極端なことをする

泣く、わめく、さけぶ。
ふだんやらないようなことを実行に移しましょう。ふだん「1」何かをしている人は、その100倍、1000倍、何かをやらかしましょう。怒ってください。取り乱してください。声を張り上げてください。政府をぶっ壊す勢いで立ち向かってください。未来を守るために、美しい国を残すために。


ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

PCからFAXもおすすめです

私は今年の春ごろからFAX抗議にシフトしました。パソコンからFAXを送れたら効率的でいいなと思ったのがきっかけです。と言ってもメールと違って、1回で100人に一瞬で送れるわけではないのですが、電話線が1時間くらい塞がってもいいのであれば、ワンクリックはメールと一緒です(先にアドレス帳にFAX番号を登録しておく)。例えば私が使っているのが、ラトックシステムのUSB 56K というモデム(※)で、パソコンのUSBポートにこのモデムを差し込んで、あとは電話線をつなげるだけです。機械音痴の私でもOKでした。FAXソフトはWindows標準搭載されています。コストが1通1通かかるのがメールと違って大変ですが、インターネットのモデムを通しているため、1通当たり1分、大体4~5円くらいです。FAX抗議もお考えの方に参考になれば幸いです。(※)対応環境は異なるのでご確認くださいね。

No title

以前民主党政権の時人権侵害救済法案反対のプロジェクトを組んで数名と地元の議員の所へ何回か行きました。地元の議員は人権救済法案に深い知識のない人が多かったです。自民党議員のTPPに対する姿勢も深く考えていない人もいるかもわかりませんね。地元の議員にあたってTPPの危険性を訴えるのもインパクトを与えるかもわかりません。私が議員のところへ人権侵害救済法案の反対で行っていた時ちょうど人権侵害救済法反対のFAXを見せてもらいました。大きな文字で一言人権侵害救済法絶対反対と書かれていましたが結構印象に残っています。それから秘書の方が毎日人権侵害救済法反対のメールがきて大変だと言っていました。議員へのメールはまず秘書が見て議員に報告するのかもわかりません。
とにかく今しかない メール FAX 電話 訪問 数をこなそう やろうやろうがみんなに連鎖して議員を落選の恐怖に陥れたいですね。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。