倉山満を信じる馬鹿、叩く大馬鹿

他にもっとやることがありませんか。
今、倉山満や「倉山信者」を叩いておもしろがっている人々がいます。

彼らは、倉山満を叩くことで、水島総や、三橋貴明、チャンネル桜を間接的に擁護しています。

馬鹿と馬鹿が、互いに馬鹿を競い合っているだけであり、倉山満を信じる人々も、倉山満を叩いて水島総や三橋貴明を擁護する人々も、共に救いようのない国を滅ぼすウルトラ級の馬鹿どもです。

「倉山信者」の低能ぶりを笑っている人々は、自分たちがこれまで水島総の話を信じ込んできたことをどう自己批判しているのでしょうか?その反省なしに、いまだに水島総を擁護しつづけているのであれば、その低能ぶりは「倉山信者」と何も変わるところはありません。

「水島信者」が「倉山信者」を叩くならば、「水島信者」としての自分自身も共に叩くべきです。

「倉山信者」が「水島信者」を叩くならば、「倉山信者」としての自分自身も共に叩くべきです。

なにより、二手に分かれて互いに叩き合い、仲間を取り込んで行くというのは、「彼ら」の常套手段なのですが、誰かによっていつものごとく踊らされているだけではありませんか。

こずるい連中ですから、倉山満自身がピエロを演じ、自らがスケープゴートになっている可能性だって疑わなくてはならない。

水島総自身、こういう状況を利用するためか、さっそく下のような動画をあげてきました。



先日、とかげのしっぽ切りという記事で指摘した通りの展開です。

水島総と倉山満、並べてみて、どっちが悪いといえば、倉山満のようなこわっぱよりも、水島総のほうがはるかに悪い。

チャンネル桜や三橋貴明が、ちょっとやそっと安倍の批判に転じたからと言って、こいつらを絶対に許してはならないし、二度と信じてはならない。

いずれにせよ、この亡国の事態に、倉山満のようなとかげのしっぽをいじくり回しておもしろがる以外に、私たちにはもっと他になすべきことがあるはずです。

下は、最近ニコニコ動画で共感者を増やしているほげほげさんの動画です。



ほげほげさんがいうように、「安倍政権絶対支持」といって安倍政権の支持率を高止まりさせた状態で、「TPP反対」だの「消費税増税反対」だのと叫んでデモをやったところで、何の効果もない。ただの茶番にすぎません。

今、私たちに残されている数少ない方法の一つは、とにかく安倍政権の支持率を地に落として、安倍晋三を政権の座から引き摺り下ろすことです。

ブログ・ランキングにご協力ください。
一日一回、右のバナーをクリック願います。

関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

記事の動画化

この記事を動画にして、ニコニコ動画に投稿しました。
倉山満を信じる馬鹿、叩く大馬鹿
http://www.nicovideo.jp/watch/sm22134792

動画の中で、「ほげほげ」さんの箇所がなまっているような発音になっています。色々と試したのですが、直せませんでした。

10月の消費税8%や秋の例大祭参拝見送りなどの出来事が終わったので、久しぶりによしふるの自作シリーズを作ろうかとも思いました。しかし、記事の動画化などで精一杯なのでやめます。

安倍さんもゴッド・ファーザーが好きなようですが、私もこの動画でゴッド・ファーザーにふれています。
安倍晋三について その1(4月5日)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20526170

馬鹿な私が言うのもなんですが、安倍さんを見ていて、「馬鹿で売国奴」なのだと思いました。
どうしますか?TPP 安倍さんは馬鹿で売国奴 編(4月23日)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20674701

この動画では、国会議員の土下座についてもふれています。安倍さんの硫黄島の土下座もパフォーマンスだと思います。安倍さんの「靖国参拝できなかったのは痛恨の極み」という言葉は、半分冗談ですが、「安倍さんなりに痛恨の極み」だったのかもしれません。周りの「保守」の反応なのどを見て、「(支持率・人気のために)参拝すりゃ良かったな~」という意味で痛恨の極みだったのかもしれません。
どうしますか?TPP 道州制もやる気満々 編(4月30日)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm20736873

No title

倉山満がYouTubeに『チャンネルくらら』を開局しました。動画は見ておりませんが、コメント欄をみて唖然としました。
内容がWJFさんのブログがらコピーしたのか?と思うくらいの安倍批判についての正論を書き込んでいます。
ただ凄く違和感があるのは、倉山支持で水島批判というところです。
倉山信者は倉山満は水島と同じ穴の狢だと解らないのでしょう。

消費税率10%引き上げ判断、来年末前倒しで調整

まだまだ上がりそうです


消費税率10%引き上げ判断、来年末前倒しで調整
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131008/plc13100801330003-n1.htm

安倍総理の思うつぼでは?

以前に水島総氏は、チャンネル桜の番組にて、「安倍総理が竹中平蔵氏を取り込んだのは安倍総理自身とは信条が明らかに異なることは承知の上たが、下手に対立すると何かと厄介だから、不本意であるが、、、」のような発言をしていたと思いましたが、実は安倍総理が厄介だと感じている勢力は、竹中平蔵氏をはしめとするいわゆる「新自由主義者」等ではなく、チャンネル桜などの「保守村」の勢力なのではないでしょうか。青木直人氏も以前自身のブログでその様な指摘をされていましたが、昨今のチャンネル桜を取り巻く状況を観察するとまさに当てはまるのではないでしょうか。

まさに水島総氏等は安倍総理に「一杯食わされた」のにも拘わらず、相変わらずそのことに気が付かないのか、あるいは気が付いていながら単にそのことを認めようとしないだけなのか、、、

尚、これに関しては青山繁晴氏も安倍総理に翻弄されているのかもしれません。青山繁晴氏がスーパーニュースアンカーにおいて、度々安倍政権が長期政権になることを望むが如く発言していることに対して、どうも違和感を感じざるを得ません。

No title

安倍晋三は、マスコミを信用できなくなった国民が、

ネットを頼りに情報を得ている事を熟知していて、それを
利用したのでしょう。

マスコミに自民を批判させる → ネットの方が正しい → チャンネル桜や保守系ブログのような
人達が支持している安倍晋三を支持する事が正しい、と誘導する為に、そして

愛国的なマニフェストを発表すれば票が集まると、それらを知ってて騙したのでしょう。

当然、自民公明は大量の工作員をネット上に配置しているはずです。

どんなに公約を破り続けていても、「私は安倍さんを信じて行きます」という
主張しかしない人は、安倍カルト教信者か、そうでなければ工作員の類いです。

TPPで聖域5品目を死守するとか言ってたのに、あっさりと撤回を表明しましたね。
もう驚かないです。やっぱりね、最初から公約守る気はなかったんだなとしか思いません。

No title

水島は安倍政権を支持しつつ安倍批判してるんですよね。
一体なんの意味があるのか私にはわかりません。

悪夢の参院選後、チャンネル桜の連中は安倍政権の売国政策に対し無力でした。

「圧倒的な民意」を得た安倍政権は、まさにチャンネル桜が望んだ理想の政権でした。

その政権はこの3ヶ月であらゆる売国政策を進め、またTPP年内妥結、経済特区、水道電力民営化等、国際公約にしてしまいました。

いつまでも恨み言を言っていてもしょうがないのですが、参院選という安倍政権を叩き潰す明確なチャンスに照準を合わせ訴えていた人々からすれば、現状が本当にやり切れません。

そもそも、安倍政権から日本を救う最大のチャンスをぶち壊したのはチャンネル桜なのです。

水島の茶番に騒いでいる連中は、そもそもこの状況に至る流れをすこしは知って欲しいものです

No title

首相官邸前の「反消費税抗議デモ」というアリバイでした。

自分はちゃんと安倍政権を批判しているぞというポーズです、これ。

というより水島の醜悪な面を見るだけで吐き気を催してくるのですよ。

ホント、カバみたいなように見えますし、豚みたいにも見えます。

感情的なコメントで、悪しからずです。

とっとと人生の舞台から消え去ってもらいたいものです。

聴いていて、「なぜなぜ、あなたはそうなの?」と女々しく感じるのですが。

ガタイのでかいおっさんの癖にずいぶん女々しいと思いました。

泥仕合

なんか私もチクリ屋みたいになってますが(笑)

倉山満が突然三橋に喧嘩売ったと思ったらその動画のためだったんですね。
http://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1146

それよりまず倉山満は青山繁晴氏に謝罪すべきだと思いますがね。
WJFプロジェクトについて
ご寄付のお願い
作品リスト
政治的立場
WJFプロジェクトは、日本の主権、伝統、国柄を守る保守的な観点から、安倍政権が推し進めるTPP参加、構造改革、規制緩和、憲法改正、安保法制、移民受入などのグローバル化政策に反対しています。
TPP交渉差止・違憲訴訟の会
YouTube
WJFプロジェクトの動画作品は以下のYouTubeのチャンネルでご覧になれます。

お知らせ
アクセス・カウンター


今日の一言
蓮舫の二重国籍問題のジレンマ

違う入り口を選んだハズなのに、ドアを開けると、同じ出口につながっている。
最新記事
コメント
<>+-
アーカイブ


RSSリンク
RSSリーダーに下のリンクを登録されると、ブログの記事やコメントの更新通知を受け取ることができます。