先見の明

預言者ではありませんが。
別に自慢するわけではありませんが、WJFプロジェクトがこのブログ上に書いてきたことはたいていその通りになっています。自分でもちょっとびっくりするぐらい、私の予見はあたります。

ある支援者の方が言うのには、ご先祖様が現代の日本人に警告を発するために、WJFプロジェクトに乗り移ったのではないかとおっしゃるぐらい、安倍政権に関して書いてきたことはそのとおりになっています。

WJFプロジェクトが、安倍晋三のTPP交渉参加をみなさんに予告したのは、安倍政権発足直後の2013年1月1日に書いた2013年と題した記事の中でのことでした。私は次のように書きました。
2013年は、日本にとって大変な一年になると思います。
なぜなら日本は、大きな分岐点に立っているからです。

その分岐点とは、デフレを脱却するかしないかの分岐点ではありません。
戦後体制を脱却するかしないのかの分岐点でもありません。
憲法を改正するのかしないのかの分岐点でもありません。

その分岐点とは、

日本が日本であり続けるのか、日本であることをやめてしまうのか

の分岐点です。

デフレを脱却することは必要です。
しかし、デフレを脱却しようとすまいと、日本は日本のままです。

戦後体制を脱却することも大切です。
しかし、戦後体制を脱却しようとすまいと、日本は日本のままです。

憲法を改正することも大事です。
しかし、憲法を改正しようとすまいと、日本は日本のままです。

しかし、TPPと道州制は違います。
TPPに参加し、道州制を導入したら、もはや日本は日本でなくなります。

道州制導入を主張しているほとんどの政党が、同時にTPP参加を主張していることからわかるように、TPPと道州制は表裏一体のものであり、この二つ合わせて「日本をアメリカに組み込む」という機能と効果をもっています。

TPP参加と道州制導入は、アメリカと同じ制度を持つ、アメリカの新しい州が日本に生まれることを意味します。つまり、日本が完全にアメリカに組み込まれることを意味します。日本の国内制度は一変させられると同時に、仕事のない移民がどっと押し寄せてくる。日本人の血も文化もがらりと変えられていくことになるでしょう。

そしてその決定は、安倍晋三という一人の人物にゆだねられています。

この人物は、関税撤廃に例外品目が認められるならば、TPPに参加すると公言しています。

また自民党は、J-ファイル2012 自民党総合政策集で、

「323 道州制の推進 (中略)道州制基本法を早期に制定し、その後、5年以内に道州制の導入を目指します。」

としています。連立相手の公明党も、重点政策Manifesto2012で、

「地域に活力。地域主権型道州制を導入。(中略)「道州制国民会議」を設置します。約3年かけて幅広い議論を集約した上で、その後2年をめどに移行に向けた必要な法的措置を講じます。」

としており、道州制を巡るスタンスは一致しています。

また、この人物は、日本を「戦後体制から日本を脱却させてくれる人」として多くの人々から教祖のような信奉を受け、この人物に対する批判はほとんどタブー視されています。

とすると、今年、日本に何が起きるのでしょうか。

非常に高い確率で、日本は今年TPPに参加し、道州制を導入することになるでしょう。

とすれば、「デフレの脱却」とか「戦後体制の脱却」とか、この人物が掲げている言葉の意味は180度変わってきます。

「デフレの脱却」とはTPPとセットにして考えた場合、国債の発行と公共事業による乗数効果で、国内の需要を増加させるケインズ政策という本来の意味ではなく、日本が国債を発行することで、財政の崖に直面し万策尽きたアメリカの需要の激減を穴埋めすることを意味するようになります。

「戦後体制の脱却」とはTPPとセットにして考えた場合、自民党が長く司ってきた対米依存の吉田ドクトリン的政治を終わらせるという本来の意味ではなく、アメリカによる間接支配の「戦後体制」を終わらせて、完全なアメリカの一部として日本を組み込むことを意味するようになります。

するとこの人物は日本にとって、

救世主なのか、売国奴なのか

どちらなのでしょうか。

私にはわかりません。

安倍首相や自民党を信奉している皆さんに答えていただきたい。

TPPと道州制を推進する安倍晋三は、救世主なのか、売国奴なのか

自民も公明も民主も維新もみんなも条件付きであれTPPに賛成しています。明確に反対しているのは共産と生活とその他の小政党ぐらいです。

この状況で誰がTPPへの参加を食い止めることができるのか

この問いにも、私には答えられません。

安倍首相や自民党を信奉している皆さんに、将来の日本人(と呼ばれる人々が今後存在し得るならばですが)に対する責任を自覚しながら、答えていただきたい。

TPPと道州制を推進する安倍首相を教祖のように信奉しながら、どうしたらTPPと道州制を食い止められるのか

新年早々、暗い記事で恐縮ですが、新しい年の始まりにあたり、強い危機感から、警鐘の鐘を鳴らさせていただきました。

「デフレの脱却」や「戦後体制の脱却」という美辞麗句の背後に、巧妙に隠されているTPP参加と道州制の導入。これが日本の将来に何を意味するのか。誰か他の人々の言葉を鵜呑みにするのではなく、どうか、みなさんお一人お一人に、ご自分の頭で考えていただきたい。

この国の未来は、まさに今みなさんお一人お一人にゆだねられています。
「デフレ脱却」も「戦後レジームからの脱却」も嘘っぱちであり、安倍政権はそんなものをやるつもりはないと、多くの人々が消費税増税の決定をもって気づくことになる10ヶ月前の政権発足直後の記事で、WJFプロジェクトは既にそのことを看破していたわけであり、また後に水島総が「TPP絶対反対、安倍政権絶対支持」という妄言を掲げ始めるはるか以前に「TPPと道州制を推進する安倍首相を教祖のように信奉しながら、どうしたらTPPと道州制を食い止められるのか」という本質的な問いをみなさんに発していたわけです。上のような記事を上げるたびに、「安倍さんは愛国者だからTPPに参加するはずがない」「マスコミの飛ばし記事を鵜呑みにするのか」「安倍さんの足をひっぱるつもりか」「安倍さんが売国奴とは何ごとだ」と多くの人たちからお叱りを受けました。しかし、事実はWJFプロジェクトが警告した通りでした。

6月11日には、三橋貴明は腹を切れという記事の中で、私はインチキな「保守」言論人に向けて、次のように書きました。
あなたがたが自らを裁かなくても、やがて、時代がみなさんを裁き処罰するときが必ずやってきます。国民が目覚め、騙された怒りをあなたがたに向けるときがまもなくやってきます。そのとき、「王様は裸だ」「安倍晋三は売国奴だ」という怒号の中を、皆さんは安倍晋三と一緒にパレードすることになるでしょう。わたしはそのことをあなたがた「インチキな仕立て屋」にはっきりと予告しておきます。
これも私の予告したとおり、安倍晋三を持ち上げた「インチキな仕立て屋」たちは、今、厳しいまなざしを向けられはじめています。

7月21日、参院戦で自民党の圧勝が伝えられたとき、安倍信者たちが「WJFざまあ」「よしふるざまあ」と私たちをあざける中、日本の終わりの始まりという記事の中で私は次のように書きました。
今回安倍政権を支持し自民党に投票した人たちも、これが反自民勢力の敗北ではなく、日本全体の敗北であったことをまもなく知ることになるでしょう。私たちが警告してきたことを、ご自分の目で直接見、ご自分の体で直接味わうことになります。

嘘だと思うのならば、1年後、2年後、数年後にこのブログに戻ってきて古い記事を読み返してみるとよい。いや、わざわざ一年も待たなくともよい。今年の1月以降に私が書いてきたことを今読み返してみればよい。TPPにせよ、消費税増税にせよ、私が書いてきたことは、あらかたそのとおりになってきたではありませんか。
これも、その通りになりました。

8月22日には、「安倍信者」というぶざまな生き方という記事の中で、私は次のように書きました。
自分が騙されて、のせられて、安倍晋三による売国に加担し、自分や家族の首を絞めていたことを、心の底から悔いるときが必ずやってきます。

「安倍さんを信じる」だの「安倍さんを支持する」だのと、口にするだけで周りから石を投げられる状況になっていきます。
これもその通りになりました。

どうやら、WJFプロジェクトには、少なくとも、でたらめばかり並べて国民を欺いてきた私心に満ちたインチキな「保守」言論人たちよりは、先見の明があるようです。

といっても先が読めるのは、魔法でもなんでもなく、客観的に事実を見て、事実に基づいて推論しているからにすぎません。

道元の『正法眼蔵』という有名な書物に、次のような一節があります。
「自己をはこびて万法を修証するを迷とす。万法すすみて自己を修証するは悟りなり。」
自分のエゴによって事実をねじ曲げないこと、素直にあるがままにものごとを見ることを、わたしなりにこれまで学んできたつもりです。そのおかげで、少しだけ先のことが分かるのかもしれません。

未来を正確に言い当ててきた、この同じ先見の明に基づいて、みなさんにはっきりと予告させていただきますが、安倍晋三は、日本の最後の息の根を止めようとしています。一日も早く、安倍政権を打倒しなくてはなりません。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

日本が日本である事の意味

ブログ内から抜粋
「私たちの祖国、日本。一つの皇室、一つの民族によって、途絶えること無く連綿と受け継がれて来た国(national entity)として世界最古の国家であると言えるでしょう。
神道を通してでも、他のどんなものを通してでもよいのですが、政治を考える以前に、日本とは何か、日本人とは何か、日本の文化とは何かという問いかけを、心のどこかに抱いてこられた人たちは、日本人として守るべきものを深く自覚されているのだと思います」

日本が日本である事「その深い意味」「その大きな意義」を心の源流の部分に会得されているWJF様だからこそ、国家としての将来を見通す感性が研ぎ澄まされておられるのでしょうね。私などはアンテナが圏外なのか錆び付いているのか、いつも浅見の迷で困っています(泣)。

名無しさん@ニュース2chさん

TPPや道州制などのグローバル化を推進する政権による「デフレ脱却」「戦後レジームからの脱却」「憲法改正」と、TPPや道州制などのグローバル化を推進せず国の枠組みを守ろうとする政権による「デフレ脱却」「戦後レジームからの脱却」「憲法改正」では180度意味が変わってしまう。

従って、「デフレ脱却」「戦後レジームからの脱却」「憲法改正」をやるかやらないかという問題よりは、TPPや道州制などのグローバル化をやるかやらないかという問題の方が、日本の未来を決するはるかに大きな問題であり、「デフレ脱却」「戦後レジームからの脱却」「憲法改正」などのスローガンに騙されてはならないという意味です。

No title

> しかし、憲法を改正しようとすまいと、日本は日本のままです。

それは違いますよ。日本を日本でなくす為の憲法改正だって有り得ます。特にTPP参加後は“TPP憲法”に抵触せざる範囲内での改憲、即ち、憲法「改正=アメリカナイズ」しか許されなくなると思います。

私は教条主義的護憲論者ではありませんが、昨今の改憲論議のいいかげんさを見るに、改憲論に些か懐疑的であります。結局、日本国憲法の無効確認宣言を行った上で、戦前の憲法学の蓄積もあり運用実績もある大日本帝国憲法を相続して使うのが一番無難だと思います。安倍総理はどう思っているのか知りませんが、日本を取り戻すとは、大日本帝国憲法を取り戻すことに他ならないのではないでせうか。

そもそも日本は独立国なのか

始めまして
日本が日本でなくなるとありますがサンフランシスコ講和条約には日本を独立国家として認める記述はないそうです。
日本は連合国側から自治を認められているだけで独立国ではないのだそうです。
詳しいことは苫米地英人さんの書籍に何度もかいてあります。
安部さん云々ではなく戦後日本人は政府から独立国だとずっと思い込まされていただけなのかもしれません。

No title

安倍さんの米国従属ぶりは徹底していましたが、アメリカは日本を守ることは考えていないことが明らかになりました。
青山さんがアメリカ軍司令部に行かれた時の話によるとアメリカ軍の主流派は親中派だそうです。
6年前太平洋をアメリカと中国で2分して統括しようとの話になっていたのでその頃からアメリカ軍に親中派はいたそうです。
当然日本は一党支配の中国配下想定ということでしょう。
TPPに中国、韓国も入ることは近距離でもあり、必然でしょう。
本当にTPPは足枷になりそうですね。
日本がアメリカのいいなりでは日本は中国に飲み込まれるでしょう。
今日本国民が立ち上がるしかないのに日本の現状を把握できている人は皆無かもしれません。
日本トップの政治家でさえわからないのですから。
どうしたらいいですか。日本が中国になってもいいんですか。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm22013660?ref=ranking_video_top
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。