なぜ人々は騙されたのか(1)

なぜ黒いものが白く見えたのか。
未来の歴史の教科書に、今の時代は次のように記述されるかもしれません。
21世紀初頭、日本の長い歴史に幕を閉じる役割を担った安倍晋三という政治家を、日本人がこぞって救世主のように神格化し、崇拝するという奇怪な社会現象が発生した。「安倍さんを信じよう」が流行り言葉となり、この政治家に対する批判は一切封じられ、批判者には「反日」の烙印が押された。日本の国家解体は迅速に進められていったが、このような危機的な状況下でも、日本人は、安倍晋三の真意は他にあると信じ続けた。終末を自ら招いた日本人の姿は、あたかも集団で海に身を投じるレミングのようであった。
なぜ人々はこぞって、安倍晋三というグローバリストを「愛国政治家」であると誤解したのでしょうか。

なぜ人々はこぞって、安倍晋三という、間違いなく日本の歴史に名を刻むであろう超弩級の国家破壊者を、「救国政治家」であると誤認したのでしょうか。

なぜこのようなマンガのような出来事が現実に起きてしまったのか。

そのカラクリを、WJFプロジェクトは、これまでも様々な角度から考察し説明してきました。

もしかすると当ブログは、日本の、いや世界の歴史に刻まれるであろうこの奇怪な社会現象を、その渦中の外側から、リアルタイムで観察し、分析し、網羅的に記述した一つの貴重な歴史資料として後世の歴史家に参照されることになるかもしれません。

なぜ日本人は騙されたのか。

この問題は、今後、歴史学者によっても、社会学者によっても、心理学者によっても、幅広く研究されていくことと思いますが、WJFプロジェクトはこれからも引き続き、この問題を深く掘り下げていきたいと考えています。

また、この問題を考察することによって、私たち日本人の中のどこに病根があったのか、日本人はどうやってその病根を根治していくべきなのか、日本人はこれからどういうあり方を深めていくべきなのか、日本人はどういう方向に向かって進んでいくべきなのか、日本人はどうやってこの国を救っていくべきなのかという、かなり本質的な問題もあわせて論じていきたいと思います。

騙されたと自覚されている方たちには、反省の一つの材料にしていただければと思います。

そもそも、安倍晋三が新自由主義者であり、構造改革推進論者であり、グローバリストであるという事実は、

「カラスは黒い」

というぐらい明々白々の事実でした。

この単純な事実を認識するのには、何の高度な専門知識も不必要でした。

なにしろ、安倍晋三自身が自分の口で以前から一貫してそう語っていましたし、安倍自民党が昨年の衆院選に際して掲げた選挙公約の中に道州制という究極のグローバル化政策が始めからはっきりと掲げられていました。ですから、安倍政権が向かう方向を誤解する余地は最初からまったくなかったはずです。

にもかかわらず、なぜ、このグローバリストの政権を、人々がそろいもそろって「安倍救国政権」と誤解するなどという不思議な現象が起きたのでしょうか。

しかも、その誤解が、なぜ10ヶ月も払拭されなかったのでしょうか。

この問題を改めて考察し、多角的に論じていきたいと思います。

今回は、一つの問題を提起するにとどめておきたいと思いますが、みなさんは、黒いカラスを人々がそろって「白い」とみなすという不思議な現象が起きるのには、どんな条件が必要であるとお考えになりますか?

通常、黒いカラスは、誰の目にも黒く見えるものです。

しかし、黒いものを指差して、人々がそろって「白い」と言い始めるときには、何か通常とは異なる、異常な条件下に人々が置かれていることを意味しています。

どのような異常な条件がそろえば、そのような現象が発生するのでしょうか。

みなさんもぜひ考えてみてください。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ニュースの裏を読め

長谷川さんの話では法人税減税は安倍さんと菅さんが決めているだけでまだ進展はない
1票の格差問題はマスコミは報道していないが年末までに大きい問題になる 解散問題も現実化するかも。
TPP反対チラシポスもどんどんしたほうがいいかも。 最近議員への抗議ばかりだったから。
これだけ売国が徹底している安倍さんだけど今解散になれば対抗勢力が無に等しい状況だからまた自民党安倍政権になり、違憲でなくなった安倍自民は大手を振って売国に徹するかもしれない。

長谷川幸洋さんの動画

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22103409?ref=ranking_video_top

No title

私の周囲は、殆どが憲法改正派で、
とにかく、その1点さえ実現すれば
「戦後レジームから脱却」できると信じている人達ばかりです。
拉致問題に関っているのですが、
拉致は主権侵害、それを放置していたのは自民党なのですが、
憲法の縛りさえなければ、今からでも何とかなる、
とにかく憲法改正という声は多いです。

それへの期待と、グローバリズム・新自由主義についての
知識がほぼ皆無だということ。
これは大きいと思います。
いくら、安倍の推進しようとしている政策が
国体破壊で危険だといっても意味が理解できないようです。
それは、経済の問題だろう、国体破壊とどう関係があるのか?という反応で
説明をしても(説明の仕方が悪いのかもしれませんが)理解できないのです。
グローバリズムが国際化とイコールで良い印象すらもっているようです。

格差拡大にしても、デフレのせい、自己の能力が不足しているから、
リーマンショックが大きかった、運が悪かったんだろう、
という認識で、政策の影響であると思っていないですね。
抗議活動に熱心なので、本を読んだり、情報精査の時間もとれない、
狭い群れの中で同じ意見の繰り返しの中にいます。
私の周囲の人達はこんな感じです。
憲法改正に対する安倍への期待、それだけで安倍支持が揺るがないのです。
96条改正でも誰も文句も言いませんよ。危険性が判っていないから。

No title

日本人は昔を懐かしむ心が大きいと思います。安倍政権は小泉政権の焼き直しですので、過去を美化する意味から安倍総理支持となったのでしょうか?
安倍政権の前の民主党政権でのマイナスイメージから、小泉、自民党を懐かしむ気持ちがあったのかも知れません。
本当は小泉以降の新自由主義的な政策に、国民は違和感を感じたから民主党へ政権交代をさせた筈でしたが?

民主党へ政権交代するときも、自民党はダメだという空気もありました。
自民党へ政権交代するときも、民主党はダメだという空気がありました。

No title

小泉の時、新自由主義・グローバリズムという言葉が
まだ一部の人達のところで止まっていた時、
彼の自民党をぶっ壊すという言動・アメリカと共にテロと戦う姿勢、
北朝鮮に乗り込んで行った姿、靖国参拝の姿を見た人達は熱狂したのです。
「もしかしたら、日本は変わるかもしれない」と期待をし
彼の一匹狼的な強気な姿勢を支持しました。

構造改革・規制緩和の意味を既得権益破壊と思った人達は
格差が広がってはいても、
まだ中間層にまで及んではいなかったので実感もなかった。
「自己責任」と先に小泉が言ってしまったので
人々は「そうだ、努力が足りないからだ。自業自得だろう」と
刷り込まれたのです。

小泉の後を受けた安倍は小泉路線を継承するといいました。
表面上の小泉の右派的言動の継承に期待をするも途中放棄。
それを中韓に媚びるマスコミによるバッシングのせいだ、と信じました。
その後の自民党による迷走と民主党による未熟な政治。
中間層にまで広がってきた格差の鬱憤晴らしにフジTV・嫌韓デモの登場。
ネットに広がっていた、中韓バッシング、ch桜、田母神、その他右派的な論調に
乗ってしまったのではないでしょうか。

安倍への幻想は、強く見えた小泉路線の継承者、
安倍の右派的な言動とそれを支えるネット世論が支持をしました。
民主党政権によって、政治に目覚め、
保守と自認している人達の閉じられた群れ、
その中で日々同じ論調の繰り返しを刷り込まれ
「安倍しかいない、安倍しかいない、~」と呪文のような繰り返しの中で
マインドコントロールされてしまったのだと思います。

憲法改正・集団的自衛権の行使への期待と表面上の中韓との距離などが
安倍なら、日本を変えてくれる、
憲法さえ変えれば日本はまともな国になるという期待感、
それと、新自由主義・グローバリズムに対する無知が重なって
今の状況ではないかと思います。
昨今の韓国の反日姿勢の強化もそこに一役買っています。

グローバリズム=国際化=世界政府=理想の世界 
というマンガもどきの理解の人達、
新自由主義という言葉も自由という言葉に騙されて
本当の姿を理解していない人達は未だに多いです。
安倍がグローバルバカだと言っても何のことかわからない、
鳩山元総理の「日本は日本人だけのものじゃない」と同じでしょうと言うと
そこで初めて、あれ~? となるのです。
日本を守りたいと思っている人達ですら
グローバリズム・新自由主義が国柄・文化破壊だとは理解していないのです。

「この人民ありてこの政治あるなり」
民主党政権誕生時も今もこの言葉がリフレインしています。

No title

なんつうかさんのおっしゃる通り、、いまだに政治に無関心な人が多いです。マスコミに動かされる人が多いと思います。

マスコミは、創価学会批判、中国批判、韓国批判、パチンコ批判、生活保護批判はしないので在特会やチャンネル桜の行動、また瀬戸広幸さんや博士の独りごとのブログに傾倒してしまいました。
安倍さんを信じたのは亡くなられた中川さんと仲がいいから、安倍さんも本気で日本を守ろうとしていると錯覚していました。又チャンネル桜に傾倒していた私は安倍さんが竹中さんを呼んで会合をしていたり、TPP参加に賛成している疑問が頭をよぎりながらも、チャンネル桜が阿倍さんを推しているんだから間違いないと錯覚してしまいました。

今ではなぜここまで国を売る安倍さんをチャンネル桜や瀬戸さんや博士の独りごとさん、正しい歴史認識、国益重視外交、核武装実現など揃いも揃って上位ブログは批判しないのかと思った時、日本に敵対する組織がここにも関与しているのではないかと思ってしまいます。

日本人の本気度が現在に於いても感じられないので、この国はこの数年間で否、年末までの臨時国会で崩れる元が出来上がるかもしれない危惧をもっています。

アメリカ=日本の図式がこの国会で形作られるかもしれない 

ここで疑問に思うのはオバマさんに嫌われている安倍さんがなぜアメリカの利益だけを考えて行動しているのか 小泉、安倍派はアメリカ人から嫌われている共和党とつながりが深いようですが、日本ではなぜ安倍さんを救世主のように仕向けたのか

勝手な想像ですが、自分達の勢力の衰退の危機を感じているからなのだろうか

今の心境はもう日本はダメかもしれないと思う気持ちが強いです。

私の思い込みは間違っていた がんばったら恐怖の臨時国会は安倍さんの思うようにならなかったじゃないかという結果になって欲しいです。




No title

おおげさだと思います。人々は安倍をWJFさんが思っているほど評価しているわけでも、気にしながら日々の生活を営んでいるわけではない。良くも悪くも政治家の存在はWJFさんが考えているほど大きくないのが日本。

No title

上手くいってほしいという願望が人々の目を曇らせる。 既存の制度の廃止や破壊にうつつを抜かすのも、困難に直面できないせいで、現実逃避を図っているにすぎない。

No title

 儒教の影響なのではないでしょうか?

 儒教でのコントロールを日本人は深層でされているので、お上がそろって黒いカラスを白いといってしまえば、脳みそがストップして自分の頭で考えることが出来なくなってしまうという特徴を日本人は有しているのではないでしょうか?

 さらに、一次安倍内閣がマスコミ等につぶされた(この国では、国益を追求した政治家はつぶされる傾向にある)ことや、長期にわたって(第一次安倍内閣当時から)救世主説が流されていたことも原因だと思います。

 また、アメリカが行った植民地分断政策(植民地を対立させて協力させないようにする)が残念なことに発動してしまい、日本の保守=韓国バッシングになり、日本がアメリカをコントロールするグローバル企業のおもちゃになろうとしていることの目くらましになっています。


http://www.sky-net.or.jp/masahiro/confucianism.htm

 自分はTPP参加表明まで安倍を信じてました。
今は安倍を支持していませんが、日本の政治家が、日本国民のためにならないことを全力でやることには正直理解できません。多分、昭和の戦争もこんな空気のもとで始まったのではないかと思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。