逆賊、水島総を我々は絶対に許さない

悔しくて、涙が出てきますよ。
今年7月の参院選で安倍政権の圧勝が伝えられた直後に、日本の終わりの始まりという記事のコメント欄で、私は次のように記しました。
チャンネル桜をはじめとする「インチキな仕立て屋」たちは、参院選の勝利という役目を終え、どこかの段階で安倍政権への批判に転じるはずです。そうでないと彼らの存在自体が持たないからです。彼らの自己矛盾は限界に達し支持者はどんどん離れています。安倍を批判するフリをして、保守面をして、再び私たちの中に紛れ込む。そして共闘しているフリをしながら、また私たちをあらぬ方向に誘導していく。そういう可能性はきわめて高いと思います。インチキな「保守」をこの機会にきっぱりと排除していかなくてはならないと思います。
上の言葉の通り、チャンネル桜の水島総は、安倍政権への批判色をいっそう強めてきました。





失望の所信表明演説?

新自由主義への傾倒?

笑わせるんじゃない。


安倍政権の新自由主義への傾倒は、今回の所信表明演説によって明らかになったものではありません。

昨年の政権発足当時から、安倍政権の新自由主義への傾斜ははっきりしていたではないですか。

公約には道州制が掲げられていました。

竹中平蔵が軍師に迎えられました。

3月にはTPP交渉参加が表明され、

4月には消費税増税の国際公約がなされ、

6月には、アベノミクス第3の矢・成長戦略の内容が安倍晋三によって発表されました。

同じく6月のロンドンでの講演で、安倍晋三は、グローバリストとしての本性をむき出しにしました。

安倍政権の新自由主義への傾斜はとっくに明らかになっていたにも関わらず、チャンネル桜は、詭弁を使って安倍政権を擁護し続け、参院戦まで方向修正を一切行いませんでした。

チャンネル桜の過去の動画を見てみればよい。

水島総は、安倍晋三が参院選に勝てば、強い政権基盤を手に入れて、TPPからも撤退できるし、デフレ脱却もできるし、参院選まで封印してきた保守的な政策を思う存分に実行できるようになり、戦後レジームの脱却に向けてわずかでも前進できると、人々に語っていました。チャンネル桜関係者で、安倍政権が参院選に勝っても消費税を増税しないと嘘を言っていたのは、何も倉山満一人だけではありません。

安倍政権の新自由主義への傾斜に、私たちが警告の声を発するたびに、水島総は、

「反原発の左翼ジャーナリスト」
「支那の工作員」
「マッチポンプ」
「蠅」

というレッテルを私たちに貼り続けたではないですか。

関連記事: WJFプロジェクトの警告を妨害した水島総

新自由主義への傾斜などとっくに分かっていたにも関わらず、安倍晋三を参院戦に勝たせるために、国民を騙して煽動を続けたのは、水島総、あなたがた自身ではないですか。

8月には、安倍政権に疑問をもつ支援者から寄せられた懸念の声を、「レベルが低い、勉強しなおしてこい」と、せせら笑ったではないですか。





関連記事: 水島総はとっとと地獄の業火にこんがり焼かれてしまいなさい

水島総。

あなたの恥知らずさには、はらわた煮えくり返って、卒倒しそうです。

国民、なめんのもいいかげんにしなさい。

私は、あなたのことは、絶対に許すことができない。

あなたが始めたみっともない「裸の王様」のパレードを死ぬまで続ければよい。

「新自由主義絶対反対、安倍政権絶対支持」と、これまでと同じように、言い続ければよい。

あなたがたに思いっきり、石をぶつけてやるんだから、パレードからこそこそ逃げ出してはいけません。



ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ハエになれ

ちとどうでも良い事なのかも知れませんが、記事中に個人的に妙に感嘆した言葉があるので感想を。

WJFさんは「蠅」という言葉に大変怒っている様に見受けられますが(当然その言葉に込められた意思に対してだという事は理解しております)、当方は社長の言葉に逆に感心してしまいました。

というのも、ハエは一見嫌われ役ですが、実はとても地球の役に立っている動物で、鮮度があり生き生きしているものには見向きもせず、腐ってきている、もしくは腐った物を見極め、集り、卵を産みつけ、ウジが跡形もなく食べ、掃除して去っていき、地球をきれいにしてくれる大変重要な役割を担っているのです。

つまり、社長はその言葉でWJFさんをこきおろしたつもりが、自らを「既に腐ってしまった者」として認めてしまっている訳です。

その点ではまさにWJFさんは腐った者を見極め、掃除する「ハエ」なのです。

しかし社長は自身が腐っている事をまだ自覚していない為、ハエをうるさく感じてしまうのでしょうね。

No title

>水嶋さんは本気で戦後レジームの脱却を目指す愛国者だと思うが

まぁ、確かにそれはそうなのでしょう
水島が戦後レジームの脱却を目指しているのは事実です

     た    だ    し

水島は「馬鹿なのか」「阿呆なのか」「知恵遅れなのか」「理解力が無いのか」「これら全部なのか」
安倍晋三や自民党が「戦後レジームの脱却に動いてくれる!」と狂信していたというのが事実でしょう
事実を事実として直視せず、安倍晋三を批判する者は全員左翼or中国のスパイとか言ってきた事が、水島のクビを絞めているだけの話です
水島の自業自得ですね

なんでもかんでも、自分の意見に反対する者は左翼か中国の工作員とか言ってるチャンネル桜や水島の姿を【反面教師】にできると思われます

みはせじさん

>水嶋さんは本気で戦後レジームの脱却を目指す愛国者だと思うが、

バカな事言うもんじゃない。
当ブログの過去記事を洗いざらい読み返してきてください。

水嶋さんは本気で戦後レジームの脱却を目指す愛国者だと思うが、その願望が強すぎて現実を直視できず、妄想を喚き散らすことがある。中野たけしや藤井聡は本を読めば、正しい分析をしてると感じるが、トークでたまに発狂しているのが気になる。柴山けいた、関岡英之、東谷暁など、日本人として普通のことを普通に語れる言論人の意見を参考にしたり、古典を勉強して、判断を間違えなうようにしたいです。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。