとるのか、

( 決別を含めて ) 具体的な提示もなく、

終始、曖昧模糊とした 「 まやかし 」 で煙に巻いています。



しおらしい表情やトーンダウンした声色に、騙されてはいけません。

くれぐれも、 眉に唾ですよ~

No title

水島氏という人は、安倍氏に実際に●されてみて初めて本性が分かるのでは無いですかね?

そういう馬鹿って実際に存在するんですね!

そういう馬鹿に扇動されてしまう人間達も大馬鹿連中、ノータリンと言うんです。


「安倍さんって善人」なんですね・・・。すんごい脱力です!このセリフは。

福島原発を壊滅的にした原因を作ったのは「安倍第一内閣」の安倍氏その人では無いですか!


国会での質問で「絶対安全」と言いきっていたのにね。


じゃあ、体張ってでもTPPを阻止して、人間盾になってもらいましょうかね。

「TPP絶対反対」と仰るのですから、国会での承認で体ごと止めてもらいたいものです。


これで早稲田大学出だなんてホントに信じられない!痴性に溢れすぎているとしか思えん!

第一次内閣ですでに

安倍内閣総理大臣記者会見

平成18年9月26日

【一部抜粋】
まず初めに、はっきりと申し上げておきたいことは、5年間小泉総理が進めてまいりました構造改革を私もしっかりと引き継ぎ、この構造改革を行ってまいります。構造改革はしばらく休んだ方がいい、あるいは大きく修正をした方がいいという声もあります。私は、この構造改革をむしろ加速させ、そして補強していきたいと考えております。

http://www.kantei.go.jp/jp/abespeech/2006/09/26press.html

とすでにおっしゃっています。

なんで初めから安倍さんの新自由主義的政策を批判しなかったのでしょうか?

よく調べればわかったことです。

言論人として死んだ水島社長

こんにちは。
今回のエントリーで紹介された動画での発言ではありませんが、10月19日に配信された討論における水島社長の発言で驚くべきものがありましたので紹介します。

1/3【討論!】どこへ行く?安倍政権[桜H25/10/19]
http://www.youtube.com/watch?v=64trSSMPA2I&feature=c4-overview&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
(44分22秒から)「特に、(安倍首相が)外国に行った(ときの)演説を、私最近ね、ずっと聞いているんだけど、驚くばかりのアレなんだよね。国境なんかもうないんですのようなね。」

これではっきりしました。水島社長は、WJFさんを始めとして多くの方が危惧を抱き、広めてきた安倍首相の海外での講演を全然聴いていなかったことが。そういう情報収集すら怠っていながら、「安倍首相には新自由主義者の面とそうでない面の両面ある」などと視聴者に訴えていたわけです。やはり、そうだった。これを推測できた発言がありました。

【水島総】ある公開質問状への回答 [桜H25/8/15]
http://www.youtube.com/watch?v=-3rAbi6Ofrs&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg
(7分10秒から)「『日本をどこまでもオープンと宣言している安倍自民党を信頼してチャンネル桜が大切だという日本の文化伝統が守れますか』(という質問に)これは質問にちょっとなっていないということですね。あの、日本をどこまでもオープンにというのはTPPのことだと思います。私はそんなことをやって日本を守れるとは思いません。」

この動画を見たときに、「水島社長は安倍首相のロンドンでの講演を聴いていないのではないか」と思いましたし、2ちゃんねるにもそういう声があふれましたが、やはり見ていなかったようです。

もうだめですね、水島社長は。意見の違いは構いません。しかし、言論人として世間に意見を公表するのなら、「正当な注意」をもって情報収集するのは当然の職業的責務ですし、間違っていたら間違っていたことを謝罪するのも同じでしょう。さらに言えば、あれほど安倍のロンドンでの講演をひいて批判されたにもかかわらず、水島社長の身近にあの動画を見るよう勧めた人が一人もいなかったということに驚かされます。それなのに8月15日の動画(53分4秒)で水島社長は「もっと勉強しろ」と視聴者に上から目線で言っていることに笑わされます。勉強していなかったのはどっちだったのか。見ているこちらが恥ずかしいくらいです。YouTubeでの批判コメントを削除し、正当な批判からも目を背けてきたことも一因でしょう。批判から目を背けて見ないようにするとこうなる、という見事な見本・標本のような動画です。
水島社長は言論人としては死んだも同然でしょう。これだけの失態を晒した言論人の言うことが、これからも信用されるでしょうか。水島社長が、もしこれからも言論人、活動家として生きていきたいのであれば、自ら8月15日の動画を見て、自らの愚かさ・醜悪さを自覚し、自己総括するとともに土下座して謝罪するしかないでしょう(27分54秒から質問者を本当の馬鹿などと罵倒してますしね。)。それでも失われた信用が取り戻せるとは思いませんが。まあ、それ以前に、自らの愚かさ・醜悪さを自覚することもできないでしょうがね。

自分のしてきたことに対して批判がいかないように、そして、WJFさんのように激しい怒りをもっている人たちの心を少しでも鎮めるためにうまく言い訳しているようにしかきこえないですね。

「私たち」は騙された騙されてないーなどと言っていますが、、
誤った方向に国民を煽動してしまった理由は、阿部政権の本質を早い段階で見極めることができなかった「私」の能力不足のせいだ。
とはっきりと言ってほしいものです。そう思いませんか。

No title

水島は選挙が当分無いので安心しきっているのか、心おきなく安倍批判してますね。 保守なりきり演技もスムーズです。

安倍信者に起きた現象と同じ事が、水島信者界隈にも起きています。

★水島の本質を見抜けず、愛国保守だと勘違いする人(騙される人)
★水島の本質を知っていながら、勘違いを装い、擁護する人(騙す人)

あたかも安倍政権に騙された被害者であるかの如く、水島を可哀そうなオジサンに仕立て上げる工作員もどきが出没しています。そんな口車にのって騙される人が未だ存在する事に、言葉を失ってしまいます。絶句!

No title

聞くに耐えない水島総の【妄言 虚言】のコーナーを文字起こしして頂き有難うございます。
批判する必要があるかと思い昨日の討論のさわりを見てみましたが、全然討論ではなく安倍支持者による座談会のようで見ていて気分が悪くなり途中で止めてしまいました。

水島はTPPを阻止する気などさらさらなく適度にガス抜きをして安倍への批判が高まらないようにする方針のようですね。
有害極まりないです。

No title

第一、たとえ「新自由主義一色」であっても、小泉純一郎は靖国神社参拝を続けました。
安倍晋三は弱腰でヘタレなのでそれすらしていません。
経済政策が新自由主義だから安倍晋三批判に転じるという水島の理屈はおかしいですね。

私個人はケインズ経済学の支持者ですけど、新自由主義一色だからって靖国神社参拝くらいはできるはずです。
それを行わなかった安倍晋三という人物は、小泉純一郎の足下にも及ばないただの小物、国賊・売国奴だったという事ではないですか。

今、小泉純一郎が「脱原発」を主張しています。
その行動に対して、チャンネル桜の影響を受けたとおぼしき、また安倍信者とおぼしき連中が、小泉をボロクソに罵っています。
安倍晋三の失政から目をそらし、とにかく安倍晋三以外の人間を批判したいという魂胆でしょう。

しかし、小泉純一郎は曲がりなりにも靖国神社参拝を続けており、安倍晋三は第一次政権からカウントしても一度も足を運ばなかった事くらいは知っといてもらいたいものですね、あのバカ連中は。

国民を騙していた張本人が、騙されていたなどど言うとは、詭弁を使い回した末の見苦しい言い訳ですね。この様な破廉恥な男がいまさら何を言おうとも信用などできません。

水島は国民や今まで動画等で愚弄してきた方々へ謝罪し、チャンネル桜の代表を退いてでも禊をしなければなりません。

チャンネル桜に騙されていたと主張する方々も自ら事実と向き合い、二度と騙されない様に己の芯を強くしなければなりません。

一区切りが付いたという意味で、今後は敵対していた方々とも協力して、安倍晋三から日本を取り戻す様に行動するべきだと思います。

No title

>もともと以前から私が言ったように、安倍さんそのものが戦後レジームそのものの方です。

>いつも言いますように、安倍政権というもの、あるいは私たちそのものも、戦後レジームそのものとして、生まれて育ってきた存在であります。

こんな事水島がかつて言ってましたっけ?
安倍内閣は「救国内閣」とか、安倍内閣を批判する者は「うるさい蠅」「偽装コミンテルン」「中国の工作員」とは言ってたはずですけど……
ここの管理人様が『もともと以前から私が言ったように』というのであれば話は分かりますが、水島が一体いつ安倍晋三は「戦後レジームそのものだ」などと発言していたのでしょう?

しかも、結局は「私は間違ってなかった」と自己弁護、言い訳に走るのですから情けない限りです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。