三橋貴明は腹を切れ

三橋先生に聞いてみてください、「あなたは泥の中をかき分けるのが面倒になったのですか」と。
※この記事は、旧ブログの記事三橋貴明は腹を切れ(2013年6月11日)を再掲したものです。

最近になってやっと安倍晋三がグローバリストであることに気づいたフリをしながら、ちゃっかり安倍批判に転じた三橋先生ですが、以前「泥の沼をかき分けるのが面倒になった人たちは、例えば安倍政権の経済政策に構造改革的、新自由主義的な政策の匂いを感じた途端に、『安倍は売国奴だ!もう日本はダメだ!』と、全てを投げ出します。」と語って、安倍政権の新自由主義的政策に疑問を感じ、支持をやめる人たちをたしなめていました。みなさんは、ぜひ、三橋先生に聞いてみてください。「あなたは泥の中をかき分けるのが面倒になったのですか」と。三橋先生は、読者に対して「泥の中でもがき続けろ」とおっしゃったのですから、ご自分の言葉の通り、最後まで責任をもって「安倍泥地獄」の中をもがき続けていただきたいものです。

ちなみに、三橋貴明が、安倍政権の新自由主義政策に関して使用した人々を欺く欺瞞の手法は、倉山満が消費税増税に関して使用していた手法と全く同一のものです。

倉山満の手法
・消費税増税を強く批判する。
・安倍晋三には消費税増税の意志はないと国民を欺く。
・消費税増税を報じるマスコミの報道はすべて「飛ばし記事」だと言い張り、シラをきる。
・財務省の木下という悪役を仕立てて、「安倍晋三(善)VS木下(悪)」という善悪二元論を振りかざし、「善」なる安倍晋三が「悪」の勢力と戦っているかのようなイメージを国民に刷り込む。

三橋貴明の手法
・TPPやグローバリズムや新自由主義を強く批判する。
・安倍晋三にはTPPやグローバリズムや新自由主義を推進する意志はないと国民を欺く。
・TPP交渉参加を報じるマスコミの報道はすべて「飛ばし記事」だと言い張り、シラをきる。
・竹中平蔵や産業競争力会議という悪役を仕立てて、「安倍晋三(善)VS竹中平蔵(悪)」という善悪二元論を振りかざし、「善」なる安倍晋三が「悪」の勢力と戦っているかのようなイメージを国民に刷り込む。

この両者は、なぜ申し合わせたかのように同一の手法で国民を欺いたのでしょうか。これはただの偶然なのでしょうか。

さて、下からが本文です。


アンデルセンの童話「裸の王様」。
新しい服が大好きな王様の元に、二人組の詐欺師が布織職人という触れ込みでやって来る。彼らは何と、馬鹿や自分にふさわしくない仕事をしている者には見えない不思議な布地を織る事が出来るという。王様は大喜びで注文する。仕事場に出来栄えを見に行った時、目の前にあるはずの布地が王様の目には見えない。王様はうろたえるが、家来たちの手前、本当の事は言えず、見えもしない布地を褒めるしかない。家来は家来で、自分には見えないもののそうとは言い出せず、同じように衣装を褒める。王様は見えもしない衣装を身にまといパレードに臨む。見物人も馬鹿と思われてはいけないと同じように衣装を誉めそやすが、その中の小さな子供の一人が、「王様は裸だよ!」と叫んだ。ついに皆が「王様は裸だ」と叫ぶなか、王様一行はただただパレードを続けるのだった。
今の日本は、この物語に似ていることを以前からお話してきました。

「王様が裸である」(=「安倍晋三は、グローバル馬鹿である」)という事実を隠して、「王様が立派な衣装を着ている」(=「安倍晋三は純粋な愛国者である」)という嘘を宣伝してきた「インチキな仕立て屋」の存在がありました。

事実をあるがままに直視する「正直な子ども」の目には、「王様は裸」(=「安倍晋三はグローバル馬鹿」)にしか見えないのですが、「インチキな仕立て屋」に騙された大人たちは、安倍晋三を真の愛国政治家であるかのように錯覚し、そう信じ続けてきました。

しかし、時が経つにつれて、安倍晋三の掲げる政策のおかしさに疑問をもち、「おかしいことをおかしい」とはっきりと語る「正直な子ども」の数は増える一方です。

この状況に業を煮やしたのか、「インチキな仕立て屋」三橋貴明の「スルー耐性」もついに限界に達したようで、最近、彼は、下の二つの記事をあげています。

泥の沼をかき分けて進め(前編)(三橋貴明ブログ2013年6月9日)
泥の沼をかき分けて進め(後編)(三橋貴明ブログ2013年6月10日)

三橋先生は下のように語っておられます。
泥の沼をかき分けている最中は、自分が進んでいるのか止まっているのか、あるいは後退しているのかさっぱり分かりません。進んでいるかどうかは、あくまで後で振り返ってみて、はじめて理解できるのです。
三橋先生。安倍政権は、泥の中をかき分けてどこに進んでいるのでしょうか。

安倍晋三自身が、彼がどの方向を目指して進む政治家か、自分の口で7年前に語っています。

この度、自由民主党総裁選に立候補した安倍晋三です。私は、小泉総理とともに5年間改革を進めてまいりました。今、改革をそろそろやめた方がいいんじゃないか、一休みしたほうがいい、そんな声を聞きます。みなさん、それで本当にいいんでしょうか。改革を止めていいんでしょうか。私は決してそうは思いません。しっかりと改革の炎をたいまつを引き継いでいきたい。こう思っています。(中略)構造改革をしっかり前に進めていかなければ、みなさん、日本の未来はないんです。しっかりと、私たちはさらに改革を進めていくべきだとまずそのことを申し上げたいと思います。
安倍晋三は、はっきりと「構造改革」の方向に向かって進むのだと述べており、その先にある究極の到達地点が、TPPや道州制です。

安倍政権は、日本の国家解体という最終ゴールを目指して、泥の中をかき分けて進むどころか、目にも留まらぬスピードで駆け抜けているではありませんか。

次から次へと、目にもとまらぬ早さで繰り出される、壊国政策の数々。

TPP、道州制、日中韓FTA、RCEP、マイナンバー制度、消費税増税、電力自由化、留学生30万人計画、ビザ免除国拡大、アベノミクス特区、児童ポルノ法などは既にほぼ確定。サービス残業自由化、解雇自由化、英語公用語化、水道民営化なども、安倍政権は、参院選後に明確に打ち出してくるでしょう。

三橋先生は下のようにも述べておられます。
泥の沼をかき分けるのが面倒になった人たちは、例えば安倍政権の経済政策に構造改革的、新自由主義的な政策の匂いを感じた途端に、「安倍は売国奴だ!もう日本はダメだ!」と、全てを投げ出します。あるいは、「安倍ではダメだ! 日本を抜本的に改革するためには独裁者が必要だ!」などと、分けの分からないことを言い出すわけです。
安倍政権の政策から感じるのは、「構造改革的、新自由主義的な政策の匂い」どころの話ではありません。TPPや道州制は、三橋先生もかねてから語ってきたとおり究極の構造改革、国家破壊そのものです。私たちは、泥の中をかき分けるのが面倒くさくなっているのではなくて、進んでいる方向が間違っており、しかも、坂を転げるようなスピードで国家の破滅の方向に転落しようとしているから、それにブレーキをかけよう、歯止めをかけようともがいているだけです。私たちは、急激な革命を望んでいるのではなく、逆に、TPPや道州制といった急激な革命を起こそうとしている安倍政権を止めようとしているだけです。

三橋先生は下のようにも述べておられます。
そして、安倍政権が「思っていたのと違う!」ということで、「安倍は売国奴だ!」「安倍を支援している三橋やチャンネル桜も売国奴だ!」といった、レッテル貼りが始まることも予想していました。
三橋先生、あなたは、ここでうっかり重要な事実を暴露してしまっています。安倍が売国奴というレッテルを貼られるということを予想していたということは、あなたは、安倍が、売国的な、構造改革的、新自由主義的政策を行うであろうことを予想していたということを意味します。

これまでも繰り返し掲げてきた問いですが、三橋先生や、西田昌司のように、新自由主義や構造改革に強く反対してこられた論客たちが、安倍晋三という構造改革主義者を、真の愛国政治家のごとく支持してきた。これは、あなたがたが、本当に、安倍が政界随一の構造改革主義者であるという程度の基本的な政界の知識をもたずに、安倍を愛国者と錯覚して支持してきたのか。それとも安倍が構造改革主義者であることを知りながら、わざと、安倍晋三を真の愛国政治家であるかのようにまつりあげてきたのか、どちらなのかという問題です。

確かに「保守」の人々の中には新自由主義の問題に鈍感な人たちもいますから、そういう人たちが安倍を愛国者と錯覚したのなら話はわかるのですが、三橋先生も、西田昌司も、新自由主義の問題点を知り尽くし、かねてから、小泉構造改革や竹中平蔵を強く批判されてきた方々ではないですか? どうしてそのような方たちが、小泉構造改革の後継者である、安倍のような過激な新自由主義者を、救国政治家として祭り上げるという不思議な現象が起きたのでしょうか。

三橋先生、あなたがたは、安倍が過激な構造改革主義者であることを最初から知っていながら、安倍晋三こそが日本を救う唯一の救世主であるかのような偽りのイメージを人々に植え付けて欺き、支持を煽っていたのが事実ではないのですか? 自民党から出馬の経験のあるあなたは、安倍が、TPP交渉に参加する意志をもっている程度の話も最初から知らなかったはずがありません。

事実を知っていながら、安倍がTPP交渉参加表明を行う3月15日の前日まで、「マスコミの飛ばし記事だ」とか「安倍総理はバスが出るのを待っているだけだ」と言ってとぼけ、読者を騙し続けていたのではないのですか?

仮にあなたが、安倍が究極の構造改革主義者であることも知らず、安倍を真正の愛国政治家と誤認し、安倍がTPP交渉参加の意志を持っていることを、本当に予想すらしていなかったとしましょう。

それなら、さっさと「経済評論家」など廃業すべきです。私のような政治や経済の知識にうとい人間ですら、今年の1月1日の段階で、はっきりと安倍のTPP交渉参加を予告していますが、経済のプロであり、ましてやTPP問題を論じて飯を食ってきたあなたが、安倍晋三のTPP交渉参加すら読み解けなかったわけですから。

三橋先生、あなたは以前あなたが書いた下の言葉をよくかみしめてみるべきです。
国民を「騙そうとしていた」「騙している」わけですから、あなた方は民主主義国家において情報産業で生きる資格がありません。もし、国民を騙そうとしていたわけではないのであれば、はっきり言って知能、知識不足です。いずれにせよ、あなた方に日本の情報産業における職はありません。

反TPPの国内最大の論客の一人であったあなたが熱烈に支持した政治家が、TPP交渉に参加を表明する。この事実の重大な意味をあなたはおわかりですか? これは、まるで、ある特殊な病気を専門とする医者が熱心に勧めた特効薬を飲んだら、患者の病気が良くなるどころか一気に悪化して死んでしまうような医療ミスの話とどう違うのでしょうか。

本来なら、安倍晋三がTPP交渉に参加を表明した段階で、反TPPの論客として安倍を支持してきた、あなたも、西田昌司も、責任をとって国民に謝罪し、国家を滅亡の危機に陥れた責任を自ら取って、腹を切るべきではありませんか?

しかし、あなたがたは、私たち国民に謝罪すらしません。 謝罪もせず、責任も取らずに、のうのうと経済評論家だの、政治家だのの椅子に座り続け、いまだに安倍晋三こそが構造改革の主犯である事実を隠蔽し、国民を騙して、なおもこの嘘つき政治家への支持を煽り「インチキな仕立て屋」を演じ続けています。

あなたがたが自らを裁かなくても、やがて、時代がみなさんを裁き処罰するときが必ずやってきます。国民が目覚め、騙された怒りをあなたがたに向けるときがまもなくやってきます。そのとき、「王様は裸だ」「安倍晋三は売国奴だ」という怒号の中を、皆さんは安倍晋三と一緒にパレードすることになるでしょう。わたしはそのことをあなたがた「インチキな仕立て屋」にはっきりと予告しておきます。

関連記事
「インチキな仕立て屋」と「正直な子ども」
インチキな二人の仕立て屋の大いなる自己矛盾
三橋貴明氏は何がしたいのか
三橋貴明氏は嘘をつくのはおやめなさい
警告: 安倍政権の新自由主義的本質を隠蔽しようとする情報工作について
三橋貴明氏への公開質問状
西田昌司氏は腹を切りなさい
三橋貴明、この救いがたき厚顔無恥
三橋貴明はいつ詰むか(11)

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

植民地・米領日本であることが理解できない日本人!

そもそもが、「戦後日本」なるものの実態が、「アメリカ植民地米領日本」である、という大元中の大元の基本構造を認識できていれば、政治家、官僚、評論家などの立ち位置がどこにあるのか、ということはおおよそわかってきます。

1952年のサンフランシスコ講和条約で「独立主権回復」して、その後の高度経済成長で「経済大国」なるものになった、という大嘘も、「在日米軍」と称されている「アメリカ占領軍」の実態を土台に分析し、それを基盤としているアメリカの対日占領体制の継続としての「アメリカ植民地体制」、という大きな枠組みで捉えて行けば、「戦後日本」なるイカサマ体制そのものがそっくり見えてくる。

サンフランシスコ講和条約とセットで調印された「日米安保」条約なるものがあるから、米軍が日本に「駐留」している(よって、日米安保そのものに規定されている破棄通告さえすれば、米軍は1年以内に日本から撤退する)?

とんでもない、アメリカが日本占領を継続したくて、講和条約で「建前」上だけ独立主権回復としたので、「占領軍」を占領軍のままで置いておくことはできないために、「日米安保」という仕掛けを設けて、「条約にもとづく同盟国の駐留軍」という名目による「在日米軍」なるものに表看板を架け替えただけ、というのが事の真相。

(何故、名目上だけ「独立主権国家」にしているのかといえば、そうしておかないと「国連分担金」「ODA」といった日本からの巨額のぶんだくりができないから、というわけです。)

要するに、マッカーサーGHQ体制の継続をずっとやっているわけで、文字通りのGHQ時代(6年8ヶ月)を入れて、70年間も占領が続いていれば、これはもはや占領ではなく「植民地」体制なわけです。

つまり、「日本政府」とは、あくまでも宗主国アメリカの「植民地傀儡政府」にすぎないわけですから、その中の誰がこの植民地体制により協力的であるかは、すぐに見えてくる。

「経済大国」日本なるものの実態も、「アメリカの経済特区」(アメリカの植民地プランテーション経済)日本というわけで、その役割はアメリカの産業経済・金融・通貨システムを下支えさせる、というもので、かつての英国植民地「英領インド」の役割を考えてみれば、実によくわかることなのです。

何故、日本のオリジナルコンピューターOS「TRON」が潰され、対米貿易黒字はドルに還流して、日本の貿易黒字が増えれば増えるほど、赤字となっているはずのアメリカ経済が潤う、という収奪構造の「植民地経済の仕組み」になっているのか、などなど。

まさに、「アメリカ植民地米領日本」とは、①「アメリカのアジア・太平洋地域の巨大軍事拠点」であり、②同時に、その軍事拠点を支え、さらにはアメリカの産業経済・金融・通貨システムを全面的に下支えさせる「アメリカの巨大経済特区」、なのです!

だからこそ、「日本国民と日本国のためなどでは毛頭なく、この①と②というアメリカの巨大権益を守るためにこそ、この日本列島を非武装地帯ならぬ、非戦争地帯にしておかねばならない!」というのが、まさに憲法九条なるものの本当の真相、なのですよ。

その代わりに、この「非戦争地帯」(「憲法九条地帯」と言うべきか?)という安全地帯から大挙して出撃する「在日米占領軍」は、アジア・太平洋全域(どころか中東にまでも出向いて)で、自由自在に「アメリカの戦争」を展開できる、というわけです。

むろん、自衛隊なるものは、マッカーサー指令による「警察予備隊」として誕生した当初から、現在に至るまで、一貫して「米軍の日本人傭兵部隊」であり、その軍事指揮権が(防衛省などではなく)米軍にあることなど、少々、自衛隊の実態を知っている者ならば、当たり前の常識なのです。

こういう「最も基本的なこと」について、多くの日本人が何と無知であることか、まさに呆れるばかりですよ!

そういう体たらくだから、小泉だの安倍だのといった、見え透いた猿芝居ばかりやっている「三文役者」に騙されてばかりいる、という間抜けぶりなんで、これではアメリカ、中共どころか、北朝鮮にすら立ち向かう前に負けているのも当たり前、というものです。

安倍の支持者の主流が、20代の若者たちなのではなく、40代、50代、60代の中年層というのでは、呆れてものも言えない!

私自身も(残念ながら)60代ですが、いい年こいた連中がいったい「自分たちの頭でものを考えることもできないのか!」とまさに呆れるばかりで、日本人の劣化ぶりのすさまじさには、まさに唖然・呆然・愕然としか言いようがない!

記事の動画化

この記事を動画にして、投稿しました。

三橋貴明は腹を切れ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22228422
http://www.youtube.com/watch?v=Q_fdFTbvKD0

You Tubeの方は、私が投稿できるのは15分以内の動画です。14分59秒でギリギリでした。

No title

上念あたりはTPPに対して楽観的な時点でそもそも問題外。
アホでも見分けがつく。それよりも…
三橋の方が厄介だ。

なまじ、経済の認識が良いとこ突いている故
全く当たらない政局まで知能が低いアホが信じてしまった。
まともな思考力がある人間なら
三橋の経済理論と政局を別に考えることができるはずだ。
そして、安倍自民の危険な考えに気づき
先の選挙に自民党に入れるのは危険だと分かるはず。
…が馬鹿と勘違い保守桜がそれら当選へ煽り、現在に至る。
愚民と愚考と愚行という言葉がこれほど似合う奴等も珍しい。

名無しさん@ニュース2chさん

現在の状況をまねいてきたのは、「安倍晋三(善)vs安倍晋三以外の者(悪)」「自民党(善)vs自民党以外のもの(悪)」といった単純な善悪二元論です。この単純な善悪二元論は、「安倍晋三(善)vs木下某(悪)」「安倍晋三(善)vs竹中平蔵(悪)」「安倍晋三(善)vsマスコミ(悪)」という様々なヴァリエーションで反復されることによって、安倍晋三が絶対的な「善」なる愛国・救国政治家であるかのような洗脳が長期的・組織的に行われてきました。安倍晋三を参院戦に勝たせるために、三橋貴明がこの人々の洗脳と煽動に携わっていた事はまぎれもない事実です。参院戦直後の桜の討論番組を見てみてください。三橋と、上念・倉山は、現在は争っているように見えるかもしれませんが、彼らが同じ穴の狢であったことに改めて気づかれるでしょう。

彼らが同じ穴の狢であったことは、彼らが同じ欺瞞の手法を用いていた事からも明らかです。どれだけの人々が消費税に強く反対する倉山満のような言論人が安倍晋三を熱狂的に支持することにより、安倍晋三は消費税増税に反対する政治家であると誤解してしまったことでしょうか。どれだけの人々がグローバリズムに反対する三橋貴明のような言論人が、安倍晋三を熱狂的に支持することにより、安倍晋三がグローバムズムに反対する政治家であると誤解してしまったことでしょうか。どうして倉山と三橋は、申し合わせたかのように、同じ手法を使って人々を欺いていたのでしょうか。

物事は善悪二元論で処理できるほど単純なものではありません。いま、再び、「水島・三橋(反グローバリズム)vs倉山・上念(グローバリスト)」という単純な善悪二元論を掲げ、倉山や上念をスケープゴートとして叩く事で、水島や三橋を免罪したり、彼らの言論に油断することがあってはなりません。物事はそれほど単純ではありません。

詐欺の最も巧妙で悪質な手法は、詐欺師が詐欺師を批判してみせるということです。たとえばこうやるんです。「おばあさん、詐欺師には気をつけなきゃいけませんよ。」詐欺師が詐欺師を批判してみせれば、人々はその詐欺師が詐欺師であるとは思いません。水島や三橋がやったことはこれと同じです。彼らはTPPやグローバリズムに反対してみせるため、一見すると、彼らがグローバリズムに反対の言論人と人々は思い込みがちですが、実際に彼らがやってきた事は、安倍晋三という徹底したグローバリストを支持するように人々を誘導し、安倍晋三に絶対的な権力を握らせることでした。反グローバリズムの言論人たちが、安倍晋三というグローバリストを熱狂的に支持した、この奇妙な出来事の意味を私たちはもっと掘り下げて考えるべきです。彼らがグローバリズムを批判しているから、彼らは、グローバリズムに対抗する勢力であると、詐欺師に騙されるおばあさんのように、私たち国民は単純にだまされることがあってはなりません。

安倍政権の新自由主義への危惧が現在のように人々の間に広がっている中、倉山や上念のように新自由主義的な思想を明確に掲げる言論人は見分けやすいため、それほど危険ではありません。もっと悪質で危険なのは、水島や三橋のようにグローバリストへの支持を誘導する、反グローバリズムの言論人です。彼らがどうしてそのようなことをしたのか、私たちに分かりやすく釈明をし、自己批判を行うべきでしょう。彼らが仮に、安倍晋三の本質を誤認していたとしても、安倍晋三がTPP交渉参加を表明したとき、さらには、安倍晋三がロンドンの講演を行った時に、彼らの立場は修正されるべきだったし、修正することは可能だったはずです。しかし、彼らは方向修正を行わず、参院戦まで、安倍晋三への支持を煽り続けました。彼らが騙したにせよ、彼らが騙されていたにせよ、「プロ」として彼らが招いた事態は甚大です。

三橋氏よりも先づ上念氏

現在、安倍政権に対して最も憤っている層の一つが、三橋氏をきっかけに経済の素養を身に付けて来た人々だと思います。私もその中の一人です。彼が居なければ、安倍よいしょレジームが現在よりもずっと蔓延していた筈です。

在野での当面の敵は、グローバリスト且つレッテリストの上念氏です。彼を打ち倒せる程の反グローバリズム論者は、三橋氏しか居ないと思います。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。