WJFプロジェクトの警告を妨害した水島総

水島総はきちんと責任をとりなさい。
WJFプロジェクトは、安倍政権発足以来、安倍晋三がグローバリストであること、また、そのような稀代のグローバリストを「愛国」だの「救国」だのと神格化し、安倍政権への一切の批判を「保守分断」と呼んで封じてきたチャンネル桜を批判してきました。

水島総は、その私たちの批判に対して、真摯に答える代わりに、様々な偽りのレッテルを私たちに貼って、私たちの警告の声が人々に届くことを妨害しました。

水島総に告ぐという先日の記事を、よしふるさんが動画にしてニコニコ動画にアップしてくださいましたが、



この動画の後半で、水島総が過去に、WJFプロジェクトに数々の偽りのレッテルを貼った発言のシーンが集められています。

「反原発の左翼ジャーナリスト」
「支那の工作員」
「マッチポンプ」
「蠅」

チャンネル桜の言葉を鵜呑みにして、どれだけの人々が、WJFプロジェクトを「左翼」だとか「支那の工作員」だと信じ込み、私たちの声に耳を貸さなくなったことでしょうか。

水島総は、私たちに偽りのレッテルを貼りながら、安倍晋三を参院選に勝利させなくてはならないと人々に訴え続けました。

水島総は、安倍晋三が参院選に勝てば、強い政権基盤を手に入れて、TPPからも撤退できるし、デフレ脱却もできるし、参院選まで封印してきた保守的な政策を思う存分に実行できるようになり、戦後レジームの脱却に向けてわずかでも前進できると、人々に語っていました。チャンネル桜関係者で、安倍政権が参院選に勝っても消費税を増税しないと嘘を言っていたのは、何も倉山満一人だけではありません。

私たちは、チャンネル桜の主張と正逆に、安倍晋三が参院選に勝ち、衆参のねじれが解消されてしまえば、安倍晋三が目論む様々な新自由主義的な政策、国家破壊的な構造改革や規制緩和、TPPや道州制による日本の徹底したグローバル化、消費税増税、国民生活の破壊、これらのことが実行に移されるので、参院選に安倍政権を勝たせてはならないとずっと訴えてきました。

みなさん。参院選が終わり、安倍晋三が参院選に勝った結果、実際に何がおきましたか?

私たちを「左翼」や「反日」呼ばわりしてきた、チャンネル桜が正しかったですか?

それとも、チャンネル桜の言葉を鵜呑みにした人々によって、ずっといやがらせをされ、嘲笑され、誹謗中傷され、悪態をつかれ、脅迫までされてきた、WJFプロジェクトが正しかったですか?

チャンネル桜はあきらかに、みなさんに嘘をついていました。

水島総が、安倍晋三に騙されたのだろうと、お人好しに考えてはなりません。チャンネル桜の過去の動画を見返してみれば一目瞭然なのですが、水島総は、多くの場合、安倍晋三が語ってもいない、何の根拠もない自分の妄想を語っていたにすぎません。つまり、彼の嘘の出所は、安倍晋三ではなく、水島総自身の脳内から発せられていたものです。つまり、嘘をついていた主体は、水島総なのであり、安倍晋三ではありません。(もちろん安倍晋三は安倍晋三で、数々の公約違反によって、みなさんに嘘をついたわけですが。)

結局、水島総は、安倍晋三に参院戦を勝たせることにより、「戦後レジームからの脱却」どころか、安倍晋三が「ドリルの刃」と化して構造改革を断行する、その環境作りを手助けしていたに過ぎません。

安倍晋三が構造改革推進論者であり、グローバリストである程度の政界の基本知識は、第一次安倍政権を見つめていた水島総はもっていたはずです。そのことを知りながら、水島総は、安倍晋三を愛国政治家であるなどとでっちあげ、人々の支持を煽った。これが事実です。知らなかったと言い張るならば、そんなことも分からない見識のない愚かな男は、言論人などさっさとやめるべきです。

私たちが腹を立てているのは、WJFプロジェクトが誹謗中傷されたからではありません。私たちの国を思う必死な警告の声が、水島総の姑息な妨害によって踏みにじられ、人々に届かなくされた。その結果、多くの国民が塗炭の苦しみを味わうような事態をまねいてしまったからです。そのことに私たちは腹を立てているのです。

TPPのような抽象的な問題に、政治に無関心な一般の国民が、危機意識をもつことはなかなか期待することはできません。本来ならば「保守」と呼ばれる、国を守ろうとする高い意識をもった人たちこそが、TPPやグローバリズムという問題に対して、世の中を率先して啓蒙していかなければならなかったはずです。それが、水島総の「TPP絶対反対、安倍政権絶対支持」などという妄言に、ほとんどの保守の人々が取り込まれてしまい、結果的に、日本のTPP参加が実現してしまう方向に引きずられて行ってしまいました。

水島総。あなたは、この事態を招いたことにどういうけじめをつけるつもりですか。

水島総。再度言いますが、国を守るということは、ゴッコ遊びではないはずです。

水島総。日の丸を振りかざして、大声を張り上げて、人々を煽動して、結果的には日本を壊す。そんなことは、日本人のとるべき本来の姿ではありません。

水島総。国を受け継ぐ、国を守るという問題は、人の命がかかった大切な問題です。

水島総。あれだけ確信をもって世の中を煽動しておきながら、プロの言論人が「間違えました、ごめんなさい」で済む話ではない。

水島総。あなたは、あなたがまねいた結果に対してどう責任をとるつもりなのですか。

水島総。それとも、あなたは、何の責任もとらずに、騙し逃げするつもりなのですか。

水島総。


ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

No title

http://www.j-cast.com/s/2014/01/28195305.html

水島は、せっかく支持している田母神の選挙活動の足を引っ張る事しかやってないみたいです
あと、チャンネル桜から手を引いたんですね
そこ”だけ”は評価に値しますが、田母神を当選させたいよりは、自己主張したいだけの御仁のようです
まぁ管理人様なら「今更そんな事言われなくても知ってる」という話でしょうけど

記事の動画化

この記事を動画にして、投稿しました。

WJFプロジェクトの警告を妨害した水島総
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22157178
https://www.youtube.com/watch?v=kycYME4ROdQ

You Tubeの方もコメントができるようにしました。

No title

これまでの言動について、真実をつきつけられ、逃げ場ながくななると、工作員がわめいているぅ~、日本が悪ぃ~、というのは自己矛盾を解決できない分裂症のミンジョクに見られる特徴的なものですが・・

【安倍政権】草莽は前を見る、批判と絶望に酔っている暇は無い
http://www.youtube.com/watch?v=fv4Apm0Ykq4

最近の水島社長の言い訳・・・

選挙公約をことごとく反故にしている安部政権について

安部さん自体が戦後レジームそのもので、戦後レジームからの脱却とは安部自身が腹を切って死んでいくことです。だから、そんなに簡単にはできませんよぉ~。

でも、安部さんが死んでしまったら戦後レジームから脱却できないんですからぁ~。

・・

消費税反対・・、TPP反対・・、でも絶対安部政権支持ぃ・・・

わたしたちは、官邸まで消費税、TPP反対の街宣だってして、安部を改心させるようなパフォーマンスもしていますよぉ~。

・・

安部さんは、シナや朝鮮に対して股をひらいていつでも釜ほってくだいさと門戸をひらいていますよぉ~

靖国神社に参拝してはいませんが、いつかは硫黄島で土下座してますから、すごい人です。

アメリカに頼らないと日本は何にもできないんですから、アメリカのポチでもしょうがないでしょ。

慰安婦がウソとは知っていますが、朝鮮総連や民団にお世話になっているので、河野談話は大切に守るのがあたりまえでしょ、だから、それをフォローするために、ch桜がガス抜きで、グランデール市まで取材にいったんでっせぇ~。

・・・

私は保身のために活動してきたので恥じることはないです。

・・

自己矛盾で、身動きとれませんけど、ご立派な、保身運動を推進していってくださいな。

安部-水島会談で、消費税、TPP反対が豹変するのかが見ものです。

保身がすべてですから。














妄想狂水島の妄想は

参議院選挙で勝利すれば、安倍はTPPを撤回し、消費税増税もしないという、妄想狂水島の妄想で、



とうとう参議院選挙も勝たせてしまったという事・・・。

 

彼の妄想の凄まじさ・・・。


思わず、心の中で絶句しています。


正しい方向にその思念エネルギーが使われて居れば良かったのにと思えてなりません・・・。


No title

麻生氏に対するすさまじい中傷誹謗は数々ありますが、「下々のみなさん」はその中

でも完全なデマとして有名です。『「いくら麻生太郎がボンボンでもそんなこと言うわけ

ない。 飯塚市下三緒(しもみお)地区の演説で、『下三緒の皆さん』と言ったんだ。

テレビでウソ話をした鳥越俊太郎に腹が立って仕方ない。」(麻生OB会会長、深町純

亮氏)』 麻生氏がどういう政治を行ってきたのか、ご自分が不利になるとわかってい

ながら、リーマンショックで世界とわが国が受けるダメージのはかりがたい深刻さを

慮って、選挙を延期し、懸命に経済対策を行った、という1点からだけでもうかがい知

れるのではないでしょうか。

水島がよく引き合いにだす、日本の心が彼にあるのであれば、
まずは謙虚に今までの所業を顧みて詫びることでしょう。

しかし、彼はしません。

なぜなら偽物の保守だからです、

世が世なら、水島は自らが為してきた行いを切腹して購うほどの大罪であると思います。

水島氏の責任の具体的な取り方

水島氏の責任の具体的な取り方は、

安倍氏が新自由主義者のグローバリストであると堂々と公言し、

内閣を倒す運動を行い、倒すこと。

安倍信者にかかっているマイコンを全力で解くこと。

WJFプロジェクトのブログ主様、真剣に日本を考えているのに誹謗中傷してきたことに対し、
額に地面をつけて土下座して謝罪するのは言うまでも無い。


あんな、10月5日の安倍の居ない首相官邸で申し訳程度の

デモなんかでお茶を濁すくらいで許される筈が無い。

あとは、他人を見下す言い方をやめること。

もっともっと謙虚になること。

本当に大罪を犯しているから本来なら切腹ものの話なのだが、

自分で行った不始末は自分で始末をきっちりつけてこそ、

責任をとったと言えるのでは。

No title

ひぐらし様、お教えくださり、ありがとうございました

桜掲示板の本質

こんにちは。初めて投稿させていただきます。
桜掲示板は、昨年夏、「草莽全国地方議員の会(代表:松浦芳子 会計責任者(当時):松浦威明)」の政治資金収支報告書二年連続未提出事案の際、その余波か、水島社長批判の書込が多くなされました。当然、水島社長は削除とブロックで対抗したわけですが、掲示板システムの脆弱性もありサーバーがダウンし(と水島社長が発表し)、現在の登録制の掲示板に移行しました。
その批判の書込の一部と「桜掲示板管理室」がブロックしたときの書込を紹介します。水島社長への批判は「議論」や「言論活動」ではないそうです。
http://megalodon.jp/2012-0816-0754-41/nf.ch-sakura.jp/modules/newbb/viewtopic.php?topic_id=6896&forum=1

最近、消費増税をめぐるゴタゴタでチャンネル桜(水島社長)が、YouTubeの安倍批判・チャンネル桜批判コメントを削除し、投稿者をブロックしてコメント投稿できなようにしていることが多くの人に知られて、あきれられているようです。しかし、下記の動画(安倍擁護発言に続く22分18秒から25分30秒)を見ればわかりますが、この対応は以前から水島社長自身が公言してきたことです。水島社長は、チャンネル桜を批判するものを「うるさいハエ」と非難し、安倍批判及び安倍を支持するチャンネル桜や社長批判のコメントをドンドン削除するよう命じた、とこともなげに言っています。
この動画の21分44秒あたりから安倍擁護論を述べていますが、そのなかで意見のあわないものを「敵にしないことが大事だ」と言っています。ところが、批判者を「うるさいハエ」呼ばわりで、コメント削除ですからね。これじゃあ、「敵」を増やすばかりでしょう。つまり水島社長は「その程度の人間」であるということです。

【水島総】TPPと中国侵略問題[桜H25/3/25]
http://www.youtube.com/watch?v=XR4uSKITyWA&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg&index=3

No title

久々にチャンネル桜の掲示板に言って論争をふっかけてこようと思ったら、
今や、チャンネル桜の掲示板は、メアドなどを登録しなければ書き込みできないのですね
5年くらい離れていたので知りませんでした

「どんな言論でも、真摯に論理的な書き込みである以上は尊重いたします」

確かこんな感じの事を、この当時のチャンネル桜はどっかに書いていたはずなんですが
確かに当時はチャンネル桜に批判的な左翼も書き込みに来ていて、比較的オープンに議論が出来ていました
今や批判は聞く耳を持たぬとなってしまったのですね

安倍信者は、ここの掲示板が必ずしも全ての書き込みの掲載を保証するものではない事について、「言論封殺だw」「自分に都合の悪い書き込みは許さない」などと批判しています
それを言うなら、チャンネル桜の掲示板はどうなのでしょうか?
メアドなどを登録しなければ書き込みもスレッド建ても出来ない掲示板は「言論封殺」ではないのか?

また、ここの掲示板でよく報告されていますが、水島に批判的な内容のコメントを書くと出入り禁止になるそうですね
それは「言論封殺」とは呼ばないのか?

水島にしろ、安倍信者にしろ、あまりにもご都合主義がひどすぎますね



No title

チャンネル桜は批判コメントに「削除」で対応してるようですが、さすがに[低く評価]が増えてますね。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。